武田 史郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/15 13:24
 
アバター
研究者氏名
武田 史郎
 
タケダ シロウ
URL
http://shirotakeda.org/ja/
所属
京都産業大学
部署
経済学部
職名
教授
学位
学士(経済学)(早稲田大学), 修士(経済学)(早稲田大学), 博士(経済学)(一橋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年4月
 - 
2005年3月
:関東学園大学経済学部専任講師
 
2005年4月
 - 
2007年3月
:関東学園大学経済学部助教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
:関東学園大学経済学部准教授
 
2012年4月
 - 
現在
:京都産業大学経済学部教授
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
一橋大学 大学院経済学研究科博士後期課程 応用経済専攻
 
1996年4月
 - 
1999年3月
早稲田大学 大学院経済学研究科修士課程 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
早稲田大学 政治経済学部 経済学科
 

受賞

 
2010年
環境経済政策学会・奨励賞
 

論文

 
武田 史郎
環境科学会誌   30(2) 141-149   2017年3月   [査読有り]
武田 史郎、山崎 雅人、川崎 泰史、吉岡 真史
ESRI Research Note No.26      2016年7月
Masato Yamazaki and Shiro Takeda
Environmental Economics and Policy Studies      2016年7月   [査読有り]
武田史郎・鈴木 晋・有村俊秀
経済分析   186    2013年
温室効果ガス排出規制の地域間CGE分析
白井大地・武田史郎・落合勝昭
環境経済・政策研究   6(2) 12-25   2013年   [査読有り]
Masato Yamazaki and Shiro Takeda
Journal of Integrated Disaster Risk Managemen   3(1) 36-55   2013年   [査読有り]
Takeda, Shiro, Arimura, Toshi H., Tamechika, Hanae, Fischer, Carolyn, & Fox, Alan K.
Environmental Economics and Policy Studies   16(1) 89-110   2013年   [査読有り]
Shiro Takeda, Tetsuya Horie, Toshi H. Arimura
Climate Change Economics   3(1)    2012年   [査読有り]
日本の国境調整措置政策・炭素リーケージ防止と国際競争力保持への効果(共著)
有村俊秀・蓬田守弘・川瀬剛志(編)(2012)『地球温暖化対策と国際貿易: 排出量取引と国境調整措置をめぐる経済学・法学的分析』、東京大学出版会、第4章      2012年
排出量取引の制度設計による炭素リーケージ対策:排出枠配分方法の違いによる経済影響の比較(共著)
有村俊秀・蓬田守弘・川瀬剛志(編)(2012)『地球温暖化対策と国際貿易: 排出量取引と国境調整措置をめぐる経済学・法学的分析』、東京大学出版会、第3章      2012年
応用一般均衡モデルによる地球温暖化対策の分析-有用性と問題点-(共著)
武田史郎
有村俊秀・蓬田守弘・川瀬剛志(編)(2012)『地球温暖化対策と国際貿易: 排出量取引と国境調整措置をめぐる経済学・法学的分析』、東京大学出版会、第1章   15-36   2012年
武田史郎
環境情報科学   40(2) 27-31   2011年
国際競争力・炭素リーケージに配慮した国内排出量取引の制度設計(共著)
有村俊秀・武田史郎
Business & Economic Review   65-80    2011年
国内排出量取引の国際リンクによる経済的影響に関する研究:応用一般均衡分析によるアプローチ(共著)
有村俊秀・杉野誠・武田史郎
環境研究   161    2011年
Shiro Takeda
International Review of Applied Economics   24(1) 75-93   2010年   [査読有り]
日本経済研究センターCGEモデルによるCO2削減中期目標の分析(共著)
武田史郎・川崎泰史・落合勝昭・伴金美
環境経済・政策研究   3/1 31-42   2010年   [査読有り]
Economic Growth and Carbon Emissions with Endogenous Carbon Taxes
関東学園大学経済学紀要   34/1 1-24   2007年
Shiro Takeda
Journal of the Japanese and International Economies   21(3) 336-364   2007年   [査読有り]
Economics Bulletin   17/3,1-10    2005年   [査読有り]
Hitotsubashi Journal of Economics   42/2,141-155    2001年   [査読有り]

書籍等出版物

 
排出量取引と省エネルギーの経済分析:日本企業と家計の現状(共著)
日本評論社   2012年   

講演・口頭発表等

 
動学的CGEモデルによる国際間の排出量取引・CDMの分析
日本経済研究センター・マクロモデル研究会   2011年   
応用一般均衡分析による温暖化対策の評価
環境経済政策学会   2011年   
Labor Market Distortions and Welfare-Decreasing International Emissions Trading
日本経済学会   2011年   
温暖化政策の経済分析:応用一般均衡分析のアプローチ
日本経済学会   2010年   
Output-Based Allocation of Emissions Permits for Mitigating Carbon Leakage for the Japanese Economy
Fourth World Congress of Environmental and Resource Economists   2010年   

Works

 
環境省「環境経済の政策研究」、課題名「日本における環境政策と経済の関係を統合的に分析・評価するための経済モデルの作成」
2009年 - 2011年
環境省「環境経済の政策研究」、研究課題名:「国内排出量取引の国際リンクによる経済的影響に関する研究:応用一般均衡分析によるアプローチ」
2009年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
地球温暖化対策の研究
研究期間: 2009年 - 2014年
排出量取引制度、環境税などのCO2削減策の分析