新村 毅

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/07 11:09
 
アバター
研究者氏名
新村 毅
eメール
shimmurago.tuat.ac.jp
所属
東京農工大学
部署
農学部 生物生産学科
職名
准教授
学位
学術(麻布大学)
その他の所属
卓越研究員

研究分野

 
 

経歴

 
2016年11月
 - 
現在
東京農工大学 農学部生物生産学科 准教授
 
2016年11月
 - 
現在
MEXT 卓越研究員
 
2017年5月
 - 
2017年7月
ウプサラ大学(Lief Andersson研究室) Visiting Researcher
 
2013年6月
 - 
2016年11月
基礎生物学研究所 特任助教(2013年7月- 総合研究大学院大学担当助教兼任)
 
2013年4月
 - 
2013年5月
名古屋大学大学大学院生命農学研究科(吉村崇研究室) 研究員
 
2009年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学大学院生命農学研究科(吉村崇研究室) 日本学術振興会特別研究員PD(2009年- 資格変更;2010年- 再申請)
 
2007年4月
 - 
2009年3月
麻布大学大学院獣医学研究科(田中智夫研究室) 日本学術振興会特別研究員DC1
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2009年3月
麻布大学 大学院獣医学研究科博士後期課程(特例による早期修了) 
 
2005年4月
 - 
2007年3月
麻布大学 大学院獣医学研究科博士前期課程 
 

受賞

 
2014年3月
日本畜産学会 奨励賞
 
2012年8月
高遠シンポジウム 最優秀賞
 
2011年11月
日本時間生物学会 優秀ポスター賞
 
2011年11月
日本鳥類内分泌研究会 若手研究奨励賞
 
2008年3月
日本家畜管理学会 優秀発表賞
 
2008年3月
日本家禽学会 優秀発表賞
 
2007年3月
日本畜産学会 優秀発表賞
 

論文

 
Dynamic plasticity in the phototransduction pathway regulates seasonal changes in color perception
Shimmura T, Nakayama T, Shinomiya A, Fukamachi S, Yasugi M, Watanabe E, Shimo T, Senga T, Nishimura T, Tanaka M, Kamei Y, Naruse K, Yoshimura T
Nature Communications   8 (Article number: 412) 1-7   2017年   [査読有り]
Involvement of circadian clock in crowing of red jungle fowls (Gallus gallus)
Ito S*, Hori S, Hirose M, Iwahara M, Yatsushiro A, Matsumoto A, Tanaka M, Okamoto C, Yayou K, Shimmura T*. *Corresponding author
Animal Science Journal   88 691-695   2017年   [査読有り]
The highest-ranking rooster has priority to announce the break of dawn (Selected for Research Highlights and for press-released paper by Nature Publishing Group; Top 100 read Scientific Reports article in 2015)
Shimmura T*, Ohashi S, Yoshimura T*. *Corresponding author
Scientific Reports   5 Article number: 11683   2015年   [査読有り]
Persistent effect of broody hens on behaviour of chickens
Shimmura T*, Maruyama Y, Hujino S, Kamimura E, Uetake K, Tanaka T*. *Corresponding author
Animal Science Journal   86 214-220   2015年   [査読有り]
Intrinsic photosensitivity of a deep brain photoreceptor (Selected for cover picture and featured in Current Biology Dispatch)
Nakane Y, Shimmura T, Abe H, Yoshimura T
Current Biology   24(13) R596-R597   2014年7月   [査読有り]
Regulation of seasonal reproduction by hypothalamic activation of thyroid hormone (Review Article)
Shinomiya A, Shimmura T, Nishiwaki-Ohkawa T, Yoshimura T.
Frontiers in Endocrinology   5 1-7   2014年   [査読有り]
Shimmura T, Yoshimura T
Current Biology   23(6) R231-R233   2013年3月   [査読有り]
Next-generation sequencing reveals unique genomic features in the Japanese quail
Kawahara-Miki R, Sano S, Nunome M, Shimmura T, Kuwayama T, Takahashi S, Kawashima T, Matsuda Y, Yoshimura T, Kono T
Genomics   101 345-353   2013年   [査読有り]
Overall welfare assessment for laying hens – comparisons of science-based with environment-based and animal-based assessment
Shimmura T*, Bracke BMB, De Mol R, Hirahara S, Uetake K, Tanaka T*. *Corresponding author
Animal Science Journal   82 150-160   2011年   [査読有り]
Shimmura T*, Kamimura E, Azuma T, Kansaku N, Uetake K, Tanaka T*. *Corresponding author
Applied Animal Behaviour Science   126(3-4) 125-133   2010年   [査読有り]
Shimmura T*, Hirahara S, Azuma T, Suzuki T, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T*. *Corresponding author
British Poultry Science   51(1) 31-42   2010年   [査読有り]
Effect of social rank and familiarity on dust-bathing of laying hens
Shimmura T*, Nakamura T, Azuma T, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T*. *Corresponding author
Animal Welfare   19 67-73   2010年   [査読有り]
産卵鶏の飼育システム:福祉と生産性(総説)
新村毅*, 植竹勝治, 田中智夫. *責任著者
Animal Behaviour and Management   45 109-123   2009年   [査読有り]
Shimmura T, Azuma T, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T
British Poultry Science   50(1) 39-46   2009年   [査読有り]
Form not but frequency of beak use by hens is changed by housing system
Shimmura T, Suzuki T, Azuma T, Hirahara S, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T
Applied Animal Behaviour Science   115 44-54   2008年   [査読有り]
Shimmura T, Azuma T, Hirahara S, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T
British Poultry Science   49(5) 516-524   2008年   [査読有り]
Shimmura T, Suzuki T, Hirahara S, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T
British Poultry Science   49(4) 396-401   2008年   [査読有り]
Effects of separation of resources on behavior of high-, medium- and low-ranked hens in furnished cages
Shimmura T, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T
Applied Animal Behaviour Science   113 74-86   2008年   [査読有り]
Comparion of behavior, physical condition and productivity of laying hens in four molting methods
Shimmura T, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T
Animal Science Journal   79 129-138   2008年   [査読有り]
Shimmura T, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T
Animal Science Journal   78(3) 323-329   2007年   [査読有り]
Shimmura T, Hirahara S, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T
Animal Science Journal   78(3) 314-322   2007年   [査読有り]
Shimmura T, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T
Animal Science Journal   78(3) 307-313   2007年   [査読有り]
Shinmura T*, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T. *Corresponding author
Animal Science Journal   77(4) 447-453   2006年   [査読有り]
Shinmura T*, Eguchi Y, Uetake K, Tanaka T. *Corresponding author
Animal Science Journal   77(2) 242-249   2006年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ホルモンから見た生命現象と進化シリーズII 「発生・変態・リズム-時-」(天野勝文・田川正朋編)
新村毅, 吉村崇 (担当:共著, 範囲:鳥類の光周性とホルモン)
裳華房   2016年   
Circadian Clocks (Honma K.I., Honma S. eds.)
Shimmura T, Shinomiya A, Yoshimura T (担当:共著, 範囲:Universality and diversity in the mechanism of vertebrate seasonal reproduction)
Aschoff and Homma Memorial Foundation   2015年   
ニワトリの科学
新村 毅 (担当:共著, 範囲:動物福祉)
朝倉書店   2014年   
行動生物学辞典
新村 毅 (担当:共著)
東京化学同人   2013年   
農業技術大系(第1巻 畜産基本編 アニマルウェルフェア)
新村 毅 (担当:共著, 範囲:集約畜産システムの問題点と代替法(採卵鶏), アニマルウェルフェアの評価法(採卵鶏))
農林漁村文化協会   2012年   

講演・口頭発表等

 
メダカにおける季節変化への適応機構 [招待有り]
新村毅, 吉村崇
第23回日本時間生物学会学術大会シンポジウム「動物の多様なリズムとその応用」   2016年11月   
Functional analysis of deep brain photopigment OPN5 in vertebrates [招待有り]
新村 毅Yoshimura T, Ota W, Shimmura T, Nakane Y
11th International Symposium on Avian Endocrinology (ISAE2016)   2016年10月   
Timing of rooster crowing is under the control of circadian clock and social rank [招待有り]
Shimmura T, Yoshimura T
11th International Symposium on Avian Endocrinology (ISAE2016)   2016年10月   
動物の行動の多階層的理解 ‐ニワトリの発声をモデルとして‐ [招待有り]
新村 毅
畜産学会若手企画サマーキャンプ「アニマルサイエンス若手研究者の胎動」   2016年9月   
Development of enriched housing systems for farm animals: Welfare and productivity [招待有り]
Shimmura T
31th International Congress of Psychology (ICP2016)   2016年7月   

競争的資金等の研究課題

 
農学と工学の協奏による統合的畜産システムの構築
文部科学省: 卓越研究員事業
研究期間: 2016年 - 2021年    代表者: 新村 毅
アニマルウェルフェア対応鶏舎における採卵鶏の実態調査
日本中央競馬会: 畜産振興事業
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 新村 毅
先天的発声の制御機構の多階層的理解
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 新村 毅
動物福祉学の確立に向けた文理融合研究 -ニワトリをモデルとして-
総合研究大学院大学学融合推進センター: 学融合研究事業
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 新村 毅
先天的発声の制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 新村 毅
発声の脳内分子機構の解明
上原記念生命科学財団: 研究奨励金
研究期間: 2014年       代表者: 新村 毅
先天的発声の分子基盤の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 新村 毅
産卵鶏における各種飼育システムの総合評価および攻撃性の行動遺伝学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 新村 毅

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
日本畜産学会  若手企画委員会(2015年-現在:代表)
 
2013年4月
 - 
現在
応用動物行動学会  幹事(夏の学校担当)