Shigeki Inoue

Last updated: May 17, 2016 at 18:30
 
Avatar
Name
Shigeki Inoue
E-mail
s_inouekiui.ac.jp
Affiliation
Kibi International University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2011
 - 
Today
lecturer, Department of Physical Therapy, School of Health Science Welfare, Kibi International University
 

Published Papers

 
Differential response of heat-shock-induced p38 MAPK and JNK activity in PC12 mutant and PC12 parental cells for differentiation and apoptosis.
Murai H, Hiragami F, Kawamura K, Motoda H, Koike Y, Inoue S, Kumagishi K, Ohtsuka A, Kano Y
Acta medica Okayama   64 55-62   Feb 2010   [Refereed]
Hiragami F, Motoda H, Takezawa T, Takabayashi C, Inoue S, Wakatake Y, Kano Y
International journal of molecular sciences   10 4963-4976   Nov 2009   [Refereed]
井上茂樹, 元田弘敏, 若竹雄治, 加納良男, 平上二九三
総合リハビリテーション   36(8) 791-796   Aug 2008   [Refereed]
Inoue S, Motoda H, Koike Y, Kawamura K, Hiragami F, Kano Y
Neuroscience letters   432 35-39   Feb 2008   [Refereed]
河村顕治, 高田章人, 村瀬達也, 若井達也, 柴田達也, 酒井孝文, 宮地司, 梅居洋史, 井上茂樹, 川上真幸
臨床歩行分析研究会定例会抄録集   30th 28-29   2008

Misc

 
Akt酵素活性に変異を誘導したヒト正常繊維芽細胞の解析
加納 良男, 平上 二九三, 川浦 昭彦, 元田 弘敏, 小池 好久, 秋山 純一, 井上 茂樹, 河村 顕治
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (16) 17-20   Mar 2015
Akt酵素活性に変異を誘導したヒト正常繊維芽細胞について検討した。新生児の包皮から単離したヒトの二倍体(正常)繊維芽細胞を用いた。PI3Kのp85遺伝子に突然変異をもつp85タンパク質はどのように働くか検討するため、変異型p85遺伝子をヒトの繊維芽細胞に導入し増殖因子によるAktの活性化を調べた。FLAG標識野性型あるいは突然変異型p85遺伝子をヒト繊維芽細胞に導入し、G418選択によって得られた各クローンを増殖させ、各クローン細胞が繊維芽細胞増殖因子であるPDGFを含んでいる血清によって...
培養細胞における電磁波刺激および温熱刺激によるシグナル伝達系の働きについて
井上 茂樹, 平上 二九三, 元田 弘敏, 河村 顕治, 加納 良男
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (16) 27-31   Mar 2015
培養細胞における電磁波刺激および温熱刺激によるシグナル伝達系の働きについて検討した。ラット副腎髄質褐色細胞腫から単離した神経分化能を有するPC12細胞の変異細胞を用いた。電磁波刺激を10分間照射したものは、神経突起の誘導が少しみられた。電磁波刺激を10分間照射し、p38MAPキナーゼの阻害剤であるSB203580を5μM添加したものは、電磁波刺激を10分間照射したものに比べて神経突起の誘導が抑制された。温熱刺激を10分間与えたものは、神経突起の誘導が少しみられた。温熱刺激を10分間与え、S...
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (15) 29-32   2014
元田弘敏, 井上茂樹, 加納良男, 平上二九三
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (14) 41-44   Mar 2013
加納良男, 平上二九三, 元田弘敏, 小池好久, 四宮美佐枝, 井上茂樹, 河村顕治
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (14) 45-48   Mar 2013

Conference Activities & Talks

 
The Effect of Doorway Stretch for Scapular Position and Glenohumeral Rotational Range of Motion.
Takashi Higuchi, Shigeki Yokoyama, Shigeki Inoue, Teruhiko Kawakami, Kenji Kawamura, Mitsuhiro Hayashi, Takahiro Ochi
International Congress of Shoulder and Elbow Therapists, Jeju Korea   17 May 2016   
Effects of Two Pectoralis Minor Stretching Methods on Pectoralis Minor Length, Scapular Position and Glenohumeral Range of Motion.
Takashi Higuchi, Shigeki Inoue, Teruhiko Kawakami, Kenji Kawamura, Shigeki Yokoyama
World Confederation for Physical Therapy in Singapore 2015. Singapore   1 May 2015   
中川昌幸, 橋本直樹, 元田弘敏, 井上茂樹, 平上二九三
理学療法学   2010   
酒井孝文, 酒井孝文, 河村顕治, 宮地司, 梅居洋史, 井上茂樹, 横山茂樹
理学療法学   2009   
若竹雄治, 元田弘敏, 井上茂樹, 平上二九三
理学療法学   20 Apr 2008   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2009 - 2010    Investigator(s): SHIGEKI INOUE
I investigated damage and differentiation of PC12 cells and fibroblast cells caused by microwave irradiation. The frequency of neurite outgrowth induced by 2.45 GHz (200 W) of microwave irradiation was approximately 10-fold greater than that in no...