曽根原登

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/11 15:27
 
アバター
研究者氏名
曽根原登
URL
http://research.nii.ac.jp/sonehara-lab/
所属
国立情報学研究所
部署
情報社会相関研究系
職名
教授
学位
工学博士

プロフィール

1978年日本電信電話公社入社。国際電気通信基礎技術研究所、ATR視聴覚機構研究所、NTTヒューマンインタフェース研究所、NTTサイバーソリューション研究所を経て2002~2004年東京工業大学大学院理工学研究科 連携講座教授、2004年より国立情報学研究所情報社会相関研究系 教授

経歴

 
2004年
   
 
国立情報学研究所 情報社会相関研究系 教授
 
2003年
   
 
NTTサイバーソリューション研究所 コンテンツ流通プロジェクト 主席研究員
 
2002年
 - 
2004年
Content Reference Forum, Inc. Board
 
2002年
 - 
2004年
東京工業大学 大学院 理工学研究科 連携講座 教授
 
2000年
   
 
NTTサイバーソリューション研究所 コンテンツ流通プロジェクト 部長 副理事
 

論文

 
A proposed method for personal attributes disclosure valuation: A study on personal attributes disclosure in Thailand
Ake Osothongs, Vorapong Suppakitpaisarn, Noboru Sonehara
2015 7th International Conference on Information Technology and Electrical Engineering (ICITEE)   408-413   2015年10月   [査読有り]
Relationship between Willingness to Share Photos and Preferred Level of Photo Blurring for Privacy Protection
Yasuhiro Tanaka, Akihisa Kodate, Yu Ichifuji, Noboru Sonehara
Proceedings of the ASE BigData & SocialInformatics 2015   33-33   2015年10月   [査読有り]
Sound collection and visualization system enabled participatory and opportunistic sensing approaches
Sunao Hara, Masanobu Abe, Noboru Sonehara
The 2nd International Workshop on Crowd Assisted Sensing Pervasive Systems and Communications, ,(CASPer'15)   394-399   2015年3月   [査読有り]
Efficient authentication, traitor detection and privacy-preserving for the most common queries in two-tiered wireless sensor networks
T. Bui, T. Nguyen, N. Sonehara, and I. Echizen
Proc. of the 29th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2015)   8-8   2015年3月   [査読有り]
Anonymizing Personal Text Messages Posted in Online Social Networks and Detecting Disclosures of Personal Information
H-Q. Nguyen-Son, A-T. Hoang, M-T. Tran, H. Yoshiura, N. Sonehara, and I. Echizen
IEICE Trans. on Information & Systems   E97-D(1, 1 2) 77-78   2015年2月   [査読有り]
Evaluating the importance of personal information attributes using graph mining technique
Ake Osothongs, Vorapong Suppakitpaisan, Noboru Sonehara
Proceedings of the 9th International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (IMCOM '15)   Bali, Indonesia 104-104   2015年1月   [査読有り]
Thach V. Bui,Thuc Dinh Nguyen,Noboru Sonehara,Isao Echizen
Algorithms and Architectures for Parallel Processing - 15th International Conference, ICA3PP 2015, Zhangjiajie, China, November 18-20, 2015, Proceedings, Part II   163-182   2015年   [査読有り]
Rie Yamamoto,Takashi Yoshino,Noboru Sonehara
Human-Computer Interaction: Interaction Technologies - 17th International Conference, HCI International 2015, Los Angeles, CA, USA, August 2-7, 2015, Proceedings, Part II   649-659   2015年   [査読有り]
Yuko Tanaka,Yasuaki Sakamoto,Noboru Sonehara
Proceedings of the 37th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2015, Pasadena, California, USA, July 22-25, 2015      2015年   [査読有り]
Hoang-Quoc Nguyen-Son,Minh-Triet Tran,Hiroshi Yoshiura,Noboru Sonehara,Isao Echizen
Business Information Systems Workshops - BIS 2015 International Workshops, Poznań, Poland, June 24-26, 2015, Revised Papers   199-210   2015年   [査読有り]
Ake Osothongs,Vorapong Suppakitpaisan,Noboru Sonehara
2015 IEEE International Conference on Multimedia Big Data, BigMM 2015, Beijing, China, April 20-22, 2015   282-283   2015年   [査読有り]
Yu Ichifuji,Noriaki Koide,Noboru Sonehara
10th International Conference on Availability, Reliability and Security, ARES 2015, Toulouse, France, August 24-27, 2015   281-286   2015年   [査読有り]
Robust Fingerprinting Codes for Database
T. Bui, B. Nguyen, T. Nguyen, N. Sonehara, and I. Echizen
International Journal of Big Data Intelligence   2 17-17   2015年   [査読有り]
ソーシャル・ビッグデータ駆動の観光政策決定支援システム
一藤裕, 岡本基, 山下智志, 曽根原登
月刊統計2015-9   20-25   2015年   [査読有り]
Research on Text Data Mining of Hospital Patient Records Within Electronic Medical Records
Muneo Kushima, Kenji Araki, Muneou Suzuki, Tomoyoshi Yamazaki, Noboru Sonehara
Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS2014)   IEEE(Kitakyushu, Japan) 1500-1505   2014年12月   [査読有り]
k-匿名化可能な属性値の限界区分数予測と個人データ交換のためのk-匿名化処理の提案
小栗 秀暢, 曽根原 登, 松井 くにお, Mohammad Rasool Sarrafi Aghdam
情報処理学会論文誌,「社会に浸透していくコンピュータセキュリティ技術」特集条件付採録(3/30まで)      2014年11月   [査読有り]
DLC Portfolio Optimization under Weather Risk Main
H. Kitajima, N. Sonehara
The 6th International Conference on Integration of Renewable and Distributed Energy Resources (IRED2014)   京都 17-20   2014年11月   [査読有り]
Tag Detection for Preventing Unauthorized Face Image Processing,
A. Jimenez, A. Dabrowski, J. Martinez, N. Sonehara and I. Echizen
Proc. of the 13th International Workshop on Digital-Forensics and Watermarking (IWDW 2014)   LNCS(Springer) 15-15   2014年10月   [査読有り]
Definition of Private Information for Image Sharing in Social Networking Services
E. Chaussy, S. Machida, N. Sonehara and I. Echizen
Proc. of the 13th International Workshop on Digital-Forensics and Watermarking (IWDW 2014)   LNCS(Springer) 15-15   2014年10月   [査読有り]
Visualization of Recovery Situation in Disaster Area By Using Web Reservation Data
Y.Ichifuji, N.Sonehara
The 4th International Workshop on Resilience and IT-Risk in Social Infrastructures (RISI)   Proc. of the 9th International Conference on Availability(Reliability and Security (ARES)) 440-446   2014年9月   [査読有り]
A k-anonymity Method based on the Statistics of Search Engine Queries for the impact Statement of the Disaster
Hidenobu Oguri, Noboru Sonehara
T The 4th International Workshop on Resilience and IT-Risk in Social Infrastructures (RISI)   Proc. of the 9th International Conference on Availability(Reliability and Security (ARES)) 447-454   2014年9月   [査読有り]
気象リスクを考慮したDLCポートフォリオ最適化
北島 弘伸, 曽根原 登, 東倉 洋一
電気学会論文誌C   134(8) 1089-1095   2014年8月   [査読有り]
宿泊施設のWeb予約データの統合方法
一藤裕, 曽根原登
電子情報通信学会技術研究報告(EMM研究会)   114(271) 271-274   2014年7月   [査読有り]
Modeling the Cost Structure of Identity Proofing
Masaki Shimaoka, Noboru Sonehara
Proceedings of Computer Software and Applications Conference Workshops (COMPSACW)   2014 IEEE 38th International 180-185   2014年7月   [査読有り]
Reassignment of Jurisdiction for Disaster Refuge Considering Accessibility, Capacity and Compromise
Noriaki Koide, Koji Okuhara, Yu Ichifuji and Noboru Sonehara
Capacity and Compromise, ICIC Express Letters Part B   6(5) 1411-1416   2014年6月   [査読有り]
A proposal of personal information trading platform (PIT): A fair trading between personal information and incentives
A Osothongs, N Sonehara
Digital Information and Communication Technology and it's Applications (DICTAP)   (2014 Fourth International Conference on) 269-274   2014年5月   [査読有り]
Security and privacy in business networking
Sven Wohlgemuth, Stefan Sackmann, Noboru Sonehara, A Min Tjoa
Electronic Markets   24(2) 81-88   2014年5月   [査読有り]
Fairness-Based Resource Allocation with Minimum Rate Guarantee in a Multiuser OFDMA System
Nararat Ruangchaijatupon, Yu Sheng Ji, Chalermpol Charnsripinyo, Noboru Sonehara
Advanced Materials Research   (931) 947-951   2014年5月   [査読有り]
宿泊施設のWeb予約データを利用した宿泊プランのプライシングに関する一考察(観光)
一藤 裕 , 曽根原 登
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 2014   74-75   2014年3月   [査読有り]
Webデータを用いた京都市内のホテルの稼働率の推定(観光)
津田 博史 , 多田 舞 , 山本 俊樹 , 一藤 裕 , 曽根原 登 , 椿 広計
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 2014   70-71   2014年3月   [査読有り]
クラウドソーシングによる環境音収集のためのスマートデバイス用アプリケーションの開発
原直,笠井昭範,阿部匡伸,曽根原登
電子情報通信学会技術研究報告   Vol. 113(No. 479) 29-34   2014年3月   [査読有り]
実サービスのデータを用いたk-匿名状態の推移調査と,合理的な匿名状態評価指標の検討
小栗秀暢,曽根原登
情報処理学会研究報告. マルチメディア通信と分散処理研究会報告   2014-DPS-158(4) 1-8   2014年2月   [査読有り]
Sven Wohlgemuth,Stefan Sackmann,Noboru Sonehara,A Min Tjoa
Electronic Markets   24(2) 81-88   2014年   [査読有り]
Robust Fingerprinting Codes for Database
Thach V. Bui, Binh Q. Nguyen, Thuc D. Nguyen, Noboru Sonehara, Isao Echizen,
Algorithms and Architectures for Parallel Processing, Lecture Notes in Computer Science   8286 167-176   2013年12月   [査読有り]
Effective Fingerprinting Codes for Database
Thach V. Bui, Binh Q. Nguyen, Thuc D. Nguyen, Noboru Sonehara and Isao Echizen,
Signal-Image Technology & Internet-Based Systems (SITIS), 2013 International Conference on   655-659   2013年12月   [査読有り]
Anonymizing Temporal Phrases in Natural Language Text to be Posted on Social Networking Services
H-Q. Nguyen-Son, A-T. Hoang, M-T. Tran, H. Yoshiura, N. Sonehara
Proc. of the 12th International Workshop on Digital-Forensics and Watermarking (IWDW 2013)      2013年10月   [査読有り]
Knowledge Discovery Based on Fuzzy, Entropy and Dominance Relation,
Okuhara, K., Wu, C.H., Tsuda, H., Tsubaki, H. and Sonehara, N.
International Journal of Innovative Computing, Information and Control   Vol.9(No.9) 3573-3584   2013年9月   [査読有り]
A K-Anonymity Method Based on SEM (Search Engine Marketing) Price of Personal Information
Hidenobu Oguri, Noboru Sonehara
Social Computing (SocialCom), 2013 International Conference on   1011-1015   2013年9月   [査読有り]
Characterization of personal behavior trajectory with enhanced spherical self-organizing map
Noriaki Koide, Koji Okuhara, Noboru Sonehara,
Computer Science and Engineering Conference (ICSEC), 2013 International,   153-156   2013年9月   [査読有り]
Estimating the Value of Personal Information with SNS Utility
Memiko Otsuki, Noboru Sonehara
Availability, Reliability and Security (ARES), 2013 Eighth International Conference on   512-516   2013年9月   [査読有り]
Using Twitter's Mentions for Efficient Emergency Message Propagation
Kelly Y Itakura, Noboru Sonehara
Availability, Reliability and Security (ARES), 2013 Eighth International Conference on   530-537   2013年9月   [査読有り]
Design of interaction in environmental load chain as connected directed network
Koji Okuhara, Noriaki Koide, Haruhiro Fujita, Hiroe Tsubaki, Noboru Sonehara
37-42   2013年6月   [査読有り]
Environmental credit social system for good practices
Haruhiro Fujita, Noriaki Koide, Noboru Sonehara, Koji Okuhara, Hiroe Tsubaki, Joko Prayitno
Technology, Informatics, Management, Engineering, and Environment (TIME-E), 2013 International Conference on,   1-4   2013年6月   [査読有り]
プライバシーポリシーを用いた Web/SNS サイトの信頼性推定方法
一藤裕, 曽根原登
電子情報通信学会論文誌   J96-D(6) 379-375   2013年6月   [査読有り]
多様なポリシーを反映可能な認証フェデレーション機構の実現
西村健,中村素典,山地一禎,佐藤周行,大谷誠,岡部寿男,曽根原登
電子情報通信学会論文誌D   J96-D(6) 1400-1412   2013年6月   [査読有り]
A Recommendation System for Anonymous Fingerprinting of Text Posted on Social Networks (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント)
Hoang-Quoc NGUYEN-SON, Hiroshi YOSHIURA, Noboru SONEHARA
電子情報通信学会技術研究報告   113(66) 31-36   2013年5月   [査読有り]
Incremental Single-source Multi-target A* Algorithm for LBS Based on Road Network Distance
Htoo Htoo, Yutaka Ohsawa, Noboru Sonehara, Masao Sakauchi
1043-1052   2013年5月   [査読有り]
Coupons as Monetary Incentives in Participatory Sensing
I. Krontiris, A. Albers, N. Sonehara, and I. Echizen
Proc. of The 12th IFIP Conference on e-Business, e-Services, e-Society (I3E 2013)   226-237   2013年4月   [査読有り]
Fault- and Disaster-Resistant Medical Cloud System for Various Medical Applications
Yasushi Hirano, Nobuya Negishi, Yoshiyuki Ipposhi, Junichi Yamaguchi, Noboru Sonehara, Shu Kuramoto and Tsutomu Sawad
460-464   2013年4月   [査読有り]
EFFICIENT LOCAL RECODING ANONYMIZATION FOR DATASETS WITHOUT ATTRIBUTE HIERARCHICAL STRUCTURE
SARRAFI AGHDAM, Mohammad Rasool,Sonehara Noboru
Proc. Of The International Conference on Cyber Security, Cyber Peacefare, and Digital Forensics (CyberSec 2013)   130-140   2013年3月   [査読有り]
人間中心のサイバーフィジカル融合社会のためのID データコモンズ提案
曽根原登
情報・システムソサイエティ誌   17(4) 21-22   2013年2月   [招待有り]
Jurisdictional Area Minimizing Welfare Loss Based on Accessibility in Transportation Network
Koji Okuhara, Noriaki Koide, Yu Ichifuji, Noboru Sonehara
システム制御情報学会論文誌   26(2) 68-73   2013年2月   [査読有り]
ON ENHANCING DATA UTILITY IN K-ANONYMIZATION FOR DATA WITHOUT HIERARCHICAL TAXONOMIES
Mohammad Rasool Sarrafi Aghdam, Noboru Sonehara
International Journal of Cyber-Security and Digital Forensics (IJCSDF) , The Society of Digital Information and Wireless Communication   2(2) 12-22   2013年1月   [査読有り]
Shortest path finder with light materialized path view for location based services
Aye Thida Hlaing, Htoo Htoo, Yutaka Ohsawa, Noboru Sonehara, Masao Sakauchi
Web-Age Information Management, Springer Berlin Heidelberg   229-234   2013年1月   [査読有り]
Automatic anonymous fingerprinting of text posted on social networking services
Hoang-Quoc Nguyen-Son, Minh-Triet Tran, Dung Tran Tien, Hiroshi Yoshiura, Noboru Sonehara, Isao Echizen
Digital Forensics and Watermaking , Springer Berlin Heidelberg   410-424   2013年1月   [査読有り]
Analysis of Location and Reservation Trend from Cyber Physical Space,
Koide, N., Okuhara, K., Ichifuji, Y. and Sonehara, N.
ICIC Express Letters,   Vol.8(No.3,) 785-791   2013年   [査読有り]
Privacy-compliant Disclosure of Personal Data to Third Parties
Sven Wohlgemuth, Isao Echizen, G?nter M?ller, Noboru Sonehara
55    2013年   [査読有り]
An Efficient k-Anonymization Algorithm with Low Information Loss
Md. Nurul Huda, Shigeki Yamada, Noboru Sonehara
Recent Progress in Data Engineering and Internet Technology,Lecture Notes in Electrical Engineering   (156) 249-254   2013年   [査読有り]
道路網距離での旅行計画の為のインクリメンタル検索方法
大沢裕, トウトウ, 曽根原登, 坂内正夫
日本データベース学会論文誌   11(2) 1-6   2012年10月   [査読有り]
A System for Anonymizing Temporal Phrases of Message Posted in Online Social Networks and for Detecting Disclosure
H-Q. Nguyen-Son, M-T. Tran, H. Yoshiura, N. Sonehara, and I. Echizen
The 4th International Workshop on Resilience and IT-Risk in Social Infrastructures (RISI)   Proc. of the 9th International Conference on Availability(Reliability and Security (ARES)) 455-460   2012年9月   [査読有り]
On Enhancing Utility in K-Anonymization
Md. Nurul Huda, Shigeki Yamada, Noboru Sonehara
International Journal of Computer Theory and Engineering (IJCTE)   4(4)    2012年8月   [査読有り]
学術機関のためのサーバ証明書発行フレームワーク
島岡正基, 西村健, 吉村隆明, 中村素典, 佐藤周行, 岡部寿男, 曽根原登
電子情報通信学会論文誌   J95-B(7) 871-882   2012年7月   [査読有り]
Webデータ駆動型の社会システムレジリエンス評価のための可視化手法
一藤裕, 曽根原登
電子情報通信学会論文誌   J95-D(5) 1100-1109   2012年5月   [査読有り]
ライフログ提供における心理的抵抗とインセンティブの構造 〜スマートフォン利用者を対象とした被験者実験〜
小林哲郎, 一藤裕, 曽根原登
電子情報通信学会論文誌 ライフログ処理技術とその活用システム特集号   J95-D(4) 834-845   2012年4月   [査読有り]
Sequenced Route Query in Road Network Distance Based on Incremental Euclidean Restriction
Yutaka Ohsawa, Htoo Htoo, Noboru Sonehara, Masao Sakauchi
Lecture Notes in Computer Science   7446 484-491   2012年1月   [査読有り]
Optimal Sequenced Route Query Algorithm Using Visited POI Graph
Htoo Htoo, Yutaka Ohsawa, Noboru Sonehara, Masao Sakauchi
Lecture Notes in Computer Science   7418 198-209   2012年1月   [査読有り]
Aggregate Nearest Neighbor Search Methods Using SSMTA* Algorithm on Road-Network
Htoo Htoo, Yutaka Ohsawa, Noboru Sonehara, Masao Sakauchi
Lecture Notes in Computer Science   7503 181-194   2012年1月   [査読有り]
Single-source multi-target A* algorithm for POI queries on road network
Htoo Htoo, Yutaka Ohsawa, Noboru Sonehara
Web-Age Information Management”, Springer Berlin Heidelberg   51-62   2012年1月   [査読有り]
An algorithm for k-anonymity-based fingerprinting
Sebastian Schrittwieser, Peter Kieseberg, Isao Echizen, Sven Wohlgemuth, Noboru Sonehara, Edgar Weippl
Digital Forensics and Watermarking, Springer Berlin Heidelberg   439-452   2012年1月   [査読有り]
Group Management System for Federated Identities with Flow Control of Membership Information by Subjects
Takeshi Nishimura, Motonori Nakamura, Makoto Otani, Kazutsuna Yamaji, Noboru Sonehara
Computer Software and Applications Conference Workshops (COMPSACW), 2012 IEEE 36th Annual, IEEE,   94-99   2012年   [査読有り]
電子書籍流通とICT社会の知の循環基盤
曽根原登, 三瓶徹
電子情報通信学会通信ソサイエティマガジン   2012夏(21) 6-15   2012年   [査読有り]
An Algorithm for k-anonymity-based Fingerprinting
Sebastian Schrittwieser, Peter Kieseberg, Isao Echizen, Sven Wohlgemuth, Noboru Sonehara and Edgar Weippl
Proc. Of IWDW11      2011年10月   [査読有り]
The Structure of Psychological Resistance and Incentives in Lifelog Disclosure ? An Experimental Study with Smartphone Users
Tetsuro Kobayashi, Yu Ichifuji and Noboru Sonehara
Proc. Of The 4th IEEE International Conferences on Cyber      2011年10月   [査読有り]
大学間認証連携のためのキャンパスPKI共通仕様(研究速報,<特集>スマートな社会を支えるインターネットアーキテクチャ論文)
谷本茂明, 島岡政基, 片岡俊幸, 西村健, 山地一禎, 中村素典, 曽根原登, 岡部寿男
電子情報通信学会論文誌   94(10) 1383-1388   2011年10月   [査読有り]
大学間連携のための全国共同認証基盤UPKIのアーキテクチャ設計
島岡政基,片岡俊幸,谷本茂明,西村健,山地一禎,中村素典,曽根原登,岡部寿男
電子情報通信学会論文誌   94(10) 1246-1260   2011年10月   [査読有り][招待有り]
Single-source Multi-target A* Algorithm for POI Queries on Road Network
Htoo Htoo, Yutaka Ohsawa, Noboru Sonehara
Proc. Of WGIM 2011      2011年9月   [査読有り]
Low-Complexity Resource Allocation in MIMOSystems with QoS Guaranteed Fairness
Lei Zhong, Yusheng Ji, Noboru Sonehara
Proc. Of IEEE PIMRC'11      2011年9月   [査読有り]
Using Generalization Patterns for Fingerprinting Sets of Partially Anonymized Microdata in the Course of Disasters
Sebastian Schrttwieser, Peter Kieseberg, Isao Echizen, Sven Wohlgemuth, Noboru Sonehara
Proc. Of ARES2011      2011年8月   [査読有り]
On Privacy-compliant Disclosure of Personal Data to Third Parties using Digital Watermarking,
Sven Wohlgemuth, Isao Echizen, Noboru Sonehara and Guenter Mueller
Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing, Ubiquitous International   2(3)    2011年7月   [査読有り]
Nachhaltiges Computing in Clouds
Guenter Mueller, Noboru Sonehara, Isao Echizen, and Sven Wohlgemuth
Special Issue 3/2011 of the international journal Business & Information Systems Engineering (BISE) and the German journal WIRTSCHAFTS INFORMATIK   53(3) 123-125   2011年6月   [査読有り]
研究・教育機関における電子ブック利用拡大のための環境整備 (特集 電子書籍) -- (新ICT利活用サービス創出支援事業(電子出版の環境整備))
山地一禎, 中村基典, 曽根原登 他
ITUジャーナル   41(5) 18-20   2011年5月   [査読有り]
世界をリードする学術「知の循環」基盤の構築
曽根原登
人間文化研究情報資源共有化研究会 (国立国語研究所, 2010.09.10) 報告集2   2 15-29   2011年3月
An Efficient k-anonymization Algorithm with Low Information Loss
曽根原登
2011 International Conference on Data Engineering and Internet Technology      2011年3月   [査読有り]
Interview with Mr. Charley K. Watanabe on "Cloud Computing in Japan ? The Role of the Japanese Government −The Role of the Japanese Government",
Noboru Sonehara
Special Issue 3/2011 of the international journal Business & Information Systems Engineering (BISE)   3(3) 179-181   2011年3月   [査読有り]
Aspects of Privacy for Electronic Health Records
Sebastian Haas, Sven Wohlgemuth, Isao Echizen, Noboru Sonehara and Guenter Mueller
Elsevier   80(2) 26-31   2011年2月   [査読有り]
Real-Time Monitoring of Moving Objects Using Frequently Used Routes,
Yutaka Ohsawa, Kazuhisa Fujino, Htoo Htoo, Aye Thida Hlaing and Noboru Sonehara
Lecture Notes in Computer Science   6588(3) 119-133   2011年   [査読有り]
Isolation im Cloud-Computing und Mechanismen zum Schutz der Privatsph?re Eignung von Mechanismen zum Schutz der Privatsph?re f?r die Trennung der Datenverarbeitung in Gesch?ftsprozessen
Noboru Sonehara, Isao Echizen and Sven Wohlgemuth
WIRTSCHAFTSINFORMATIK   53(3) 151-158   2011年   [査読有り]
Isolation in Cloud Computing and Privacy-Enhancing Technologies Suitability of Privacy-Enhancing Technologies for Separating Data Usage in Business Processes,
Noboru Sonehara, Isao Echizen and Sven Wohlgemuth
Business & Information Systems Engineering   3(3) 155-162   2011年   [査読有り]
Interview mit Charley K. Watanabe zum Thema ?Cloud Computing in Japan ? Die Rolle der japanischen Regierung
Noboru Sonehara
WIRTSCHAFTSINFORMATIK   53(3) 177-180   2011年   [査読有り]
User Consent Acquisition System for Japanese Shibboleth-based Academic Federation (GakuNin)
Tananun Orawiwattanakul, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Toshiyuki Kataoka, and Noboru Sonehara
2(4) 284-294   2011年   [査読有り]
Sustainable Cloud Computing
Guenter Mueller, Noboru Sonehara, Isao Echizen and Sven Wohlgemuth
Business & Information Systems Engineering   3(3) 129-131   2011年   [査読有り]
Usage Control by Data Provenance
Guenter Mueller, Noboru Sonehara, Isao Echizen, and Sven Wohlgemuth
WIRTSCHAFTSINFORMATIK   3(3) 129-131   2011年   [査読有り]
User-controlled Privacy Protection with Attribute-filter Mechanism for a Federated SSO Environment using Shibboleth
Tananun Orawiwattanakul, Kazutsuna Yamaji, Toshiyuki Kataoka, Motonori Nakamura, and Noboru Sonehara
Proc. Of the 5th International Conference on P2P, Parallel, GRID, Cloud, and Internet Computing (3PGCIC) Fukuoka Institute of Technology      2010年11月   [査読有り]
User-controlled Privacy Protection with Attribute-filter Mechanism for a Federated SSO Environment using Shibboleth
Tananun Orawiwattanakul, Kazutsuna Yamaji, Toshiyuki Kataoka, Motonori Nakamura, and Noboru Sonehara
accepted at the 5th International Conference on P2P, Parallel, GRID, Cloud, and Internet Computing (3PGCIC) Fukuoka Institute of Technology,   243-249   2010年11月   [査読有り]
On Identity Disclosure Risk Measurement for Shared Microdata
M. N. Huda, S. Yamada, N. Sonehara
Proc. Of The International Conference on Communications, Information and Network Security (ICCINS 2010)      2010年10月   [査読有り]
Privacy by Data Provenance with Digital Watermarking
J. Tharaud, S. Wohlgemuth, I. Echizen, N. Sonehara, G. Mueller
Proc. of 2010 Sixth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP2010)      2010年10月   [査読有り]
On Identity Disclosure Risk Measurement for Shared Microdata
曽根原登
The International Conference on Communications, Information and Network Security (ICCINS 2010)   Issue71 160-167   2010年10月   [査読有り]
Tagging Disclosure of Personal Data to Third Parties to Preserve Privacy
Sven Wohlgemuth, I. Echizen, N. Sonehara, G. Mueller
Proc. Of 25th International Information Security Conference (SEC2010)      2010年9月   [査読有り]
Tagging Disclosure of Personal Data to Third Parties to Preserve Privacy
[68]. Sven Wohlgemuth, I. Echizen, N. Sonehara, G. Mueller
25th International Information Security Conference (SEC2010)   IFIP Advances in Information a(Volume 330, Security and Priv) 241-252   2010年9月   [査読有り]
Breakthroughs in socio-informatics through data-centric science
Kobayashi, T., Ichifuji, Y., Sonehara, N., & Sakauchi, M.
Journal of Socio-Informatics   3(1) 55-68   2010年9月   [査読有り]

受賞

 
2011年1月
the 25th IFIP International Information Security Conference One of the best papers
受賞者: S. Wohlgemuth, I. Echizen, N. Sonehara, G. Mueller
 
2010年9月
電子情報通信学会 フェロー称号
 
2006年6月
電子情報通信学会 DEWS優秀論文賞
受賞者: 高砂 幸代、小林 亜樹、山岡 克式、酒井 善則、曽根原 登
 
2005年8月
情報文化学会 情報文化学会賞
受賞者: 東倉洋一、曽根原登、岡田仁志、岡村久道、高村信
 
2000年
NTT 特許発明社長表彰
 
1998年
NTT 社長表彰
 
1997年
NICOGRAPH 論文賞
 
1993年
NTT 研究開発技術本部長表彰
 
1993年
画像電子学会 論文賞
 
1987年
NTT 研究開発技術本部長表彰
 

Misc

 
西村 健, 島岡 政基, 中村 素典, 曽根原 登, 岡部 寿男
電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ   109(438) 225-228   2010年2月
近年インターネットのインフラストラクチャとしての重要性が増すにつれ,機密保持および不正操作防止のためにWebサーバをはじめとする公開サーバの身元を確認できることが重要視されている.そのために広く用いられている仕組みがPKIおよびサーバ証明書であるが,全ての大学等高等教育機関にパブリックなサーバ証明書を配付することを考える場合,スケーラブルなシステムとするために申請者およびサーバに対する審査体制をよく検討の上構築しなければならない.本稿では,国立情報学研究所で実施しているサーバ証明書プロジェ...
島岡 政基, 西村 健, 中村 素典, 曽根原 登, 岡部 寿男
電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ   109(438) 229-234   2010年2月
平成19〜20年度に国立情報学研究所が実施したサーバ証明書の発行・導入における啓発・評価研究プロジェクトから得た知見をもとに,電子証明書発行業務の自動化を支援する証明書自動発行支援システムの検討と開発を行った結果について報告を行う.平成21年度からはUPKIオープンドメイン証明書自動発行検証プロジェクトを立ち上げ,同システムの有効性について検証を進めている.
西村 健, 島岡 政基, 中村 素典, 曽根原 登, 岡部 寿男
電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理   109(437) 225-228   2010年2月
近年インターネットのインフラストラクチャとしての重要性が増すにつれ,機密保持および不正操作防止のためにWebサーバをはじめとする公開サーバの身元を確認できることが重要視されている.そのために広く用いられている仕組みがPKIおよびサーバ証明書であるが,全ての大学等高等教育機関にパブリックなサーバ証明書を配付することを考える場合,スケーラブルなシステムとするために申請者およびサーバに対する審査体制をよく検討の上構築しなければならない.本稿では,国立情報学研究所で実施しているサーバ証明書プロジェ...
島岡 政基, 西村 健, 中村 素典, 曽根原 登, 岡部 寿男
電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理   109(437) 229-234   2010年2月
平成19〜20年度に国立情報学研究所が実施したサーバ証明書の発行・導入における啓発・評価研究プロジェクトから得た知見をもとに,電子証明書発行業務の自動化を支援する証明書自動発行支援システムの検討と開発を行った結果について報告を行う.平成21年度からはUPKIオープンドメイン証明書自動発行検証プロジェクトを立ち上げ,同システムの有効性について検証を進めている.
庄司 勇木, 山地 一[ツナ], 中村 素典, 曽根原 登
電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   109(362) 35-40   2010年1月
共通認証基盤の普及は、インターネットの付加価値を高めるものとして期待されている。固定インターネットでは、IsP、OpenID、学術認証フェデレーションなどにより提供されているが、現状ではあまり普及していない。本研究では、共通認証基盤のもつビジネスモデル上の性質を、二面性の市場の経済モデルを用いて明らかにするとともに、各共通認証基盤についての評価を行なう。また、学術認証フェデレーションのもつ公的な意義と直面する課題についても考察を行う。

書籍等出版物

 
曽根原 登, 宍戸 常寿 (担当:共著)
東洋経済新報社   2012年6月   ISBN:4492580972
小泉 成史, 曽根原 登, 東倉 洋一
丸善   2008年3月   ISBN:4621053760
曽根原 登, 赤埴 淳一, 岸上 順一
東京電機大学出版局   2006年1月   ISBN:4501540605
東倉 洋一,曽根原 登 他
ダイヤモンド社   2005年11月   ISBN:4478190496
曽根原 登, 丸山 勝巳, 新井 紀子, 山本 毅雄
丸善   2005年9月   ISBN:4621053728

講演・口頭発表等

 
Linked Open Data生成のための自治体CMSの構成法
槇俊孝, 若原俊彦, 山口明宏, 木本紳一郎, 高木昭典, 一藤裕, 曽根原登
電子情報通信学会技術研究報告 115409(ICM2015 26-40) 53-58   2016年1月   
介護ライフログの集積・分析によるQoLの向上と学術医療・健康情報基盤整備
串間宗夫,曽根原登
Information System for Social Innovation : 社会のイノベーションを誘発する情報システム(ISSI 2015)   2015年12月   Information System for Social Innovation
社会問題解決に役立つクラウドセンシング
阿部匡伸,曽根原登
NII Today (第70号) 8-9   2015年12月   
クラウドソーシングによる環境音収集システムを用いた予備収録実験,
原直,阿部匡伸,曽根原登
2015年日本音響学会秋季研究発表会   2015年9月   
マイクロブログを用いた観光情報可視化システムの実現可能性
吉野 孝, 宮部 真衣, 山本 理絵, 曽根原 登
ヒューマンインタフェースシンポジウム2015   2015年9月   
外国人観光客向けマイナーな観光地情報収集のためのクラウドソーシング利用手法の提案
山本 里美, 福島 拓, 吉野 孝, 曽根原 登
ヒューマンインタフェースシンポジウム2015   2015年9月   
Improvement of QoL by integration and analysis of nursing care life log and academic medical and health information infrastructure
Muneo Kushima, Kenji Araki, Nobol Sonehara
Second International Workshop on Skill Science, Associated with JSAI International Symposia on AI 2015 (IsAI-2015)   2015年9月   
観光情報として利活用可能なデジタル写真収集を目的としたGWAPの構築と評価
山本 理絵, 吉野 孝, 曽根原 登
情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム   2015年7月   情報処理学会
宿泊施設の稼働率を利用した宿泊プラン作成手法の検討 (ライフインテリジェンスとオフィス情報システム)
一藤 裕, 曽根原 登
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(138) 25-28   2015年7月   
TETDMを用いた介護記録内容の分析
串間宗夫,荒木賢二,鈴木斎王,荒木早苗,山崎友義,曽根原登
第19回日本医療情報学春季学術大会   2015年6月   
近似式を用いたk-匿名性の予測手法と匿名化処理の効率化提案 (ライフインテリジェンスとオフィス情報システム)
小栗 秀暢, 曽根原 登, 松井 くにお
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(27) 15-22   2015年5月   
近似式を用いたk-匿名性の予測手法と匿名化処理の効率化提案
小栗 秀暢, 曽根原 登, 松井 くにお, Mohammad Mohammad Rasool Sarrafi Aghdam
情報処理学会研究報告. SPT, セキュリティ心理学とトラスト 2015(3) 1-8   2015年5月   
聴取者の主観評価に基づく音地図作成のための環境音収録
原直,阿部匡伸,曽根原登
2015年日本音響学会春季研究発表会   2015年3月   日本音響学会
Estimation of disaster recovery condition based on Web reservation data
Y.Ichifuji & N.Sonehara
3rd UN WCDRR Public Forum 158, Workshop on Establishing Resilient Life-Space in the Cyber-Physical Integrated Society   2015年3月   UN WCDRR
宿泊予約データを利用した実時間での平均宿泊数の推定方法
一藤裕, 蓮池隆, 曽根原登
観光科学シンポジウム   2015年3月   
地域観光まちづくりのための土地獲得ゲームを活用した位置情報付きデジタル写真収集システムの開発
山本理絵,吉野 孝,曽根原 登
サービスコンピューティング研究会(SC), 信学技報 114(525) 49-54   2015年3月   
Webサービスにおける個人情報の提供に対するユーザの心理的障壁要因の分析
田中康裕, 小舘亮之, 一藤裕, 曽根原登
ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会(ROIS研究会), 信学技法 114,(500) 117-122   2015年3月   
サイバー・フィジカル融合社会のICTシステム
曽根原 登
旭川高専 特別講義   2015年2月5日   旭川高専
Research for Social Devotion
曽根原 登
in Commemoration of the 50th Anniversary of Khon Kaen University   2015年1月23日   Khon Kaen University
創造的アイデア生成における他者の批判への接触の効果:クラウドソーシングシステムCONSIDERを用いた検討
田中優子・坂本康昭・曽根原登
日本心理学会第79回大会   2015年   日本心理学会
The effects of criticism on creative ideation
Yuko Tanaka, Yasuaki Sakamoto, and Noboru Sonehara
The 37th Annual Conference of the Cognitive Science Society. Pasedena   2015年   
A collective intelligence Internet platform: Improving the quality of ideas by making good use of the critical thinking of crowds
Yuko Tanaka, Yasuaki Sakamoto, and Noboru Sonehara
The 7th International Workshop on Information Systems for Social Innovation   2015年   
TETDMを用いた介護記録内容の分析
串間宗夫, 荒木賢二, 鈴木斎王, 山崎友義, 曽根原登
日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集 19th 78-79   2015年   
スマート・サイバー・フィジカル融合社会創生に向けてビッグデータ駆動型の意思決定支援システム [招待有り]
曽根原 登
第19回岡山情報通信技術研究会(OICT)   2014年12月19日   
介護ビッグデータを活用した医療・介護支援情報システムに関する研究
串間宗夫, 荒木賢二,鈴木斎王, 荒木早苗, 山崎友義, 曽根原登
第34回医療情報学連合大会   2014年11月7日   
上海市,United Nations Department of Economic and Social Affairs (UNDESA)
曽根原 登
ECOSOC: Global City Informatization Forum 2014、Summit Forum:Smart City and Information Security   2014年11月3日   GCIF Expert Consultation Committee 委員
スマート・サイバー・フィジカル融合社会創生に向けたビッグデータ駆動型政策決定支援システム
曽根原 登
CEATEC JAPAN 2014コンファレンスICTスマートグリッド技術研究会   2014年10月10日   
クラウドセンシングにより収集された環境音のシンボル表現を用いた音地図構築手法
原 直,阿部 匡伸,曽根原 登
日本音響学会2014年秋季研究発表会   2014年9月6日   
新たなソーシャル・ビッグデータ利活用基盤技術の研究開発(ソーシャル・ビッグデータ駆動の観光・防災政策決定支援基盤)
曽根原 登
第56回二月会   2014年9月1日   
話題提供とIDデータコモンズの可能性 [招待有り]
曽根原 登
第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014)イベント企画:時空間を制限したプライバシー情報保護活用のための社会基盤の構築に向けて   2014年9月1日   
個人情報のSEM (検索エンジン広告)価格に基づいたk-匿名化手法の提案
小栗秀暢, 曽根原登
FIT2014 第13回情報科学技術フォーラム   2014年9月   
サイバーフィジカル融合社会(CPiS)におけるビッグデータ駆動型ICTイノベーション 〜 保護と活用が調和するIDデータコモンズの提案 〜 [招待有り]
曽根原 登
LOIS ICM, volIEICE-113   2014年1月16日   LOIS ICM
A Recommendation System for Anonymous Fingerprinting of Text Posted on Social Networks
Hoang-Quoc NGUYEN-SON, Hiroshi YOSHIURA, Noboru SONEHARA, Isao ECHIZEN
EMM研究会   2013年5月24日   電子情報通信学会
モバイルファースト戦略に基づくAndroid対応システムによる電子カルテについて
串間 宗夫,田之上 光一,酒田 拓也,荒木 賢二,鈴木 斎王,荒木 早苗,山崎 友義(宮崎大学医),曽根原 登
インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング第2回研究会   2012年11月16日   
地域における救急医療の情報化
曽根原登
地域医療の情報化コーディネータ育成研修(講義)   2012年10月17日   
利用者のニーズを満たすホテルパッケージ提示方法の考察
一藤裕,曽根原登
マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM)マルチメディアのプライバシー保護 最前線   2012年10月4日   電子情報通信学会
クライシスに強い社会・生活基盤の創生 −ライフログデータ駆動の情報循環とプライバシー保護− [招待有り]
曽根原登
マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM)マルチメディアのプライバシー保護 最前線   2012年10月4日   電子情報通信学会
クライシスに強い社会・生活空間創成の研究開発の提案 [招待有り]
山田茂樹,曽根原登,今井和雄,安田浩,青木利晴
ソサイエティ大会   2012年9月12日   電子情報通信学会
Group Management System for Federated Identities with Flow Control of Membership Information by Subjects
Takeshi Nishimura, Motonori Nakamura, Makoto Otani, Kazutsuna Yamaji, Noboru Sonehara
Computer Software and Applications Conference Workshops (COMPSACW), 2012 IEEE 36th Annual   2012年7月16日   
Wi-Fiを利用した3G不感エリアにおける救急通信システム実証
松本賀久,澤田努,曽根原登,川内敦文,畠山豊,倉本秋,奥村誠二
情報通信マネジメント研究会(ICM)   2012年7月12日   電子情報通信学会
ビッグデータ駆動イノベーションとデータ中心科学 Web データ駆動型の情報循環システム [招待有り]
曽根原登
第二回統計情報の勉強会   2012年7月10日   クラウドテストベッドコンソーシアム
個人情報の取り扱い項目を利用したWeb サービスのリスク推定方法の一検討
一藤裕, 曽根原登
技術と社会・倫理研究会(SITE)   2012年3月15日   電子情報通信学会
クライシスに強い社会基盤 −震災に学ぶレジリエント社会システム−
曽根原登
研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)   2011年11月28日   情報処理学会
Web予約データを用いた復興政策決定支援方法の提案
一藤裕,曽根原登
研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)   2011年11月28日   情報処理学会
電子ブックのグループ閲覧を可能にするPKIを活用したDRM機能の実装
山地一禎,中村素典,西村健,大谷誠,曽根原登
第104回情報基礎とアクセス技術研究発表会   2011年11月22日   情報処理学会
地域生産サービス消費型観光産業と暮らしの安全・安心確保につなぐ地域防災(減災)基盤の連携による観光・防災(減災)情報連携クラウドへの期待
曽根原登
ジャパン・クラウド・コンソーシアム観光クラウド・ワーキング・グループ設立総会   2011年10月21日   
道路網上におけるC-OSR探索法
西潟 耕治,Htoo Htoo,大沢 裕,曽根原 登
地理情報システム学会2011年学術発表大会   2011年10月15日   
経路履歴を用いた車両実時間モニタリング
茂木 恭兵,Aye Thida Hlaing,大沢 裕,曽根原 登
地理情報システム学会2011年学術発表大会   2011年10月15日   
ネットワークVoronoi図のマテリアライズ化に関する一考察
橋本 知宜、Htoo Htoo、大沢 裕、曽根原 登
地理情報システム学会2011年学術発表大会   2011年10月15日   
Data-Centric Social Informatics For Public Policy and Decision
Noboru Sonehara
1st International Forum on Think-tank Development “Yesterday, today and tomorrow of think tanks”   2011年9月27日   上海社会科学院信息研究所
スマートフォンを利用した携帯コミュニケーションログの解析
小林哲郎,Jeffrey Boase,曽根原登
日本社会心理学会第52大会(JSSP2011)   2011年9月18日   
Single-source Multi-target A* Algorithm for POI Queries on Road Network
曽根原登
WGIM 2011   2011年9月14日   
Providing Basic Communication Services in a Disaster Stricken Region
Md. Nurul Huda, Farzana Yasmeen, Shigeki Yamada, Noboru Sonehara
IEICE Society Conferences   2011年9月13日   
Low-Complexity Resource Allocation in MIMOSystems with QoS Guaranteed Fairness
曽根原登
IEEE PIMRC'11   2011年9月11日   
高知発の救急医療情報連携システムの全国展開に向けて
曽根原登 他
救急医療情報連携システム・ワークショップ   2011年8月9日   
User Centric Privacy in Mobile Communication Scenarios
K. Rechert, S. Wohlgemuth, I. Echizen, and N. Sonehara
11th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2011)   2011年7月21日   
Time Stamping Preprint and Electronic Journal Server Environment
Takao Namiki, Kazutsuna Yamaji, Toshiyuki Kataoka, Noboru Sonehara
Towards a Digital Mathematics Library   2011年7月20日   
A Proposal Of “Identity Commons” For Service Creation Using Communication Log
Memiko Otsuki, Noboru Sonehara
ICETE2011   2011年7月18日   
Breakthroughs in telecommunications through data-centric human and social informatics
Sonehara Noboru
the 8th Asia Pacific Telecommunication and lCT Development Forum (ADF-8)   2011年6月28日   
学術認証連携(学認)による学術資源の有効活用とセキュリティリスクの低減
曽根原登
NUA学術情報システム研究会   2011年6月24日   
ICT Risk Rating of E-commerce
Memiko Otsuki, C.Katsuya Watanabe, Noboru Sonehara
ECTI-CON2011   2011年5月17日   
ICTによる地方型救急医療支援−映像伝送システムによる緊急医療支援実証−
松本賀久, 澤田 努, 村田厚夫, 畠山 豊, 庄司勇木, 倉本 秋,川内敦文,長谷川 学,奥村 誠二, 中野 公介,曽根原 登
情報通信マネジメント研究会 (ICM)   2011年5月12日   電子情報通信学会
Real-Time Monitoring of Moving Objects Using Frequently Used Routes
Yutaka Ohsawa, Kazuhisa Fujino, Htoo Htoo, Aye Thida Hlaing, Noboru Sonehara
DASFAA2011   2011年4月12日   
電子書籍閲覧における組織横断型認証のためのグループ管理
西村健, 中村素典, 井上仁, 山地一禎, 曽根原登
第102回情報基礎とアクセス技術第80回デジタルドキュメント合同研究発表会   2011年3月28日   
On Enhancing Utility in k-anonymization
Md. Nurul Huda, Shigeki Yamada, and Noboru Sonehara
The 2011 International Conference on Database and Data Mining (ICDDM 2011)   2011年3月25日   
An Efficient k-anonymization Algorithm with Low Information Loss
Md. Nurul Huda, Shigeki Yamada, and Noboru Sonehara
2011 International Conference on Data Engineering and Internet Technology (DEIT 2011)   2011年3月15日   
入力デバイスによるコンピューターの操作特性の違いと加齢変化
金子利佳, 金子寛彦, 曽根原登
第6回日本感性工学会春季大会   2011年3月3日   
ICT活用における医療情報の保護について
曽根原登
「ICT利活用が拓く医療・介護の地域連携」研修会   2011年2月23日   
Privacy in Business Processes ? Disclosure of Personal Data to Third Parties
S. Wohlgemuth, I. Echizen, N. Sonehara, and G. Mueller
Dagstuhl Perspectives Workshop 11061   2011年2月   
学術認証フェデレーションによる知の循環基盤の創成
曽根原登
第4回統合認証シンポジウム   2010年12月22日   
Fair Bandwidth Allocation with Distance Fairness Provisioning in Optical Burst Switching Networks
Tananun Orawiwattanakul, Yusheng Ji, and Noboru Sonehara,
the IEEE Global Communications Conference (Globe Com 2010)   2010年12月6日   
コンピュータ操作におけるポインタの視覚呈示の効果
金子利佳, 金子寛彦, 曽根原登
日本基礎心理学学会 第29回大会   2010年11月27日   
道路網上での距離に基づくk-NN経路探索
橋本 知宜・Aye Thida HLAING・藤野 和久・大沢 裕・曽根原 登
第19回地理情報システム学会学術研究発表大会   2010年10月23日   
経路履歴抽出の為のオフラインマップマッチング方式
路 琳・藤野 和久・大沢 裕・曽根原 登
第19回地理情報システム学会学術研究発表大会   2010年10月23日   
携帯電話用いた移動体モニタリング
藤野 和久・Htoo Htoo・大沢 裕・曽根原 登
第19回地理情報システム学会学術研究発表大会   2010年10月23日   
Fast Optimal Sequenced Route Query Algorithm
Htoo HTOO, Yutaka OHSAWA and Noboru SONEHARA
第19回地理情報システム学会学術研究発表大会   2010年10月23日   
学術認証フェデレーションと学術情報サービスについて
曽根原登
学術情報基盤の将来に向けて   2010年10月21日   
ICT Risk Rating of e‐Commerce
曽根原登
日本-オーストリア共催ワークショップ「情報通信技術」   2010年10月18日   
データ中心科学と保健医療科学
曽根原登
第1回Faculty Development(教員資質向上研修)   2010年10月4日   
Privacy in Business Processes ? Identifying Non-Authorized Disclosure of Personal Data to Third Parties
S. Wohlgemuth, I. Echizen, N. Sonehara, and G. M?ller
JST Austria-Japan Workshop on “ICT”   2010年10月   
リング状画像検索インタフェース
曽根原登、梶山朋子
イノベーション・ジャパン2010   2010年9月29日   
Japanese Access Management Federation GakuNin as an eResearch Collaborative Infrastructure
Kazu Yamaji, Motonori Nakamura, Toshiyuki Kataoka, Takeshi Nishimura, Yuki Shoji, Tananun Orawiwattanakul, Noboru Sonehara, Yasuo Okabe
eResearch Australasia 2010   2010年9月27日   
On the Risk Measurement for Shared Personal Data
曽根原登
2010ソサイエティ大会   2010年9月14日   電子情報通信学会
Knowledge-Sharing for Solving Worldwide Social Problems
曽根原登
日独交流150周年記念キックオフシンポジウム   2010年9月13日   
世界をリードする学術知の循環基盤の構築に向けて
曽根原登
第4回人間文化研究情報資源共有化研究会   2010年9月10日   
産学連携による学術情報サービスの研究開発の進め方
曽根原登
平成22年度第7回総会・拡大幹事会・分科会   2010年7月15日   
世界をリードする最先端学術情報基盤 学術認証フェデレーションの未来を探る, “産学連携による学術情報サービスの研究開発の進め方”
曽根原登
平成22年度第7回総会・拡大幹事会・分科会:シンポジウム   2010年7月15日   平成22年度第7回総会・拡大幹事会・分科会:シンポジウム
Privacy and the Disclosure of Personal Data to Third Parties
S. Wohlgemuth, I. Echizen, N. Sonehara, and G. M?ller
JSSM (Japan Society of Security Management)   2010年6月26日   
Privacy in e-Health - Enforcement of Privacy-compliant Disclosure of Personal Data
Sven Wohlgemuth, Isao Echizen, Noboru Sonehara and Gunter Muller
NII Open House 2010   2010年6月3日   
User Consent Acquisition System for Japanese Federation (GakuNin)
Tananun Orawiwattanakul, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Toshiyuki Kataoka
TERENA Networking Conference(TNC2010)   2010年5月31日   
Japanese Federation GakuNin Toward the Production Operation in 2010
Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Toshiyuki Kataoka, Tananun Orawiwattanakul, Noboru Sonehara, and Yasuo Okabe
TERENA Networking Conference(TNC2010)   2010年5月31日   
ICT社会のセキュリティとリスク管理
曽根原登
米国最新事例に学ぶセキュリティソリューションセミナー   2010年5月13日   
学術認証フェデレーションGakuninの本格運用
[79]. 山地一禎,中村素典,片岡俊幸,西村健,Tananun Orawiwattanakul,曽根原登, 岡部寿男
インターネット技術第 163 委員会(ITRC) 27   2010年5月   
Privatsph?re und die Weitergabe personenbezogener Daten an Dritte am Beispiel der elektronischen Patientenakte
S. Wohlgemuth, I. Echizen, N. Sonehara, and G. M?ller
Wissenschaftlicher Gespr?chskreis, Deutscher Akademischer Austausch Dienst (DAAD) und Deutsche Gesellschaft der JSPS-Stipendiaten e.V.   2010年4月   
マウス操作における運動感覚と画面の傾き
金子寛彦,曽根原登
第43回知覚コロキウム   2010年3月25日   
User Level Export Control of Personal Information in a Federated SSO Environment Using Shibboleth
3. Tananun Orawiwattanakul, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Toshiyuki Kataoka, and Noboru Sonehara
IEICE 2010   2010年3月16日   
学術認証フェデレーションにおけるテレビ会議用MCUサービスの試験実装(BS-7.分散協調連携を支えるネットワークミドルウェア,シンポジウムセッション)
中村素典, 山地一禎, 片岡俊幸, 岡部寿男, 曽根原登
電子情報通信学会総合大会   2010年3月2日   
A Privacy Aspect on the Disclosure of Personal Data to Third Parties
Sven Wohlgemuth, Noboru Sonehara, Isao Echizen, Guenter Mueller
インターネットと運用技術研究会 電子情報通信学会   2010年3月1日   
UPKIサーバ証明書プロジェクトにおける証明書自動発行支援システムの開発
島岡政基, 西村健, 中村素典, 曽根原登, 岡部寿男
電子情報通信学会研究会   2010年3月1日   
UPKI証明書自動発行検証プロジェクトのシステム移行における課題と対策
西村健, 島岡政基, 中村素典, 曽根原登, 岡部寿男
電子情報通信学会研究会   2010年3月1日   

競争的資金等の研究課題

 
ビッグデータ駆動イールドマネージメントイステムに係る共同研究
株式会社ウェルネット: 
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 曽根原登
ソーシャル・ビッグデータ駆動の観光・防災政策決定支援基盤の研究開発
情報通信研究機構: ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発
研究期間: 2014年7月 - 2016年3月    代表者: 曽根原登
ソーシャル・ビッグデータ分析による避難計画の立案支援基盤
一般社団法人審議出振興渡辺記念会: 
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 小出哲彰,共同研究者:曽根原登
位置情報を活用したリアルタイムデータ駆動型政策支援システムの開発と実証実験
ソフトバンクモバイル株式会社: 
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 曽根原登
社会コミュニケーション、人間・社会データ基盤
情報・システム研究機構(ROIS): 新領域融合センター・リサーチコモンズ
研究期間: 2014年 - 2016年
安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域, 「ソーシャル・ビッグデータによる「いじめ問題」の検知に関する調査
JST科学技術振興機構, RISTEX: 社会技術研究開発センター
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 曽根原登
クライシスに強い社会・生活空間の創成」に関する先導的研究開発
JSPS日本学術振興会: 産学協力研究委員会
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 安田浩(東京電機大学)
文部科学省: 大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業(イノベーション対話促進プログラム)
研究期間: 2013年10月 - 2014年3月    代表者: 事業実施責任者:曽根原登
ユビキタス情報社会における高度サービスとプライバシーの両立を実現する新たな匿名化手法と漏えい防止手法の確立
財団法人セコム科学技術振興財団: 研究助成
研究期間: 2011年       代表者: 曽根原登
ICT技術による救急医療情報連携システムの構築及びCS(コミュニケーションスペシャリスト)育成事業
総務省: 地域雇用創造ICT絆プロジェクト
研究期間: 2010年 - 2010年3月    代表者: 倉本秋(高知医療再生機構),連携主体責任者(技術アドバイザー):曽根原 登
研究・教育機関における電子ブック利用拡大のための環境整備
総務省: 新ICT利活用サービス創出支援事業
研究期間: 2010年       代表者: WG4代表:曽根原登
ユビキタス社会における情報信頼メカニズムの研究
JST RISTEX: 社会技術研究開発プログラム「ユビキタス社会のガバナンス」
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 曽根原登
デジタルシネマの標準技術に関する研究
JST 科学技術振興調整費: 重要課題解決型研究等の推進
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 安田浩(東京大学) WG4責任者:曽根原登

委員歴

 
2015年1月
 - 
2017年1月
一般社団法人  新技術振興渡辺記念会 科学技術振興課題審査委員会
 
2012年10月
 - 
2015年9月
JSPS日本学術振興会  「クライシスに強い社会・生活空間の創成」に関する先導的研究開発委員会
 
2014年5月
 - 
2015年5月
高知医療再生機構  高知医療再生機構
 
2014年10月
 - 
2015年3月
津田塾大学  情報科学特論A
 
2014年10月
 - 
2015年3月
山梨大学  コンピュータメディア工学特別講義?、知的メディアコンピューティング特別講義特論?
 
2012年6月
 - 
2015年3月
理化学研究所  脳科学研究センター「INCF日本ノード委員会」
 
2012年4月
 - 
2015年3月
工学院大学大学院  工学研究科,「システムデザイン専攻」,「社会システムデザイン特論」
 
2008年8月
 - 
2015年3月
関西大学  ソシオネットワーク戦略研究機構
 
2014年9月
 - 
2015年2月
平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(コンテンツ関連技術に係る基盤整備事業)技術戦略マップ検討委員会  平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(コンテンツ関連技術に係る基盤整備事業)技術戦略マップ検討委員会
 
2014年8月
 - 
2015年2月
総務省  非常災害時等における移動通信技術の有効利用」に関する調査検討会
 
2013年10月
 - 
2014年10月
総務省   大崎市ICT街づくり委員会
 
2014年2月
 - 
2014年7月
NICT情報通信研究機構  地域ICT研究懇談会
 
2014年6月
   
 
厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業  健康危機管理・テロリズム対策分野における研究に関する意見交換会
 
2012年7月
 - 
2014年3月
高知医療再生機構  高知医療再生機構
 
2011年1月
 - 
2014年3月
国立保健医療科学院  地域の医療情報化に貢献し得る人材育成体制整備専門家会議
 
2009年11月
 - 
2014年3月
国際ソシオネットワーク戦略学会
 
2011年12月
 - 
2013年3月
統計センター  クラウドテストベッドコンソーシアム
 
2001年5月
 - 
2013年
電子情報通信学会  ITS研究専門委員会
 
2011年10月
 - 
2012年9月
統計センター  次世代統計利用システム開発検討会
 
2009年7月
 - 
2012年6月
理化学研究所脳科学研究センター  神経情報基盤センター(NIJC)
 
2010年4月
 - 
2012年3月
学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点  共同研究課題審査委員会
 
2010年4月
 - 
2012年3月
映像情報メディア学会  未来映像懇話会
 
2011年7月
 - 
2012年2月
特許出願技術動向調査インターネットテレビ技術委員会
 
2010年9月
   
 
電子情報通信学会  フェロー
 
2009年6月
 - 
2010年9月
映像情報メディア学会  未来映像懇談会
 
2009年4月
 - 
2010年3月
人間文化研究機構国立歴史民俗博物館  共同研究員
 
2009年
   
 
International Journal BISE  WIRTSCHAFTSINFORMATIK,Germany
 
2007年12月
 - 
2008年9月
映像情報メディア学会  未来映像懇談会
 
 
   
 
総務省 ICT利活用ルール整備促進事業(サイバー特区)  ライフログ情報とそのプライバシー保護に関する調査研究, 提言作成部会
 
 
   
 
科学技術振興機構(JST) 社会技術研究開発事業,  問題解決型サービス科学研究開発プログラム 横断型研究 サービス・ドミナント・ロジック中核概念の実装研究
 
 
   
 
人間文化研究機構  人間文化研究総合推進検討委員会
 
 
   
 
情報・システム研究機構  次期新領域融合研究計画策定
 
 
   
 
情報通信技術標準委員会TTC  ソリューション普及部会
 
 
   
 
画像電子学会  編集委員会
 
 
   
 
IJSOI  International Journal of Services Operations and Informatics (IJSOI)
 

特許

 
中村 雅之, 中村 二朗, 曽根原 登, 庄司 勇木, 越前 功
山本 隆二, 高田 智規, 曽根原 登, 茂木 一男