駒井 章治

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/04 10:05
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
駒井 章治

プロフィール

2010年、奈良は遷都1300年でした。古都奈良をお楽しみのついでに、是非私ども研究室にも是非お立ち寄りください!!

研究分野

 

経歴

 
2008年6月
 - 
現在
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 准教授
 
2007年
 - 
2008年5月
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 助教
 
2005年9月
 - 
2007年
奈良先端科学技術大学院大学 助手
 
2003年4月
 - 
2005年8月
マックス・プランク医科学研究所 バイオメディカルオプティックス ポスドク
 
2000年4月
 - 
2003年3月
神戸大学 医学部第一生理学研究室 ポスドク
 

論文

 
Harada A, Shiosaka S, Ishikawa Y, Komai S
Neuroscience letters   436 273-277   2008年5月   [査読有り]
Suto F, Tsuboi M, Kamiya H, Mizuno H, Kiyama Y, Komai S, Shimizu M, Sanbo M, Yagi T, Hiromi Y, Chédotal A, Mitchell KJ, Manabe T, Fujisawa H
Neuron   53(4) 535-547   2007年2月   [査読有り]
Komai S, Licznerski P, Cetin A, Waters J, Denk W, Brecht M, Osten P
Nature neuroscience   9(9) 1125-1133   2006年9月   [査読有り]
Nakazawa T, Komai S, Watabe AM, Kiyama Y, Fukaya M, Arima-Yoshida F, Horai R, Sudo K, Ebine K, Delawary M, Goto J, Umemori H, Tezuka T, Iwakura Y, Watanabe M, Yamamoto T, Manabe T
The EMBO journal   25(12) 2867-2877   2006年6月   [査読有り]
Komai S, Denk W, Osten P, Brecht M, Margrie TW
Nature protocols   1 647-652   2006年   [査読有り]

Misc

 
駒井章治
神経化学   46(1) 3-9   2007年3月
渡辺恭良, 今村一之, 小林真之, 片岡洋祐, 尾上浩隆, 中舘和彦, 駒井章治, 吉久保真一, 服部慶明, 永井康雄, 澤田徹
日本鼻科学会会誌   38(1)    1999年4月
木村和正, 石川俊男, 吾郷晋浩, 駒井章治, 林基治
心身医学   34    1994年5月

書籍等出版物

 
神取 秀樹(名古屋工業大学教授)/加藤 英明(東京大学)/石谷隆一郎(同准教授)/濡木 理(同教授), 出村  誠(北海道大学教授)/菊川 峰志(同助教)/加茂 直樹(同名誉教授), 井原 邦夫(名古屋大学准教授)/神山  勉(同教授)/須藤 雄気(同准教授)/塚田 基(同助教)/森  郁恵(同教授)/山中 章弘(同教授), 下野 和実(東邦大学准教授)/寺北 明久(大阪市立大学教授)/古谷 祐詞(自然科学研究機構准教授), 八尾  寛(東北大学教授)/大倉 正道(埼玉大学准教授)/中井 淳一(同教授)/宮本 大祐(理化学研究所), 松木 則夫(東京大学教授)/高坂 洋史(同助教)/能瀬 聡直(同教授), 伊藤真理子(兵庫県立大学)/上萩ちひろ(同)/八田 公平(同教授), 田中 謙二(慶應義塾大学特任准教授)/中井 信裕(広島大学)/内匠 透(同教授), 松井  広(東北大学准教授)/駒井 章治(奈良先端科学技術大学准教授)/德田 崇(同准教授/太田 淳(同教授), ほか執筆者計45名
エヌ・ティー・エス   2013年4月   ISBN:4864690715

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 駒井 章治
光学的BMIによる感覚・運動情報の解読と応用
科学技術振興機構: さきがけ
研究期間: 2009年10月 - 2015年3月    代表者: 駒井 章治
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 駒井 章治
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 駒井 章治
本研究では特定少数の神経細胞に対し選択的に光感受性チャネル蛋白質をレンチウイルスベクターを利用し導入することにより、大脳皮質体性感覚野および聴覚野、視覚野における情報処理、特にイリュージョン(錯覚)を生理、行動学的に明らかにし、動物個体が特定の行動を示しているときの神経局所回路がどのような情報を処理しているのかについて検討する。現在までのところ、齧歯類、特にバイオリソースの豊富なマウスに対して視覚弁別課題を負荷し、刺激の有無が弁別できるように訓練を行えた。タッチパネルを利用し、強化子との随...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 駒井 章治
本研究では経験依存的神経可塑性が個体脳内においてどのように具現化され、成熟した神経回路網を構成しうるのかについて多角的に検討することを目的としている。このために、皮質錐体細胞において逆伝搬活動電位の責任分子と考えられている、樹状突起に存在する電位依存性ナトリウムチャネルの発現を抑制するためのレンチウイルスベクターを作成し、その抑制効果について確認した。2008年に完成させたウイルスベクターはラットの配列を元に作成してあったために、マウスでの効果を確認するべく、分散培養およびスライスを用いた...

委員歴

 
2010年2月
 - 
2012年10月
日本学術会議  若手アカデミー活動検討分科会
 
2010年2月
 - 
2014年12月
Global Young Academy  Member
 
2012年11月
 - 
2014年10月
日本学術会議  若手アカデミー委員会
 

社会貢献活動

 
サイエンスアゴラ推進委員会
【企画】  2015年5月
高齢者大学校講師
【講師】  2014年7月
大阪府立天王寺高校
【講師】  2013年10月
グローバル・ヤング・アカデミー メンバー
【運営参加・支援】  グローバル・ヤング・アカデミー  2010年2月 - 2014年12月31日
日本学術会議若手アカデミー委員会委員長
【運営参加・支援, その他】  日本学術会議  2011年11月4日 - 2014年10月31日