松下戦具

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/24 17:04
 
アバター
研究者氏名
松下戦具
 
マツシタ ソヨグ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00528367.ja.html
所属
大阪大学
職名
助教

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
   
 
大阪大学 助教
 

受賞

 
2016年
日本心理学会 2015年度学術大会特別優秀発表賞 「人間は考える「足」である?―移動に関連した動作が空間的視点取得に果たす役割―」
受賞者: 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則
 
2011年
大阪大学 共通教育賞(優れた授業を実践した教員) 
 
2008年
日本基礎心理学会 優秀論文賞 視覚探索処理のWeibull-Gaussianモデルによる推定
受賞者: 松下戦具・赤井誠生
 

論文

 
The asymmetrical influence of timing asynchrony of bass guitar and drum sounds on groove
Soyogu Matsushita, Shingo Nomura
Music Perception   34(2) 123-131   2016年   [査読有り]
Measurement of eye size illusion caused by eyeliner, mascara, and eye shadow
Soyogu Matsushita, Kazunori Morikawa, Haruna Yamanami
Journal of Cosmetic Science   66(3) 161-174   2015年7月   [査読有り]
Eye shape illusions induced by eyebrow positions
Soyogu Matsushita, Kazunori Morikawa, Saya Mitsuzane, Haruna Yamanami
Perception   44(5) 529-540   2015年5月   [査読有り]
A real-life illusion of assimilation in the human face: Eye size illusion caused by eyebrows and eye shadow
Kazunori Morikawa, Soyogu Matsushita, Akitoshi Tomita, Haruna Yamanami
Frontiers in Human Neuroscience   9:139   2015年5月   [査読有り]
フレーザー・ウィルコックス錯視の近年の研究動向
松下戦具
大阪大学大学院人間科学研究科紀要   41 213-228   2015年2月   [査読有り]

Misc

 
Nonconscious goal conflict attenuates the confirmatory bias
Tomita, A., Matsushita, S., Yoshimitsu, A., & Akai, S.
   2016年11月
Imagining a face viewed from novel angles in advance facilitates face identification
Hiroyuki Muto, Shiori Kano, Soyogu Matsushita, and Kazunori Morikawa
   2016年11月
見たことのない視点の顔を想像してもその表象は脆弱である
武藤拓之・松下戦具・森川和則
   2016年10月
空間的視点取得に必要なスキルは認知的スキルと知覚的スキルに分離できる――反応時間データに対する探索的因子分析の適用――
武藤拓之・松下戦具・森川和則
日本行動計量学会第44回大会抄録集   376-377   2016年8月
“Glowing gray” does exist: the influence of luminance ramps on whiteness perception
Yuki Kobayashi, Matsushita Soyogu, Kazunori Morikawa
   2016年8月

書籍等出版物

 
高等教育論入門 -- 大学教育のこれから
松下戦具 (担当:分担執筆, 範囲:資料編・解説)
ミネルヴァ書房   2010年   
早田幸政・青野透・諸星裕(編著)

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 松下 戦具
本研究の目的は、ビジランス課題のようなイベント検出課題において、潜在記憶がイベント発生の予期を生起させる可能性およびそのメカニズムを解明することである(本研究では視覚世界で生起するイベントと視覚的注意との関連を調べる)。本年度はまず、潜在記憶がイベント発生の予期を生起させる可能性を明らかにするため、多物体追跡課題を用いて検討を行った。研究計画に記したとおり、本研究は従来に無いものであるため、まずは現象を的確に把握し、実験パラダイムを確立する必要があった。Pylyshynらによって従来から行...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 松下 戦具