四戸 世紀

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/02 18:42
 
アバター
研究者氏名
四戸 世紀
所属
東京音楽大学
職名
教授
学位
芸術学士(東京藝術大学)

プロフィール

東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、1974年東京藝術大学を卒業。1972年に日本音楽コンクール入選。1983年、第1回国際ブラームス・コンクールにおいてD.シュヴァルケ、J.オルダーとともにトリオ部門優勝および特別賞受賞。
モーツァルトのクラリネット協奏曲の演奏がカラヤンに認められ、1974年ベルリンのカラヤン・アカデミーに留学、カール・ライスターに師事。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のエキストラ要員としてベルリン・フィル定期公演、ザルツブルグ音楽祭に参加。
 1975年ベルリン交響楽団入団。1978年北西ドイツ・フィルハーモニーのソロ・クラリネット奏者として移籍。1980年ベルリン交響楽団のソロ・クラリネット奏者として再入団。
 1995年ベルリン交響楽団を退団、活動の本拠地を日本に移し、読売日本交響楽団首席クラリネット奏者に就任、2011年3月定年退団。現在、東京音楽大学客員教授、桐朋学園大学、日本大学芸術学部講師として後進の指導にあたる。
 これまでに、ヘルベルト・フォン・カラヤン、クラウディオ・アバド、サイモン・ラトル、小澤征爾、ユーリ・テミルカーノフ、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ、マンフレート・ホーネック他、世界的著名指揮者と共演。
 また、サイトウ・キネン・オーケストラや草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルに参加。オーケストラメンバーとしてだけでなく、室内楽、ソリスト、マスタークラスなどで活躍している。
 これまでに、主に室内楽の作品を中心に、クラシック・スタジオ・ベルリン、TDK,DENON,カメラータ・トウキョウ、アートユニオンの各レーベルよりCDをリリース。
http://www.camerata.co.jp/artist/detail.php?id=845から転載