宮地 重弘

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/13 10:07
 
アバター
研究者氏名
宮地 重弘
eメール
miyachi.shigehiro.8ekyoto-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/60392354
所属
京都大学
部署
霊長類研究所
職名
准教授
学位
博士(医学)(順天堂大学大学院医学研究科)

経歴

 
2007年
 - 
2009年
京都大学 霊長類研究所 准教授
 
2006年
 - 
2007年
京都大学 霊長類研究所 助教授
 
2006年
   
 
(財)東京都医学研究機構 研究員
 

論文

 
Responses of monkey prefrontal neurons during the execution of transverse patterning
Masafumi Nejimea, Masato Inouea,1, Masanori Saruwataria,2,3, Akichika Mikamia,b, Katsuki Nakamuraa, Shigehiro Miyachi
Behavioural Brain Research   278 293-302   2015年   [査読有り]
Hirata, Yoshihiro; Miyachi, Shigehiro; Inoue, Ken-ichi; Ninomiya, Taihei; Takahara, Daisuke; Hoshi, Eiji; Takada, Masahiko
CEREBRAL CORTEX   23(12) 2965-2975   2013年12月   [査読有り]
S. Miyachi; Y. Hirata; K.-I. Inoue; X. Lu; A. Nambu; M. Takada
Neuroscience Research   76(3) 141-149   2013年7月   [査読有り]
K. Koida; I. Yokoi; G. Okazawa; A. Mikami; K.A. Widayati; S. Miyachi; H. Komatsu
Journal of Vision   13(13)    2013年   [査読有り]
X. Lu; S. Miyachi; M. Takada
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109(46) 18980-18984   2012年11月   [査読有り]
D. Takahara; K.-I. Inoue; Y. Hirata; S. Miyachi; A. Nambu; M. Takada; E. Hoshi
European Journal of Neuroscience   36(10) 3365-3375   2012年11月   [査読有り]
N. Konoike; Y. Kotozaki; S. Miyachi; C.M. Miyauchi; Y. Yomogida; Y. Akimoto; K. Kuraoka; M. Sugiura; R. Kawashima; K. Nakamura
NeuroImage   63(1) 328-338   2012年10月   [査読有り]
N. Konoike; A. Mikami; S. Miyachi
Neuroscience Research   74(1) 64-67   2012年9月   [査読有り]
N. Yumoto; X. Lu; T.R. Henry; S. Miyachi; A. Nambu; T. Fukai; M. Takada
PLoS ONE   6(4)    2011年4月   [査読有り]
K. Iwata; S. Miyachi; M. Imanishi; Y. Tsuboi; J. Kitagawa; K. Teramoto; S. Hitomi; M. Shinoda; M. Kondo; M. Takada
Experimental Neurology   227(1) 69-78   2011年1月   [査読有り]
Y. Saga; Y. Hirata; D. Takahara; K. Inoue; S. Miyachi; A. Nambu; J. Tanji; M. Takada; E. Hoshi
European Journal of Neuroscience   33(2) 285-297   2011年1月   [査読有り]
Motor and non-motor projections from the cerebellum to restrocaudally distinct sectors of the dorsal premotor cortex in macaques.
Hashimoto M, Takahara D, Hirata Y, Inoue K-i, Miyachi S, Nambu A, Tanji J, Takada M, Hoshi E
European Journal of Neuroscience, In Press      2011年   [査読有り]
M. Hashimoto; D. Takahara; Y. Hirata; K.-I. Inoue; S. Miyachi; A. Nambu; J. Tanji; M. Takada; E. Hoshi
European Journal of Neuroscience   31(8) 1402-1413   2010年4月   [査読有り]
D. Hirai; T. Hosokawa; M. Inoue; S. Miyachi; A. Mikami
NeuroReport   20(6) 558-562   2009年4月   [査読有り]
Prevention of calbindin recruitment into nigral dopamine neurons from MPTP-induced degeneration in Macaca fascicularis. (The Basal Ganglia IX)
Takada M, Inoue K, Miyachi S, Okado H, Nambu A
(2009)(ed. Groenewegen HJ, Voorn P, Berendse HW, Mulder AB, Cools AR) p.377-385 Springer,New York.      2009年   [査読有り]
澤田香織, 宮地重弘, 山下晶子, 今西美知子, 勝山成美, 泰羅雅登, 高田昌彦
日大醫學雜誌   67(2) 115-122   2008年4月
Cortico-basal ganglia circuits - Parallel closed loops and convergent/divergent connections
S. Miyachi
Brain and Nerve   61(4) 351-359   2009年
Analysis of multisynaptic neuronal pathways by using rabies virus
M. Takada; K.-I. Inoue; S. Miyachi
Brain and Nerve   62(3) 221-230   2010年
S. Kato; K.-I. Inoue; K. Kobayashi; Y. Yasoshima; S. Miyachi; S. Inoue; H. Hanawa; T. Shimada; M. Takada; K. Kobayashi
Human Gene Therapy   18(11) 1141-1151   2007年   [査読有り]
X. Lu; S. Miyachi; Y. Ito; A. Nambu; M. Takada
European Journal of Neuroscience   25(8) 2374-2382   2007年   [査読有り]

Misc

 
Intentional and automatic motor rhythm control in human and monkey
宮地 重弘
Annual Meeting, Society for Neuroscience (Nov. 11th, 2016 San Diego)      2016年11月
Conflict between different task rules influences the prefrontal neuronal activities during behavioral choice
禰占雅史、井上雅仁、猿渡正則、三上章允、宮地重弘
Annual Meeting, Society for Neuroscience (Oct 18th, 2015, Chicago)      2015年10月   [査読有り]
連続反応時間課題遂行中の予期しないリズムへの運動の同調
宮地 重弘
日本心理学会第79回大会      2015年9月
Recruitment of Calbindin into Nigral Dopaminergic Neurons Prevents From MPTP-induced Parkinsonism
高田昌彦、井上謙一、宮地重弘
2nd World Congress on Neurotherapeutics: Dilemmas, Debates, Discussions   64-65   2015年9月
連続ボタン押し課題における引き込み現象:音楽経験及び年齢の影響
宮地 重弘
第9回 Motor control研究会      2015年6月
Projections from the temporal cortical areas to the subgenual portion of the anterior cingulate cortex in macaque monkeys
H. SAKATA, Y. KIM, N. KONOIKE, S. MIYACHI, K. NAKAMURA
Annual Meeting, Society for Neuroscience (2014/11, Washington DC)      2014年11月
Projections from the amygdala to subregions of the anterior cingulate cortex in macaque monkeys
Y. KIM, H. SAKATA, N. KONOIKE, S. MIYACHI, K. NAKAMURA
Annual Meeting, Society for Neuroscience (2014/11, Washington DC)      2014年11月
じゃんけん課題におけるサル前頭前野のニューロン応答
禰占雅史、井上雅仁、猿渡正則、三上章允、中村克樹、宮地重弘
日本神経科学大会(2014/09、横浜)      2014年9月
連続ボタン押し課題における自動的リズム同調
宮地 重弘
日本神経科学大会      2014年9月
マカクサルの運動リズム制御におけるテンポの効果
宮地重弘
第59回 中部日本生理学会      2012年11月   [査読有り]
Neural substrates for maintenance of rhythm information
   2012年
遺伝子的に同定された1型2色覚サルの行動による色覚検査
鯉田孝和, 横井 功, 岡澤 剛起, 三上 章允, カンティ アラム・ウィダヤティ, 宮地 重弘, 小松英彦
日本視覚学会 2012 年夏季大会(2012/08/06-08, 米沢市).      2012年   [査読有り]
幼若マカクサル外側前頭前野への皮質―皮質入力
宮地重弘、平田快洋、桧垣小百合、黒田呈子、 宮部貴子、高田昌彦、大石高生
第34回日本神経科学大会 2011年9月 横浜市      2011年9月   [査読有り]
二色性マカクザルの行動実験による色覚テスト
鯉田 孝和、 横井 功、 岡澤 剛起、 郷田 直一、 平松 千尋、 三上 章允、 カンティ アラム・ウィダヤティ 、 宮地 重弘 、 戸川 森雄 、 高木 正浩、 小松 英彦
第34回日本神経科学大会 2011年9月 横浜市      2011年9月   [査読有り]
Temporal Characteristics of Shifts of Covert Attention.
   2010年   [査読有り]
腹側前頭前野から背側運動前野への多シナプス性入力
高原大輔, 平田快洋, 井上謙一, 宮地重弘, 南部篤, 高田昌彦, 星英司
第33回日本神経科学大会      2010年   [査読有り]
マカクザルにおける大脳基底核から背側運動前野への多シナプス性入力
星英司, 佐賀洋介, 高原大輔, 平田快洋, 井上謙一, 宮地重弘, 南部篤, 丹治順, 高田昌彦
第33回日本神経科学大会 2010年9月, 神戸市      2010年   [査読有り]
霊長類における採食行動を説明する際に用いられる最適パッチ利用モデルの妥当性
平井大地, 井上雅仁, 宮地重弘, 三上章允
第33回日本神経科学大会 2010年09月, 神戸      2010年   [査読有り]
ウイルスベクターを用いた黒質ドーパミン細胞へのカルビンディン遺伝子導入によるパーキンソン病の進行抑制
井上謙一, 宮地重弘, 西克典, 岡戸晴生, 南部 篤, 高田昌彦
第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋).      2009年   [査読有り]
小脳から大脳皮質背側運動前野への入力様式
橋本雅史, 高原大輔, 平田快洋, 井上謙一, 宮地重弘, 丹治順, 高田昌彦, 星英司
第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋).      2009年   [査読有り]
注意シフトの継時変化とその脳内機構の研究
小野敬治, 井上雅仁, 宮地重弘, 三上章允
第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋). Neuroscience Research 65 (suppl. 1): S240.      2009年   [査読有り]
行動決定における短期記憶と長期記憶の相互作用
禰占雅史, 井上雅仁, 宮地重弘, 三上章允
第25回日本霊長類学会 (2009/07, 岐阜). 霊長類研究 25(Supplement):S-39      2009年   [査読有り]
ウイルスを用いた多シナプス性神経連絡の解析
宮地重弘
日本解剖学会第114回全国学術集会 シンポジウム「最近の神経回路網解明のシンポ」 (2009/03, 岡山).      2009年   [査読有り]
運動皮質―視床下核投射が運動制御において果たす機能の解明
纐纈大輔, 知見聡美, 宮地重弘, 南部篤
Motor Control研究会 (2008/05, 岡崎)      2008年   [査読有り]
The dorsal aspect of area 46 (area 46d) and dorsal premotor cortex (PMd) receive specific, as well as common, inputs from the frontal and parietal cortex.
   2008年
前頭前野腹側部から運動前野背側部への経シナプス投射
高原大輔, 星英司, 宮地重弘, 井上謙一, 南部篤, ?田昌彦
第31回日本神経科学大会 (2008/07, 東京)      2008年   [査読有り]
大脳皮質頭頂連合野から一次運動野への多シナプス性投射様式
澤田香織, 宮地重弘, 山下晶子, 勝山成美, 今西美知子, 黒田呈子, 泰羅雅人,?田昌彦
第31回日本神経科学大会 (2008/07, 東京)      2008年   [査読有り]
運動皮質 ―視床下核投射の機能の解明
纐纈大輔, 知見聡美, 宮地重弘, 三上章允, 南部篤
第31回日本神経科学大会 (2008/07, 東京).      2008年   [査読有り]
新規逆行輸送組換え体レンチウイルスベクターの開発
加藤成樹, 井上謙一, 小林健太, 八十島安伸, 宮地重弘, 井上智, 塙秀樹, 島田隆, ?田昌彦, 小林一人
第31回日本神経科学大会 (2008/07, 東京).      2008年   [査読有り]
霊長類神経系における改変シュードタイプウイルスベクターを用いた逆行性遺伝子導入法
井上謙一, 加藤茂樹, 小林健太, 宮地重弘, 島田隆, 小林一人, ?田昌彦
第31回日本神経科学大会 (2008/07, 東京).      2008年   [査読有り]

書籍等出版物

 
サルにはリズム感覚がありますか?
宮地重弘 (担当:分担執筆)
「新しい霊長類学」 (京都大学霊長類研究所編) p.224-227 講談社ブルーバックス.   2009年   
生き物たちのつづれ織り
阿形清和、森哲 監修
京都大学学術出版会   2012年8月   

競争的資金等の研究課題

 
リズムに「乗る」神経メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 宮地 重弘
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 宮地 重弘
1)ヒトを対象にした実験単純な動作を繰り返し行っている間に意図せぬリズム同調がおこるメカニズムを明らかにする研究の一環として、健常成人6名を対象に行動実験を行った。用いた課題は、いわゆる連続反応時間課題であり、ブザー音とともにパソコンの画面上に視覚刺激が繰り返し提示される。被験者には、すべての刺激に応答して、できるだけ早くボタンを押すことが求められる。刺激は1試行あたり11回提示される。従って、刺激間隔は10回である。16試行を1ブロックとし、ブロックごとに異なる組み合わせの3つの刺激間隔...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 宮地 重弘
サルの運動関連皮質を数百ミリ秒間電気刺激すると、手を伸ばして物をつかむ、物をつかんで口元に運ぶ、等の複雑な(とくに上肢の)運動が起こる。これは、オトナのサルを用いた実験で見いだされたことであるが、このような複雑な運動を発現する神経機構が、生得的なものか、生後の経験によって発達するものかはわかっていなかった。我々の研究により、生後1年程度の幼若個体においても、このような運動が誘発されることがわかった。また、手を伸ばす皮質領域と手を口元に運ぶ領域で、前頭葉、頭頂葉からの神経入力パターンの違いを...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 宮地 重弘
記憶に基づく行動決定の基盤となる外側前頭前野-内側側頭葉間の多シナプス神経連絡を明らかにするため、内側側頭葉皮質(海馬傍回)に狂犬病ウイルスを注入し、シナプスを超えて逆行性にラベルされたニューロンの外側前頭前野における分布を調べた。その結果、外側前頭前野のうち、背側46野を中心とした主溝内部および背外側表面に位置する8A野が最も強くラベルされた。すなわちこれらの領域が、内側側頭葉に対して強い多シナプス性神経投射を送っていることが示された。内側側頭葉からの多シナプス神経投射が背側46野に集中...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 宮地 重弘
本研究の目的は、記憶情報に基づいた行動決定の基盤となる、前頭前野、側頭連合野、海馬の3領域をつなぐ多シナプス性神経回路の構成と、その機能を明らかにすることである。
背外側前頭前野(9野および46野背側部、腹側部)は、記憶に基づく行動決定に重要な領野とされるが、背外側前頭前野のいずれの領野も視覚長期記憶や連合記憶に重要な内側側頭葉および下側頭葉皮質からの直接の神経入力を受けない。
19年度には、前年度に引き続き、側頭葉領域から(背外側および背内側)前頭前野への多シナプス性神経入力を解剖学的に...