中島定彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/01 22:47
 
アバター
研究者氏名
中島定彦
 
ナカジマ サダヒコ
ハンドル
中島定彦
eメール
nakajimakwansei.ac.jp
URL
http://www.dips-kwansei.gr.jp/nakajima/top.html
所属
関西学院大学
部署
文学部総合心理科学科
職名
教授
学位
博士(心理学)(慶應義塾大学)

プロフィール

1965年、高知市生まれ。
 上智大学文学部心理学科(卒論ゼミは故:平井久先生)を卒業後、日本における徹底的行動主義の総本山であった慶應義塾大学大学院に進学し、動物の知的行動の研究を始めました(修士・博士課程の指導教授は故:佐藤方哉先生)。
 条件づけ学習を認知的に取り扱う現代連合学習理論にも興味を持ち、日本学術振興会の特別研究員PDとして関西学院大学の今田寛先生の研究室で2年間研究した後、日本学術振興会海外特別研究員として米国ペンシルベニア大学のレスコーラ教授の研究室で2年間、条件づけ研究を行ってから、大学教員になりました。
 現在は、動物の学習および記憶(特に、古典的条件づけおよびオペラント条件づけ)を中心として、動物の認知・行動全般を研究しています。また、「人と動物の関係」に関するさまざまなテーマについて関心があります。

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
関西学院大学 文学部 教授
 
2007年4月
 - 
2009年3月
関西学院大学 文学部 准教授
 
2001年4月
 - 
2007年3月
関西学院大学 文学部 助教授
 
1997年4月
 - 
2001年3月
関西学院大学 文学部 専任講師
 
1995年4月
 - 
1997年3月
日本学術振興会 海外特別研究員(ペンシルベニア大学)
 
1993年4月
 - 
1995年3月
日本学術振興会 特別研究員PD(関西学院大学)
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1993年3月
慶應義塾大学大学院 社会学研究科後期博士課程 心理学専攻
 
1988年4月
 - 
1990年3月
慶應義塾大学大学院 社会学研究科修士課程 心理学専攻
 
1984年4月
 - 
1988年3月
上智大学 文学部 心理学科
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
公益社団法人 日本心理学会  評議員・理事
 
2016年4月
 - 
現在
ヒトと動物の関係学会  評議員
 
2015年6月
 - 
現在
一般社団法人 日本行動分析学会  理事
 
2015年6月
 - 
現在
一般社団法人 日本行動分析学会  学会誌編集委員長
 
2014年9月
 - 
現在
日本動物心理学会  常任理事
 
2011年6月
 - 
2016年7月
第31回国際心理学会議  組織委員会委員
 
2011年4月
 - 
現在
日本基礎心理学会  理事
 
2010年4月
 - 
現在
関西心理学会  常任委員
 
2009年1月
 - 
現在
日本動物心理学会  学会誌常任編集委員
 
2006年4月
 - 
2016年3月
ヒトと動物の関係学会  理事
 
2003年12月
 - 
2009年1月
日本動物心理学会  学会誌編集委員
 
2002年8月
 - 
現在
NPO法人「犬の総合教育社会化推進機構」  顧問
 
2000年9月
 - 
現在
国際比較心理学会  学会誌編集委員
 
2003年5月
 - 
2015年3月
日本行動分析学会  学会誌編集委員
 
2003年4月
 - 
2015年3月
日本行動分析学会  常任理事
 
2011年9月
 - 
2014年9月
日本動物心理学会  理事
 
2006年4月
 - 
2014年3月
ヒトと動物の関係学会  学会誌編集委員
 
2006年4月
 - 
2010年3月
社団法人 日本心理学会  国際賞選考委員
 
2003年4月
 - 
2009年3月
日本基礎心理学会  学会誌編集委員
 
2005年10月
 - 
2008年10月
日本動物心理学会  理事
 

論文

 
中島定彦・遠座奈々子
基礎心理学研究   35 163-177   2017年3月   [査読有り]
Nakajima, S., Kurokawa, M., & Masutani, S.
Kwansei Gakuin University Humanities Review   21 1-8   2016年12月
Nakajima, S.
Appetite   105 85-94   2016年10月   [査読有り]
Nakajima, S.
Behavioural Processes   130 1-3   2016年9月   [査読有り]
堀麻佑子・沼田恵太郎・中島定彦・嶋﨑恒雄
基礎心理学研究   34 246-252   2016年3月   [査読有り]
Nakajima, S., Kuramoto, Y., & Nagaishi, T.
Kwansei Gakuin University Humanities Review   20 1-14   2015年12月
中島定彦
人文論究(関西学院大学)   65(2) 31-47   2015年9月
Tamai, N., & Nakajima, S.
Mexican Journal of Behavior Analysis   41 155-165   2015年9月   [査読有り]
Nakajima, S., Onza, N., & Nakagawa, H.
Learning and Motivation   51 62-75   2015年8月   [査読有り]
Nakajima, S.
Learning and Motivation   51 1-10   2015年8月   [査読有り]
中島定彦・木原千彰・金下真子
関西学院大学心理科学研究   41 7-15   2015年3月
獅々見元太郎・石丸美穂・中島定彦
関西学院大学心理科学研究   41 1-6   2015年3月
Nakajima, S., & Izumida, M.
Current Psychology   34 50-57   2015年3月   [査読有り]
猫カフェの利用者に関する調査
市原優子・中島定彦
ヒトと動物の関係学会誌   40 46-55   2015年3月   [査読有り]
Nakajima, S.
International Journal of Comparative Psychology   28 1-10   2015年2月   [査読有り]
陳香純・神田幸司・上野友香・友永雅己・中島定彦
Animal Behaviour and Management   51 87-94   2015年   [査読有り]
Nakajima, S., & Katayama, T.
Appetite   83 178-184   2014年12月   [査読有り]
わが国における「犬のしつけ教室」の現状―ウェブサイトの内容分析―
山ノ上ゆき子・中島定彦
ヒトと動物の関係学会誌   38 50-58   2014年8月   [査読有り]
Nakajima, S.
Learning and Motivation   46 27-43   2014年5月   [査読有り]
Nakajima, S., Suzuki, C., & Hirata, K.
The Psychological Record   64 63-69   2014年3月   [査読有り]
堀麻佑子・沼田恵太郎・中島定彦
心理学研究   84 625-631   2014年2月   [査読有り]
Nakajima, S.
Physiology & Behavior   123 200-213   2014年1月   [査読有り]
中島定彦
基礎心理学研究   33 36-47   2014年9月   [査読有り][招待有り]
Nakajima, S.
Anthrozoos   26(4) 551-556   2013年12月   [査読有り]
Hashimoto, A., & Nakajima, S.
The Psychological Record   63 785-802   2013年10月   [査読有り]
中島定彦
人文論究(関西学院大学)   63(2) 55-74   2013年9月
中島定彦・上藤美季・髙松恭平
ヒトと動物の関係学会誌   35 47-53   2013年7月   [査読有り]
Nakajima, S.
専修大学心理科学研究センター年報   2 209-223   2013年3月   [招待有り]
中島定彦
人文論究(関西学院大学)   62(1) 109-138   2012年5月
Nakajima, S., Kumazawa, G., Ieki, H., & Hashimoto, A.
Psychological Record   62 83-90   2012年1月   [査読有り]
中島定彦・垣見美樹
ヒトと動物の関係学会誌   30 59-69   2011年12月   [査読有り]
Nakajima, S.
Appetite   57(3) 605-614   2011年8月   [査読有り]
Nakajima, S., Takamatsu, Y., Fukuoka, T., & Omori, Y.
Journal of Veterinary Behavior: Clinical Applications and Research   6 95   2011年
中島定彦
行動分析学研究   26(1) 13-27   2011年   [査読有り]
中島定彦
人文論究   60(2) 39-53   2010年9月
Nagaishi, T., & Nakajima, S.
Behavioural Processes   83(1) 134-136   2010年1月   [査読有り]
Masaki, T., & Nakajima, S.
Learning and Motivation   41(1) 32-47   2010年   [査読有り]
中島定彦・田尻浩之・大平美佳
行動科学   48(1) 1-9   2009年12月   [査読有り]
Nakajima, S.
Behavioural Processes   80 80-89   2009年1月   [査読有り]
不安障害のモデルとしての恐怖条件づけ
中島定彦
不安障害研究   1 195-199   2009年   [招待有り]
Nakajima, S., Yamamoto, M., & Yoshimoto, N.
Anthrozoos   22 173-181   2009年   [査読有り]
中島定彦・福岡朋実・高松靖子・陳香純
動物心理学研究   57 77-84   2009年   [査読有り]
According to the experimental studies conducted by European and American researchers, domestic dogs are good performers in choosing a container based on gestures provided by humans. Some researchers have argued that this ability is a product of do...
平芳幸子・中島定彦
動物心理学研究   59 57-75   2009年   [査読有り]
Two lists of human personality-trait descriptors (386 descriptors in List A and 382 descriptors in List B) were judged by university students (n=230 for List A, and n=138 for List B). The data were summarized in terms of the “acceptance score” of ...
永石高敏・平芳幸子・ 浦田朋子・中島定彦
動物心理学研究   57 85-88   2009年   [査読有り]
Masaki, T., & Nakajima, S.
Behavioural Processes   79 43-47   2008年9月   [査読有り]
Nakajima, S.
Behavioural Processes   78 470-472   2008年7月   [査読有り]
中島定彦
動物心理学研究   58 87   2008年   [査読有り]
Nagaishi, T., & Nakajima, S.
Learning and Motivation   39 221-242   2008年   [査読有り]
柾木隆寿・巽香菜子・中島定彦
動物心理学研究   57(2) 81-88   2007年12月   [査読有り]
The present study investigated how rats and humans classify five kinds of "tea" after tasting them. In Experiment 1, rats consumed one of five commercial brands of tea (two brands of green tea, two brands of herb blend tea, and one brand of barley...
中島定彦
生物科学   58(3) 166-176   2007年5月   [査読有り][招待有り]
Shishimi,G., & Nakajima, S.
Behavioural Processes   74 97-103   2007年1月   [査読有り]
PMリーダーシップ理論に基づく飼い主のイヌに対する態度の分析.
浦田朋子・中島定彦
ヒトと動物の関係学会誌   19 67-74   2007年   [査読有り]
写真の人物の印象評定に及ぼす犬の効果.
中島定彦・中本敦子・三宅優子・本川久恵
ヒトと動物の関係学会誌   19 54-66   2007年   [査読有り]
中島定彦
BRAIN MEDICAL   19 33-38   2007年   [招待有り]
中島定彦
行動科学   45(2) 27-36   2006年12月   [査読有り]
中島 定彦
行動科学   45(1) 51-64   2006年12月   [査読有り]
Nakajima, S., Takahashi, K., & Blaisdell, A. P.
Behavioural Processes   73 84-91   2006年7月   [査読有り]
Masaki, T., & Nakajima, S.
Physiology & Behavior   88 411-416   2006年7月   [査読有り]
Nakajima, S., Urata. T., & Ogawa, Y.
Physiology & Behavior   88 1-11   2006年6月   [査読有り]
中島 定彦
動物心理学研究   55(1) 33-40   2005年6月   [査読有り][招待有り]
Nakajima S
Psychological Reports   96 1011-1014   2005年6月   [査読有り]
Nakajima, S., & Nagaishi, T.
Behavioural Processes   69 369-377   2005年   [査読有り]
Nakajima, S., & Onimaru, S.
Journal of Ethology   24(1) 59-65   2005年   [査読有り]
Masaki, T., & Nakajima, S.
Physiology & Behavior   84 9-15   2005年   [査読有り]
平芳幸子・中島定彦
行動分析学研究   18(2) 99-107   2004年6月   [査読有り]
研究の目的 : 離散試行型反応持続時間分化強化(DRRD)スケジュールの手続きで、決められた時間以上レバーを押し続けるという行動をラットに訓練することが可能かどうか再検討するとともに、ラットのレバー押し行動をビデオ観察することを目的とした。研究計画 : レバー押し反応の持続時間に関して基準変化法を用いた。場面 : オペラント箱で実施した。被験体 : 自由摂食時体重の80%もしくは90%に食餌統制した実験歴のないWistar系アルビノラット雄7匹(訓練途中から6匹)であった。独立変数 : 強...
澤幸祐・中島定彦・今田寛
基礎心理学研究   22(2) 165-167   2004年3月   [査読有り]
This study investigated the effect of sodium hunger on sodium aversion learning in rats. The animals were exposed to either to a 0.1 M, 0.2M, or 0.3M sodium chloride solution prior to poisoning in a sodium-deprived or non-deprived state. Taste ave...
Nakajima, S.
Integrative Physiological and Behavioral Science   39 95-104   2004年   [査読有り]
Masaki, T., & Nakajima, S.
Behavioural Processes   67 357-362   2004年   [査読有り]
Masaki, T., & Nakajima, S.
Learning and Motivation   35 406-418   2004年   [査読有り]
Doe, N., Nakajima, S., & Tamai, N.
Learning and Motivation   35 242-261   2004年   [査読有り]
Nakajima, S.
Japanese Psychological Research   46(3) 141-153   2004年   [査読有り][招待有り]
Nakajima, S., & Masaki, T.
Physiology & Behavior   80 623-628   2004年   [査読有り]
中島定彦・漆原宏次
基礎心理学研究   22(1) 18-23   2003年9月   [査読有り]
Renewal of operant performance formerly eliminated by omission training was explored with rats under two context-change conditions (ABA and AAB). When pressing a lever was trained with food reinforcement in one context and then eliminated by omiss...
島宗理・中島定彦・井上雅彦・遠藤清香・井澤信三・奥田健次・北川公路・佐藤隆弘・清水裕文・霜田浩信・高畑庄蔵・田島裕之・土屋立・野呂文行・服巻繁・武藤崇・山岸直基・米山直樹
行動分析学研究   17(2) 174-208   2003年9月   [査読有り]
行動分析士認定協会(Behavior Analyst Certification Board : BACB)は、国際行動分析学会(Association for Behavior Analysis : International)が公認し、支援している、行動分析学に基づいた臨床活動に携わる実践家を認定する非営利団体である。本資料ではBACBの資格認定システムを紹介し、実践家の職能を分析、定義したタスクリストの全訳を掲載する。タスクリストを検討することで行動分析家の専門性を明確にして、我が国...
Nakajima, S.
Skeptical Inquirer   27 12-13   2003年   [査読有り]
中島定彦
馬の科学   39 51-55   2002年   [査読有り]
Hayashi, H., Nakajima, S., Urushihara, K., & Imada, H.
Learning and Motivation   33 390-409   2002年   [査読有り]
Nakajima, S., Urushihara, K., & Masaki, T.
Learning and Motivation   33 510-525   2002年   [査読有り]
Nakajima, S., Arimitsu, K., & Lattal, K. M.
Anthrozoos   15 194-205   2002年   [査読有り]
Sawa, K., & Nakajima, S.
Behavioural Processes   57 1-6   2002年   [査読有り]
中島定彦
物理教育   49(4) 392-394   2001年9月   [招待有り]
中島定彦
人文論究   51(2) 1-22   2001年9月
中島定彦
基礎心理学研究   19(2) 101-107   2001年3月   [査読有り][招待有り]
Preexposure to stimuli facilitates performance of subsequent discrimination training with these stimuli, when the discrimination task is relatively difficult for animals. This perceptual learning effect indicates that the animals incidentally lear...
中島定彦
ヒトと動物の関係学会誌   9-10 100-107   2001年   [招待有り]
玉井紀子・中島定彦・北口勝也・今田寛
心理学研究   71(6) 493-497   2001年   [査読有り]
Kaneshige, K., Nakajima, S., & Imada, H.
Japanese Psychological Research   43(2) 91-97   2001年   [査読有り]
Sawa, K., & Nakajima, S.
Learning and Motivation   32 100-114   2001年   [査読有り]
Nakajima, S.
Animal Cognition   4 221-226   2001年   [査読有り]
中島定彦
人文論究   50(1) 1-17   2000年5月
Tamai, N., & Nakajima, S.
International Journal of Comparative Psychology   31 416-431   2000年   [査読有り]
Miyashita, Y., Nakajima, S., & Imada, H.
Journal of the Experimental Analysis of Behavior   74 245-253   2000年   [査読有り]
Nakajima, S., Tanaka, S., Urushihara, K., & Imada, H.
Learning and Motivation   31 416-431   2000年   [査読有り]
Nakajima, S., & Kobayashi, H.
Psychological Record   50 189-198   2000年   [査読有り]
Nakajima, S., Hayashi, H., & Kato, T.
Behavioural Processes   49 35-42   2000年   [査読有り]
漆原宏次・中島定彦
人文論究   48(4) 29-40   1999年2月

Misc

 
中島定彦
心理学ワールド   (78) 5-8   2017年7月   [依頼有り]
権藤 眞織, 大河内 浩人, 中島 定彦, 武藤 崇
日本行動分析学会年次大会プログラム・発表論文集   (28)    2010年9月
森山 哲美, 中島 定彦, 中野 良顯, 望月 昭, 坂上 貴之, 武藤 崇, 渡邉 修宏
日本行動分析学会年次大会プログラム・発表論文集   (28)    2010年9月
「ネズミの心理学」とヒトの暮らし.
中島定彦
ヒトと動物の関係学会誌   26 6-7   2010年
中島 定彦, 杉山 尚子, 杉崎 一彦, 山本 央子, 眞邉 一近
日本行動分析学会年次大会プログラム・発表論文集   (27)    2009年6月
中島 定彦
動物心理学研究      2009年
永石 高敏, 倉本 由未, 中島 定彦
動物心理学研究   58(2)    2008年12月
陳 香純, 中島 定彦, 滝 導博
動物心理学研究   58(2)    2008年12月
中島 定彦, 森山 哲美, 桜井 富士朗, 鎌倉 やよい
日本行動分析学会年次大会プログラム・発表論文集   (25)    2007年7月
獅々見 元太郎, 黄 毅, 柾木 隆寿, 中島 定彦
動物心理学研究   56(2)    2006年12月
高岡 祥子, 中島 定彦
動物心理学研究   55(2)    2005年12月
中島定彦
行動分析学研究   19(1) 2-4   2004年

書籍等出版物

 
誠信 心理学辞典[新版](編集代表:下山晴彦)
中島定彦 (担当:共編者, 範囲:[学習]領域の編集と「領域解説」「学習心理学の歴史と方法」「消去」「学習の生物的基盤」の3つの大項目(とそれに付随する小項目)を執筆)
誠信書房   2014年9月   
英⇔和心理学用語集
心理学用語研究会(編) (担当:共編者, 範囲:8名の編者の1名)
培風館   2014年4月   ISBN:9784563052331
最新 心理学事典(監修:藤永保)
中島定彦 (担当:分担執筆, 範囲:「馴化‐鋭敏化」「レスポンデント条件づけ(後半)」「連合学習理論」「本能」)
平凡社   2013年12月   ISBN:458210603X
行動生物学辞典
上田恵介・ 岡ノ谷一夫・菊水健史・坂上貴之・辻和希・友永雅己・中島定彦・長谷川寿一 ・松島俊也 (担当:共編者)
東京化学同人   2013年11月   ISBN:4807908375
Conditioned taste aversion: Behavioral and neural processes (Eds.: S. Reilly & T. R. Schachtman)
Boakes, R. A., & Nakajima, S. (担当:分担執筆, 範囲:Conditioned taste aversions based on running or swimming.)
New York: Oxford University Press   2009年   ISBN:019532658X

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 中島定彦
公益社団法人 日本愛玩動物協会: 家庭動物の適正飼養管理に関する調査研究助成
研究期間: 2011年1月 - 2011年12月    代表者: 中島定彦
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 中島定彦
渇動因下にあるラットを被験体として、以下の諸研究を実施した。なお、初年度であるため、本課題の直接的成果はまだ学術誌に掲載されていないが、過年度に実施していた関連研究(「回転かご走行によって生じる味覚嫌悪学習における隠蔽効果」「水泳によって生じる味覚嫌悪学習の獲得と遂行に及ぼす水泳単独経験の効果」)について、学術誌に論文を投稿し、本年度中の修正(再吟味)を経て、掲載されたことを付記する。(a)味覚溶液プールでの水泳によって当該味覚への嫌悪学習が生じることを複数の実験で確認した。味覚と水泳運動...
連合学習の消去に関する実験心理学的研究
関西学院大学: 個人特別研究費
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 中島定彦
条件づけ学習の基礎メカニズムに関する行動心理学的研究
関西学院: 留学費
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 中島定彦
運動によって引き起こされる味覚嫌悪学習に関する研究
関西学院大学: 個人特別研究費
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 中島定彦
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 中島定彦
ラットを被験体とした前年度までの研究により、自発的回転カゴ走行を無条件刺激とした味覚嫌悪学習の基本的性質を明らかにした。さらに、自発的回転カゴ走行だけでなく、強制遊泳を用いた場合にも味覚嫌悪学習が成立することを発見した。平成16年度は、(1)自発的回転カゴ走行と強制遊泳について、味覚嫌悪学習の無条件刺激としての強さを比較すること、(2)これら運動性味覚嫌悪学習の手続きの臨床応用性を探ること、(3)「自発的回転カゴ走行」が真に「自発的」であるかどうかを確認すること、の3点を実験的に検討した。...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 中島定彦
要素的学習と形態的学習に関連して、系列的に呈示された複数刺激の学習における系列位置効果について、先行諸研究の展望論文を学部紀要に発表した。また、ラットの風味刺激学習事態で系列位置効果の実験を行った。実験の結果、典型的な系列位置効果を得ることができたが、手続きを少し変更して行った実験では確認できず、現象の頑健さに疑問が残った。階層的学習について、時間計測行動を高次刺激が制御するというハトの実験(昨年度実施)を元に理論的考察を行った。現在、実験結果とともに論文をまとめており、専門誌に投稿予定で...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 中島定彦
ハトにおける階層性の学習を検討するために、反応キーが3つついたオペラント箱内で高次条件性弁別訓練を8羽のハトに行った。室内灯の有無(2)X3つのキーへの緑色光点滅の有無(2)Xその後中央キーに照射される色光(橙・青,2)からなる8種類の刺激組み合わせに従って左キー(白)と右キー(赤)を選択する課題である。正答は、(1)室内灯点灯→緑色光点滅→中央キー橙色→左キー選択、(2)室内灯点灯→緑色光点滅→中央キー青色→右キー選択、(3)室内灯点灯→緑色光点滅なし→中央キー橙色→右キー選択、(4)室...
条件づけにおける刺激・反応事象の階層的関係
日本学術振興会: 海外特別研究員調査研究費
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 中島定彦
オペラント条件づけにおける「反応-強化子」特定性
文部省: 科学研究費補助金(日本学術振興会特別研究員奨励費)
研究期間: 1993年4月 - 1995年3月    代表者: 中島定彦
日本版・超自然現象信奉尺度の作成
Japan Skeptics: 第1回研究助成
研究期間: 1992年2月 - 1993年3月    代表者: 中島定彦