川原 繁人

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:51
 
アバター
研究者氏名
川原 繁人
 
カワハラ シゲト
eメール
kawaharaicl.keio.ac.jp
URL
http://user.keio.ac.jp/~kawahara/index_j.html
所属
慶應義塾大学
部署
言語文化研究所
職名
准教授
学位
Ph.D. (Linguistics)(University of Massachusetts, Amherst), 教養学士(国際基督教大学)
科研費研究者番号
80718792

プロフィール

2002年に国際基督教大学教養学士、2007年にマサチューセッツ大学言語学博士取得。ジョージア大学Assistant professorで1年、Rutgers, the State University of Jerseyで5年間教鞭をとった後に、慶應義塾大学言語文化研究所に移籍。

日本学術会議若手音声研究者ネットワーク代表者

Associate editor:
Open Linguistics
Linguistics Vanguard

Editorial board:
Phonetical
Phonology
Natural Language and Linguistic Theory (NLLT)
The journal of the phonetic society of Japan
Linguistics and Philosophy at Bloomsbury Academic

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2013年
Rutgers, the State University of New Jersey the linguistics department Assistant Professor
 
2009年
 - 
2013年
Rutgers, the State University of New Jersey Graduate faculty in the psychology department
 
2011年
 - 
2013年
Rutgers, the State University of New Jersey Rutgers University Center for Cognitive Science (RuCCs)
 
2012年1月
 - 
2012年2月
国際基督教大学 客員研究員
 
2007年
 - 
2008年
University of Georgia Assistant Professor
 

学歴

 
2002年
 - 
2007年9月
マサチューセッツ大学アマースト校  
 
2006年
 - 
2006年
トロムソ大学 (客員大学院生)  
 
1998年4月
 - 
2002年3月
国際基督教大学  
 
2000年
 - 
2001年
カリフォルニア大学サンタクルーズ校(交換留学生)  
 

受賞

 
2016年3月
日本音声学会 日本音声学会学術研究奨励賞 マイボイス:難病患者様の失われる声を救う
 
http://www.psj.gr.jp/jpn/psj_awards
2016年3月
日本音声学会 2015年度日本音声学会学術研究奨励賞 マイボイス:難病患者様の失われる声を救う
 
2012年1月
Japan ICU Foundation JICUF Scholarship Award
 

論文

 
Opaque allomorph selection in Japanese and Harmonic Serialism: A reply to Kurisu (2012)
Hall Erin, Jurgec Peter, and KAWAHARA Shigeto
Linguistic Inquiry      2018年4月   [査読有り]
Truncation in Message-Oriented Phonology: The case of Korean vocative truncation
KAWAHARA Shigeto and Seunghun Lee
Linguistics Vanguard      2018年4月   [査読有り]
Effects of Surprisal and Entropy on vowel duration in Japanese
Shaw Jason and KAWAHARA Shigeto
Language and Speech      2018年4月   [査読有り]
Durational vowel-coda interaction in spontaneous Japanese utterances
KAWAHARA Shigeto
Acoustical Science and Technology   39    2018年4月   [査読有り]
音象徴の言語学教育での有効利用に向けて:『ウルトラマンの怪 獣名』と音象徴
川原 繁人 and 桃生朋子
音声研究      2017年12月   [査読有り]

Misc

 
連濁の心理言語学的研究
川原 繁人・竹村亜希子
連濁の研究      2017年12月   [依頼有り]
生成音韻論における連濁の理論的分析
川原 繁人 ・三間英樹
連濁の研究      2017年12月   [依頼有り]
In Memoriam: Osamu Fujimura
Erickson, Donna and KAWAHARA Shigeto
Phonetica   74(4) I-IV   2017年5月   [依頼有り]
音そのものに意味はあるのか—ポケモンから考える『音とことばのふしぎな 世界』
川原 繁人
Wired      2017年2月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Proceedings of FAJL 7
KAWAHARA Shigeto and Mika Igarashi (担当:共編者)
MIT Working Papers in Linguistics   2014年12月   
Prosody Matters: Essays in honor of Elisabeth Selkirk
Borowsky, Toni, KAWAHARA Shigeto, Takahito Shinya, and Mariko Sugahara (担当:共編者)
Equinox Publishing. London   2012年   
Phonological Similarity: Perceptual and Articulatory Bases and Links to Grammatical Mechanisms. A special volume of Lingua 112(2).
Gallagher, Gillian, Peter Graf, KAWAHARA Shigeto, and Michael Kenstowicz (担当:共編者)
Elsevier   2012年   
University of Massachusetts Occasional Papers in Linguis- tics 30: Papers on Prosody
川原 繁人 (担当:編者)
Amherst: GLSA   2005年   
University of Massachusetts Occasional Papers in Linguistic 31: Papers in Experimental Phonetics and Phonology
KAWAHARA Shigeto and Makoto Kadowaki (担当:共編者)
Amherst: GLSA.   2005年   

講演・口頭発表等

 
Korean vocative truncation and Information Theory
Lee, Seunghun & Shigeto Kawahara
Japanese/Korean Linguistics   2016年10月17日   
Interaction of high vowel devoicing and syllabification [招待有り]
Kawahara, Shigeto and Jason Shaw (
Syllables and Prosody   2016年10月13日   
声楽的発声における母音知覚―基本周波数および声 楽経験の影響―.
遠藤希美・皆川泰代・川原繁人
音声学会   2016年9月18日   
マイボイスと大学における音声教育
川原繁人・桃生朋子・皆川泰代
音声学会   2016年9月16日   
EPG を用いた日本語歯茎促音の調音的特 徴
松井理直・川原繁人・シャージェイソン
音声学会   2016年9月16日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
宮古語池間方言と八重山語波照間方言における無声鼻音の研究
鹿島学術振興財団: 
研究期間: 2017年4月   
Phonetics, Phonology and New Orthographies in Roman and Indigenous Script: Helping Native Language Communities in the Himalayas
国際共同研究事業: 
研究期間: 2017年4月   
乳児の音素獲得のメカニズムに迫る:アジアの4言語の対照研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2016年4月       代表者: 馬塚れい子
戦略的研究基盤形成支援事業・コミュニケーション行動の生涯発達研究拠点
研究期間: 2015年10月 - 2018年3月    代表者: 皆川泰代
日本語音韻現象の調音的および情報理論的分析
JSPS: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
科学研究費特別研究員奨励費

その他

 
2015年
Two is too much: Two is too much: [p]-driven geminate devoicing in Japanese. In Phonological
Society of Japan (ed.) Phonological Studies 18. Tokyo: Kaitakusha
2014年
Testing Rosen’s Rule and Strong Lyman’s Law. NINJAL Research Papers 7: 111-120.
2014年
マイボイス:言語学が失われる声を救うために. In Phonological Society of Japan (ed.) Phonological Studies 18. Tokyo: Kaitakusha
2013年
音象徴の普遍性: 大きさのイメーシを基に. 篠原和子、宇野良
子(編) オノマトヘ研究の射程: 近づく音と意味. 東京:ひつじ書房, pp. 43-57.
2013年
メイド文化と音声学. たかとら(編)メイドカフェ批評. 同人誌, pp. 112-121.