武田 史郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/03 11:39
 
アバター
研究者氏名
武田 史郎
 
タケダ シロウ
URL
http://shirotakeda.org/ja/
所属
京都産業大学
部署
経済学部 経済学科 経済学部
職名
教授
学位
経済学修士(早稲田大学), 博士(経済学)(一橋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
 - 
2005年
:関東学園大学経済学部専任講師
 
2005年
 - 
2007年
:関東学園大学経済学部助教授
 
2007年
 - 
2012年
:関東学園大学経済学部准教授
 
2012年
 - 
現在
:京都産業大学経済学部教授
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
一橋大学 大学院経済学研究科 応用経済
 
1996年4月
 - 
1999年3月
早稲田大学 大学院経済学研究科 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
早稲田大学 政治経済学部 経済学科
 

受賞

 
2010年
環境経済政策学会・奨励賞
 

Misc

 
International Income Transfers under Technological Uncertainty
Hitotsubashi Journal of Economics   42/2,141-155    2001年
The effect of differentiated emission taxes: does an emission tax favor industry
Economics Bulletin   17/3,1-10    2005年
Shiro Takeda
Journal of the Japanese and International Economies   21(3) 336-364   2007年
Economic Growth and Carbon Emissions with Endogenous Carbon Taxes
関東学園大学経済学紀要   34/1 1-24   2007年
日本経済研究センターCGEモデルによるCO2削減中期目標の分析(共著)
武田史郎・川崎泰史・落合勝昭・伴金美
環境経済・政策研究   3/1 31-42   2010年

書籍等出版物

 
排出量取引と省エネルギーの経済分析:日本企業と家計の現状(共著)
日本評論社   2012年   

講演・口頭発表等

 
動学的CGEモデルによる国際間の排出量取引・CDMの分析
日本経済研究センター・マクロモデル研究会   2011年   
応用一般均衡分析による温暖化対策の評価
環境経済政策学会   2011年   
Labor Market Distortions and Welfare-Decreasing International Emissions Trading
日本経済学会   2011年   
温暖化政策の経済分析:応用一般均衡分析のアプローチ
日本経済学会   2010年   
Output-Based Allocation of Emissions Permits for Mitigating Carbon Leakage for the Japanese Economy
Fourth World Congress of Environmental and Resource Economists   2010年   

Works

 
環境省「環境経済の政策研究」、課題名「日本における環境政策と経済の関係を統合的に分析・評価するための経済モデルの作成」
2009年 - 2011年
環境省「環境経済の政策研究」、研究課題名:「国内排出量取引の国際リンクによる経済的影響に関する研究:応用一般均衡分析によるアプローチ」
2009年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
地球温暖化対策の研究
研究期間: 2009年 - 2014年
排出量取引制度、環境税などのCO2削減策の分析