本郷 峻

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/09 17:35
 
アバター
研究者氏名
本郷 峻
 
ホンゴウ シュン
ハンドル
shunhongo
eメール
hongo.shun.8skyoto-u.ac.jp
URL
https://sites.google.com/view/shunhongo/home
所属
京都大学
部署
霊長類研究所
職名
教務補佐員
ORCID ID
0000-0001-8167-1348

プロフィール

中央アフリカ、ガボン共和国でマンドリルの社会と生態に関する研究を行っています。熱帯林性で遊動域が広いため直接観察が難しいマンドリルを相手に、カメラトラップなどの映像解析を用いて研究を進めています。

研究分野

 
 

論文

 
Shun Hongo, Yoshihiro Nakashima, Etienne François Akomo-Okoue, Fred Loïque Mindonga-Nguelet
International Journal of Primatology      2016年6月   [査読有り]
Etienne François Akomo-Okoue, Eiji Inoue, Christiane Atteke, Yoshihiro Nakashima, Shun Hongo, Miho Inoue-Murayama, Juichi Yamagiwa
Mammal Research      2015年7月   [査読有り]
Inoue E, Akomo-Okoue EF, Ando C, Iwata Y, Judai M, Fujita S, Hongo S, Nze-Nkogue C, Inoue-Murayama M, Yamagiwa J
American journal of physical anthropology   151(4) 583-588   2013年8月   [査読有り]
本郷峻
霊長類研究   28(2) 127-139   2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
田島 知之, 本郷 峻, 松川 あおい, 飯田 恵理子, 澤栗 秀太, 中林 雅, 松本 卓也, 田和 優子, 仲澤 伸子 (担当:共著)
東海大学出版部   2016年2月   ISBN:4486020723

Works

 
山極壽一、本郷 峻   教材   2015年10月 - 現在
Through the process of evolution, animals have developed their biological features and their cultures based on their surrounding environments. How we live our lives today is a direct result of features developed from our primate ancestors as they ...

Misc

 
第26回国際霊長類学会・第39回米国霊長類学会合同大会参加報告
本郷 峻
アフリカ研究   91 55-56   2017年5月   [査読有り][依頼有り]
田島 知之, 谷口 晴香, 山梨 裕美, 大谷 洋介, 小川 詩乃, 早川 卓志, 本郷 峻
霊長類研究   27(1) 57-62   2011年7月   [査読有り]

受賞

 
2015年7月
日本霊長類学会 第10回最優秀ポスター発表賞 カメラトラップを用いたマンドリルの繁殖季節性とオスの集団流入パターンの解明
受賞者: 本郷峻, 中島啓裕, Akomo-Okoue EF, Mindonga-Nguelet FL
 

担当経験のある科目