定兼 邦彦

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/05 15:51
 
アバター
研究者氏名
定兼 邦彦
URL
http://www.misojiro.t.u-tokyo.ac.jp/
所属
東京大学
部署
大学院情報理工学系研究科 数理情報学専攻
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)

プロフィール

2000年 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻修了.博士(理学).
2000年東北大学大学院情報科学研究科助手,2003年九州大学大学院
システム情報科学研究院助教授(准教授),2009年国立情報学研究所准教授,
2014年同教授,2014年東京大学大学院情報理工学系研究科教授.

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授
 
2014年3月
 - 
2014年3月
国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授
 
2009年4月
 - 
2014年3月
国立情報学研究所情報学プリンシプル研究系 准教授
 
2003年4月
 - 
2009年3月
九州大学大学院システム情報科学研究院 准教授 (助教授)
 
2000年4月
 - 
2003年3月
東北大学大学院情報科学研究科 助手
 

受賞

 
2016年2月
日本学術振興会 日本学術振興会賞 大規模データ処理のための簡潔データ構造の開発
 
2009年10月
モバイル・コミュニケーション・ファンド ドコモ・モバイル・サイエンス賞
 
2009年9月
情報科学技術フォーラム FIT論文賞
受賞者: 田中洋輔,小野廣隆,定兼邦彦,山下雅史
 
2008年9月
情報科学技術フォーラム FIT論文賞
受賞者: 安藤 映,小野廣隆,定兼邦彦,山下雅史
 
2007年11月
日本IBM 日本IBM科学賞
 
2007年4月
文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2006年4月
船井情報科学振興財団 船井情報科学奨励賞
 
2003年9月
情報科学技術フォーラム FIT論文賞
 
2002年11月
船井情報科学振興財団 FIT船井ベストペーパー賞
 
2002年9月
情報処理学会 山下記念研究賞
 
1998年3月
IEEE Data Compression Conference Copocelli Prize
 
1998年3月
電子情報通信学会データ工学専門委員会 データ工学ワークショップ奨励賞
 

論文

 
Takuya Takagi, Shunsuke Inenaga, Kunihiko Sadakane, Hiroki Arimura
Proceedings of IWOCA   LNCS 9843 213-225   2016年8月   [査読有り]
Arnab Ganguly, Wing-Kai Hon, Kunihiko Sadakane, Rahul Shah, Sharma V. Thankachan and Yilin Yang
Proceedings of CPM   54(2) 2:1-2:12   2016年7月   [査読有り]
José Salavert Torres, Andrés Tomás, Ignacio Medina, Kunihiko Sadakane and Ignacio Blanquer
Current Bioinformatics   11    2016年6月   [査読有り]
Taito Lee, Shuhei Denzumi, Kunihiko Sadakane
Proceedings of SEA   LNCS 9685 201-216   2016年6月   [査読有り]
Dinghua Li, Ruibang Luo, Chi-Man Liu, Chi-Ming Leung, Hing-Fung Ting, Kunihiko Sadakane, Hiroshi Yamashita, Tak-Wah Lam
Methods   102 3-11   2016年6月   [査読有り]
Lempel-Ziv Computation In Compressed Space (LZ-CICS)
Dominik K¨oppl Kunihiko Sadakane
Proceedings of DCC   3-12   2016年3月   [査読有り]
Luis Barba, Matias Korman, Stefan Langerman, Rodrigo I. Silveira, Kunihiko Sadakane
Algorithmica   72(4) 1-33   2015年8月   [査読有り]
Wing-Kin Sung, Kunihiko Sadakane, Tetsuo Shibuya, Abha Belorkar, Iana Pyrogova
IEEE/ACM Transactions on Computational Biology and Bioinformatics   12(4) 770-777   2015年7月   [査読有り]
Max Flow Indexing Problem on Series-Parallel Networks
Tsunehiko Nagayama and Kunihiko Sadakane
Proceedings of AAAC      2015年5月
Philip Bille, Gad M. Landau, Rajeev Raman, Kunihiko Sadakane, Srinivasa Rao Satti, Oren Weimann
SIAM Journal on Computing   44(3) 519-539   2015年5月   [査読有り]
永山恒彦,定兼邦彦
信学技報, COMP2015-4   115(15) 21-25   2015年4月
Christina Boucher, Alexander Bowe, Travis Gagie, Simon J. Puglisi, Kunihiko Sadakane
Proceedings of IEEE Data Compression Conference (DCC)   383-392   2015年4月   [査読有り]
Jesper Jansson, Kunihiko Sadakane, Wing-Kin Sung
Algorithmica   71(4) 969-988   2015年4月   [査読有り]
Dinghua Li, Chi-Man Liu, Ruibang Luo, Kunihiko Sadakane, Tak-Wah Lam
Bioinformatics   31(10) 1674-1676   2015年1月   [査読有り]
Atsushi Koike, Kunihiko Sadakane
International Journal of Networking and Computing   5(1) 26-60   2015年1月   [査読有り]
An Tex-time algorithm for detecting superbubbles
Wing-Kin Sung, Kunihiko Sadakane, Tetsuo Shibuya, Abha Belorkar, Iana Pyrogova
Proceedings of GIW/ISCB-Asia 2014      2014年12月   [査読有り]
Erik D. Demaine, Yamming Huang, Chung-Shou Liao, Kunihiko Sadakane
Proceedings of ICALP   LNCS(8572) 380-391   2014年7月   [査読有り]
Shuhei Denzumi, Jun Kawahara, Koji Tsuda, Hiroki Arimura, Shin-Ichi Minato and Kunihiko Sadakane
Proceedings of SEA   LNCS(8504) 187-198   2014年7月   [査読有り]
A Novel Computational Model for GPUs with Application to I/O Optimal Sorting Algorithms
Atsushi Koike, Kunihiko Sadakane
Proceedings of APDCM      2014年5月   [査読有り]
Huy Hoang Do, Jesper Jansson, Kunihiko Sadakane, Wing-Kin Sung
Theoretical Computer Science   532(1) 14-30   2014年5月   [査読有り]
Gonzalo Navarro, Kunihiko Sadakane
ACM Transactions on Algorithms   10(3) Article No. 16   2014年5月   [査読有り]
Taku Onodera, Kunihiko Sadakane, Tetsuo Shibuya
Proceedings of WABI   LNCS 8126 338-348   2013年9月   [査読有り]
Shirou Maruyama, Yasuo Tabei, Hiroshi Sakamoto, Kunihiko Sadakane
Proceedings of SPIRE   LNCS 8214 218-229   2013年9月   [査読有り]
Wing-Kai Hon, Lap-Kei Lee, Kunihiko Sadakane, Konstantinos Tsakalidis
Proceedings of WADS   LNCS 8037 402-414   2013年8月   [査読有り]
Chuan Xiao, Jianbin Qin, Wei Wang, Yoshiharu Ishikawa, Koji Tsuda, Kunihiko Sadakane
Proceedings of the VLDB Endowment   6(6)    2013年6月   [査読有り]
Hoa Vu, Francis Chin, W.K. Hon, Henry Leung, K. Sadakane, W.K. Sung, S.M. Yiu
Proceedings of ISBRA   LNCS 7875 112-124   2013年5月   [査読有り]
Luis Barba, Matias Korman, Stefan Langerman, Rodrigo I. Silveira, Kunihiko Sadakane
Proceedings of STACS   LIPIcs(20) 281-292   2013年2月   [査読有り]
Christopher Ma, King-Fung Wong, Tak-Wah Lam, Wing-Kai Hon, Kunihiko Sadakane, Siu-Ming Yiu
IEEE/ACM Transactions on Computational Biology and Bioinformatics   9(6) 1629-1638   2012年11月   [査読有り]
Alexander Bowe, Taku Onodera, Kunihiko Sadakane, Tetsuo Shibuya
Proceedings of WABI   7534 225-235   2012年9月   [査読有り]
Tetsuo Asano, Jesper Jansson, Kunihiko Sadakane, Ryuhei Uehara, Gabriel Valiente
Information Sciences   197 77-90   2012年8月   [査読有り]
The Robinson–Foulds distance, a widely used metric for comparing phylogenetic trees, has recently been generalized to phylogenetic networks. Given two phylogenetic networks N1, N2 with n leaf labels and at most m nodes and e edges each, the Robins...
Jesper Jansson, Kunihiko Sadakane, Wing-Kin Sung
Proceedings of ICALP   LNCS 7391 510-521   2012年7月   [査読有り]
Jurek Czyzowicz, Stefan Dobrev, Leszek Gąsieniec, David Ilcinkas, Jesper Jansson, Ralf Klasing, Ioannis Lignos, Russell Martin, Kunihiko Sadakane, Wing-Kin Sung
Theoretical Computer Science   444(27) 60-76   2012年7月   [査読有り]
We consider the problem of periodic graph exploration in which a mobile entity with constant memory, an agent, has to visit all n nodes of an input simple, connected, undirected graph in a periodic manner. Graphs are assumed to be anonymous, that ...
Tatsuya Akutsu, Daiji Fukagawa, Jesper Jansson, Kunihiko Sadakane
Discrete Applied Mathematics   160(10-11) 1416-1428   2012年7月   [査読有り]
Huy Hoang Do, Jesper Jansson, Kunihiko Sadakane, Wing-Kin Sung
Proceedings of the 2012 Joint FAW-AAIM Conference   7285 291-302   2012年5月   [査読有り]
Kunihiko Sadakane
Progress in Informatics   9 19-23   2012年3月   [査読有り]
J. Jansson, K. Sadakane, W.-K. Sung
Journal of Computer and System Sciences   78(2) 619-631   2012年3月   [査読有り]
There exist two well-known succinct representations of ordered trees: BP (balanced parenthesis) [Munro, Raman 2001] and DFUDS (depth first unary degree sequence) [Benoit et al. 2005]. Both have size 2n+o(n) bits for n-node trees, which asymptotica...
Diego Arroyuelo, Gonzalo Navarro, Kunihiko Sadakane
Algorithmica   62(1-2) 54-101   2012年2月   [査読有り]
Given a text T[1..u] over an alphabet of size σ, the full-text search problem consists in finding the occ occurrences of a given pattern P[1..m] in T. In indexed text searching we build an index on T to improve the search time, yet increasing the ...
Wing-Kai Hon, Kunihiko Sadakane, Wing-Kin Sung
Theoretical Computer Science   412(39) 5176-5186   2011年9月   [査読有り]
Philip Bille, Gad M. Landau, Rajeev Raman, Kunihiko Sadakane, Srinivasa Rao Satti, Oren Weimann
Proceedings of ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA)   373-389   2011年1月   [査読有り]
田中 洋輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦 ,山下 雅史
電子情報通信学会論文誌 D   J93-D(8) 1567-1575   2010年8月   [査読有り]
大規模文字列データに対する高速な文字列検索は接尾辞配列(SA)を用いて実現できるが,SAには多くの容量が必要になってしまう.SAを圧縮する様々な方法が提案されているが,本論文では出現頻度の高いフレーズの検索が既存の圧縮法に比べて高速な圧縮法を提案する.提案手法では,SAをブロックに分割し,そのブロック内でソートを行い,差分をとったものを保存し,検索時は差分からソート後のSAを取り戻し,区間内をすべて逐次的に検索する.これで検索フレーズのすべての出現位置を得ることができる.実験により,特に検...
Tetsuo Asano, Jesper Jansson, Kunihiko Sadakane, Ryuhei Uehara, Gabriel Valiente
Proceedings of Combinatorial Pattern Matching (CPM)   LNCS 6129 190-201   2010年6月   [査読有り]
Ei Ando, Hirotaka Ono, Kunihiko Sadakane, Masafumi Yamashita
International Journal of Foundations of Computer Science (IJFCS)   21(3) 427-440   2010年6月   [査読有り]
The leader election problem is unsolvable for some anonymous networks. A leader election algorithm for anonymous networks thus elects a leader whenever it is possible; if it is impossible, the algorithm reports this fact. This paper investigates t...
Tetsuo Shibuya, Jesper Jansson, Kunihiko Sadakane
Algorithms for Molecular Biology   5(7)    2010年1月   [査読有り]
Kunihiko Sadakane and Gonzalo Navarro
Proceedings of ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA)   134-149   2010年1月   [査読有り]
Diego Arroyuelo, Rodrigo Cánovas, Gonzalo Navarro, and Kunihiko Sadakane
Proceedings of Workshop on Algorithm Engineering and Experiments (ALENEX)   84-97   2010年1月   [査読有り]
Succincter (より簡潔な)
定兼 邦彦
人工知能学会誌   24(6) 936-938   2009年11月   [招待有り]
文献紹介
Yoshiaki Nonaka, Hirotaka Ono, Kunihiko Sadakane, Masafumi Yamashita
Stochastic Algorithms: Foundations and Applications, 5th International Symposium, SAGA 2009   LNCS 5792 104-116   2009年10月   [査読有り]
Tetsuo Shibuya, Jesper Jansson, Kunihiko Sadakane
Algorithms in Bioinformatics, 9th International Workshop, WABI 2009   LNCS 5724 310-320   2009年9月   [査読有り]
Daisuke Okanohara, Kunihiko Sadakane
String Processing and Information Retrieval, 16th International Symposium, SPIRE 2009   LNCS 5721 90-101   2009年8月   [査読有り]
Jurek Czyzowicz, Stefan Dobrev, Leszek Gasieniec, David Ilcinkas, Jesper Jansson, Ralf Klasing, Ioannis Lignos, Russell A. Martin, Kunihiko Sadakane, Wing-Kin Sung
Structural Information and Communication Complexity, 16th International Colloquium, SIROCCO 2009   LNCS 5869 167-181   2009年5月   [査読有り]
定兼 邦彦
信学技報COMP   109(9) 37-41   2009年4月
Wing-Kai Hon, Kunihiko Sadakane, and Wing-Kin Sung
SIAM Journal on Computing   38(6) 2162-2178   2009年2月   [査読有り]

Misc

 
Abstract Computation Model for Analyzing Complexity of GPU-based Algorithms
小池敦, 定兼邦彦
Proceedings of AAAC      2013年4月   [査読有り]
A New Implementation of Succinct de Bruijn Graphs
Alexander Bowe, Taku Onodera, Kunihiko Sadakane, Tetsuo Shibuya
Proceedings of AAAC      2013年4月   [査読有り]
Implementation of Succinct de Bruijn Graphs
Alexander Bowe, Taku Onodera, Kunihiko Sadakane, Tetsuo Shibuya
Proceedings of ALSIP      2012年11月   [査読有り]
GPUのための並列計算モデル
小池敦, 定兼邦彦
コンピュテーション研究会      2012年10月
Compressing de Bruijn Graphs
Alexander Bowe, Taku Onodera, Kunihiko Sadakane, Tetsuo Shibuya
コンピュテーション研究会      2012年9月
SUNG Wing-Kin, 定兼 邦彦, JANSSON Jesper
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   111(256) 39-46   2011年10月
本論文では圧縮ランダムアクセスメモリのための動的データ構造を提案する.メモリ(文字列)T[1..n]はlogσビットの文字T[i]から構成されるが,これを[numerical formula]ビットに圧縮して格納するなお,H_k(T)はTのκ-次の経験的エントロピーで,∈>0は任意の定数である.このデータ構造は部分文字列T{i..i+log_σ n-1](計算機の1語に相当)の読み込みをO(1)時間,書き換えをO(1/ε)時間で実現する.また,このデータ構造はlog_σ n文字の挿入削除を...
田中 洋輔, 定兼 邦彦, 山下 雅史
数理解析研究所講究録   1744(0) 201-204   2011年6月
馬場 雅大, 丸山 史郎, 坂本 比呂志, 定兼 邦彦, 山下 雅史
数理解析研究所講究録   1744(0) 209-212   2011年6月
大規模分散フレームワークHadoopを用いた接尾辞配列構築
田中洋輔,来嶋秀治, 定兼邦彦,山下雅史
冬のLAシンポジウム      2011年2月
文法圧縮に基づいた圧縮データの自己索引構造化の提案
馬場 雅大,丸山史郎,坂本比呂志, 定兼邦彦,山下雅史
冬のLAシンポジウム      2011年2月
田中 洋輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史
情報科学技術フォーラム講演論文集   9(1) 205-206   2010年8月
馬場 雅大, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史
情報科学技術フォーラム講演論文集   9(1) 207-208   2010年8月
田中 洋輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   93(8) 1567-1575   2010年8月
大規模文字列データに対する高速な文字列検索は接尾辞配列(SA)を用いて実現できるが,SAには多くの容量が必要になってしまう.SAを圧縮する様々な方法が提案されているが,本論文では出現頻度の高いフレーズの検索が既存の圧縮法に比べて高速な圧縮法を提案する.提案手法では,SAをブロックに分割し,そのブロック内でソートを行い,差分をとったものを保存し,検索時は差分からソート後のSAを取り戻し,区間内をすべて逐次的に検索する.これで検索フレーズのすべての出現位置を得ることができる.実験により,特に検...
馬場 雅大, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史
数理解析研究所講究録   1691(0) 155-161   2010年6月
馬場 雅大, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史
情報処理学会研究報告. AL, アルゴリズム研究会報告   2010(1) 1-8   2010年2月
大規模なデータを効率よく扱うために圧縮されたデータ上で高速な操作を行える簡潔データ構造が提案されてきた.本稿ではパトリシアトライなどに使われる全二分木に焦点を当てる.提案する全二分木の簡潔表現のサイズは n+o(n) ビットであり,右の子へ巡回するといった操作を定数時間で行うことができる.また接尾辞木 (ST) を全二分木に変換することで圧縮可能であることを示す.
田中 洋輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史
情報処理学会研究報告. AL, アルゴリズム研究会報告   2010(1) 1-6   2010年1月
大規模データに対する高速な文字列検索は接尾辞配列 (SA) を用いて実現できるが,SA には多くの容量が必要になってしまう.SA を圧縮する様々な方法が提案されているが,提案手法は,SA と転置インデックスを組み合わせることで,出現頻度の高いフレーズの検索が既存の索引に比べ高速な索引を実現する.最終的には実験により,以前提案した別手法5) と似た性能で,ある程度検索時間を調整可能であることを示す.
田中 洋輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史
情報科学技術フォーラム講演論文集   8(1) 43-50   2009年8月
定兼邦彦
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   109(9) 37-41   2009年4月
動的な順序木に対する簡潔データ構造を提案する.簡潔データ構造とは,サイズが表現するデータの情報理論的下限に漸近的に一致するデータ構造であり,n節点の順序木に対する下限は2n-Θ(log n)ビットである.本論文のデータ構造は順序木に対する様々な問合せと,木構造の変更(節点の追加・削除)を効率よく実現する.2つのデータ構造があり,1つはサイズが2n+O(n/log n)ビットで全ての演算をO(log n)時間で行える.もう1つはサイズが2n+O(n log log n/log n)ビットで多...
定兼邦彦
電子情報通信学会誌   92(2) 97-104   2009年
様々な種類の大規模データを活用するには,それを効率良く格納し,かつ高速な読込みと検索が行える必要があるが,これまでの格納方法ではすべてを満足することはできなかった.近年開発された簡潔データ構造により,データをコンパクトに格納し,かつ高速な問合せを行うことができるようになった.また,それを更に発展させ,様々なデータをある種のエントロピー限界まで圧縮しつつ同様のことができる超簡潔データ構造も提案された.これらについて,理論と応用に興味のある方を対象に,その定義と実現法を解説する.
定兼邦彦
電子情報通信学会誌   92(2) 97-104   2009年2月

書籍等出版物

 
Algorithms and Computation - 8th International Workshop, WALCOM 2014, Chennai, India, February 13-15, 2014, Proceedings
Sudebkumar Prasant Pal, Kunihiko Sadakane (Eds.) (担当:編者)
2014年2月   ISBN:978-3-319-04657-0
http://link.springer.com/book/10.1007%2F978-3-319-04657-0

講演・口頭発表等

 
定兼 邦彦
Workshop on Algorithms in Bioinformatics (WABI)   2012年9月11日   
定兼 邦彦
コンピュテーション研究会   2012年9月3日   電子情報通信学会
定兼 邦彦
情報処理学会 第74回全国大会   2012年3月   情報処理学会
定兼 邦彦
コンピュテーション研究会   2012年3月   電子情報通信学会
Kunihiko Sadakane
Second Workshop on Algorithms for Large-Scale Information Processing in Knowledge Discovery (ALSIP 2011)   2011年12月   
定兼 邦彦
平成23年度市民講座 「未来を支える情報学」   2011年11月   国立情報学研究所
定兼 邦彦
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   2011年10月   電子情報通信学会
簡潔データ構造 [招待有り]
定兼 邦彦
コンピュータサイエンス特別講義Ⅰ   2011年8月   北海道大学工学部
簡潔データ構造 [招待有り]
定兼 邦彦
ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 講究録   2011年8月   ERATO湊離散構造処理系プロジェクト
簡潔データ構造の理論と実際 [招待有り]
定兼 邦彦
「情報と職業」   2011年6月   京都大学 工学部 情報学科 計算機科学コース
Online Prediction on Labeled Graphs
Koji Kobayashi, Kunihiko Sadakane
The 4th Annual Meeting of the AAAC   2011年4月   
定兼 邦彦
先端暗号フロンティアセミナー   2011年3月   暗号フロンティア研究会
簡潔データ構造とは,データを極限まで圧縮しつつ,様々な問い合わせを高速に実現できるデータ構造である.本講演では,基本的な簡潔データ構造と,それらを用いた木構造や文字列検索のための簡潔データ構造を解説する.
定兼 邦彦
コンピュータサイエンス研究会 講演会   2011年2月   東北大学 電気通信研究所 コンピュータサイエンス研究会
簡潔木 (succinct trees) とは木を表現するデータ構造である.
サイズは極限まで圧縮されているが,従来のデータ構造と同等の
問い合わせ時間を実現する.
 文法圧縮 (grammar compression) は文字列をそれを生成する文脈自由
文法に置き換える圧縮法であり,Lempel-Ziv, Byte-pair encoding, Sequitor,
Re-Pairなどの圧縮法を含む広い枠組みである.文法圧縮は文字列だけでは
なく,木構造の圧縮にも用いられる.本講演ではこれ...
簡潔データ構造の理論と応用 [招待有り]
定兼 邦彦
2011年2月   名古屋大学多元数理科学研究科
データを高速に検索するには索引を追加する必要があるが,既存のデータ構造
では索引のサイズが大きいという問題がある.簡潔データ構造は,サイズが漸近的に
無視でき,検索速度も遅くならない索引であり,これまでに文字列や木構造などに対する
ものが提案されている.本講演では簡潔データ構造の理論,実装,応用について解説する.
定兼 邦彦
日本オペレーションズ・リサーチ学会研究部会 画期における最適化   2010年12月   
Fully-Functional Succinct Trees
Kunihiko Sadakane
ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA)   2010年1月   
定兼 邦彦
日本オペレーションズ・リサーチ学会研究部会 画期における最適化   2009年11月   
動的簡潔順序木
定兼 邦彦
電子情報通信学会コンピュテーション研究会   2009年4月   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 基盤(A)
研究期間: 2011年       代表者: 定兼 邦彦
日本学術振興会: 若手(A)
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 定兼 邦彦
接尾辞は文字列検索のための代表的データ構造である.長さTex,アルファベットサイTexの文字列Texに対し,従来のデータ構造では接尾辞木はTexビット,具体的な実装ではTexのときにTexTexバイトの領域を必要としていた.これは文字列自身のサイズ(Texビット,通常の文字列ではTexバイト,DNAではTexバイト)と比較すると非常に大きい.本研究で提案した圧縮接尾辞木は,接尾辞木の機能を保っ...

委員歴

 
2013年5月
 - 
現在
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ  ソサイエティ誌担当幹事
 
2013年4月
 - 
現在
電子情報通信学会  Fundamentals Review編集委員幹事
 
2011年8月
 - 
2014年5月
電子情報通信学会  和文論文誌A編集委員
 
2010年4月
 - 
2014年3月
情報処理学会  アルゴリズム研究会運営委員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
電子情報通信学会  Fundamentals Review編集委員会幹事補佐
 
2011年6月
 - 
2012年5月
情報処理学会  論文誌ジャーナル/JIP基盤グループ主査
 
2010年6月
 - 
2014年5月
電子情報通信学会  英文論文誌A編集委員
 
2010年6月
 - 
2011年5月
情報処理学会  論文誌ジャーナル/JIP基盤グループ副査
 
2009年4月
 - 
2012年3月
情報処理学会  データベーストランザクション編集委員
 
2008年6月
 - 
2012年5月
情報処理学会  論文誌ジャーナル/JIP編集委員