藤田 秀二

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/09 17:52
 
アバター
研究者氏名
藤田 秀二
 
フジタ シュウジ
URL
http://scholar.google.co.jp/citations?user=VP21IEcAAAAJ&hl=ja&oi=ao
所属
情報・システム研究機構 国立極地研究所
部署
研究教育系 気水圏研究グループ/アイスコア研究センター/南極観測センター
職名
教授
学位
博士(工学)(北海道大学 1992年 「マイクロ波領域における氷結晶の誘電特性の測定と極域雪氷圏における電波リモートセンシングへの応用」電子版公開 http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/51167)
科研費研究者番号
30250476
ORCID ID
0000-0003-0127-0777

プロフィール

研究課題と活動概要

◆専門分野:
アイスコアの解析を軸とした気候変動と環境動態の研究、氷と雪の物理学、レーダリモートセンシング、応用物理学、極域雪氷圏の研究

 地球環境変動や、その変動のなかでの極域雪氷圏の挙動や役割を研究しています。極域雪氷圏にかかる観測、リモートセンシング、実験室系での雪氷試料分析や実験、それに、固体結晶としての氷の物理化学的な諸性質の解明とあわせての理解を追求しています。大陸氷床スケールの巨大氷体の振る舞い、氷期 - 間氷期の時間軸のなかでのその挙動や物質輸送、固体結晶としての氷の物理化学的な諸性質と、そのマクロとミクロをむすぶ諸現象の解明に取り組んでいます。そして、そうした知識を論文や解説書やプレスリリースや講演・講義(下記に一覧あり)で発信し普及させることにつとめています。

◆研究関連の主な活動項目:
・アイスコアの採取と解析を基礎として、地球上に起こった環境変動の歴史を現在から約100万年前までの時間スケールで理解するための多分野連携研究をすすめています。
・アイスコア解析にかかる各種の技術開発研究と応用をすすめています。
・極域の雪が生成し、その後に変態・変形して氷にかわっていくプロセスの研究をすすめています。主な手法として、マイクロ波・ミリ波手法を用いて、雪・氷・フィルンの誘電率テンソルの計測を用いています。
・氷結晶の高周波での誘電異方性の明確化や同定、複素誘電率虚数部の同定の研究をすすめています。
・VHF帯やUHF帯のレーダやアイスコア解析の手法を用いて氷床内部の動力学的な構造の解明を目指した研究をすすめています。
・南極氷床の特に内陸部を探査し、現地で起こっている環境の変動(地球温暖化とそれにともなう多雪傾向)を捉える観測的研究をおこなっています。また、南極の基盤地形図の国際編纂にデータを供給してきました(特にドームふじ地域およびドームA地域)。
・アイスコアの全国共同利用にかかる組織化作業のメンバーの一人として活動しています。国立極地研究所のアイスコアをはじめとした低温資試料の管理、低温室設備の利用管理を担当しています。低温室設備が、研究や教育に効果的に活用されるようにはかっています。
・アイスコアの年代を決定する研究をおこなっています。
・南極の「ドームふじ」近傍にあるであろう地球最古の氷(Oldest Ice)の採取と分析の実現を国際的な取り組みとしてすすめていきます。Oldest Iceは、過去100万年間にわたって地球の気候に起こってきた氷期・間氷期サイクル周期の変遷(4万年周期→10万年周期)を理解し地球気候システムを理解するうえでの「実データ」としてのカギとなります。


◆極域観測への参加
・第29次日本南極地域観測隊(1987.11-1989.3)あすか観測拠点越冬隊.隕石探査、および雪氷観測、掘削機試験のための越冬観測.
・第37次日本南極地域観測隊(1995.11-1997.3)ドームふじ観測拠点越冬隊.氷床深層コア掘削と雪氷調査を目的とした越冬観測.
・第47次日本南極地域観測隊(2005.10-2006.2)ドームふじ観測拠点夏隊.氷床深層コア掘削と雪氷調査を目的とした夏期間の観測.
・第49次日本南極地域観測隊(2007.10-2008.2)内陸観測夏隊.ドローニングモードランド地域の広域の雪氷調査(日本・スウェーデン共同トラバース)を目的とした夏期間の観測.
・第59次日本南極地域観測隊(2017.10-2018.2の実施に向けて準備中)内陸観測夏隊.ドームふじ地域の広域の氷の内部層構造や氷下環境や氷厚の調査を主目的とした夏期間の観測.

研究分野

 
 

経歴

 
2017年7月
 - 
現在
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 研究教育系 教授
 
2006年4月
 - 
現在
国立大学法人総合研究大学院大学 複合科学研究科極域科学専攻担当教員
 
2004年4月
 - 
2017年6月
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 研究教育系 助教授(-2007.3)/准教授(2007.4-)
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
国立極地研究所南極観測センター  気水圏コーディネーター
 
2016年4月
 - 
現在
ドームふじアイスコアコンソ-ティアム  運営委員長
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本雪氷学会関東以西支部  理事
 
2015年4月
 - 
2016年3月
第6回極域科学シンポジウム実行委員会  委員長
 
2013年4月
 - 
2015年3月
総合研究大学院大学  教育研究委員会委員
 
2011年11月
 - 
2014年10月
International Glaciological Society  Council Member
 
2010年4月
 - 
現在
国立極地研究所 氷床コア研究委員会  委員(幹事)
 
2010年4月
 - 
2016年3月
ドームふじアイスコアコンソ-ティアム  事務局・運営副委員長
 
2009年
 - 
2015年3月
日本雪氷学会  電子情報委員
 
2006年4月
 - 
現在
ドームふじアイスコアコンソ-ティアム  物理解析研究グループ幹事、年代決定研究グループ幹事
 
2012年4月
 - 
2013年3月
雪氷研究大会福山大会(平成12年)  実行委員
 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本雪氷学会 関東以西支部  理事・広報情報委員
 
2004年4月
 - 
2007年3月
国立極地研究所  移転委員会
 
2004年4月
 - 
2006年3月
国立極地研究所  施設整備委員会
 
2004年4月
 - 
2006年3月
国立極地研究所  所内研究委員会
 
2002年4月
 - 
2006年3月
Polar Meteorology and Glaciology  編集委員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
北海道大学低温科学研究所  共同利用委員会委員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
国立極地研究所  広報編集委員会
 

受賞

 
2010年9月
日本雪氷学会 日本雪氷学会学術賞 「南極氷床内陸部の浅層層位の物理形成機構の研究」
 
1999年10月
日本雪氷学会 日本雪氷学会平田賞 「多周波レーダによる南極氷床の動力学的研究」
 
1999年6月
山下太郎顕彰育英会 平成11年度山下太郎学術奨励賞受賞 「マイクロ波領域における氷結晶の誘電特性の測定と、南極大陸氷床における電波リモートセンシングへの応用に関する研究」
 

論文

 
Dome Fuji Ice Core Project, K. Kawamura, A. Abe-Ouchi, H. Motoyama, Y. Ageta, S. Aoki, N. Azuma, Y. Fujii, K. Fujita, S. Fujita, K. Fukui, T. Furukawa, A. Furusaki, K. Goto-Azuma, R. Greve, M. Hirabayashi, T. Hondoh, A. Hori, S. Horikawa, K. Horiuchi, M. Igarashi, Y. Iizuka, T. Kameda, H. Kanda, M. Kohno, T. Kuramoto, Y. Matsushi, M. Miyahara, T. Miyake, A. Miyamoto, Y. Nagashima, Y. Nakayama, T. Nakazawa, F. Nakazawa, F. Nishio, I. Obinata, R. Ohgaito, A. Oka, J. Okuno, J. Okuyama, I. Oyabu, F. Parrenin, F. Pattyn, F. Saito, T. Saito, T. Saito, T. Sakurai, K. Sasa, H. Seddik, Y. Shibata, K. Shinbori, K. Suzuki, T. Suzuki, A. Takahashi, K. Takahashi, S. Takahashi, M. Takata, Y. Tanaka,R. Uemura, G. Watanabe, O. Watanabe, T. Yamasaki, K. Yokoyama, M. Yoshimori, T. Yoshimoto
Sci. Adv.   3(e1600446)    2017年2月   [査読有り]
Yoshinori Iizuka1, Atsushi Miyamoto, Akira Hori, Sumito Matoba, Ryoto Furukawa, Takeshi Saito, Shuji Fujita, Motohiro Hirabayashi, Satoru Yamaguchi, Koji Fujita, and Nozomu Takeuchi
Arctic, Antarctic, and Alpine Research   49(1) 13-27   2017年1月   [査読有り]
We examine a firn core from a dome in southeast Greenland that exhibits distinct firn densification. The ice was –20.9 °C at 20 m depth, and the core gives an average accumulation rate of 1.0 m w.e. yr–1 in water equivalent. However, the close-off...
F. Parrenin,* S. Fujita,* A. Abe-Ouchi, K. Kawamura, V. Masson-Delmotte, H. Motoyama, F. Saito, M. Severi, B. Stenni, R. Uemura, E. W. Wolff (*Corresponding authors. These authors contributed equally to this work.)
Journal of Glaciology   62(236) 1037-1048   2016年8月   [査読有り]
Documenting past changes in the East Antarctic surface mass balance is important to
improve ice core chronologies and to constrain the ice-sheet contribution to global mean sea-level
change. Here we reconstruct past changes in the ratio of surface...
Ohno, H., Iizuka, Y., Hori, A., Miyamoto, A., Hirabayashi, M., Miyake, T., Kuramoto, T., Fujita, S., Segawa, T., Uemura, R., Sakurai, T., Suzuki, T., and Motoyama, H.
Journal of Geophysical Research: Earth Surface   212(7)(1230) 1250-fujita_rm   2016年7月   [査読有り]
Touzeau, A., Landais, A., Stenni, B., Uemura, R., Fukui, K., Fujita, S., Guilbaud, S., Ekaykin, A., Casado, M., Barkan, E., Luz, B., Magand, O., Teste, G., Le Meur, E., Baroni, M., Savarino, J., Bourgeois, I., and Risi, C.
The Cryosphere   10 837-852   2016年4月   [査読有り]
Kazuho Horiuchi, Kanae Kamata, Shun Maejima, Sho Sasaki, Nobuyoshi Sasaki, Toshitsugu Yamazaki, Shuji Fujita, Hideaki Motoyama, Hiroyuki Matsuzaki
Earth and Planetary Science Letters   445 105-114   2016年3月   [査読有り]
Shuji Fujita, Kumiko Goto-Azuma, Motohiro Hirabayashi, Akira Hori, Yoshinori Iizuka, Yuko Motizuki, Hideaki Motoyama and Kazuya Takahashi
Journal of Glaciology   62(231) 103-123   2016年3月   [査読有り]
In order to better understand the densification of polar firn, firn cores from three sites within approximately 10 km of Dome Fuji, Antarctica, were investigated, using surrogates of density: dielectric permittivities epsilon(v) and epsilon(h) at ...
Ingvander, S., P. Jansson, I. A. Brown, S. Fujita, S. Sugyama, S. Surdyk, H. Enomoto, M. Hansson and P. Holmlund
Antarctic Science   28(2) 636-645   2016年1月   [査読有り]
S. Fujita*, F. Parrenin*, M. Severi, H. Motoyama, E. Wolff (* Both are the first authors)
Climate of the Past   11 1395-1416   2015年10月   [査読有り]
Two deep ice cores, Dome Fuji (DF) and EPICA Dome C (EDC), drilled at remote dome summits in Antarctica, were volcanically synchronized to improve our understanding of their chronologies. Within the past 216 kyr, 1401 volcanic tie points have been...
Svensson, A., Fujita, S., Bigler, M., Braun, M., Dallmayr, R., Gkinis, V., Goto-Azuma, K., Hirabayashi, M., Kawamura, K., Kipfstuhl, S., Kjaer, H. A., Popp, T., Simonsen, M., Steffensen, J. P., Vallelonga, P., and Vinther, B. M.
Climate of the Past   11 1127-1137   2015年9月   [査読有り]
Whereas ice cores from high-accumulation sites in coastal Antarctica clearly demonstrate annual layering, it is debated whether a seasonal signal is also preserved in ice cores from lower-accumulation sites further inland and particularly on the E...
F. Parrenin*, S. Fujita*, A. Abe-Ouchi, K. Kawamura, V. Masson-Delmotte, H. Motoyama, F. Saito, M. Severi, B. Stenni, R. Uemura, E. Wolff (* Both are the first authors)
Climate of the Past Discussions   11 377-405   2015年2月   [査読有り]
Temporal and spatial variability of snow density at the surface of the Dome Fuji region, East Antarctica, during summer 2007/2008
Shuji Fujita, Hiroyuki Enomoto, Kotaro Fukui, Torbjörn Karlin, Hideaki Motoyama, Fumio Nakazawa, Shin Sugiyama
Journal of Glaciology   in prep.    2014年   [査読有り]
K Hara, F Nakazawa, S Fujita, K Fukui, H Enomoto, S Sugiyama
Atmospheric Chemistry and Physics   14(18) 10211-10230   2014年9月   [査読有り]
藤田秀二, 福井幸太郎, 中澤文男, 榎本浩之, 杉山慎, 藤井理行, 藤田耕史, 古川晶雄, 原圭一郎, 保科優, 五十嵐誠, 飯塚芳徳, 伊村智, 本山秀明, スーディクスィルヴィアン, 植村立
南極資料   58(3) 352-392   2014年11月   [査読有り]
南極地域観測第Ⅶ期5か年計画に基づき,2007/2008 年の南極の夏期シーズンに,国立極地研究所を中心とした研究グループは,スウェーデンの研究者グループと共同で,東南極内陸域のドロンイングモードランド地域の内陸部の氷床環境調査を実施した.本報告は,現地調査前に5年間を費やした研究計画の企画検討の経過や行った事前準備と,現地野外観測を終了した後の6年間に得られた研究成果の概要をまとめるものである.本プロジェクトの調査により,南極内陸高原部の氷床環境の時空間分布について,多くの科学的知見が明...
藤田秀二, 福井幸太郎, 中澤文男, 榎本浩之, 杉山慎
南極資料   59(1) 87-161   2015年3月   [査読有り]
南極地域観測第Ⅶ期5か年計画において, 2007/2008年の南極の夏期シーズンに,国立極地研究所を中心とした研究グループは,スウェーデンの研究者グループと共同で,東南極内陸域のドロンイングモードランド地域の内陸部の氷床環境調査を実施した.本報告は,本プロジェクトで実行された観測活動の全体像を記録し,報告するものである.内陸調査実行の概要,経過,人員・役割分担,設営,通信,ナビゲーション,観測の各項目を含む.本プロジェクトで得られた南極内陸高原部の資源,すなわち,データや試料を長い将来にわ...
Shuji Fujita, Motohiro Hirabayashi, Kumiko Goto-Azuma, Remi Dallmayr, Kazuhide Satow, Jiancheng Zheng, Dorthe Dahl-Jensen
Journal of Glaciology   60(223) 905-921   2014年9月   [査読有り]
Hoshina, Yu; Fujita, Koji; Nakazawa, Fumio; Iizuka, Yoshinori; Miyake, Takayuki; Hirabayashi, Motohiro; Kuramoto, Takayuki; Fujita, Shuji; Motoyama, Hideaki;
Journal of Geophysical Research: Atmospheres   119 274-283   2014年   [査読有り]
Montagnat, M; Azuma, N; Dahl-Jensen, D; Eichler, J; Fujita, S; Gillet-Chaulet, F; Kipfstuhl, S; Samyn, D; Svensson, A; Weikusat, I;
The Cryosphere   8(4) 1129-1138   2014年   [査読有り]
Fischer, H., Severinghaus, J., Brook, E., Wolff, E., Albert, M., Alemany, O., Arthern, R., Bentley, C., Blankenship, D., Chappellaz, J., Creyts, T., Dahl-Jensen, D., Dinn, M., Frezzotti, M., Fujita, S., Gallee, H., Hindmarsh, R., Hudspeth, D., Jugie, G., Kawamura, K., Lipenkov, V., Miller, H., Mulvaney, R., Parrenin, F., Pattyn, F., Ritz, C., Schwander, J., Steinhage, D., van Ommen, T., and Wilhelms, F.
Climate of the Past   9(6)    2013年   [査読有り]
Svensson A., Bigler M., Blunier T., Clausen H.B., Dahl-Jensen D., Fischer H., Fujita S., Goto-Azuma K., Johnsen S.J., Kawamura K., Kipfstuhl S., Kohno M., Parrenin F., Popp T., Rasmussen S.O., Schwander J., Seierstad I., Severi M., Steffensen J.P., Udisti R., Uemura R., Vallelonga P., Vinther B.M., Wegner A., Wilhelms F., Winstrup M.
Climate of the Past   9(2) 749-766   2013年   [査読有り]
Fretwell P., Pritchard H.D., Vaughan D.G., Bamber J.L., Barrand N.E., Bell R., Bianchi C., Bingham R.G., Blankenship D.D., Casassa G., Catania G., Callens D., Conway H., Cook A.J., Corr H.F.J., Damaske D., Damm V., Ferraccioli F., Forsberg R., Fujita S., Gim Y., Gogineni P., Griggs J.A., Hindmarsh R.C.A., Holmlund P., Holt J.W., Jacobel R.W., Jenkins A., Jokat W., Jordan T., King E.C., Kohler J., Krabill W., Riger-Kusk M., Langley K.A., Leitchenkov G., Leuschen C., Luyendyk B.P., Matsuoka K., Mouginot J., Nitsche F.O., Nogi Y., Nost O.A., Popov S.V., Rignot E., Rippin D.M., Rivera A., Roberts J., Ross N., Siegert M.J., Smith A.M., Steinhage D., Studinger M., Sun B., Tinto B.K., Welch B.C., Wilson D., Young D.A., Xiangbin C., Zirizzotti A.
Cryosphere   7(1) 375-393   2013年   [査読有り]
Fujita, S; Enomoto, H; Fukui, K; Iizuka, Y; Motoyama, H; Nakazawa, F; Sugiyama, S; Surdyk, S;
The Cryosphere Discussions   6(2) 1205-1267   2012年
Svensson, A; Bigler, M; Blunier, T; Clausen, HB; Dahl-Jensen, D; Fischer, H; Fujita, S; Goto-Azuma, K; Johnsen, SJ; Kawamura, K;
Climate of the Past Discussions   8(6)    2012年
Matsuoka K., Power D., Fujita S., Raymond C.F.
Journal of Geophysical Research F: Earth Surface   117(3) F03029   2012年   [査読有り]
Iizuka Y., Tsuchimoto A., Hoshina Y., Sakurai T., Hansson M., Karlin T., Fujita K., Nakazawa F., Motoyama H., Fujita S.
Journal of Geophysical Research D: Atmospheres   117(4) D04308   2012年   [査読有り]
Fujita S., Holmlund P., Matsuoka K., Enomoto H., Fukui K., Nakazawa F., Sugiyama S., Surdyk S.
Cryosphere   6(5) 1203-1219   2012年   [査読有り]
Sugiyama S., Enomoto H., Fujita S., Fukui K., Nakazawa F., Holmlund P., Surdyk S.
Journal of Glaciology   58(209) 529-539   2012年   [査読有り]
Han Y., Huh Y., Hong S., Hur S.D., Motoyama H., Fujita S., Nakazawa F., Fukui K.
Bulletin of the Korean Chemical Society   32(12) 4258-4264   2011年   [査読有り]
Fujita S., Holmlund P., Andersson I., Brown I., Enomoto H., Fujii Y., Fujita K., Fukui K., Furukawa T., Hansson M., Hara K., Hoshina Y., Igarashi M., Iizuka Y., Imura S., Ingvander S., Karlin T., Motoyama H., Nakazawa F., Oerter H., Sjoberg L.E., Sugiyama S., Surdyk S., Strom J., Uemura R., Wilhelms F.
Cryosphere   5(4) 1057-1081   2011年   [査読有り]
Sugiyama S., Enomoto H., Fujita S., Fukui K., Nakazawa F., Holmlund P.
Annals of Glaciology   51(55) 9-15   2010年   [査読有り]
Fujita S., Okuyama J., Hori A., Hondoh T.
Journal of Geophysical Research B: Solid Earth   114(3) F03023   2009年   [査読有り]
Bo S., Siegert M.J., Mudd S.M., Sugden D., Fujita S., Xiangbin C., Yunyun J., Xueyuan T., Yuansheng L.
Nature   459(7247) 690-693   2009年   [査読有り]
亀田 貴雄, 本山 秀明, 藤田 秀二, 高橋 修平
南極資料   52(SPEC. ISS.) 151-158   2008年6月
藤田 秀二
南極資料   52 238-250   2008年6月
南極大陸は基盤上の厚く広大な氷に象徴される大陸である.南極における種々の科学調査で氷床の厚さの把握が必要となるほか,地球上の大気-海洋-氷床システムの水循環・固定のメカニズムを考える上で,氷床の存在や消長にかかわる内部物理メカニズムの理解は欠かせない.国立極地研究所では,氷床探査を目的とした多種類のレーダーを長い間使用してきた.本報告では,ドームふじでの氷床深層掘削が本格化した1990年代以降を振り返り,この間の氷床探査レーダーの開発状況,仕様や,運用状況,主たる成果について記述する.特に...
Kameda T., Motoyama H., Fujita S., Takahashi S.
Journal of Glaciology   54(184) 107-116   2008年   [査読有り]
Kawamura K., Parrenin F., Lisiecki L., Uemura R., Vimeux F., Severinghaus J.P., Hutterli M.A., Nakazawa T., Aoki S., Jouzel J., Raymo M.E., Matsumoto K., Nakata H., Motoyama H., Fujita S., Goto-Azuma K., Fujii Y., Watanabe O.
Nature   448(7156) 912-916   2007年   [査読有り]
Parrenin F., Barnola J.-M., Beer J., Blunier T., Castellano E., Chappellaz J., Dreyfus G., Fischer H., Fujita S., Jouzel J., Kawamura K., Lemieux-Dudon B., Loulergue L., Masson-Delmotte V., Narcisi B., Petit J.-R., Raisbeck G., Raynaud D., Ruth U., Schwander J., Severi M., Spahni R., Steffensen J.P., Svensson A., Udisti R., Waelbroeck C., Wolff E.
Climate of the Past   3(3) 485-497   2007年   [査読有り]
Parrenin F., Dreyfus G., Durand G., Fujita S., Gagliardini O., Gillet F., Jouze J., Kawamura K., Lhomme N., Masson-Delmotte V., Ritz C., Schwander J., Shoji H., Uemura R., Watanabe O., Yoshida N.
Climate of the Past   3(2) 243-259   2007年   [査読有り]
Moore J.C., Nishio F., Fujita S., Narita H., Pasteur E., Grinsted A., Sinisalo A., Maeno N.
Journal of Geophysical Research D: Atmospheres   111(16) D16302   2006年   [査読有り]
Fujita S., Maeno H., Matsuoka K.
Journal of Glaciology   52(178) 407-424   2006年   [査読有り]
Takata M., Iizuka Y., Hondoh T., Fujita S., Fujii Y., Shoji H.
Annals of Glaciology   39 467-472   2004年   [査読有り]
Matsuoka K., Uratsuka S., Fujita S., Nishio F.
Journal of Glaciology   50(170) 382-388   2004年   [査読有り]
高田 守昌, 飯塚 芳徳, 庄子 仁, 宮本 淳, Kipfstuhl Sepp, 本堂 武夫, 藤田 秀二, 藤井 理行
南極資料   47(3) 328-337   2003年11月
第二期ドームふじ氷床コアプロジェクトの現場解析において,簡便に光学層位を記録するため,専用装置を開発した.この装置は,二次元的な光の散乱強度を氷床コアサンプルの深さ方向に沿って連続的に測定する.我々は,この装置のハードウェアおよび制御ソフトウェアを開発した.この結果,経験のないオペレーターでも容易に測定可能な,自動測定装置が完成した.測定速度は5mm/sを想定しており,この場合,現場処理解析の基本長である1.5mのサンプルを約6分間で測定可能である.この装置は第44次越冬隊が南極ドームふじ...
前野 英生, 古津 年章, 浦塚 清峰, 藤田 秀二
雪氷   65(5) 441-456   2003年9月
南極氷床の内部は,メガヘルツからギガヘルツの周波数帯の電波伝搬にとって複屈折媒体であることが近年の研究から明らかになってきた.このため,巨大氷床の内部をレーダで探る研究にとっては,複屈折媒体中での電波の伝搬を適切に記述し,モデル化をすることが不可欠な作業である.これを実現するため,伝搬マトリクスの概念を氷床レーダ波の記述に導入し,定式化を行なった.これにより,レーダ波の伝搬は,氷床に現実に発生する結晶主軸分布の発達とその対称性を考慮した上で評価ができる.本研究では,鉛直方向に伝搬する電波が...
Shoji Hitoshi, Miyamoto Atsushi, Shimohara Kimiko, Watanabe Okitsugu, Fujii Yoshiyuki, Kamiyama Kokichi, Motoyama Hideaki, Goto-Azuma Kumiko, Igarashi Makoto, Takata Morimasa, Kohno Mika, Fujita Shuji, Nakazawa Takakiyo, Aoki Shuji, Kawamura Kenji, Narita Hideki, Kawada Kunio, Azuma Nobuhiko, Saito Takashi, Clausen Henrik B., Johnsen Sigfus J., 庄子 仁
Memoirs of National Institute of Polar Research, Special Issue   57 86-93   2003年3月
Oxgen isotope ratio and chemistry profiles were compared to find the corresponding interstadials during the Wisconsin Ice Age between the GRIP (Greenland) and Dome Fuji (Antarctica) deep ice core data for the past one hundred and sixty thousand ye...
Matsuoka K., Furukawa T., Fujita S., Maeno H., Uratsuka S., Naruse R., Watanabe O.
Journal of Geophysical Research B: Solid Earth   108(10) EPM 10-1 - EPM 10-10   2003年   [査読有り]
Fujita S., Matsuoka K., Maeno H., Furukawa T.
Annals of Glaciology   37 305-316   2003年   [査読有り]
Hondoh, Takeo; Narita, Hideki; Hori, Akira; Ikeda-Fukazawa, Tomoko; Fujii-Miyamoto, Michiko; Ohno, Hiroshi; Shiraiwa, Takayuki; Mae, Shinji; Fujita, Shuji; Fukazawa, Hiroshi;
Memoirs of National Institute of Polar Research, Special Issue   57 63-71   2003年   [査読有り]
Fujii Yoshiyuki, Azuma Nobuhiko, Tanaka Yoichi, Nakayama Yoshiki, Kameda Takao, Shinbori Kunio, Katagiri Kazuo, Fujita Shuji, Takahashi Akiyoshi, Kawada Kunio, Motoyama Hideaki, Narita Hideki, Kamiyama Kokichi, Furukawa Teruo, Takahashi Shuhei, Shoji Hitoshi, Enomoto Hiroyuki, Saitoh Takeshi, Miyahara Morihiro, Naruse Renji, Hondoh Takeo, Shiraiwa Takayuki, Yokoyama Kotaro, Ageta Yutaka, Saito Takashi, Watanabe Okitsugu,
Memoirs of National Institute of Polar Research, Special Issue   56 103-116   2002年3月
Deep ice core drilling was carried out at Dome Fuji, Antarctica in 1995 and 1996 from the bottom of the casing installed in 1993 and reached 2503.52m in December 1996. We used a JARE type electromechanical drill with a core barrel of 2.2m length. ...
Fujita Shuji, Azuma Nobuhiko, Fujii Yoshiyuki, Kameda Takao, Kamiyama Kokichi, Motoyama Hideaki, Narita Hideki, Shoji Hitoshi, Watanabe Okitsugu
Memoirs of National Institute of Polar Research, Special Issue   56 275-286   2002年3月
From 1993 to 1998, members of the Dome F project group carried out ice coring at Dome F station.They recovered a 2503-m-long ice core. Specific tasks for the ice core processing included (1) core storage, (2) cutting and packing the ice samples fo...
Takahashi Akiyoshi, Fujii Yoshiyuki, Azuma Nobuhiko, Motoyama Hideaki, Shinbori Kunio, Tanaka Yoichi, Narita Hideki, Nakayama Yoshiki, Kameda Takao, Fujita Shuji, Furukawa Teruo, Takata Morimasa, Miyahara Morihiro, Watanabe Okitsugu
Memoirs of National Institute of Polar Research, Special Issue   56 117-125   2002年3月
The second phase of the deep ice core drilling at Dome Fuji, Antarctica is planned to be carried out in three successive summer seasons starting from 2003/2004 with an improved JARE deep ice core drill. On the basis of tests, major improvements we...
Fujita S., Azuma N., Motoyama H., Kameda T., Narita H., Matoba S., Igarashi M., Kohno M., Fujii Y., Watanabe O.
Annals of Glaciology   35 321-328   2002年   [査読有り]
Fujita S., Azuma N., Motoyama H., Kameda T., Narita H., Fujii Y., Watanabe O.
Annals of Glaciology   35 313-320   2002年   [査読有り]
Matsuoka K., Maeno H., Uratsuka S., Fujita S., Furukawa T., Watanabe O.
Annals of Glaciology   34 171-176   2002年   [査読有り]
Siegert M.J., Fujita S.
Journal of Glaciology   47(157) 205-212   2001年   [査読有り]
Fujita, Shuji; Matsuoka, Takeshi; Ishida, Toshihiro; Matsuoka, Kenichi; Mae, Shinji;
Physics of Ice Core Records   185-212   2000年   [査読有り]
Sugiyama, Ken; Fujita, Shuji; Narita, Hideki; Mae, Shinji; Hondoh, Takeo; Goto-Azuma, Kumiko; Fisher, David A; Koerner, Roy M;
Physics of Ice Core Records   173-184   2000年   [査読有り]
HONDOH, Takeo; NARITA, Hideki; HORI, Akira; FUJII, Michiko; SHOJI, Hitoshi; KAMEDA, Takao; MAE, Shinji; FUJITA, Shuji; IKEDA, Tomoko; FUKAZAWA, Hiroshi;
Polar meteorology and glaciology   13 90-98   1999年12月   [査読有り]
Fujita S., Maeno H., Uratsuka S., Furukawa T., Mae S., Fujii Y., Watanabe O.
Journal of Geophysical Research B: Solid Earth   104(B6) 13013-13024   1999年   [査読有り]
Hori A., Tayuki K., Narita H., Hondoh T., Fujita S., Kameda T., Shoji H., Azuma N., Kamiyama K., Fujii Y., Motoyama H., Watanabe O.
Annals of Glaciology   29 211-214   1999年   [査読有り]
Fujii Y., Kohno M., Motoyama H., Matoba S., Watanabe O., Fujita S., Azuma N., Kikuchi T., Fukuoka T., Suzuki T.
Annals of Glaciology   29 126-130   1999年   [査読有り]
Takahashi S, Kameda T, Enomoto H, Shiraiwa Takayuki, Kodama Y, Fujita S, Motoyama H, Watanabe O, Weidner G.A., Stearns C.R.
Annals of Glaciology   27 528-534   1998年7月   [査読有り]
The Japanese Antarctic Research Expedition (JARE) has set up automatic weather stations at six sites on a 1000 km long traverse route between Syowa station (21 m a.s.l.) and Dome Fuji station (3810 m a.s.l.) since 1993. Large temperature rises in ...
Matsuoka, Takeshi; Mae, Shinji; Fukazawa, Hiroshi; Fujita, Shuji; Watanabe, Okitsugu;
Geophysical research letters   25(10) 1573-1576   1998年   [査読有り]
Aoki S., Azuma N., Fujii Y., Fujita S., Furukawa T., Hondoh T., Kamiyama K., Motoyama H., Nakawo M., Nakazawa T., Narita H., Satow K., Shoji H., Watanabe O.
Annals of Glaciology   27 338-342   1998年   [査読有り]
Ageta Y., Azuma N., Fujii Y., Fujino K., Fujita S., Furukawa T., Hondoh T., Kameda T., Kamiyama K., Katagiri K., Kawada K., Kawamura T., Kobayashi S., Mae S., Maeno H., Miyahara T., Motoyama H., Nakayama Y., Naruse R., Nishio F., Saitoh K., Saitoh T., Shimbori K., Shiraiwa T., Shoji H., Takahashi A., Takahashi S., Tanaka Y., Yokoyama K., Watanabe O.
Annals of Glaciology   27 333-337   1998年   [査読有り]
Matsuoka T., Fujita S., Mae S.
Journal of Physical Chemistry B   101(32) 6219-6222   1997年   [査読有り]
Matsuoka T., Fujita S., Morishima S., Mae S.
Journal of Applied Physics   81(5) 2344-2348   1997年   [査読有り]
Matsuoka T., Fujita S., Mae S.
Journal of Applied Physics   80(10) 5884-5890   1996年   [査読有り]
MATSUOKA, Kenichi; FUJITA, Shuji; MATSUOKA, Takeshi; ISHIDA, Toshihiro; HONDOH, Takeo; MAE, Shinji;
Proceedings of the NIPR Symposium on Polar Meteorology and Glaciology   10 25-35   1996年   [査読有り]
Surdyk, S; Fujita, S;
Geophysical research letters   22(8) 965-968   1995年   [査読有り]
Fujita Shuji, Yamada Tomomi, Naruse Renji, Mae Shinji, Azuma Nobuhiko, Fujii Yoshiyuki
Memoirs of National Institute of Polar Research. Special issue   49 347-357   1994年
Fujita S., Mae S.
Annals of Glaciology   20 80-86   1994年   [査読有り]
Moore, John C; Fujita, Shuji;
Journal of Geophysical Research: Solid Earth (1978?2012)   98(B6) 9769-9780   1993年   [査読有り]
Fujita S., Mae S., Matsuoka T.
Annals of Glaciology   17 276-280   1993年   [査読有り]
Fujita S., Mae S.
Annals of Glaciology   17 269-275   1993年   [査読有り]
Matsuoka, Takeshi; Fujita, Shuji; Mae, Shinji;
Proceedings of the NIPR Symposium on Polar Meteorology and Glaciology   7 33-40   1993年   [査読有り]
Fujita, Shuji; Shiraishi, Manabu; Mae, Shinji;
Geoscience and Remote Sensing, IEEE Transactions on   30(4) 799-803   1992年   [査読有り]
Measurement on the microwave dielectric constant of ice by the standing wave method
Fujita, Shuji; Shiraishi, Manabu; Mae, Shinji;
The Proceedings of the International Symposium on the Physics and Chemistry of Ice N. Maeno, T. Hondoh   415-421   1992年   [査読有り]
FUJITA, Shuji; NAKAWO, Masayoshi; MAE, Shinji;
Proceedings of the NIPR Symposium on Polar Meteorology and Glaciology   1 122-131   1987年   [査読有り]

Misc

 
プレスリリース:過去72万年間の気候の不安定性を 南極ドームふじアイスコアの解析と気候シミュレーションにより解明 (2017年2月)
ドームふじアイスコアプロジェクト
   2017年2月
新聞掲載:「積雪から氷への 変遷要因を提唱 国立極地研究所グループ」
科学新聞2016年6月10日紙面第1面(下記プレスリリースに基づく)      2016年6月

書籍等出版物

 
みんなが知りたいシリーズ② 雪と氷の疑問60
公益社団法人日本雪氷学会編 高橋修平・渡辺興亜編著 (担当:分担執筆, 範囲:Question 41 「南極の氷の厚さは?どのくらい古いの?」、 Question 42「なぜ南極ではテーブル型氷山が多いのですか?」)
成山堂書店   2016年10月   
アイスコア-地球環境のタイムカプセル-
藤井理行、本山秀明(編) (担当:分担執筆, 範囲:1-3 アイスコアの年代決定, コラム:結晶化する空気~ハイドレートの話)
成山堂書店   2011年   
国立極地研究所 (監修) , 南極大図鑑
小学館   2006年   
情報・システム研究機構 国立極地研究所監修, 「氷から地球のひみつをさぐる」, ふしぎナゾ最前線!現代科学の限界にいどむ 極地からわかる地球のひみつ
旺文社 (担当:監修)
旺文社   2006年   
南極ってどんなところ?
国立極地研究所、柴田鉄治、中山由美 (担当:監修, 範囲:4章「氷床の一生」)
朝日新聞社   2005年   

講演・口頭発表等

 
南極氷床と気候の変動及び相互作用に関する研究展望
*川村 賢二1,2,3、杉山 慎4、植村 立6、本山 秀明1,2、澤柿 教伸5、飯塚 芳徳4、堀内 一穂7、青木 周司8、東 久美子1,2、藤田 秀二1,2、関 宰4、平林 幹啓1、大藪 幾美1 (1.情報・システム研究機構 国立極地研究所、2.総合研究大学院大学、3.海洋研究開発機構、4.北海道大学、5.法政大学、6.琉球大学、7.弘前大学、8.東北大学)
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月24日   
過去21.6万年間の、東南極における気候に依存した表面質量収支のコントラスト [招待有り]
*藤田 秀二1,2、Parrenin Frédéric3,4、阿部 彩子5,6、川村 賢二1,2、MASSON-DELMOTTE V.7、本山 秀明1,2、齋藤 冬樹6、SEVERI M.8、STENNI B.9、植村 立10、Wolff E.W.11 (1.大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所、2.総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻、3.CNRS, LGGE, F-38041 Grenoble, France、4.University Grenoble Alpes, LGGE, F-38041 Grenoble, France、5.東京大学 大気海洋研究所、6.国立研究開発法人海洋研究開発機構、7.Laboratoire des Sciences du Climat et de l’Environnement, Institut Pierre Simon Laplace, UMR CEA-CNRS-UVSQ-UPS 8212, Gif-sur-Yvette, France、8.Department of Chemistry, University of Florence, Florence, Italy、9.Department of Environmental Sciences, Informatics and Statistics, Ca’ Foscari University Venice, 30123 Venice, Italy、10.琉球大学 理学部 海洋自然科学科 化学系、11.Department of Earth Sciences, University of Cambridge, UK)
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月24日   
連続融解分析(CFA)システムによる南極ドームふじ深層コアの高時間分解能分析
*東 久美子1,2、平林 幹啓1、尾形 純1、北村 享太郎1、川村 賢二1,2、塚川 佳美1、Dallmayr Remi1、中澤 文男1,2、福田 かおり1、荒井 美穂3、藤田 秀二1,2、本山 秀明1,2 (1.国立極地研究所、2.総合研究大学院大学、3.山形大学)
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月23日   
東南極氷床「ドームふじ」頂部位置の氷期・間氷期の変遷に応じた移動について
*藤田 秀二1,2、福井 幸太郎3、本山 秀明1,2、中澤 文男1,2 (1.大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所、2.総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻、3.立山砂防カルデラ博物館)
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月23日   
掘削候補地 最終氷期LGM におけるドームふじ頂上の安定位置
藤田 秀二
国立極地研究所 共同研究集会「南極ドームふじ氷床深層アイスコアの解析による気候・環境変動の研究」   2017年3月29日   
厚いアイスコアを用いたC 軸集中度の連続計測手法
藤田 秀二
国立極地研究所 共同研究集会「南極ドームふじ氷床深層アイスコアの解析による気候・環境変動の研究」   2017年3月29日   
Raymond Arch of Dome Fuji, East Antarctica –Dome summit of the ice sheet in the LGM period was found by radar methods –
藤田 秀二
国立極地研究所 共同研究集会「グリーンランド氷床の変動と気候・環境変動の関わりに関する研究集会」   2017年3月9日   
グリーンランドSEコアのフィルンの特性
藤田 秀二
低温研共同研究集会 「グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響」   2016年12月19日   
Migration of Dome Fuji summit position in glacial and interglacial periods - an approach to detect principal axes of strain within the ice sheet using a radar sounding method -
Shuji Fujita, Ice Core Research Center (ICRC), National Institute of Polar Research
The Seventh Symposium on Polar Science   2016年11月29日   
Metamorphism of layered firn at Dome Fuji, Antarctica: Evolution of relations between Near-infrared reflectivity and the other textural/chemical properties
Shuji Fujita(NIPR, SOKEIDAI), Kumiko Goto-Azuma(NIPR, SOKEIDAI), Hiroyuki Enomoto(NIPR, SOKEIDAI, KIT), Kotaro Fukui(NIPR), Motohiro Hirabayashi(NIPR), Akira Hori(KIT), Yu Hoshina(Nagoya U.), Yoshinori Iizuka(ILTS), Yuko Motizuki(RIKEN), Hideaki Motoyama(NIPR, SOKEIDAI), Fumio Nakazawa(NIPR), Shin Sugiyama(ILTS), Sylviane Surdyk(NIPR), Kazuya Takahashi(RIKEN)
The Seventh Symposium on Polar Science   2016年11月29日   
Evolution processes of the firn structure in polar ice sheets based on analyses of dielectric anisotropy - latest results of analyses for Greenland SE core as a central topic -
Shuji Fujita(NIPR, SOKENDAI), Yoshinori Iizuka(ILTS), Sumito Matoba(ILTS), Atsushi Miyamoto(Hokkaido Univ.) and Takeshi Saito(ILTS)
The Seventh Symposium on Polar Science   2016年11月29日   
誘電異方性解析からみえた、極域氷床のフィルン構造の発達過程 ~グリーンランドSEコアの最新の解析結果を中心に~
藤田秀二(国立極地研究所,総合研究大学院大学),飯塚芳徳(北海道大学低温科学研究所),的場澄人(北海道大学低温科学研究所),宮本淳(北海道大学高等教育推進機構),斎藤健(北海道大学低温科学研究所)
雪氷研究大会(2016・名古屋)   2016年10月1日   
Metamorphism of layered firn at Dome Fuji, Antarctica: Evolution of relations between Near-infrared reflectivity and the other textural/chemical properties
Shuji Fujita, Kumiko Goto-Azuma, Hiroyuki Enomoto, Kotaro Fukui, Motohiro Hirabayashi, Akira Hori, Yu Hoshina, Yoshinori Iizuka, Yuko Motizuki, Hideaki Motoyama, Fumio Nakazawa, Shin Sugiyama, Sylviane Surdyk, Kazuya Takahashi
SCAR 2016 Open Science Conference (OSC)   2016年8月25日   
Shuji Fujita, Kumiko Goto - Azuma, Kenji Kawamura and Hideaki Motoyama
Japan-Norway Arctic Science and Innovation Week 2016   2016年6月2日   
To better understand the glaciological environment in Dronning Maud Land (DML), East Antarctica, for the site survey of the ice coring, Japanese glaciologists have investigated wide area near Dome Fuji for more than 30 years. Accumulated various d...
過去21万6千年間の東南極における、気候に依存した質量収支のコントラスト
*藤田 秀二1,2、Frederic Parrenin3,4、阿部 彩子5,6、川村 賢二1,2、Masson-Delmotte Valerie7、本山 秀明1,2、齋藤 冬樹5、Severi Mirko8、Stenni Barbara9、植村 立10、Wolff Eric11 (1.大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所、2.総合研究大学院 大学複合科学研究科 極域科学専攻、3.CNRS, LGGE, Grenoble, France、4.Univ. Grenoble Alpes, Grenoble, France、5.独立行政法人海洋研究開発機構、6.東京大学 大気海洋研究所、7.Laboratoire des Sciences du Climat et de l'Environnement, France、8.University of Florence, Italy、9.Ca' Foscari University Venice, Italy、10.琉球大学、11.University of Cambridge, UK)
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月25日   
南極ドームふじのでのフィルン層構造の変態: 近赤外光の反射率と他の結晶組織構造や化学特性との関係の発達
藤田 秀二
*藤田 秀二1,2、東 久美子1,2、榎本 浩之1,2,3、福井 幸太郎1,7、平林 幹啓1、堀 彰3、保科 優4,8、飯塚 芳徳5、望月 優子6、本山 秀明1,2、中澤 文男1、杉山 慎5、スーディク スィルヴィアン1、高橋 和也6 (1.大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所、2.総合研究大学院 大学複合科学研究科 極域科学専攻、3.北見工業大学、4.名古屋大学、5.北海道大学低温科学研究所、6.理研、7.現在:立山砂防カルデラ博物館、8.現在:地球環境研究所 地球環境研究センタ   2016年5月25日   
アイスコアと堆積物の10Beが示す17~20万年前の長周期太陽変動 [招待有り]
*堀内 一穂1、鎌田 佳苗1、前島 舜1、佐々木 祥1、佐々木 宣欣1、山崎 俊嗣2、藤田 秀二3、本山 秀明3、松崎 浩之4 (1.弘前大学大学院理工学研究科、2.東京大学大気海洋研究所、3.国立極地研究所、4.東京大学総合研究博物館)
2016年5月25日   
南極内陸ドームふじ次期氷床深層アイスコア掘削計画での「最古の氷」掘削地点の選定
*藤田 秀二1,2、川村 賢二1,2、東 久美子1,2、本山 秀明1,2、ドームふじ アイスコアコンソーシアム3(1.大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所、2.総合研究大学院 複合科学研究科 極域科学専攻、3.ドームふじアイスコアコンソ-シアム)
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月25日   
南極観測における今後6カ年のアイスコア関連計画
*川村 賢二、本山 秀明、東 久美子、藤田 秀二、ドームふじ アイスコアコンソーシアム
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月25日   
北東グリーンランド氷流での国際氷床深層掘削プロジェクトによる気候・氷床変動の研究
東 久美子、川村 賢二、藤田 秀二、奥野 淳一、阿部 彩子、グレーベ ラルフ、齋藤 冬樹、本間 智之、東 信彦、榎本 浩之、本山 秀明、Dahl-Jensen Dorthe
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月25日   
80万年を超える深層アイスコア掘削による気候復元研究
川村 賢二、藤田 秀二、東 久美子、本山 秀明、ドームふじ アイスコアコンソーシアム
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月24日   
藤田 秀二
研究集会「両極域における第四紀の気候・環境変動」   2016年3月30日   
藤田 秀二
研究集会「両極域における第四紀の気候・環境変動」   2016年3月30日   
Shuji Fujita, Kumiko Goto - Azuma, Kenji Kawamura and Hideaki Motoyama
The International Partnerships in Ice Core Sciences (IPICS) Second Open Science Conference   2016年3月11日   
Volcanic synchronization of Dome Fuji and Dome C Antarctic deep ice cores over the past 216 kyr
*S. Fujita (NIPR, SOKENDAI), F. Parrenin (CNRS, LGGE, Univ. of Alpes, France), M. Severi (University of Florence, Italy), H. Motoyama (NIPE, SOKENDAI) and E. Wolff (University of Cambridge, UK)
The International Partnerships in Ice Core Sciences (IPICS) Second Open Science Conference   2016年3月7日   
Densification of layered firn of the ice sheet at Dome Fuji, Antarctica
*Shuji. Fujita (NIPR, SOKENDAI), Kumiko Goto-Azuma (NIPR, SOKENDAI), Motohiro Hirabayashi (NIPR), Akira Hori (Kitami Institute of Technology), Yoshinori Iizuka (ILTS, Hokkaudo Univ.), Yuko Motizuki (RIKEN), Hideaki Motoyama (NIPR, SOKENDAI) and Kazuya Takahashi (RIKEN)
The International Partnerships in Ice Core Sciences (IPICS) Second Open Science Conference   2016年3月7日   
Shuji Fujita (NIPR / SOKENDAI, Tokyo)
ILTS International Symposium on Low Temperature Science   2015年12月1日   
*S. Fujita (NIPR, SOKENDAI), F. Parrenin (CNRS, LGGE, Univ. of Alpes, France), M. Severi (University of Florence, Italy), H. Motoyama (NIPE, SOKENDAI) and E. Wolff (University of Cambridge, UK)
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月17日   
Densification of layered firn of the ice sheet at Dome Fuji, Antarctica
*Shuji. Fujita (NIPR, SOKENDAI), Kumiko Goto-Azuma (NIPR, SOKENDAI), Motohiro Hirabayashi (NIPR), Akira Hori (Kitami Institute of Technology), Yoshinori Iizuka (ILTS, Hokkaudo Univ.), Yuko Motizuki (RIKEN), Hideaki Motoyama (NIPR, SOKENDAI) and Kazuya Takahashi (RIKEN)
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月16日   
*S. Fujita (NIPR, SOKENDAI), F. Parrenin (CNRS, LGGE, Univ. of Alpes, France), M. Severi (University of Florence, Italy), H. Motoyama (NIPE, SOKENDAI) and E. Wolff (University of Cambridge, UK)
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月16日   
南極ドームふじコアとドームCコア間の過去21万6千年間の火山同期 [招待有り]
藤田 秀二 ; Parrenin F. ; Severi M. ; Motoyama H. ; Wolff E.
日本地球惑星科学連合 2015年大会   2015年5月25日   
南極ドームふじにおける氷床の層位をもったフィルンの圧密
藤田 秀二
日本地球惑星科学連合 2015年大会   2015年5月25日   
ドームふじ近傍のフィルンの変形と圧密を支配する2大要素:フィルン組織と不純物
藤田 秀二
国立極地研究所研究集会 第四紀の南極域における気候・環境変動史   2015年3月23日   国立極地研究所
DEP全層計測の経過・結果
藤田 秀二
国立極地研究所研究集会 第四紀の南極域における気候・環境変動史   2015年3月23日   国立極地研究所
DFとEDCの年代同期の関連現状・投稿報告
藤田 秀二
国立極地研究所研究集会 第四紀の南極域における気候・環境変動史   2015年3月23日   国立極地研究所
最古の氷の採取可能地域としての、東南極ドームふじ南方の氷床環境
藤田秀二(極地研・総研大)・東久美子(極地研・総研大)・川村賢二(極地研・総研大)・本山秀明(極地研・総研大)
第5回極域科学シンポジウム   2014年12月5日   国立極地研究所
東南極ドームふじにおける、層構造をなすフィルンの変態とその空間可変性
藤田 秀二
藤田秀二(極地研・総研大)・東久美子(極地研・総研大)・飯塚芳徳(北大低温研)・平林幹啓(極地研)・堀彰(北見工大)・望月優子(理研)・本山秀明(極地研・総研大)   2014年12月2日   国立極地研究所
最古の氷の採取可能地域としての、東南極ドームふじ南方の氷床環
藤田秀二・東久美子・川村賢二・本山秀明
雪氷研究大会2014 ・八戸   2014年9月21日   日本雪氷学会
東南極ドームふじ近傍で掘削された複数の浅層コアのフィルンの生成・変態・変態
藤田秀二・東久美子,飯塚芳徳,平林幹啓,堀彰,望月優子,本山秀明
雪氷研究大会2014 ・八戸   2014年9月20日   日本雪氷学会
小串勇太, 井ノ原祐介, 近匡, 清水裕, 近重悠一, 上條敏生, 千葉雅美, 安田修, 矢野浩之, 矢吹文昭, 内海倫明, 藤井政俊, 藤田秀二
日本物理学会講演概要集   2014年3月5日   
藤田秀二, 平林幹啓, 東久美子
雪氷研究大会講演要旨集   2013年9月5日   
福井幸太郎, 本山秀明, 鈴木利孝, 大野浩, 保科優, 藤田秀二
雪氷研究大会講演要旨集   2013年9月5日   
保科優, 藤田耕史, 中澤文男, 飯塚芳徳, 三宅隆之, 平林啓幹, 倉元隆之, 本山秀明, 藤田秀二
雪氷研究大会講演要旨集   2013年9月5日   
本山秀明, 鈴木利孝, 福井幸太郎, 大野浩, 保科優, 藤田秀二
雪氷研究大会講演要旨集   2013年9月5日   
藤田秀二, 平林幹啓, 東久美子
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2013年   
藤田秀二, 堀彰, 望月優子, 高橋和也, 中井陽一, 川村賢二, 本山秀明
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2013年   
本山秀明, 東久美子, 藤田秀二, 古川晶雄, 川村賢二, 川村賢二, 阿部彩子, 阿部彩子, 阿部彩子, 三浦英樹, 菅沼悠介, 野木義史, 奥野淳一
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2013年   
本山秀明, 鈴木利孝, 福井幸太郎, 大野浩, 大野浩, 保科優, 藤田秀二
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2013年   
原圭一郎, 中澤文男, 藤田秀二, 山内恭
日本気象学会大会講演予稿集   2012年9月30日   
藤田秀二
雪氷研究大会講演要旨集   2012年9月10日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科研費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 藤田 秀二
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 藤田 秀二
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 藤田 秀二
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 藤田 秀二
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 藤田 秀二

社会貢献活動

 
夏休み科学体験講座講師
【講師】  国立極地研究所  川崎市立川中島中学校の皆様を対象に  2011年7月27日
講演:南極の氷:南極の氷からわかる地球環境
【講師】  秋葉原UDX4階 先端ナレッジフィールド・UDXマルチスペース  「国際惑星地球年・ジュニア・サイエンスカフェ」  2009年8月9日
講演「南極の氷からわかる地球環境」
【講師】  2009南極・白瀬展 -白瀬日本南極探検隊100周年記念プレ・イベント- 秋田拠点センター「アルヴェ」2階多目的ホール  2009年8月9日
一般向け講演(The popular science symposium)
【講師】  スウェーデン大使館  Meeting near the Pole 2007-08:JASE-The Sweden-Japan Antarctic Expedition 日本・スウェーデン南極トラバース探査  2008年11月30日

その他

 
研究活動の展望

◆氷床および氷床コア中の物理化学的プロセス研究の推進:  氷床深層コア試料をはじめとした極地氷床から採取した各種雪氷試料とし、これらにかかわる物理化学的プロセスの解明研究を実施している。これにより、氷床コアからひきだす古気候情報の価値を高め、気候変動プロセスの理解や将来の気候予測に関連し必要とされる情報を提出してゆく。特に、昨今取り組んでいるフィルン研究については、各国の雪氷物理研究者が興味を持って取り組んでいるテーマである。電磁波・光学的・X線手法等を特に活用した実験研究の成果を着実に発信していきたい。
 
◆氷床深層コア試料にかかる古気候復元研究の推進: プロセス研究との両輪としておこなう研究は、氷床深層コア研究そのものである。南極頂部ドームふじから採取した3035m長の氷サンプルは、世界の氷床コア研究・古環境研究を代表する雪氷試料のひとつと呼んでも過言ではない。欧米勢との協力・競争・切磋琢磨のなかで研究をすすめている。氷床コアやその信号のなかに含まれる物理プロセスと、それに、物理・化学的性質として検知可能な地球の環境変動史の解明を、主要研究機関の大きな責務として果たしていかなければならないと考えている。
 
◆研究技術革新の推進: 高度な計測技術が発展し、新たな研究の切り口が常に出現しつつある昨今、上記試料を対象に実施する各種実験研究には、先進の技術や研究の切り口の導入を常にはかりたい。氷床コア研究の分野に於いても、技術導入や他グループの革新に遅れずについていくことなしには世界的な先端水準を維持できないことを、これまでの研究や諸外国の研究者との研究上のかかわりで強く認識をしてきた。研究・教育のなかにおいて高度な技術的要素を導入し腰を据えて駆使し、研究結果に結びつけていきたい。電磁波や、光学的手法、それにX線手法等を特に活用し、氷床コア研究や雪氷研究の新たな地平の開拓につとめる。これまで既に手がけてきたマイクロ波誘電計測手法については特に応用を促進する。現在国立極地研究所の研究開発プロジェクトとして導入した自動ファブリックアナライザーについても、積極的に活用をはかっていくほか、新たな手法には積極的に取り組んでいく。
 
◆東南極地域日本・スウェーデン共同トラバース、雪氷レーダ研究:  2007年10月末~2008年2月中旬の期間、日本南極地域観測隊の東南極地域南極トラバース「日本・スウェーデン共同トラバース」を実施した。この内陸調査自体は、南極観測50年を記念する国際連携事業(IPY)をなす研究プロジェクトの一つとして、国立極地研のなかでここまで企画・立案や国際調整を推進してきた。現地調査は成功裡に完了し、データ分析とサンプル分析のとりまとめを続けている。既に多くの論文の公開をすすめたが、引き出すべきデータの価値はまだまだある。継続して、目的とする科学的成果としてまとめあげることに努力をする。
 
◆極地氷床と気候変動:  氷床をはじめとする雪や氷に対するレーダ研究についても、これまでの研究やデータの蓄積をベースに国際連携・人材育成も含めた研究の展開をはかりたい。データが含有し、科学的に有意かつ未発展の事項を、重要と考えるものから順次論文化をしている。氷の厚さの計測、氷の内部の物理状態(流動・変形・変態)や基盤の状態の同定等、雪や氷に対しての知識、それに、レーダ計測のバックグラウンドの知識がなければ取り組めない課題について、積極的に推進をしていく。南極観測は、継続的監視はとても重要であるものの、参画する科学者が感じる科学的な魅力や期待感が非常に重要な要素になる。「継続的監視」のみでは、現場観測をコミュニティで担う体制を維持できない。極地研究関係者は、常に魅力的な大口の「新たな切り口」を提示・提案し、科学者コミュニティが意欲を持って参画しつづける状況をつくっていく必要がある。IPYはそうしたひとつのキャンペーンであった。氷床境界条件(フィルンプロセス、底部、棚氷等縁辺部、堆積、気象)が重要な鍵ではないか?
 
◆将来の世代への継承:  データや、資料・試料のアーカイブや継承体制についても目下の課題。次世代をになう研究者には、これまで蓄積してきた各種のノウハウを是非伝えていきたい。自ら考え、行動し、研究展開と論文出版体制をつくることのできる若手の育成が課題。
 
◆国立極地研究所という全国共同利用機関法人のなかの一研究所で研究する立場上、共同研究推進の担い手としての役割をはたす。各地の大学や研究機関との連携や交流を一層深め、コミュニティーとして力を発揮できる状態をつくっていく。