杉山 慎

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/14 10:18
 
アバター
研究者氏名
杉山 慎
 
スギヤマ シン
通称等の別名
SS004911
eメール
sugishinlowtem.hokudai.ac.jp
URL
http://wwwice.lowtem.hokudai.ac.jp/~sugishin/
所属
北海道大学
部署
低温科学研究所 共同研究推進部
職名
教授

プロフィール

パタゴニア、南極、グリーンランドなどを舞台に、氷河氷床に関する物理現象と変動メカニズムの解明に取り組んでいます。GPSや気象測器を用いた氷河上での観測の他、熱水掘削という技術を使って氷河底面での観測を進めています。教育面では、毎年スイスの氷河で大学院実習を実施するなど、次世代の極地研究者を育成する「国際南極大学」プロジェクトに従事しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 低温科学研究所 教授
 
2014年2月
 - 
2017年3月
北海道大学 低温科学研究所 准教授
 
2005年10月
 - 
2014年1月
北海道大学 低温科学研究所 講師
 
2003年4月
 - 
2005年9月
スイス連邦工科大学 研究員
 
1997年9月
 - 
1999年12月
青年海外協力隊 ザンビア共和国 理数科教師
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
北海道大学大学院 地球環境科学研究科 
 
1991年4月
 - 
1993年3月
大阪大学大学院 基礎工学研究科 物性物理工学科
 
1987年4月
 - 
1991年3月
大阪大学 基礎工学部 物性物理工学科
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
International Glaciological Society  Vice President
 
2015年
 - 
2016年
文部科学省  北極研究戦略委員会 委員
 
2014年
 - 
現在
日本学術会議  地球惑星科学委員会国際対応分科会SCAR小委員会委員
 
2013年
 - 
現在
International Arctic Science Committee  Cryosphere WG member
 
2012年3月
 - 
現在
日本学術会議  地球惑星科学委員会IUGG分科会IACS小委員会委員
 
2012年
 - 
現在
北極環境研究コンソーシアム  運営委員
 
2010年
 - 
2014年
日本雪氷学会 極地雪氷分科会  幹事長
 
2009年
 - 
2013年
Bulletin of Glaciological Research  編集委員
 
2007年
 - 
現在
国立極地研究所  気水圏専門部会委員
 
2008年
 - 
現在
日本雪氷学会  事業委員
 
2008年
 - 
2012年
日本雪氷学会  学術委員
 
2009年
 - 
2011年
日本雪氷学会 北海道支部  庶務担当理事
 
2006年
 - 
2010年
日本雪氷学会 氷河情報センター  財務幹事
 

受賞

 
2015年3月
北海道大学 教育総長奨励賞
 
2013年9月
社団法人日本雪氷学会 学術賞 氷河・氷床の底面動力学プロセスの研究
 
2011年
社団法人日本雪氷学会 2011年度 論文賞
 

論文

 
Tsutaki, S., S. Sugiyama, D. Sakakibara, T. Aoki, M. Niwano
Annals of Glaciology   59(75) 1-12   2017年5月   [査読有り]
Jouvet, G., Y. Weidmann, J. Seguinot, M. Funk, T. Abe, D. Sakakibara, H. Seddik, and S. Sugiyama
The Cryosphere   11 911-921   2017年4月   [査読有り]
Minowa, M., S. Sugiyama, D. Sakakibara, P. Skvarca
Frontiers in Cryospheric Sciences   5:1    2017年1月   [査読有り]
Sugiyama, S., M. Minowa, D. Sakakibara, P. Skvarca, T. Sawagaki, Y. Ohashi, N. Naito and K. Chikita
Journal of Geophysical Research Earth Surface   121    2016年12月   [査読有り]
Machguth, H. and 31 others, including S. Sugiyama
Journal of Glaciology   62(235)    2016年7月   [査読有り]

Misc

 
Numerical Weather Prediction System based on JMA-NHM for Field Observation Campaigns on the Greenland Ice Sheet
Hashimoto, A., M. Niwano, T. Aoki, S. Tsutaki, S. Sugiyama, T. Yamasaki, Y. Iizuka and S. Matoba
低温科学   75 91-104   2017年3月
グリーンランド南東ドームにおける浅層掘削と初期物理解析
飯塚芳徳, 的場澄人,藤田秀二,新堀邦夫,山崎哲秀,宮本淳,堀彰,斉藤健,古川崚仁,杉山慎,青木輝夫
低温科学   75 45-52   2017年3月
グリーンランド氷床北西部沿岸部における表面質量収支の変動
的場澄人,山口悟,對馬あかね,青木輝夫,杉山慎
低温科学   75 37-44   2017年3月
Seismic and infrasound monitoring of Bowdoin Glacier, Greenland
Podolskiy, E.A., R. Genco, S. Sugiyama, F. Walter, M. Funk, M. Minowa, S. Tsutaki, M. Ripepe
低温科学   75 15-36   2017年3月
Recent ice mass loss in northwestern Greenland -Results of the GRENE Greenland project and overview of the ArCS-
Sugiyama, S., S. Tsutaki, D. Sakakibara, J. Saito, Y. Ohashi, N. Katayama, E. Podolskiy, S. Matoba, M. Funk, R. Genco
低温科学   75 1-13   2017年3月

書籍等出版物

 
低温環境の科学事典
河村公隆 他編 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2016年7月   
低温科学便覧 
北海道大学低温科学研究所編 (担当:分担執筆, 範囲:第5章氷河)
丸善出版   2015年10月   
なぞの宝庫・南極大陸 100万年前の地球を読む
飯塚芳徳・澤柿教伸・杉山慎・的場澄人
技術評論社   2008年   
地球惑星科学入門
在田一則・竹下徹・見延庄士郎・渡部重十編著 (担当:分担執筆, 範囲:第27章氷河と氷河時代)
北海道大学出版会   2010年   

講演・口頭発表等

 
Coastal environment change and its impact on human society in northwestern Greenland [招待有り]
Shin Sugiyama
JSPS Japan-Norway Symposium   2017年6月8日   
Cryosphere - Greenland Ice Cap and Baffin Bay [招待有り]
杉山 慎
IMBeR, Arctic Continental Margins Workshop   2017年3月30日   
Calving front of Grey Glacier in Patagonia is protruding into water under the lake surface
Shin Sugiyama, Masahiro Minowa, Marius Schaefer
International Symposium on the Cryosphere in a Changing Climate   2017年2月13日   
Mass loss of outlet glaciers and ice caps in the Qaanaaq region, northwestern Greenland
Shin Sugiyama, Shun Tsutaki, Daiki Sakakibara, Evgeny Podolskiy, Masahiro Minowa, Yoshihiko Ohashi, Martin Funk, Guillaume Jouvet, Julien Seguinot, Yvo Weidmann, Riccardo Genco
Workshop on the Dynamics and Mass Budget of Arctic Glaciers & the IASC Network on Arctic Glaciology Annual Meeting   2017年1月24日   
Recent ice mass loss of outlet glaciers and ice caps in the Qaanaaq region, northwestern Greenland
Sugiyama, S. S. Tsutaki, D. Sakakibara, J. Saito, Y. Ohashi, M. Maruyama, N. Katayama, E.Podolskiy, M. Minowa, S. Matsuno, T. Sawagaki, S. Matoba, M. Funk, R. Genco, H. Enomoto
AGU fall meeting   2016年12月16日   

Works

 
南パタゴニア氷原、グレイ氷河での観測
杉山 慎   2017年3月
グリーンランド北西部カナック周辺での観測
杉山 慎   2016年6月 - 2016年8月
ネパールヒマラヤ、トランバウ氷河での観測
杉山 慎   2016年5月
南パタゴニア氷原、グレイ氷河での観測
杉山 慎   2016年1月 - 2016年2月
グリーンランドボードイン氷河、カナック氷帽、周辺海洋での観測
GRENE雪氷プロジェクト   2015年7月

競争的資金等の研究課題

 
パタゴニアにおけるカービング氷河末端と湖との相互作用
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤B・海外学術)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 杉山 慎
カービング氷河末端における氷融解量の直接測定
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 杉山 慎
東南極ラングホブデ氷河における熱水掘削
国立極地研究所: 南極地域観測第8期一般研究観測
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 杉山 慎
南極沿岸における溢流氷河の短期流動変化
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 杉山 慎
カービング氷河の急激な後退に氷河流動が果たす役割
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 杉山 慎

社会貢献活動

 
南極氷床 -地球最大の氷のかたまり―
【講師】  立命館慶祥高等学校  SSH特別授業「サイエンスチャージ」  2017年5月22日 - 2017年5月22日
「雪について調べよう」
【講師】  札幌市立大倉山小学校  2017年2月1日
グリーンランドをめぐる「音楽」・「冒険」・「サイエンス」
【司会, 企画】  低温科学研究所、北極域研究センター、MUSIC PLANT  北海道大学サステナビリティウィーク  2016年11月7日
グリーンランド氷床 北極最大の氷のかたまりに何が起きているか
【パネリスト, 講師】  雪氷研究大会公開講演会「極地からの緊急報告! 温暖化がすすむ南極とグリーンランドに迫る」  2016年10月2日
氷河氷床 地球の氷に何が起きているのか?
【講師】  低温科学研究所公開講座「広がる低温の魅力 低温科学の最前線」  2016年9月26日