室賀 翔

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/02 18:57
 
アバター
研究者氏名
室賀 翔
 
ムロガ ショウ
eメール
murogatoyota-ct.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/60633378.ja.html
所属
豊田工業高等専門学校
部署
電気・電子システム工学科
職名
講師
学位
博士(工学)(東北大学)

プロフィール

http://www.ee.toyota-ct.ac.jp/~muroga/index.html

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
豊田工業高等専門学校 講師
 
2012年4月
 - 
2014年3月
東北大学 工学(系)研究科(研究院) 助教
 

受賞

 
2015年
2015 Asia-Pacific International Symposium on Electromagnetic Compatibility (APEMC) Best Symposium Paper Award
受賞者: Masahiro Yamaguchi, Satoshi Tanaka, Yasushi Endo, Sho Muroga, Makoto Nagata
 
Masahiro Yamaguchi, Satoshi Tanaka, Yasushi Endo, Sho Muroga, Makoto Nagata "On-chip Integrated Magnetic Thin-Film Solution to Countermeasure Digital Noise on RF IC"
2011年
日本磁気学会 平成23年度日本磁気学会学生講演賞(桜井講演賞)
 
[国内口頭発表] 室賀 翔, 遠藤 恭, 三束 芳央, 島田 寛, 山口 正洋, “薄膜電磁ノイズ抑制体の損失極大周波数に対する反磁界の影響,” 第34回日本磁気学会学術講演会,6pF-11, つくば (2010年9月).
2011年
電気学会 優秀論文発表賞
 
[国内口頭発表] 室賀 翔, 遠藤 恭, 三束 芳央, 島田 寛, 山口 正洋, “オンチップ薄膜電磁ノイズ抑制体における損失極大周波数の反磁界による制御,” 電気学会マグネティックス研究会,MAG-10-088, 市川 (2010年8月).

論文

 
Magnetic Circuit Evaluation of Conductive and Near-Field Noise Suppression using Co-Zr-Nb Film
Sho Muroga, Yasushi Endo
IEEE International Magnetic Conference 2017      2017年4月   [査読有り]
Simultaneous Evaluation of Conductive/Near-Field Noise Suppression in Co-Zr-Nb Film using Magnetic Circuit
Sho Muroga, Yasushi Endo
IEEE Transactions on Magnetics(to be published)   53    2017年   [査読有り]
Satoshi Tanaka; Peng Fan; Jingyan Ma; Hanae Aoki; Masahiro Yamaguchi; Makoto Nagata; Sho Muroga
2015 10th International Workshop on the Electromagnetic Compatibility of Integrated Circuits (EMC Compo)   216-221   2015年   [査読有り]
M.Yamaguchi, S.Tanaka, Y.Endo,S. Muroga,M. Nagata
015 IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility (EMC)   536-539   2015年   [査読有り]
T.Tanaka, C. Okamura, S. Okajima, K. Kato, S. Muroga, Y. Asazuma, M. Yamaguchi
2015 Asia-Pacific Symposium on Electromagnetic Compatibility (APEMC)   532-535   2015年   [査読有り]
M.Yamaguchi, S.Tanaka, Y.Endo,S. Muroga,M. Nagata
2015 Asia-Pacific Symposium on Electromagnetic Compatibility (APEMC)   536-539   2015年   [査読有り]
A 60 x 60 μm2 Size Planar Shielded Loop Probe for Low Lift-Off On-Chip Magnetic Near Field Measurements
Masahiro Yamaguchi, Sho Muroga, Shiori Nanba, Kaoru Arai, Kunio Yanagi, Yasushi Endo
EMC Europe 2013 Proceedings   977-980   2014年   [査読有り]
Development of Micro Magnetic Field Probe to Evaluate Near Field on RFIC Chip
Y. Endo, M. Yamaguchi, Y. Shigeta, M. Onishi, K. Arai, S. Muroga,
2014 International Symposium on Electromagnetic Compatibility, Tokyo   569-572   2014年   [査読有り]
Effect of Demagnetizing Field on Frequency Dispersion of Complex Permeability
S. Muroga, M. Yamaguch
2014 International Symposium on Electromagnetic Compatibility, Tokyo   785-788   2014年   [査読有り]
Sho Muroga; Yuki Asazuma; Masahiro Yamaguchi; Tomoya Tanaka; Chie Okamura; Shin-ichi Okajima; Kazufumi Kato
2014 IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility (EMC)   134-137   2014年   [査読有り]

Misc

 
農山村振興を題材とした分野横断型研究教育の高専教職員による評価 -「豊田高専ドミタウン」の事例-
室賀翔,佐藤雄哉,田中健作,大森有希子
豊田工業高等専門学校 紀要      2017年
付 江, 山口 正洋, 室賀 翔, 田中 智也, 岡村 知恵, 小尾 留美名, 加藤 一史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(223) 47-52   2016年9月
山口 正洋, 室賀 翔, 遠藤 恭, 永田 真, 田中 聡
電子情報通信学会技術研究報告. EST, エレクトロニクスシミュレーション   113(261) 87-92   2013年10月
LTE(Long Term Evolution)世代以降の携帯端末では、デジタルアシスト技術による Si-CMOS RFIC(Radio Frequency Integrated Circuit)が一般化するため 、このようなRF デジタル回路のクロッ信号高調波がアナログ 受信部に混入し感度抑圧を生じる問題を解決する必要がある。本研究では、IC チップのパッシベーョン上へ磁性薄膜を 実装しその強磁性共鳴損失を利用することによって 2GHz帯においてデジタル回路からアナログ回路に混入する電流...
室賀 翔, 浅妻 裕己, 田中 智也, 岡村 知恵, 岡嶋 真一, 加藤 一史, 山口 正洋
電気学会研究会資料. EMC, 電磁環境研究会   2013(19) 63-68   2013年6月
山口 正洋, 室賀 翔, 浅妻 裕己
電気学会研究会資料. EMC, 電磁環境研究会   2013(19) 51-56   2013年6月
室賀 翔, 浅妻 裕己, 田中 智也, 岡村 知恵, 岡嶋 真一, 加藤 一史, 山口 正洋
電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学   113(101) 63-68   2013年6月
モバイルIT機器における基板レベルのEMC問題を解決する手段の1つとして,シールドシート基材に異なる繊維径を有する不織布に金属を被覆したノイズ抑制体が提案されている.本研究では,金属被覆した不織布表面の電界抑制効果のシート抵抗依存性を,等価回路解析により考察した.その結果,不織布表面に平面電磁波を垂直入射させた場合のシールド効果は,基本的に一様導体を用いたメタルシールドと同様であり,シートの導電率と膜厚で決定するシート抵抗を用いて予測できることを示した.一方で,近傍界のノイズ抑制効果は,シ...
山口 正洋, 室賀 翔, 浅妻 裕己
電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学   113(101) 51-56   2013年6月
磁気回路解析および実証実験を通して,反磁界を定量的に評価することにより,強磁性共鳴周波数の高周波側へのシフト量が,Maxwell方程式に基づく電磁界シミュレーションにより導出可能であることを明らかにした.反磁界を考慮した強磁性共鳴周波数のシフト量の導出法に関しては,Kittelの方程式で異方性磁界の増加分として取り扱う反磁界の項が,磁気回路における漏洩磁束の経路として考慮されることを示した.さらに,磁性薄膜をMSL上に配置した場合の比透磁率および強磁性共鳴周波数シフトの磁気回路解析および電...
佐藤 寛之, 遠藤 恭, 室賀 翔, 山口 正洋, 加藤 直也
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2013(48) 35-40   2013年6月
室賀 翔, 遠藤 恭, 伊藤 哲夫, 田中 聡, 村上 元, 堀 和明, 高橋 覚, 東 直矢, 永田 真, 山口 正洋
電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学   112(468) 91-95   2013年3月
磁性薄膜によるオンチップレベルのノイズ抑制効果を評価するため,RFIC受信部および任意ノイズ発生回路を集積化したTEGチップを試作し,電磁ノイズ抑制体としてCo-Zr-Nb直交磁化膜をチップ上に集積化することにより,実測を通してその有用性を示した.その結果,Co-Zr-Nb直交磁化膜を集積することにより,集積しない場合と比較して,信号帯域へ混入する任意ノイズ発生回路のスプリアスの強度を平均12.8 dB抑制した.このノイズ抑制メカニズムを既報から考察した結果,磁性薄膜によるノイズ抑制効果の...
室賀 翔, 遠藤 恭, 伊藤 哲夫
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   37(14) 91-95   2013年3月
室賀 翔, 浅妻 裕己, 山口 正洋
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2012(169) 57-61   2012年12月
室賀 翔, 小舘 航, 遠藤 恭, 山口 正洋
電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学   112(12) 31-36   2012年4月
本研究では,薄膜電磁ノイズ抑制体の誘導性結合を評価するため,IEC規格で定められたノイズ抑制シートの評価方法に基づいた測定法を提案し,実測を通してその有用性を示した.2つの微小コイルが配置されたTEGチップを,90nm CMOSプロセスを用いて作製し,コイル間の差動伝送測定を行うことで,誘導結合を評価した.その結果,ICチップ内におけるイントラカップリングを抑制する手法として,磁性薄膜が有用であることを示した.更に,本研究においては,ノイズ抑制効果の主要因は強磁性共鳴損失であり,その抑制効...
矢部 友崇, 三村 泰弘, 高橋 宏和, 尾上 篤, 室賀 翔, 山口 正洋, 小野 崇人, 江刺 正喜
電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン準部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A publication of Sensors and Micromachines Society   131(10) 363-368   2011年10月
Integration technique of three-dimensional micro coils on high-performance RF-LSI is one of the key technologies to realize future wireless telecommunication services and hypersensitive capacitance sensor systems. We design and fabricate monolithi...
室賀 翔, 島田 寛, 山口 正洋
電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス   94(2) 39-44   2011年2月
薄膜電磁ノイズ抑制体への鎖交磁束により発生する渦電流のシート抵抗に対する変化を定量的に検討するため,円盤の膜面垂直方向に磁界を印加したモデルにおける渦電流損の計算を行った.微小円盤における渦電流損は,円盤への鎖交磁束を得ることができれば,これを電磁誘導の法則に当てはめ,円盤内の渦電流を導出することにより,解析的に計算できることを示した.この微小円盤を,薄膜電磁ノイズ抑制体の膜長及び膜幅方向に多数並べたモデルを検討した.薄膜内の渦電流の経路は,微小円盤を適用したモデルにおいて,各微小円盤内で...
室賀 翔, 遠藤 恭, 三束 芳央, 島田 寛, 山口 正洋
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2010(79) 53-58   2010年8月
ロ エン, 室賀 翔, 山口 正洋, 茶谷 健一
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2009(86) 7-12   2009年9月
室賀 翔, 遠藤 恭, 鈴木 充, 稲垣 孝嘉, 三束 芳央, 山口 正洋
電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学   109(185) 7-12   2009年8月
チップ上の電源配線を想定し,SOI-CMOSプロセスにより線幅10μm程度のコプレーナ伝送線路とマイクロストリップ線路を形成し,膜厚が0.5μmのCoZrNb磁性薄膜を製膜し,電磁ノイズ抑制体として十分な損失が得られるかを検討した.その寸法は膜長が1.91mm,膜幅が0.86mmであり,我々の既報に比べて1/35まで小面積かつ1/8まで膜長を短縮した.磁性薄膜をコプレーナ伝送線路上においた場合は7GHzで37%,マイクロストリップ線路上に置いた場合は5.4GHzで17%と,既報と比較して大...
室賀 翔, 山口 正洋
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2008(191) 37-42   2008年12月
室賀 翔, 島田 寛, 山口 正洋
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2008(84) 67-72   2008年7月
丸田 佳織, 室賀 翔, 山口 正洋
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2007(42) 37-40   2007年7月
室賀 翔, 丸田 佳織, 島田 寛, 山口 正洋
電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学   107(107) 57-62   2007年6月
これまで薄膜集積型RFノイズ抑制体において,膜中の損失を最大とするようなシート抵抗の値が存在することを実験ならびに電磁界シミュレーションによって明らかにしてきた.本研究は,そのメカニズムを解析的に明らかにするため,膜損失の主要な一部を担う渦電流損失は膜面に垂直に鎖交する磁束によって生じると考え,円盤モデルを考案して解析した.比較のため有限要素法電磁界シミュレータによる解析も行った.その結果,周波数に対して渦電流損失,損失を最大とするシート抵抗の値が定性的に一致する傾向を明らかにできたので報...
室賀 翔, 丸田 佳織, 山口 正洋
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(1)    2007年3月
丸田 佳織, 室賀 翔, 島田 寛, 山口 正洋
電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学   106(322) 25-30   2006年10月
伝送線路の高周波ノイズ対策用として薄膜集積型RFノイズ抑制体が開発されている.その損失発生量に強く影響する薄膜のシート抵抗と,周波数および薄膜寸法との関係をFEM電磁界シミュレーションによって解析した.マイクロストリップ線路上に薄膜を配置し,そのシート抵抗を10^0〜10^6Ω/squareの範囲で変化させた.薄膜内の渦電流分布を求め,最適シート抵抗を決定するメカニズムを検討した.最適シート抵抗において薄膜の電気抵抗率と渦電流の一定のバランスにより渦電流損失は最大となり,線路の入力に対して...
丸田 佳織, 室賀 翔, 島田 寛, 山口 正洋
電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学   106(322) 25-30   2006年10月

講演・口頭発表等

 
Magnetic Circuit Evaluation of Conductive and Near-Field Noise Suppression using Co-Zr-Nb Film
Sho Muroga, Yasushi Endo
IEEE International Magnetic Conference 2017   2017年4月27日   
Shielding effectiveness of meltblown non-woven thin fabric type noise suppressor
Jiang Fu, Masahiro Yamaguchi, Sho Muroga, Tomoya Tanaka, Chie Okamura, Lumina Obi, Kazufumi Kato
電子情報通信学会環境電磁工学研究会   2016年9月   
伝送線路上に配置した磁性膜による電磁ノイズ抑制機構 [招待有り]
室賀翔
平成28年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会   2016年9月   
磁性膜を用いた磁束の帯域通過フィルタの磁気回路解析
室賀翔,高松将成,大場湧斗
平成28年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会   2016年9月   
磁性膜を配置した配線間クロストーク評価のための特性長解析
室賀翔,駒井眞人,高地俊貴
平成28年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会   2016年9月   
Shielding Effectiveness of Meltblown Non-Woven Fabric Type Non-Magnetic Noise Suppressor
Sho Muroga,Jiang Fu, Masahiro Yamaguchi, Tomoya Tanaka, Chie Okamura, Lumina Obi, Kazufumi Kato
EMC Joint Workshop 2016 Taipei, EMCJ/IEE-EMC/IEE-MAG   2016年6月   
磁性膜を用いた電磁ノイズ抑制体のノイズ抑制機構 [招待有り]
室賀翔
IEEE EMC Society Sendai Chapter Colloquium   2016年2月   
Analysis of intra-chip degital noise coupling path in fully LTE compliant RF receiver test chip
M.Yamaguchi, S.Tanaka, Y.Endo,S. Muroga,M. Nagata
2015 IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility (EMC)   2015年8月   
On-Chip and On-Board RF Noise Coupling and Impacts on LTE Wireless Communication Performance
M. Nagata, N. Miura, S. Muroga, S. Tanaka, M. Yamaguch
The 2015 IEEE International Symposium on Radio-Frequency Integration Technology (RFIT2015)   2015年8月   
On-chip integrated magnetic thin-film solution to countermeasure digital noise on RF IC
M.Yamaguchi, S.Tanaka, Y.Endo,S. Muroga,M. Nagata
2015 Asia-Pacific Symposium on Electromagnetic Compatibility (APEMC)   2015年6月   

社会貢献活動

 
【助言・指導, 運営参加・支援, その他】  2015年4月