船橋 新太郎

J-GLOBALへ         更新日: 14/09/05 02:47
 
アバター
研究者氏名
船橋 新太郎
URL
http://www.users.iimc.kyoto-u.ac.jp/~z59035
所属
京都大学
部署
こころの未来研究センター
職名
教授
学位
京都大学理学博士

プロフィール

前頭連合野の働きを、ワーキングメモリに関わる神経機構を手がかりに、解明しようと試みています。動物(主として、サル)を用いた研究を中心に実施してきましたが、最近はヒトを対象にした脳機能イメージング研究にも興味が出始めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2009年
京都大学 教授
 
2007年
   
 
京都大学 こころの未来研究センター 教授
 
2006年
   
 
京都大学 大学院人間・環境学研究科 教授
 
2004年
 - 
2007年
京都大学 人間・環境学研究科(研究院) 教授
 
2003年
 - 
2005年
京都大学 人間・大学院・環境学研究科 教授
 

論文

 
Shinomoto S, Kim H, Shimokawa T, Matsuno N, Funahashi S, Shima K, Fujita I, Tamura H, Doi T, Kawano K, Inaba N, Fukushima K, Kurkin S, Kurata K, Taira M, Tsutsui K, Komatsu H, Ogawa T, Koida K, Tanji J, Toyama K
PLoS computational biology   5 e1000433   2009年7月   [査読有り]
[Neural mechanisms of decision making]
Funahashi S
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   60 1017-1027   2008年9月   [査読有り]
Neural mechanisms of spatial working memory: contributions of the dorsolateral prefrontal cortex and the thalamic mediodorsal nucleus.
Funahashi S, Takeda K, Watanabe Y
Cognitive, affective & behavioral neuroscience   4 409-420   2004年12月   [査読有り]
Prefrontal task-related activity representing visual cue location or saccade direction in spatial working memory tasks.
Takeda K, Funahashi S
Journal of neurophysiology   87 567-588   2002年1月   [査読有り]
Information processes in the primate prefrontal cortex in relation to working memory processes.
Funahashi S, Takeda K
Reviews in the neurosciences   13 313-345   2002年   [査読有り]

Misc

 
長尾真, 吉川左紀子, 船橋新太郎
こころの未来   2 30-39   2009年
鎌田東二, 船橋新太郎
こころの未来   3 54-56   2009年
船橋新太郎
Brain and nerve   60(9) 1017-1027   2008年9月
船橋新太郎
分子精神医学   8(2) 91-101   2008年4月

書籍等出版物

 
Information processing in the Primate prefrontal cortex
Funahashi,S .S. Otani
Prefrontal Cortex:From Synaptic Plasticity to Cognition, Kluver Academic Publisher, Boston   
Compensatory activities of pyramidal tract neurons after sudden target position shifts in awake monkeys.
船橋 新太郎
Integrative Control Functions of the Brain,1,177-179   1978年   
Bidirectionally activated monkey pyramidal tract neurons during a small wrist movement.
船橋 新太郎
Integrative Control Functions of the Brain,2,153-155   1979年   
Radioactive 2-deoxyglucose uptake into the brain of monkey during intracranial self-stimulation.
船橋 新太郎
Emotions : Neuronal and Chemical Control.,393-403   1986年   
Mnemonic coding of visual space in the primate prefrontal cortex revealed by oculomotor paradigms.
船橋 新太郎
Perspectives in Neuroethology,   1992年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
眼球運動の決定過程に関与する前頭連合野神経機構を明らかにする目的で、予め眼球運動方向を指示する課題(ODR課題)と、反応時に眼球運動方向を自由に選択できる課題(S-ODR課題)を用い、同一ニューロンから記録される活動を両課題で比較した。手がかり刺激呈示期の活動はS-ODR課題で活動自体が消失したり、方向選択性を消失してしまうこと、眼球運動関連活動はS-ODR課題でも生じ、ODR課題で観察される特徴との間に差異のないこと、さらに、眼球運動関連活動の開始のタイミングは、眼球運動開始の潜時と強い...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2008年
本研究は、思考、判断、意思決定などの高次脳機能に関与し、マルチモーダルな情報処理が不可欠な前頭連合野ニューロン群の活動を指標に、多重情報表現のしくみとその相互作用による情報処理機構を明らかにする目的で実施している。本年度は視覚刺激により予め眼球運動方向が指示されるODR課題と、眼球運動方向を4方向の中から自由に選択できるS-ODR課題を用いて、眼球運動方向の決定がどのようにして行われるのか、どのようなニューロン活動が運動方向の決定にかかわっているのかの検討を中心に研究を実施した。その結果、...