佐々木雄大

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/20 23:45
 
アバター
研究者氏名
佐々木雄大
 
ササキ ユウタ
eメール
sskyt0314gmail.com
所属
玉川大学
部署
農学部
職名
非常勤講師
学位
博士(文学)(東京大学)
科研費研究者番号
40598637

プロフィール

バタイユの思想を中心として、「エコノミー」の概念史、贈与論、「聖なるもの」について倫理学的に研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
亜細亜大学・亜細亜大学短期大学部 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
現在
玉川大学 非常勤講師
 
2005年4月
 - 
現在
駿河台大学 非常勤講師
 
2009年9月
 - 
2010年3月
江戸川大学 非常勤講師
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 博士課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 修士課程
 
 
 - 
2001年3月
東京大学 文学部 倫理学科
 

論文

 
モラル・エコノミーは道徳的な経済か
佐々木雄大
倫理学紀要   12 129-152   2017年3月   [査読有り]
タブーは破られるためにある――エロティシズムにおける禁止と侵犯
佐々木雄大
ニュクス   (2) 294-311   2015年12月   [招待有り]
バタイユ――宇宙と測りあうほどの労働
佐々木雄大
POSSE   (28) 210-225   2015年10月   [招待有り]
〈エコノミー〉の概念史概説――自己と世界の配置のために
佐々木雄大
Nyx   (1) 10-35   2015年1月   [招待有り]
聖なるもののエコノミー
佐々木雄大
ユリイカ   (650) 120-127   2014年9月   [招待有り]

書籍等出版物

 
高等学校 新倫理 新訂版 指導と研究
佐々木雄大 (担当:共著, 範囲:pp. 47-52, pp. 159-162, pp. 238-243, pp. 244-247)
清水書院   2017年3月   
マルクス・ガブリエル, 浅沼光樹, 阿部ふく子, 池松辰男, 大河内泰樹, 加藤紫苑, 城戸淳, 桑原俊介, 下田和宣, 多田圭介, 中川明才, 中島新, 山田有希子, 伊澤高志, 佐々木雄大, 坂東洋介, 宮野真生子, 村田右富実, 山本芳久 (担当:共著)
堀之内出版   2015年12月   ISBN:4906708692
佐々木雄大, 松本卓也他 (担当:共著)
堀之内出版   2015年1月   ISBN:4906708684
用語集「倫理」編集委員会 (担当:共著, 範囲:p.1、pp.18-58、pp.193-201、pp.234-250)
清水書院   2014年12月   ISBN:4389216759
高等学校 新倫理最新版 指導と研究
佐々木雄大 (担当:共著, 範囲:pp.53-74、pp.214-218、pp.225-233、pp.240-243)
清水書院   2013年3月   

Misc

 
『イミダス2014』
佐々木雄大
   2014年   [依頼有り]
「快楽主義」「ヘゲモニー」の項目。
『イミダス2013』
佐々木雄大
   2013年   [依頼有り]
「フェティシズム」「アナーキズム」「蕩尽」の項目。
『イミダス2011』
佐々木雄大
集英社      2011年   [依頼有り]
「個(個体)」「オプティミズム」「コミュニズム」「贈与」の項目。
書評:小林昌人編『廣松渉 マルクスと哲学を語る』(河合文化教育研究所)
佐々木雄大
図書新聞      2010年7月   [依頼有り]
書評:勝守真『現代日本哲学への問い』(勁草書房)
佐々木雄大
週刊読書人      2009年4月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
モラル・エコノミーは道徳的な経済か
佐々木雄大
日本倫理学会   2016年10月2日   
聖/俗の区別/両義性
佐々木雄大
日仏哲学会   2016年9月10日   
贈与と倫理学
佐々木雄大
日本倫理学会   2014年10月3日   
エコノミーの概念史 ― 配置・操舵・態勢 [招待有り]
佐々木雄大
エコノミメーシスR&D   2014年5月17日   
至高のエコノミーへ
佐々木雄大
日本倫理学会   2006年10月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
家族・経済・超越――近現代日本の文脈からみた共同体論の倫理学的再検討
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 熊野純彦
西洋思想におけるエコノミーの概念史的研究
日本学術振興会: 若手研究B
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 佐々木雄大