篠本 滋

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/28 09:30
 
アバター
研究者氏名
篠本 滋
 
シノモト シゲル
URL
http://www.ton.scphys.kyoto-u.ac.jp/~shino/
所属
京都大学
部署
大学院理学研究科 物理学宇宙物理学専攻
職名
准教授
学位
理学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2009年
京都大学 理学(系)研究科(研究院) 准教授
 
2001年
 - 
2007年
京都大学 理学(系)研究科(研究院) 助教授
 
1989年
 - 
2001年
京都大学 理学部 助教授
 
1987年
 - 
1988年
京都大学 理学部 助手
 

受賞

 
2010年
日本神経回路学会 日本神経回路学会論文賞
 
2008年
The EPFL-Brain Mind Institute Neuron Modeling Award
 
1993年
日本神経回路学会 日本神経回路学会論文賞
 

論文

 
Efficient information transfer by Poisson neurons.
Kostal L, Shinomoto S
Mathematical biosciences and engineering : MBE   13(3) 509-520   2016年6月   [査読有り]
Mochizuki Y, Onaga T, Shimazaki H, Shimokawa T, Tsubo Y, Kimura R, Saiki A, Sakai Y, Isomura Y, Fujisawa S, Shibata K, Hirai D, Furuta T, Kaneko T, Takahashi S, Nakazono T, Ishino S, Sakurai Y, Kitsukawa T, Lee JW, Lee H, Jung MW, Babul C, Maldonado PE, Takahashi K, Arce-McShane FI, Ross CF, Sessle BJ, Hatsopoulos NG, Brochier T, Riehle A, Chorley P, Grün S, Nishijo H, Ichihara-Takeda S, Funahashi S, Shima K, Mushiake H, Yamane Y, Tamura H, Fujita I, Inaba N, Kawano K, Kurkin S, Fukushima K, Kurata K, Taira M, Tsutsui K, Ogawa T, Komatsu H, Koida K, Toyama K, Richmond BJ, Shinomoto S
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   36(21) 5736-5747   2016年5月   [査読有り]
Yamanaka Y, Amari S, Shinomoto S
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   91(3) 032921   2015年3月   [査読有り]
Onaga T, Shinomoto S
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   89(4) 042817   2014年4月   [査読有り]
S. Shinomoto
Physics Letters A   89(1) 19-22   1982年   [査読有り]
S. Shinomoto
Physica A: Statistical Mechanics and its Applications   112(3) 466-478   1982年   [査読有り]
S. Shinomoto
Journal of Statistical Physics   32(1) 105-113   1983年   [査読有り]
S. Shinomoto; T. Morita
Physica A: Statistical Mechanics and its Applications   127(1-2) 141-151   1984年   [査読有り]
FREE VOLUME OF THE HOLE THEORY OF FLUIDS.
Shigeru Shinomoto; Tohru Morita
Technology Reports of the Tohoku University   49(2) 103-114   1984年   [査読有り]
S. Shinomoto
Biological Cybernetics   57(3) 197-206   1987年   [査読有り]
SAKAGUCHI, H; SHINOMOTO, S; KURAMOTO, Y
PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS   77(5) 1005-1010   1987年5月   [査読有り]
MEMORY MAINTENANCE IN NEURAL NETWORKS
SHINOMOTO, S
JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND GENERAL   20(18) L1305-L1309   1987年12月   [査読有り]
S. Shinomoto
Network: Computation in Neural Systems   1(2) 135-147   1990年   [査読有り]
Y. Kabashima; S. Shinomoto
Journal of the Physical Society of Japan   60(12) 3993-3996   1991年   [査読有り]
S. Shinomoto; Y. Kabashima
Journal of Physics A: Mathematical and General   24(3) L141-L144   1991年   [査読有り]
Learning Curves for Error Minimum and Maximum Likelihood Algorithms
篠本 滋
Neural Conputation 4 p 715-722,      1992年   [査読有り]
AMARI, S; FUJITA, N; SHINOMOTO, S
NEURAL COMPUTATION   4(4) 605-618   1992年7月   [査読有り]
KABASHIMA, Y; SHINOMOTO, S
NEURAL COMPUTATION   7(1) 158-172   1995年1月   [査読有り]
T. Aihara; M. Tsukada; M.C. Crair; S. Shinomoto
Hippocampus   7(4) 416-426   1997年   [査読有り]
S. Shinomoto; Y. Sakai
Philosophical Magazine B: Physics of Condensed Matter; Statistical Mechanics, Electronic, Optical and Magnetic Properties   77(5) 1549-1555   1998年5月   [査読有り]
S. Shinomoto; Y. Sakai; S. Funahashi
Neural Computation   11(4) 935-951   1999年5月   [査読有り]
Y. Sakai; S. Funahashi; S. Shinomoto
Neural Networks   12(7-8) 1181-1190   1999年10月   [査読有り]
Shinomoto, S; Tsubo, Y
PHYSICAL REVIEW E   64(4)    2001年10月   [査読有り]
S. Shinomoto; Y. Sakai; H. Ohno
BioSystems   67(1-3) 259-263   2002年   [査読有り]
S. Shinomoto; K. Shima; J. Tanji
Neural Networks   15(10) 1165-1169   2002年12月   [査読有り]
Y. Miyazaki; W. Kinzel; S. Shinomoto
Journal of Physics A: Mathematical and General   36(5) 1315-1322   2003年2月   [査読有り]
S. Shinomoto; K. Shima; J. Tanji
Neural Computation   15(12) 2823-2842   2003年12月   [査読有り]
Y. Tsubo; T. Kaneko; S. Shinomoto
Neural Networks   17(2) 165-173   2004年3月   [査読有り]
S. Koyama; S. Shinomoto
Journal of Physics A: Mathematical and General   37(29) 7255-7265   2004年7月   [査読有り]
S. Shinomoto; K. Miura; S. Koyama
BioSystems   79(1-3 SPEC. ISS.) 67-72   2005年   [査読有り]
R. Kobayashi; Y. Miyazaki; S. Shinomoto
IMA Journal of Applied Mathematics (Institute of Mathematics and Its Applications)   70(5) 657-665   2005年   [査読有り]
S. Shinomoto; Y. Miyazaki; H. Tamura; I. Fujita
Journal of Neurophysiology   94(1) 567-575   2005年7月   [査読有り]
S. Koyama; S. Shinomoto
Journal of Physics A: Mathematical and General   38(29) L531-L537   2005年7月   [査読有り]
T. Shimokawa; S. Shinomoto
Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   73(6)    2006年   [査読有り]
Progress of Theoretical Physics Supplement: Preface
Y. Kuramoto; S. Shinomoto; H. Nakao; T. Ohta
Progress of Theoretical Physics Supplement   161 i   2006年   [査読有り]
State space method for predicting the spike times of a neuron.
Kobayashi, Ryota;Shinomoto, Shigeru
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   75(1 Pt 1) 011925   2007年   [査読有り]
R. Kobayashi; S. Shinomoto
Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   75(1)    2007年   [査読有り]
S. Koyama; T. Shimokawa; S. Shinomoto
Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   40(20) F383-F390   2007年   [査読有り]
S. Koyama; S. Shinomoto
BioSystems   89(1-3) 69-73   2007年   [査読有り]
S. Shinomoto; S. Koyama
Statistics in Medicine   26(25) 4686-   2007年   [査読有り]
A recipe for optimizing a time-histogram
H. Shimazaki; S. Shinomoto
Advances in Neural Information Processing Systems   1289-1296   2007年   [査読有り]
Predicting spike times from subthreshold dynamics of a neuron
R. Kobayashi; S. Shinomoto
Advances in Neural Information Processing Systems   721-728   2007年   [査読有り]
N. Inaba; S. Shinomoto; S. Yamane; A. Takemura; K. Kawano
Journal of Neurophysiology   97(5) 3473-3483   2007年5月   [査読有り]
H. Shimazaki; S. Shinomoto
Neural Computation   19(6) 1503-1527   2007年6月   [査読有り]
S. Shinomoto; S. Koyama
Statistics in Medicine   26(21) 4032-4038   2007年9月   [査読有り]
T. Omi; S. Shinomoto
Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   76(5)    2007年11月   [査読有り]
T. Omi; S. Shinomoto
Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   77(4)    2008年4月   [査読有り]
R. Jolivet; R. Kobayashi; A. Rauch; R. Naud; S. Shinomoto; W. Gerstner
Journal of Neuroscience Methods   169(2) 417-424   2008年4月   [査読有り]
S. Shinomoto; H. Kim; T. Shimokawa; N. Matsuno; S. Funahashi; K. Shima; I. Fujita; H. Tamura; T. Doi; K. Kawano; N. Inaba; K. Fukushima; S. Kurkin; K. Kurata; M. Taira; K.-I. Tsutsui; H. Komatsu; T. Ogawa; K. Koida; J. Tanji; K. Toyama
PLoS Computational Biology   5(7)    2009年   [査読有り]
R. Kobayashi; Y. Tsubo; S. Shinomoto
Frontiers in Computational Neuroscience   3(JUL)    2009年   [査読有り]
T. Shimokawa; S. Shinomoto
Neural Computation   21(7) 1931-1951   2009年7月   [査読有り]
X. Zhao; T. Omi; N. Matsuno; S. Shinomoto
New Journal of Physics   12    2010年6月   [査読有り]
S. Shinomoto
Neural Networks   23(6) 764-769   2010年8月   [査読有り]
H. Shimazaki; S. Shinomoto
Journal of Computational Neuroscience   29(1-2) 171-182   2010年8月   [査読有り]
T. Shimokawa; S. Koyama; S. Shinomoto
Journal of Computational Neuroscience   29(1-2) 183-191   2010年8月   [査読有り]
S. Shinomoto; T. Omi; A. Mita; H. Mushiake; K. Shima; Y. Matsuzaka; J. Tanji
Frontiers in Computational Neuroscience   (JUNE)    2011年   [査読有り]
S. Yamauchi; H. Kim; S. Shinomoto
Frontiers in Computational Neuroscience   (OCTOBER)    2011年   [査読有り]
T. Shintani; S. Shinomoto
Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   85(4) 041139   2012年4月   [査読有り]
T. Omi; I. Kanter; S. Shinomoto
Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   83(2)    2011年   [査読有り]
R. Kobayashi; S. Shinomoto; P. Lansky
Neural Computation   23(12) 3070-3093   2011年12月   [査読有り]
H. Kim; S. Shinomoto
Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   86(5) 051903   2012年11月   [査読有り]
T. Omi; S. Shinomoto
Neural Computation   23(12) 3125-3144   2011年12月   [査読有り]
S. Koyama; T. Omi; R.E. Kass; S. Shinomoto
Neural Computation   25(4) 854-876   2013年4月   [査読有り]
H. Kim; S. Shinomoto
Mathematical Biosciences and Engineering   11(1) 49-62   2014年2月   [査読有り]
H. Kim; B.J. Richmond; S. Shinomoto
Journal of Computational Neuroscience   32(1) 137-146   2012年   [査読有り]
Y. Mochizuki; S. Shinomoto
Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   89(2) 022705   2014年2月   [査読有り]

Misc

 
KIM Hideaki, RICHMOND Barry J., 篠本滋
日本物理学会講演概要集   65(1) 293   2010年3月
山内智, 篠本滋
日本物理学会講演概要集   65(1) 290   2010年3月
近江崇宏, 篠本滋
日本物理学会講演概要集   65(1) 340   2010年3月
篠本滋
脳の高次機能システム 平成16-21年度 No.16068101   54-55   2010年

書籍等出版物

 
力学
篠本 滋 (担当:共著)
東京図書   2013年10月   
情報処理概論―予測とシミュレーション
篠本 滋
岩波書店   ISBN:4000054503
Prediction and Simulation
篠本 滋
Iwanami-Shoten Publishers,   
パターン形成(共著)
篠本 滋
朝倉書店   1991年   ISBN:4254130570
Pattern Formation
篠本 滋
,   1991年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 篠本 滋
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 篠本 滋
時間や空間についての認知が脳内でどのような神経過程で行われているかについて実験的,理論的研究を行っているが,平成21年度は,これら当初とは異なる方向に大きな発展があり,特に以下の3件について成果が出た.(1)脳内スパイク信号の不規則性パターンが大脳皮質領野によって異なり,それが運動,感覚,連合などの機能と強く相関していることが明らかになった.神経スパイク信号の不規則性のもつ機能的意義については,未だわかっておらず,今後は神経コーディングの大きなテーマになっていくものと期待している.(2)神...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 篠本 滋
本研究では将来期待される脳シミュレータの実現のためにその構成要素となるべきニューロンの数理的モデルを構築することを目的として実験との対応,モデル化,解析ツールの提供という点に焦点を絞って取り組んでいる
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 篠本 滋
空間コーディングに関する実験的研究について申請者はこの実験データ解析を行い,共同研究論文がLJ. Neurophysiol.誌に発表された.現在試験的実験を開始しており,そこで得られるデータに対して,数理モデルをフルに用いた考察を加えた総合的研究として発展させる計画である.時間コーディング関する実験は,サルの訓練に忍耐を要するものであり,その実験期間は数年にわたっている.研究は実験の成否に左右されるが,これまでに得られた結果もあるので,あと数年で成果を出すことができると考えられる.理論モデ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 篠本 滋
申請者が提案した新統計測度「局所変動係数Lv」によって,神経発火時系列パターンからそのスパイクを発生した細胞の特性を分類できることがわかった(Neural Computation 2003).さらにその後の研究によって,その情報が細胞の置かれた細胞層などに関する情報を含んでいることが明らかになった.これらの成果を受けて本研究では,まず経験ベイズ法などの現代的な統計手法を用いて「局所変動係数Lv」を上回る精度を有するデータ解析ツールの開発を行う.次に,このデータ解析ツールを使い,動物に待ち時...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 篠本 滋
空間コーディングに関する実験的研究について申請者はこの実験データ解析を行い,共同研究論文がJ. Neurophysiol.誌に発表された.現在試験的実験を開始しており,そこで得られるデータに対して,数理モデルをフルに用いた考察を加えた総合的研究として発展させる計画である,時間コーディング関する実験は,サルの訓練に忍耐を要するものであり,その実験期間は数年にわたっている.研究は実験の成否に左右されるが,これまでに得られた結果もあるので,あと数年で成果を出すことができると考えられる.理論モデル...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 篠本 滋
本研究の第1の目標は,神経生理学実験によって得られたスパイク時系列パターンの特性を分析し,そのスパイク列を発生した神経細胞の種類や,細胞がおかれている層,などに関する情報を抽出することであり,第2の目標は,脳切片スライスでの細胞通電実験をおこない,その実験データに照らし合わせて神経細胞のスパイク発生条件を数学的に決定することである.研究はその2つの目標共にきわめて順調に進行し,下記の文献などの成果が得られつつある.新しく提案した局所変動係数Lvという指標にて神経スパイク時系列を解析し,皮質...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 篠本 滋
本研究の目標は2つある.第1に,行動中のサルの生理学実験によって得られたスパイク時系列の分析を通して,その時系列を生成した神経細胞の種類,細胞がおかれている層,などに関する情報を抽出することを目標とした.申請者が考案した新統計測度によって,スパイク時系列パターンの特性からそのスパイクを発生した細胞の特性を分類できることが明らかになってきた.この分類法は,これまでのスパイク波形などに基づいた,錐体細胞対介在細胞のような大分類ではなく,錐体細胞の細分類に対応していると考えられる.この統計手法に...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2001年 - 2001年    代表者: 篠本 滋
これまで行った研究によって,標準的だと考えられてきた神経スパイク発生モデルが棄却されることが明らかになった.次に,実験データと理論モデルとの矛盾を解決するために,理論モデルの修正をおこなった結果,神経細胞に入射している信号は無相関ではなく,100ミリ秒程度の時間相関を有しているという推定結果を得た.本年度は時間変動ポアソン過程に関する数理的考察を推し進め,活動中のサル前頭連合野から得られたスパイク統計をコンパクトに再現することに成功した(Physical Review E 64(2001)...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 篠本 滋
脳内情報が神経スパイク信号によってどのように表現されているかを知るために,(A)神経細胞がどのような条件でスパイク信号を発生し,どのくらいの情報を送ることができるか,を知る目的の脳切片スライス実験,(B)スパイク信号を送る神経細胞集団の数理モデルを構築し,その集団が入力シグナルに応じていくつかの状態を選択することができるか,を知る目的の理論的研究を,4年計画で推し進めた.(A)脳切片スライス実験について:京都大学医学部に派遣した院生の実験技能も確立し,変動電流通電実験に必要となる補助装置を...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2000年 - 2000年
本研究では神経細胞がどのような条件でスパイク信号を発生し、どのくらいの量の情報を送ることができるか、を定量的に明らかにするため、まず脳から計測された神経スパイクを分析し、次に脳切片スライス上の細胞内通電実験をおこなった。まず、遅延作業課題実行中のサル前頭連合野の神経細胞のスパイクデータ時系列(京都大学船橋氏のデータ)、動くドットを提示した際のMT野MST野の神経細胞のスパイク時系列(玉川大学大野氏のデータ)について、様々なスパイク間隔統計を計量し、神経スパイク生成モデルのデータとの整合性を...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究, 特定領域研究(A), 重点領域研究)
研究期間: 1996年 - 2000年
本研究においては,以下の実験的および理論的研究を行なった.
実験面では,外山は,「大脳皮質神経回路の自己組織化」のテーマで研究した.ラット視覚野における長期増強(LTP)を検索し,出現時間が明らかに異なるfLTP(早いLTP)とsLTP(遅いLTP)の2種類が区別されることを見い出すとともに,脳磁図計を用いて混合運動刺激(MM,7.5-35%の逆方向運動を含むSM)を用い,MMとHMの脳磁図差分信号の脳内分布および主観的輪郭認知との相関を調べた.主観的輪郭認知と V2/3の差分信号は並行...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1987年 - 1988年
本研究の目的は、巨大な自由度をもつ非線形散逸力学系のダイナミクスを、少数の巨視変数のそれへと縮約する為の理論を開発することである。これは主として以下の2の方向でなされた。(1)ハミルトニアンも存在せず、エルゴ-ド性の有無や不変測度もあらかじめ未知の系に対して、平衡、非平衡統計力学の通常の問題を解き得るか、又それが可能な具体例をつくることができるか、という問題が考察された。具体的な大自由度系として、結合振動子の回転子模型を採上げ、引き込み相転移点近傍において秩序変数に関する閉じた発展方程式を...

学歴

 
1981年4月
 - 
1984年3月
東北大学 理学研究科物理学第二専攻