岩木直

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/28 18:20
 
アバター
研究者氏名
岩木直
eメール
s.iwakiaist.go.jp
URL
http://staff.aist.go.jp/s.iwaki/
所属
独立行政法人産業技術総合研究所
部署
自動車ヒューマンファクター研究センター
職名
副研究センター長
学位
博士(工学)(東京大学)
その他の所属
筑波大学大学院/人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻産業技術総合研究所人間情報研究部門産業技術総合研究所技術移転ベンチャー

研究分野

 

経歴

 
2015年
 - 
現在
産業技術総合研究所 自動車ヒューマンファクター研究センター 副研究センター長
 
2013年
 - 
現在
筑波大学大学院 人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻 連携大学院教授
 
2012年
 - 
2015年
産業技術総合研究所 ヒューマンライフテクノロジー研究部門 研究グループ長
 
2010年
 - 
現在
産総研技術移転ベンチャー企業 フリッカーヘルスマネジメント(株) 技術担当役員
 
2009年
 - 
2013年
大阪大学大学院 基礎工学研究科機能創成専攻連携分野 客員教授
 

受賞

 
2009年
日本生体磁気学会 金沢賞
 
2008年
日本生体磁気学会 優秀論文賞
 
2007年
IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering The best paper award
 
2001年
International Symposium on Electromagnetics in Biology and Medicine Young investigator's award
 
2000年
日本生体磁気学会 研究奨励賞
 

論文

 
Kaida K, Itaguchi Y, Iwaki S
PloS one   12(2) e0171907   2017年2月   [査読有り]
Kimura K, Kimura M, Iwaki S
Psychophysiology   53(10) 1552-1559   2016年10月   [査読有り]
Nishimura K, Aoki T, Inagawa M, Tobinaga Y, Iwaki S
Neuroscience letters   594 155-160   2015年5月   [査読有り]
Ueno D, Masumoto K, Sutani K, Iwaki S
Neuroreport   26(6) 303-308   2015年4月   [査読有り]
Kagawa T, Narita N, Iwaki S, Kawasaki S, Kamiya K, Minakuchi S
PloS one   9(10) e108685   2014年10月   [査読有り]
Takeda Y, Okuma T, Kimura M, Kurata T, Takenaka T, Iwaki S
International journal of psychophysiology : official journal of the International Organization of Psychophysiology   93(3) 363-370   2014年9月   [査読有り]
Takano K, Ora H, Sekihara K, Iwaki S, Kansaku K
Frontiers in neurology   5 74   2014年5月   [査読有り]
Shichiri M, Harada N, Ishida N, Komaba LK, Iwaki S, Hagihara Y, Niki E, Yoshida Y
Biological psychology   94(3) 527-533   2013年12月   [査読有り]
Ora H, Takano K, Kawase T, Iwaki S, Parkkonen L, Kansaku K
Journal of integrative neuroscience   12(3) 331-341   2013年9月   [査読有り]
Iwaki S, Bonmassar G, Belliveau JW
Journal of integrative neuroscience   12(3) 355-367   2013年9月   [査読有り]
Differential brain response to one- or two-hand handling action: an fMRI study
Tagai K., Shimakura H., Takata S., Nagai M., Watanabe K., Niki K., Iwaki S., Kumada T.
Neuroscience and Neuroeconomics   2 21-31   2013年   [査読有り]
脳活動の計測技術と疲労・ストレス評価への応用の可能性
岩木直
ストレス科学研究   28 4-7   2013年   [招待有り]
スマートフォンを用いた日常的利用が可能な疲労計測システムの研究
岩木直
パーソナル・ヘルスケア―ユビキタス・ウェアラブル医療実現に向けたエレクトロニクス研究最前線―   141-146   2013年   [査読有り][招待有り]
Iwaki S
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2013 6183-6186   2013年   [査読有り]
Hamada T, Iwaki S
Perceptual and motor skills   115(1) 1-6   2012年8月   [査読有り]
Sunao Iwaki, Takashi Hamada, Tsuneo Kawano
International Journal of Bioelectromagnetism   14(1) 74-79   2012年   [査読有り]
T. Mori, Y. Maekawa, Y. Akiyama, F. Mishima, K. Sutani, S. Iwaki, S. Nishijima,
Control & Intelligent Systems   40(3) 151-159   2012年   [査読有り]
Multimodal neuroimaging to visualize human visual processing
Sunao Iwaki
Biomedical Engineering and Cognitive Neuroscience for Healthcare   274-282   2012年   [査読有り]
Iwaki S, Bonmassar G, Belliveau JW
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2011 4917-4920   2011年   [査読有り]
連続的疲労負荷過程における血液中で発現する生理的疲労関連遺伝子の検討
原田 暢善, 岩木 直, 高橋 淳子, 岩橋 均
日本疲労学会誌   6(2) 28-35   2011年
Bonmassar G, Iwaki S, Goldmakher G, Angelone LM, Belliveau JW, Lev MH
International journal of bioelectromagnetism   12(1) 32-46   2010年1月   [査読有り]
Neural interactions between dorsal and ventral visual subsystems while perceiving 3-D structure from 2-D motion
Iwaki S., Belliveau J.W
Advances in Biomagnetism   286-289   2010年   [査読有り]
Kashiwagi M, Iwaki S, Narumi Y, Tamai H, Suzuki S
Neuroreport   20(15) 1319-1324   2009年10月   [査読有り]
Sunao Iwaki,Giorgio Bonmassar,John W. Belliveau
Proceedings of the 2009 IEEE International Symposium on Biomedical Imaging: From Nano to Macro, Boston, MA, USA, June 28 - July 1, 2009   205-208   2009年   [査読有り]
岩木 直
まぐね = Magnetics Japan   3(2) 82-86   2008年2月   [査読有り]
小谷 賢太郎, 島野 達矢, 柏木 充, 橋本 竜作, 岩木 直, 鈴木 周平, 若宮 英司, 堀井 健
計測自動制御学会論文集   43(3) 166-171   2007年3月   [査読有り]
Chung SC, Iwaki S, Tack GR, Yi JH, You JH, Kwon JH
Applied psychophysiology and biofeedback   31(4) 281-293   2006年12月   [査読有り]
Shams L, Iwaki S, Chawla A, Bhattacharya J
Neuroscience letters   378(2) 76-81   2005年4月   [査読有り]
A new dynamical approach to auditory evoked magnetic field by blind identification.
Kishida K, Ohi Y, Tonoike M, Iwaki S
Neurology & clinical neurophysiology : NCN   2004 27   2004年11月   [査読有り]
Rejection of stimulus-related MEG artifacts using independent component analysis.
Iwaki S, Yamamoto C, Tonoike M, Yamamoto T
Neurology & clinical neurophysiology : NCN   2004 17   2004年11月   [査読有り]
Hamada T, Iwaki S, Kawano T
Hearing research   195(1-2) 75-78   2004年9月   [査読有り]
Angelone LM, Potthast A, Segonne F, Iwaki S, Belliveau JW, Bonmassar G
Bioelectromagnetics   25(4) 285-295   2004年5月   [査読有り]
東 義隆, 川野 常夫, 浜田 隆史, 岩木 直, 北川 貴博, 森脇 俊道
日本機械学會論文集. C編   70(693) 1341-1347   2004年5月   [査読有り]
The purpose of this study is to examine the degradations of driving and talking performances due to interferences of semantic and spatial information processing during dual task performances between cell phone talk and driving. The color and geogr...
Bonmassar G, Iwaki S
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   5 3443-3446   2004年   [査読有り]
Magnetoencephalographic study of cortical activity evoked by electrogustatory stimuli.
Yamamoto C, Takehara S, Morikawa K, Nakagawa S, Yamaguchi M, Iwaki S, Tonoike M, Yamamoto T
Chemical senses   28(3) 245-251   2003年3月   [査読有り]
岩木 直
電気学会誌 = The journal of the Institute of Electrical Engineers of Japan   123(3) 156-159   2003年3月   [査読有り]
山本 千珠子, 武原 志帆, 森川 聖美, 中川 誠司, 山口 雅彦, 岩木 直, 外池 光雄, 山本 隆
日本味と匂学会誌   9(3) 583-586   2002年12月
岩木 直, 外池 光雄
日本味と匂学会誌   9(1) 67-76   2002年4月   [査読有り]
MEGあるいはEEGを脳機能イメージング手法として用いる場合、計測されたデータから対応する脳内の神経電流源(神経活動)分布を再構成する必要がある。ここでは、MEG・EEG計測データに適用可能な、少数個の電流双極子等による脳内活動の非常に単純化したモデリングに依存しない、脳内神経活動分布再構成手法の紹介と、それらの高次脳機能関連実測MEGデータへの適用結果について述べる。
Dynamic cortical activation in mental image processing revealed by biomagnetic measurement.
Iwaki S, Ueno S, Imada T, Tonoike M
Neuroreport   10 1793-1797   1999年6月   [査読有り]
中川 誠司, 上野 照剛, 山並 慶司, 岩木 直, 上野 賢一, 今田 俊明
日本応用磁気学会誌   22(4) 781-784   1998年4月   [査読有り]
To investigate the characteristics of short-term memory in the human brain, magnetoencephalograms (MEGs)evoked by a delayed paired comparison task were recorded. A visual stimulus, a circle with a different color in each quadrant, was presented. I...
岩木 直, 上野 照剛, 今田 俊明
日本応用磁気学会誌   22(4) 777-780   1998年4月   [査読有り]
A mental rotation process requires rotation and matching of a pair of mental images. We measured MEG signals during mental rotation processes and estimated their source distributions, using the MUSIC (Multiple Signal Classification) algorithm. Aft...
岩木 直, 上野 昭剛
日本応用磁気学会誌   22(4) 773-776   1998年4月   [査読有り]
The weighted minimum-norm estimation (wMNE) is a popular method for obtaining the current distribution in the human brain from magnetic field measurement (magnetoencephalography: MEG) if detailed information about the generator profile is not avai...
中川 誠司, 岩木 直, 伊良皆 啓治, 上野 照剛
日本応用磁気学会誌   21(4) 725-728   1997年4月   [査読有り]
In recent years, techniques have been developed for estimating internal electrical sources in the human brain from measurements of magnetic fields (MEG). In this study, we investigate how to estimate spatially distributed sources, since this infor...
岩木 直, 上野 照剛
日本応用磁気学会誌   21(4) 729-732   1997年4月   [査読有り]
In recent years, magnetoencephalography (MEG) techniques have been developed for estimating internal electrical sources in the human brain from surface measurements of magnetic fields. In this study, we focused on speeding up distributed source es...
岩木 直, 上野 照剛
日本応用磁気学会誌   21(4) 721-724   1997年4月   [査読有り]
In neuromagnetism research, it is important to accurately estimate internal electrical sources in the human brain from the spatial and temporal distributions of magnetoencephalogram (MEG) measurements on the surface of the head. In this study, we ...
岩木 直, 上野 照剛
日本AEM学会誌   4(4) 37-42   1996年12月   [査読有り]
Iwaki Tonoike Yamaguchi, S. Iwaki, M. Tonoike, M. Yamaguchi, T. Hamada
   [査読有り]
Introduction The orientation of attention within the specific sensory modality is known to evoke enhanced activity in the modality-specific and/or stimulusfeature -specific region in the human brain by using hemodynamic functional brain imaging m...
Iwaki Hirata Tonoike, S. Iwaki, N. Hirata, M. Tonoike, I. Kaetsu
   [査読有り]
Introduction Many electrophysiological studies of infrequent target detection have been performed using `oddball' paradigm in which subjects were required to detect and respond to infrequent target events embedded in a series of repetitive (frequ...

Misc

 
原田暢善, 亀尾聡美, 岡本秀郎, 岩木直
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   89th(臨増) 262-262   2016年5月
運輸業務における偏光サングラスの疲労低減効果のフリッカー値による検討
原田 暢善, 亀尾 聡美, 岡本 秀郎, 岩木 直
日本衛生学雑誌   71(Suppl.) S196-S196   2016年5月
武田裕司, 大隈隆史, 木村元洋, 蔵田武志, 竹中毅, 岩木直
基礎心理学研究   34(2) 297   2016年3月
佐藤 稔久, 武田 裕司, 岩木 直, 赤松 幹之
自動車技術会論文集   47(2) 503-508   2016年3月
岩木直
日本生体磁気学会誌   29(1) 102‐103   2016年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 岩木 直
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 岩木 直
本研究では,脳内の様々な領域の協調的活動によって実現されている高次かつ主観的な視覚体験の神経機序を解明するためのツールとして,脳活動の時空間ダイナミクスと領域間相互作用データから高次視覚体験の神経情報を復号化(デコード)する技術の確立を目標としている.とくに,3次元物体知覚の神経基盤である,高次視覚野の活動をMEGとfMRIを用いて高精度に可視化し,それをもとに各領域間の連関を解析して,この領域間連関から3次元物体知覚のデコーディングを試みる.今年度は,昨年度までに開発したMEGとfMRI...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 岩木 直
本研究では,人-機械インターフェイスの操作から得られる現実感(「操作感」)の知覚が,自己運動とそれによる環境変化の知覚情報(感覚フィードバック)の脳内処理の中でどのように表現されているのか解明する,具体的には,fMRI および MEG スキャナ内でのコンピュータインターフェイス操作行動にともなう視覚フィードバックをパラメトリックに制御した条件下で行動指標の計測とともに非侵襲脳機能計測を行い,主観的な操作感の変化が運動-感覚連関にどのように反映されるのか,高精度な脳活動ダイナミクス解析技術と...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 中井 敏晴
本研究開発では認知症に到る過程や脳障害の回復過程で生じる脳機能ネットワークの応答性の変化を非侵襲的かつ高精度で可視化する脳機能イメージング法である「テンソルfMRI」の基盤技術を開発し、その有用性を検証する。21年度に概念設計した内容を計算モジュール化し、平成22年度にデータ収集した評価用データベース(認知脳機能データと従来型の拡散テンソルによる神経トラクトのデータ)の解析を行ない、網羅的に計算しその総和を3次のテンソルで表記する方法の妥当性を検討した。その結果、従来のような脳内の2点間を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 柏木 充
問診と微細神経学的徴候による不器用さの簡易判定法を作成し、9歳以上13歳未満で検討した結果、発達性協調運動障害(Developmental Coordination Disorder : DCD) 診断の指標として有用であることを報告した。また、視覚運動課題の脳機能画像研究DCDと健常の12人に施行し、健常に比べてDCD は課題成績が低く、かつ左の後頭頂葉と中心後回の脳活動が低いことを報告した。また、左の下頭頂小葉の脳活動と不器用さの関連性を報告した。