工藤 栄

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/13 10:13
 
アバター
研究者氏名
工藤 栄
 
クドウ サカエ
ハンドル
skudoh
eメール
skudohnipr.ac.jp
所属
情報・システム研究機構
部署
国立極地研究所 研究教育系生物圏研究グループ
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)
その他の所属
総合研究大学院大学

プロフィール

研究課題と活動状況: (1)極域の水圏(海洋・湖沼)とその周辺(湖岸などの極域の陸地)で生活する光合成生物(藻類・地衣類・蘚類など)を対象とし、極域環境と対象生物の生理的応答との関係から極域環境での生命活動の調和現象を探る。主に植物のエネルギー獲得手段である光合成反応と環境との関係から、極域で繁茂している植物の適応現象の解明を目指している。(2)日本南極地域観測隊に積極的に参加し、南極湖沼とその周辺において、時間連続的な環境変動の観測(モニタリング研究観測)及び採取試料を用いた現場測定をプロジェクト研究として実施している。(3)観測船おとび国際共同研究の下で、北極定着氷、南極季節海氷域でのアイスアルジー及び植物プランクトンの基礎生産活動とその光合成特性に関する研究を実施してきた。(4)藻類の光エネルギー利用の研究を通じ、過酷な極域環境をはじめ多様な環境のもとで、それぞれ効率よく炭素同化を行っている藻類種を自然界から見つけだし、藻類を介した人類の太陽光エネルギー利用への可能性を探る。極域観測歴: (1)南極域:第40次越冬隊・第43次夏隊・第44次夏隊・第45次越冬隊・第48次夏隊・第49次夏隊・第51次越冬隊(越冬隊長)・第55次夏隊・第56次外国共同としてスペイン隊へ参加、また、東京大学白鳳丸南極海航海研究(1994/95)及び(2001/02)に参加 (2)北極域:SARESプロジェクト(日本-カナダ)にてオホーツクおよびレゾリュートでの国際共同研究(1992)、スピッツベルゲン島ニーオルスン基地(1991-95)での調査活動実施、ノルウェー極地研ランス号にてバレンツ海調査(1996)、カナダにおいて国際共同研究(International Northwater Polynya Project)に参加(1997-98)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
国立極地研究所 研究教育系 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1991年
東京大学 理学系研究科 植物学
 
 
 - 
1985年
筑波大学 第二学群 生物学類
 

委員歴

 
2012年9月
 - 
現在
秋田県教育委員会  学術顧問
 

論文

 
Abundant deposits of nutrients inside lakebeds of Antarctic oligotrophic lakes
Tanabe Y, Yasui S, Osono T, Uchida M, Kudoh S, Yamamuro M
Polar Biology   DOI 10.1007/s00300-016-1983-1   2016年   [査読有り]
Ethanol productivity of cryophilic basidiomycetous yeast Mrakia spp. correlates with ethanol tolerance
Tsuji M, Kudoh S, Hoshino T
Mycoscience   57 42-50   2016年   [査読有り]
Diversity and community assembly of moss-associated fungi in ice-free coastal outcrops of continental Antarctica
Hirose D, Hobara S, Matsuoka S, Kato K, Tanabe Y, Uchida M, Kudoh S, Osono T
Fungal Ecology   24 94-101   2016年   [査読有り]
Factors affecting water availability for high Arctic lichens
Inoue T, Kudoh S, Uchida M, Tanabe Y, Inoue M, Kanda H
Polar Biology   DOI 10.1007/s00300-016-2010-2-DOI 10.1007/s00300-016-2010-2   2016年   [査読有り]
Exposure of bovine dermal tissue to ultraviolet light under the Antarctic ozone hole
Takahashi T, Ogura T, Tanaka K, Hattori S, Kudoh S, Imura S
Polar Science   10 511-518   2016年   [査読有り]
Report on field research of the Spanish Antarctic Campaign 2014/15: a cooperative international research project with the 56th Japanese Antarctic Research Expedition.
工藤 栄・田邊優貴子
南極資料   59(2) 240-261   2015年   [査読有り]
Comparative analysis of milk fat decomposition activity by Mrakia spp. isolated from Skarvsnes ice-free area, East Antarctica
Masaharu Tsuji, Yuji Yokota, Sakae Kudoh, Tamotsu Hoshino
Cryobiology   70 293-296   2015年   [査読有り]
Meteorological features observed in Yukidori Zawa, Langhovde and Kizahashi Hama, Skarvsnes, with comparison of those observed at Syowa Station
工藤 栄・田邊優貴子・内田雅己・大園享司・伊村 智
南極資料   59(2) 163-178   2015年   [査読有り]
Draft Genome Sequence of Cryophilic basidiomycetous yeast Mrakia blollopis SK-4 isolated from an algal mat of Naga-ike Lake in Skarvsnes ice-free area, East Antarctica
Tsuji M, Kudoh S, Hoshino T
Genome announcement   3 e01454-14   2015年   [査読有り]
Effects of nitrogen concentration and culturing temperature on lipase secretion and morphology of the Antarctic Basidiomycetous yeast Mrakia blollopis
Tsuji M, Yokota Y, Kudoh S, Hoshino T
International journal of Research in Engineering and Science   2(5) 49-54   2014年5月   [査読有り]

Misc

 
Limnological parameters in Sôya Coast lakes between the 55th and 56th Japanese Antarctic Research Expeditions in 2014–2015 —Long-term monitoring study—
Kudoh S, Takahashi T K, Ishihara T, Tsujimoto M, Nakai R, Suzuki C A, Tanabe Y, Uchida M, Imura S
JARE DATA REPORTS   344    2016年
Limnological parameters in Sôya Coast lakes between the 53rd and 55th Japanese Antarctic Research Expeditions in 2012–2014 —Long-term monitoring study—
Kudoh S & Tanabe Y
JARE DATA REPORTS   343    2016年
Meteorological data from ice-free areas in Yukidori Zawa, Langhovde, Kizahashi Hama, Skarvsnes and Skallen in Sôya Coast, East Antarctica during 2014–2015
Sakae KUDOH, Kunio T. TAKAHASHI, Tomoko ISHIHARA, Megumu TSUJIMOTO, Ryosuke NAKAI, Atsushi C. SUZUKI, Yukiko TANABE, Masaki UCHIDA and Satoshi IMURA
JARE DATA REPORTS   339    2015年7月
Limnological parameters in Skarvsnes lakes between the 51st and 52nd Japanese Antarctic Research Expeditions in 2010–2011 —Long-term monitoring study—
Kudoh Sakae and Tanabe Yukiko
JARE DATA REPORTS   335    2015年6月
Meteorological data from ice-free areas in Yukidori Zawa, Langhovde and Kizahashi Hama, Skarvsnes in Sôya Coast, East Antarctica during 2009–2014
工藤 栄・田邊優貴子・内田雅己・伊村 智
JARE DATA REPORTS   334    2015年4月

書籍等出版物

 
南極湖沼、何を探ったら(もっと)面白いのか?
工藤 栄
南極OB会メールマガジン   2016年   
南極越冬隊の生活を支える~極地で作る生活のための水~南極昭和基地越冬隊の水事情.
工藤 栄
AQUA BOOK Season3   2016年   
7-20 南極湖沼生態系
工藤 栄 (担当:分担執筆, 範囲:低温環境の科学事典)
朝倉   2016年   
コラム 想定外はあたりまえなのだが…, 南極観測隊のしごと(極地研南極観測センター編)
工藤 栄 (担当:分担執筆, 範囲:コラム)
極地研ライブラリー, 成山堂   2014年   
もし私がお坊さんだったら#2―南極から地球を見る―
工藤 栄 (担当:分担執筆, 範囲:p.6)
Kuu: vol.02, 6.(曹洞宗総合研究センター情報誌)   2013年   

講演・口頭発表等

 
私の未知への挑戦南極の湖を探る [招待有り]
工藤 栄
にかほ市金浦小学校   2017年1月28日   
南極湖沼から宇宙生態系を考えてみる
工藤 栄
ABC(アストロバイオロジー)ミニワークショップ「極限環境の光合成」   2016年2月   
南極が教えてくれる地球の自然(環境と生命の進化適応) [招待有り]
工藤 栄
2015年7月17日   
宗谷海岸の歩きかた
工藤 栄
サイエンスカフェ   2015年3月   
まだ教科書に載っていない南極の真実その2
工藤 栄
秋田県教育委員会   2014年11月   

Works

 
日本南極地域観測(第56次隊・外国共同)
工藤 栄   その他   2015年1月
日本南極地域観測(第55次隊)
工藤 栄   その他   2013年11月 - 2014年3月
日本南極地域観測(第51次隊)越冬隊長
工藤 栄   その他   2009年11月 - 2011年3月
日本南極地域観測(第49次隊)
工藤 栄   その他   2008年
日本南極地域観測(第48次隊)
工藤 栄   その他   2007年

競争的資金等の研究課題

 
極域微細藻類の生理生態学
南極湖沼のコケ群落の生態
南極湖沼生態学研究
日本学術振興会特別研究員(DC)「プランクトン藻類と菌類にみられる寄主寄生者関係の生理生態学的研究」、平成2年文部省科学研究費補助金 
奨励研究「極域藻類の増殖葎速機構に関する生理生態学的研究」、平成5年度日本科学協会笹川科学研究助成金(5-108)、「極域藻類の環境葎速機構」、平成5年~6年文部省科学研究費補助金 

特許

 
特開2010-241697 : 南極産子嚢菌類の産生する不凍タンパク質
津田 栄、星野 保、肖 楠、工藤 栄
南極産子嚢菌類の産生する不凍タンパク質(特願2009-089269)
特開2013-27374 : 乳脂肪分解能を有する南極産担子菌酵母及びその利用方法
星野 保、横田 祐司、辻 雅晴、湯本 勳、工藤 栄
乳脂肪分解能を有する南極産担子菌酵母及びその利用方法 (特願2011-167225)
特願2013-064750 : 南極産酵母による低温下でのエタノール製造方法
南極産酵母による低温下でのエタノール製造方法 (特願2013-064750)

社会貢献活動

 
南極の湖沼生態系の研究活動
【講師】  東北大医学  第6回学際領域ゼミ  2016年9月23日
社会活動・貢献など
【その他】
小・中学校および博物館等で児童・生徒・一般を対象とし、南極での研究活動、南極の自然をテーマとした講演を2000年以降年1~3回程度実施
社会活動・貢献など
【その他】
第51次日本南極地域観測隊越冬時には南極昭和基地から新聞コラム、子供向け雑誌への寄稿、インターネット上のブログでの情報発信、TV会議システムを通じた小中高校や南極をテーマにしたイベントへ「南極授業」を行った
社会活動・貢献など
【その他】
2011年以降、年10回ほどの講演活動を実施中
他大学等での教育活動
【その他】
山形大学SCITAセンターにて講演(2009年5月) 信州大学理学部物質循環学講座にてセミナー講演実施(2006年5月)

その他

 
1990年代には主に北半球において海洋(海氷)の藻類の光合成に関し研究を進め、2000年以降は南極域の湖沼生態学的研究に重点をおきながら研究を進めてきた。2000年以降南極での観測活動に参加し、現場データおよび採取試料を用いた測定などを繰り返し実施してきており、現在もその最中である。研究成果として、海洋における藻類の光合成の特性に関してはいくつかの論文及び共著者との共同研究論文として報告してきたほか、後者の南極湖沼生態系に関する研究論文を、共同研究者とともに作成、今後も観測を繰り返してデータの蓄積と解析を進めながら発表していく予定である。現在も南極湖沼とその周辺に通年で時間連続的データ取得のできる湖沼環境を設置して観測を継続させている。現在対象としている湖沼群には東南極の露岩地域においてもっとも豊かな植物の生育場となっている実態があり、これらの成立のしくみ、今後の環境変動に関する適応性を検討していく所存である。