鈴木崇史

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/11 17:49
 
アバター
研究者氏名
鈴木崇史
所属
東洋大学
職名
准教授
学位
博士(学際情報学)
科研費研究者番号
70507037

プロフィール

長野県出身.東京大学文学部言語文化学科(フランス語フランス文学専修課程)卒業,東京大学大学院学際情報学府修士課程,同博士課程修了.国立情報学研究所コンテンツ科学研究系特任研究員,東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科講師を経て,現職.専門社会調査士.

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
国立台湾大学 客員研究員
 
2013年4月
 - 
現在
東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科 准教授
 
2010年10月
 - 
2011年3月
東京大学情報学環 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2013年3月
東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科 講師
 
2009年4月
 - 
2009年9月
東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2010年3月
国立情報学研究所コンテンツ科学研究系 特任研究員
 
2007年6月
 - 
2009年3月
中央大学研究開発機構 準研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院 学際情報学府 博士課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京大学大学院 学際情報学府 修士課程
 
1999年4月
 - 
2001年3月
東京大学 文学部 言語文化学科 フランス語フランス文学専修課程
 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京大学 教養学部 文化Ⅲ類
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
2017年9月
7th symposium of Japanese Association for Digital Humanities (JADH2017)  Program Committee
 
2013年10月
 - 
2017年8月
The Alliance of Digital Humanities Organizations  Publications Committee
 
2014年9月
 - 
2017年9月
日本デジタル・ヒューマニティーズ学会  監事
 
2016年9月
 - 
2016年9月
6th symposium of Japanese Association for Digital Humanities (JADH2016)  Program Committee
 
2015年9月
 - 
2015年9月
5th symposium of Japanese Association for Digital Humanities (JADH2015)  Program Committee
 
2012年9月
 - 
2014年9月
日本デジタル・ヒューマニティーズ学会  理事
 
2011年12月
 - 
2012年9月
人文情報学推進協議会  運営委員
 
2014年9月
 - 
2014年9月
計量国語学会  大会開催校担当理事
 
2011年9月
 - 
2017年3月
計量国語学会  理事
 
2014年11月
 - 
2014年11月
2014 ANPOR Annual Conference  Local Organizing Committee
 
2014年9月
 - 
2014年9月
4th symposium of Japanese Association for Digital Humanities (JADH2014)  Program Committee
 
2014年7月
 - 
2014年7月
Digital Humanities 2014 (DH2014)  Program Committee
 
2013年9月
 - 
2013年9月
3rd symposium of Japanese Association for Digital Humanities (JADH2013)  Program Committee
 
2012年9月
 - 
2012年9月
2nd symposium of Japanese Association for Digital Humanities (JADH2012)  Program Committee
 

受賞

 
2011年3月
東洋大学校友会学生研究奨励基金 学生研究奨励賞(細谷舞:指導学生による受賞)
受賞者: 細谷舞
 
2010年1月
映像情報メディア学会 ベストオーサー
受賞者: 冨坂亮太・鈴木崇史
 
2008年
Association for Literary and Linguistic Computing Bursary Award
 

競争的資金等の研究課題

 
歴史認識・領土問題を巡る世論とメディア環境に関する学際的日韓比較研究
文部科学省: 科研費基盤研究(B)
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 小林 哲郎
統計的データ解析と被験者実験を用いたテキスト・コミュニケーション研究
文部科学省: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 鈴木崇史
実験用テキストデータと統計的機械学習を利用したコミュニケーション・スタイル指標の提案
東洋大学: 平成26年度井上円了記念研究助成「研究の助成」個人研究
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 鈴木崇史
計算文体論による多種メディアテキスト解析
文部科学省: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 鈴木崇史
多種テキストデータからのコミュニケーション・スタイルの抽出ならびにその分析と応用
国立情報学研究所: 公募型共同研究
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 鈴木崇史
2010年度800千円,2011年度700千円
異種情報源の特性を考慮した、実用的な専門用語対訳辞書の構築と活用
国立情報学研究所: 企画型共同研究
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 相澤彰子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 鈴木崇史
Multiple Democraciesの理論的実証的研究(連携研究者)
文部科学省: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤(B)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 猪口孝
ゲノム情報への計算言語学的アプローチ(共同提案者)
情報・システム研究機構新領域融合センター: 融合研究シーズ探索
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 斎藤成也
日本政治・国際関係データベース(作成分担者)
科学研究費補助金: 研究成果公開促進費(データベース)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 田中明彦
自然言語処理技術を用いた日本語政治テキスト研究(協同研究者)
三菱財団: 人文科学研究助成
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 田中明彦
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 芳鐘冬樹
東アジアの国際関係をめぐる言説分析(共同研究者)
サントリー文化財団: 人文科学、社会科学に関する研究助成
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 玄大松
日本国際政治学会: 国際交流基金助成
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 鈴木崇史
東京大学: 学術研究活動等奨励事業(国外)による学術奨励費
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 鈴木崇史

書籍等出版物

 
猪口孝編 (担当:分担執筆, 範囲:Rを用いた世論調査データのグラフィックス(鈴木崇史・河村俊太郎・松原貴幸))
西村書店   2013年9月   ISBN:4890136916
根本彰編 (担当:分担執筆, 範囲:計量情報学(芳鐘冬樹・鈴木崇史),189-220)
東京大学出版会   2013年5月   ISBN:413003491X
石田基広・金明哲編 (担当:分担執筆, 範囲:政治テキストの計量分析,97-106)
共立出版   2012年12月   ISBN:4320110331
ロバート・アンジェ, ダニエル・デネット編, 佐倉統, 巌谷薫, 鈴木崇史, 坪井りん訳 (担当:共訳)
産業図書   2004年9月   ISBN:4782801491

論文

 
Investigating the Chronological Variation of Popular Song Lyrics Through Lexical Indices
Yuichiro Kobayashi, Misaki Amagasa, Takafumi Suzuki
Journal of the Japanese Association for Digital Humanities   2(1) 90-107   2017年9月   [査読有り]
Computational stylistic analysis of popular songs of Japanese female singer-songwriters
SUZUKI, Takafumi, HOSOYA, Mai
Digital Humanities Quarterly   8(1)    [査読有り]
Stylistic analysis of text submission to Japanese Q&A communities
SUZUKI, Takafumi, KAWAMURA, Shuntaro and AIZAWA, Akiko
Journal of Quantitative Linguistics   19(4) 262-280   2012年10月   [査読有り]
Co-occurrence-based indicators for authorship analysis
SUZUKI, Takafumi, KAWAMURA, Shuntaro, YOSHIKANE, Fuyuki, KAGEURA, Kyo, AIZAWA, Akiko
Literary & Linguistic Computing   27(2) 197-214   2012年6月   [査読有り]
SUZUKI, Takafumi
International Relations of the Asia-Pacific   11(3) 460-491   2011年9月   [査読有り]
鈴木崇史・影浦峡
行動計量学   38(1) 83-92   2011年3月   [査読有り]
SUZUKI Takafumi
Journal of the American Society for Information Science and Technology   60(8) 1596-1606   2009年8月   [査読有り]
In this study, we extracted speaker specific functional expressions from political speeches using random forests to investigate speakers' political styles. Along with methodological development, stylistics has expanded its scope into new areas of a...
SUZUKI, Takafumi
International Relations of the Asia-Pacific   9(2) 317-338   2009年5月   [査読有り]
This study applies content analysis to Japanese prime ministers' Diet addresses in order to examine the Japanese government's perception of the world after World War II. Since the end of the Cold War, many scholars have revealed more strategic and...
鈴木崇史・影浦峡
計量国語学   26(4) 113-122   2008年3月   [査読有り]
本稿では,総理大臣の政治スタイルや個人的特徴をスピーチスタイルから明らかにするための基礎調査として,総理大臣国会演説における文長,助詞・助動詞相対頻度分布を調査した.結果,時代がこれらの特徴量に強く影響するものの,総理大臣ごとの差異も観察された.時代という要因を統制することで,スピーチスタイルから,より明確に,総理大臣の政治スタイルや個人的特徴を明らかにすることができると結論づけられる.
鈴木崇史
文理シナジー   9(2) 88-92   2005年10月
鈴木崇史
文理シナジー   9(2) 83-87   2005年10月
質問紙調査を用いた商業集積地区とショッピングモールの利用行動の比較分析:コミュニケーションを中心として
吉元涼介・芳鐘冬樹・鈴木崇史
情報メディア研究   15(1) 1-13   2016年   [査読有り]
Analyzing the content and text of tweets by Japanese academic researchers
ARAKAWA, Yui, YOSHIMOTO, Ryosuke, YOSHIKANE, Fuyuki, SUZUKI, Takafumi
Journal of Japanese Association for Digital Humanities   1(1) 1-9   2015年   [査読有り]
Diversity of fields in patent citations: synchronic and diachronic changes
YOSHIKANE, Fuyuki, SUZUKI, Takafumi
Scientometrics   98(3) 1879-1897   2014年   [査読有り]
Adding Twitter-specific features to stylistic features for classifying tweets by user type and number of retweets
ARAKAWA, Yui, KAMEDA, Akihiro, AIZAWA, Akiko, SUZUKI, Takafumi
Journal of the American Society for Information Science and Technology   65(7) 1416-1423   2014年   [査読有り]
Quantitative characteristics of patentable applications in Japan: an analysis using bibliographic information of application documents
YOSHIKANE, Fuyuki, TAKEI, Chizuko, TSUJI, Keita, IKEUCHI, Atsushi, SUZUKI, Takafumi
Sociology Study   3(9) 639-650   2013年
YOSHIKANE, Fuyuki, NOZAWA, Takayuki, SHIBUI, Susumu and SUZUKI, Takafumi
Scientometrics   79(2) 435-449   2009年5月   [査読有り]
Although many studies have analyzed the “synchronic” correlation of properties between authors and their co-authors, the “diachronic” correlation of properties, i.e., the correlation between their subsequent and precedent activity, has not yet bee...
KAWAMURA, Shuntaro, OTAKE, Yo-hey, SUZUKI, Takafumi
Journal of the American Society for Information Science and Technology   60(6) 1159-1167   2009年6月   [査読有り]
This article analyzes the structure of the hyperlink network formed by the Web pages of Japanese public libraries and its relationship with the network formed by Inter-Library Loans (ILLs), the traditional system of cooperation among public librar...

講演・口頭発表等

 
Network Structure Analysis of the Articles in the Japanese Civil Code
Ryosuke Yoshimoto, Chizuko Takei, Takafumi Suzuki, Fuyuki Yoshikane
ALEAP 2017   2017年11月   
Threatening Event, National Identity and Network Dynamics of Motivated Information Communication: Exploring Japanese Twitter during the Rise of Territorial Disputes, April through October 2012
Gento Kato, Takanori Fujiwara, Christian Collet, Tetsuro Kobayashi, Takafumi Suzuki
APSA 2017   2017年8月31日   
Iterative application of random forests to extract less frequently used but important features from texts
SUZUKI Takafumi
PACLING2015   2015年5月   
Analysis of perspectives in contemporary Japanese novels using computational stylistic methods
SUZUKI, Takafumi, YAMASHITA, Natsumi
Digital Humanities 2014   2014年7月   
Comparative analyses of textual contents and styles of five major Japanese newspapers
SUZUKI, Takafumi, KANOU, Erina, ARAKAWA, Yui
Proceedings of PACLIC27: the 27th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation   2013年11月   
Analyzing the characteristics of academic paper categories by using an index of representativeness
SUZUKI, Takafumi, UCHIYAMA, Kiyoko, TOMISAKA, Ryota, AIZAWA, Akiko
Proceedings of PACLIC25: the 25th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, 587-596   2011年12月   
Document recommendation using data compression
SUZUKI, Takafumi, HASEGAWA, Shin, HAMAMOTO, Takayuki, AIZAWA, Akiko
Procedia - Social and Behavioral Sciences Volume, Computational Linguistics and Related Fields, 27, 150-159 (Proceedings of PACLING 2011)   2011年7月   
Co-occurrence-based indicators for investigating authors' styles
SUZUKI, Takafumi, KAWAMURA, Shuntaro, YOSHIKANE, Fuyuki, KAGEURA, Kyo, AIZAWA, Akiko
Bolasco, S., Chiari, I. and Giuliano, L. (ed.) Statistical Analysis of Textual Data, Proceedings of 10th International Conference Journées d’Analyse statistique des Données Textuelles 9-11 June 2010 - Sapienza University of Rome, Edizioni Universitarie di   2010年6月   
Exploratory analysis of stylistic characteristics in Japanese Q&A communities
SUZUKI, Takafumi, KAWAMURA, Shuntaro, AIZAWA, Akiko
Bolasco, S., Chiari, I. and Giuliano, L. (ed.) Statistical Analysis of Textual Data, Proceedings of 10th International Conference Journées d’Analyse statistique des Données Textuelles 9-11 June 2010 - Sapienza University of Rome, Edizioni Universitarie di   2010年6月   
Extracting author-specific expressions using random forest for use in the sociolinguistic analysis of political speeches
SUZUKI, Takafumi
Digital Humanities   2008年6月   
Stylistic analysis of Japanese prime ministers' Diet addresses
SUZUKI, Takafumi and KAGEURA, Kyo
Tokunaga, T. and Ortega, A. (ed.) Large-Scale Knowledge Resources. Construction and Application. Third International Conference on Large-scale Knowledge Resources, LKR2008, Tokyo, Japan, March 3-5, 2008. Proceedings. (poster session), Springer-Verlag, Ber   2008年3月   
Exploring the microscopic textual characteristics of Japanese prime ministers' Diet addresses by measuring the quantity and diversity of nouns
SUZUKI, Takafumi and KAGEURA, Kyo
Proceedings of PACLIC21: the 21st Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, 459-470   2007年11月   
Exploring quantitative characteristics of patentable applications using random forests.
YOSHIKANE, Fuyuki; TAKEI, Chizuko, TSUJI, Keita, IKEUCHI, Atsushi and SUZUKI, Takafumi
Proceedings of ISSI 2013 (14th International Conference of the International Society for Scientometrics and Informetrics) Vol. 1, p. 728-741. (15-19 (16) July, 2013 at University of Vienna, Vienna, Austria)   2013年7月   
Growth process of the hyperlink network formed by the Web pages of Japanese public libraries
KAWAMURA, Shuntaro, MURAYAMA, Ryo, ASAISHI, Takuma, SUZUKI, Takafumi, YOSHIKANE, Fuyuki
ISSI2011: the 13th International Conference of the International Society for Scientometrics and Informetrics   2011年7月   
Citation patterns in interdisciplinary research areas
YOSHIKANE, Fuyuki, KIYOKAWA, Asahi, TSUJI, Keita, KAWAMURA, Shuntaro, SUZUKI, Takafumi
ISSI2011: the 13th International Conference of the International Society for Scientometrics and Informetrics   2011年7月   
Exploring quantitative characteristics of patentable applications using random forests
Fuyuki Yoshikane, Chizuko Takei, Keita Tsuji, Atsushi Ikeuchi and Takafumi Suzuki
ISSI 2013: the 14th International Conference of the International Society for Scientometrics and Informetrics   
How activity of a researcher is influenced by conducting interdisciplinary research
KIYOKAWA, Asahi, YOSHIKANE, Fuyuki, KAWAMURA, Shuntaro, SUZUKI, Takafumi
ISSI2011: the 13th International Conference of the International Society for Scientometrics and Informetrics   2011年7月   
Classification of hyperlink networks by multivariate analysis of network indicators: the case of Japanese public libraries
KAWAMURA, Shuntaro, SUZUKI, Takafumi, YOSHIKANE, Fuyuki
ISSI 2009: the 12th International Conference of the International Society for Scientometrics and Informetrics   2009年7月   
Estimating the Influence of researchers' and their collaborators' performance on their future productivity
YOSHIKANE, Fuyuki, SUZUKI, Takafumi, KAWAMURA, Shuntaro
ISSI 2009: the 12th International Conference of the International Society for Scientometrics and Informetrics (poster session)   2009年7月   
Investigating multi-linguistic information in Japanese university libraries’ Web pages
MATSUBARA, Takayuki, KONDO, Kumiko, SUZUKI, Takafumi, KAWAMURA, Shuntaro, KATSURA, Maniko
Proceedings of A-LIEP2009: Asia-Pacific Conference on Library & Information Education and Practice, 118-126   2009年3月   
Investigation of the correlation between researchers' properties and productivity through analyzing co-authorship networks
YOSHIKANE, Fuyuki, SUZUKI, Takafumi and TSUJI, Keita
S&TI 2008: 10th International Conference on Science and Technology Indicators: Book of Abstracts (Excellence and Emergence: a New Challenge for the Combination of Quantitative and Qualitative Approaches) (poster session), 425-427   2008年9月   
An analysis of the connection between researchers' productivity and their co-authors' past attributions, including the importance in collaboration networks
YOSHIKANE, Fuyuki, NOZAWA, Takayuki, SHIBUI, Susumu and SUZUKI, Takafumi
ISSI 2007: the 11th International Conference of the International Society for Scientometrics and Informetrics, Vol.2, 783-791   2007年6月   
Analyzing differences in literary styles of Japanese boys’ manga using multivariate analyses based on frequency of onomatopoeia and symbol representation
SUZUKI Takafumi, YABIKI Haruka
The International Conference on Japan and Japan Studies   2016年   
Comparative analysis of purchasing behavior at physical and online bookstores by university students
SUZUKI Takafumi, MIZUKAMI Maki
The Second Asian Conference on Technology, Information & Society   2015年   
Quantitative analysis of expressions for “praise” and “scold” in the comic strip Sazae-san
SUZUKI Takafumi, ODAGIRI Takuya
The International Conference on Japan and Japan Studies   2016年   
A computational stylistic analysis of popular songs made by Japanese female singer-songwriters using kernel PCA and random forests
SUZUKI, Takafumi, HOSOYA, Mai
OSDH2011: Osaka Symposium on Digital Humanities   2011年9月   
Investigating macroscopic transitions in Japanese foreign policy after World War II using quantitative text analysis: focusing on references to regional/country names
SUZUKI, Takafumi
The 2009 ISA Annual Convention (poster session)   2009年2月   
Foreign perception seen from prime ministers' Diet addresses: focusing on `East-West' and `North-South'
SUZUKI, Takafumi
Ubiquitous Media: Asian Transformations, Theory, Culture & Society 20th Anniversary Conference   2007年7月   
Several lexical indices of Japanese prime ministers' two kinds of addresses at the Diet: the case of Nakasone and Koizumi
SUZUKI, Takafumi
Joint Conference of International Political Science Association and Japanese Political Science Association (poster session)   2006年7月   
A comparative analysis of shoppers' information behavior in commercial districts and shopping malls using a questionnaire survey
YOSHIMOTO, Ryosuke, YOSHIKANE, Fuyuki, SUZUKI, Takafumi
2014 ANPOR Annual Conference   2014年11月   
An investigation on Twitter use of researchers: user type classification and text analysis
ARAKAWA, Yui, YOSHIMOTO, Ryosuke, YOSHIKANE, Fuyuki, SUZUKI Takafumi
JADH2013   2013年9月   
Stylistic analysis of tweets that are likely to be shared
ARAKAWA, Yui, KAMEDA, Akihiro, AIZAWA, Akiko, SUZUKI, Takafumi
JADH2012 Conference Abstract: 2nd Symposium of Japanese Association for Digital Humanities, 48   2012年9月   
Link structures of Web pages of Japanese public libraries
KAWAMURA, Shuntaro, OTAKE, Yo-hey and SUZUKI, Takafumi (2007)
International Symposium on Dynamical Systems Theory and Its Applications to Biology and Environmental Sciences, 98   2007年3月   
複数の中心性指標と中心化傾向を用いたQ&Aコミュニティネットワークのカテゴリの特徴分析
鈴木崇史・田之上貴之
第9回ネットワーク生態学シンポジウム   2012年12月   
ランダムフォレストを用いた世論調査データ解析 [招待有り]
鈴木崇史・河村俊太郎・荒川唯・吉元涼介
日本行動計量学会第40回大会抄録集,187-190   2012年9月   
h指数を用いたテキストの特徴分析
鈴木崇史・冨坂亮太・内山清子・相澤彰子
言語処理学会第16会年次大会発表論文集, 466-469   2010年3月   
Q&Aコミュニティにおける文体的特徴量の探索的分析
鈴木崇史・相澤彰子
計量国語学会53回大会発表予稿集, 20-25   2009年9月   
ネットワーク特徴量を用いた著者推定技術の向上
鈴木崇史・河村俊太郎・芳鐘冬樹・影浦峡・相澤彰子
日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱, 55-58   2009年5月   
計量テキスト分析による第二次世界大戦後日本外交の大局的推移の検討: 地域名・国名への言及を中心として, 2008年度
鈴木崇史
日本国際政治学会研究大会 部会15.「日本外交の諸相」   2008年10月   
ランダムフォレストを用いた政治テキストの社会言語学的分析のための著者固有表現抽出
鈴木崇史・影浦峡
言語処理学会第14回年次大会発表論文集,817-820   2008年3月   
総理大臣国会演説にみる対外認識の推移: 東西問題・南北問題を中心として
鈴木崇史
2007年度日本国際政治学会研究大会「理論と方法」分科会   2007年10月   
総理大臣国会演説の計量文体分析: 細川・小泉・三木を中心として
鈴木崇史
日本政治学会大会研究会 (ポスターセッション)   2007年10月   
総理大臣演説における語彙多様性の変化
鈴木崇史・影浦峡
日本行動計量学会第35回大会発表論文抄録集, 273-276   2007年9月   
時代による総理大臣演説の文体的変化
鈴木崇史・影浦峡
じんもんこん2006: 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集, 145-152   2006年12月   
Several lexical indices of Japanese prime ministers' two kinds of addresses at the Diet: comparing the diversity of contents
鈴木崇史・影浦峡
計量国語学会50回大会   2006年9月   
規範の存在構造
鈴木崇史
日本政治学会大会研究会 (ポスターセッション)   2005年10月   
語彙指標を用いた流行歌の歌詞の通時的分析
小林雄一郎・天笠美咲・鈴木崇史
人文科学とコンピュータシンポジウム   2015年12月19日   
六法全書の参考条文を用いたネットワーク構造の分析
吉元涼介・瀧澤啓太・宮田玲・芳鐘冬樹・鈴木崇史
第63回日本図書館情報学会研究大会発表論文集,45-48   2015年10月   
質問紙調査を用いた商店街とショッピングモール利用行動の比較分析
吉元涼介・芳鐘冬樹・鈴木崇史
日本行動計量学会第42回大会発表論文抄録集,376-380   2014年9月   
内容と文体による五大全国紙の比較分析
狩野恵里奈・荒川唯・鈴木崇史
言語処理学会第19回年次大会発表論文集   2013年3月   
女性グループの歌詞の計量テキスト分析
小林佳織・狩野恵里奈・鈴木崇史
言語処理学会第19回年次大会発表論文集   2013年3月   
計量テキスト分析を用いた小説の視点研究:伊坂幸太郎を例として
山下夏実・鈴木崇史
言語処理学会第19回年次大会発表論文集   2013年3月   
専門情報の抽出に向けた専門家のTwitter利用調査とアカウント分類実験
荒川唯・鈴木崇史・芳鐘冬樹
第60回日本図書館情報学会研究大会発表要綱   2012年11月   
アメリカ合衆国大統領演説の計量テキスト分析
青木宣康・河村俊太郎・鈴木崇史
情報処理学会第74回全国大会発表論文集,2.261-2.262   2012年3月   
Retweetに着目した広がりやすいTweetの特徴分析
荒川唯・亀田尭宙・相澤彰子・鈴木崇史
情報処理学会第74回全国大会発表論文集,1.617-1.618   2012年3月   
リアル書店とオンライン書店での購買行動の比較分析:大学生を中心として
水上麻希・鈴木崇史
第59回日本図書館情報学会研究大会発表要綱, 85-88   2011年11月   
話題推薦システムのためのモデル構築手法
冨坂亮太・鈴木崇史・相澤彰子
情報処理学会第73回全国大会発表論文集,2.329-2.330   2011年3月   
発話を意識した文推薦システムの構築と評価
冨坂亮太・鈴木崇史・相澤彰子
情報処理学会第200回自然言語処理研究会研究報告,2011-NL-200(3),1-6,第101回情報学基礎研究会報告2011-IFAT-101(3),1-6   2011年1月   
女性シンガーソングライターの歌詞の探索的分析
細谷舞・鈴木崇史
じんもんこん2010: 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集, 195-202   2010年12月   
学際研究の実施は研究者の生産性にどのように影響するか
清川朝日・鈴木崇史・芳鐘冬樹
研究・技術計画学会年次学術大会要旨集, 2C21   2010年10月   
学際的研究領域の論文における引用パターンの変化
清川朝日・鈴木崇史・芳鐘冬樹
2010年日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱, 59-62   2010年5月   
自由対話実現のための自動文章生成モデルの提案
冨坂亮太・鈴木崇史・相澤彰子
情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会発表論文集, 2.627-2.628   2010年3月   
視線検出装置を用いた研究者の論文の読み方の解析
長谷川新・港真人・冨坂亮太・横井啓介・亀田尭宙・Nighiem Minh・鈴木崇史・相澤彰子
情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会発表論文集, 1.657-1.658   2010年3月   
ネットワーク構造からみたQ&Aコミュニティの分析
浅石卓真・村山遼・河村俊太郎・芳鐘冬樹・鈴木崇史・相澤彰子
情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会発表論文集, 4.825-4.826   2010年3月   
専門用語の専門度の指標に関する一考察
内山清子・鈴木崇史・相澤彰子
言語処理学会第16会年次大会発表論文集, 571-574   2010年3月   
Webページのリンク関係からみた公立図書館のネットワーク構造: 2007年と2009年の比較分析
村山遼・河村俊太郎・浅石卓真・鈴木崇史
第57回日本図書館情報学会研究大会発表要綱,5-8   2009年10月   
多変量解析を用いた公立図書館Webページのネットワーク構造の分類
河村俊太郎・鈴木崇史
日本行動計量学会第36回大会発表論文抄録集, 33-34   2008年9月   
大学図書館のWebページにおける外国語情報の調査分析
近藤久美子・松原貴幸・鈴木崇史・桂まに子・河村俊太郎
第55回日本図書館情報学会研究大会発表要綱, 45-49   2007年10月   
公共図書館のWebページにおけるアクセシビリティの評価
今井福司・鈴木崇史・黒澤泰男・久保順子
第54回日本図書館情報学会研究大会発表要綱, 49-52   2006年10月   

担当経験のある科目

 
 

その他

 
鈴木崇史(2013)宙空の経験: JADH2013、その成果と展望,人文情報学月報, 28
鈴木崇史 (2013) 専門語彙への考古学的接近: Kyo Kageura (2012) The Quantitative Analysis of the Dynamics and Structure of Terminologies, John Benjamins Publishing Company, Amsterdam., 計量国語学,29(2), 71-73.
鈴木崇史(2012)JADH2012: 成果と展望,人文情報学月報,15.
鈴木崇史(2012)デジタルヒューマニティーズand/or人文情報学,人文情報学月報,11.
鈴木崇史・河村俊太郎・松原貴幸 (2008) Rを用いた世論調査データの グラフィックス, 猪口孝編『アジア・バロメーター研究計画におけるインフラ的,方法論的及び分析的な諸問題』, Asia Barometer Project Series, 7, 20-32.
鈴木崇史 (2009) ISA's 50th Annual Convention 参加報告, JAIR Newsletter, No. 119 March 2009, 6, 日本国際政治学会.
鈴木崇史(2015)ことばからみるメディアコミュニケーション:テキストマイニング入門,東洋大学"学び"LIVE,2015.3.27.
鈴木崇史(2013)ことばからみるメディアコミュニケーション:テキストマイニング入門,東洋大学"学び"LIVE,2013.3.27.
鈴木崇史(2012)身近なメディアの特徴と利用法:本、雑誌、新聞、テレビ、Web,茂原市市民カレッジ,茂原市役所市民室,千葉県茂原市,2012.11.26.
鈴木崇史(2012)ことばからみるメディアコミュニケーション:テキストマイニング入門,東洋大学"学び"LIVE,2012.3.27.
鈴木崇史(2011)身近なメディアの特徴と利用法:本、雑誌、新聞、テレビ、Web,島本町年長者学級,島本町ふれあいセンター,大阪府三島郡島本町,2011.10.13.
冨坂亮太・鈴木崇史 (2010) 人工無脳(会話ボット):人と機械のコミュニケーションを実現するための基礎技術, 画像ラボ,21(12),75-79
冨坂亮太・鈴木崇史(2010)人工無脳(会話ボット), 映像情報メディア学会誌, 64, 1, 64-66
2013年度メディアコミュニケーション学Ⅲ⑨卒業論文・ゼミ論文集,東洋大学社会学部社会調査室.
2012年度メディアコミュニケーション学演習Ⅲ⑨卒業論文・ゼミ論文集,東洋大学社会学部社会調査室.
2011年度メディアコミュニケーション学演習Ⅲ⑧卒業論文・ゼミ論文集,東洋大学社会学部社会調査室.
2010年度メディアコミュニケーション学演習Ⅲ⑧卒業論文・ゼミ論文集,東洋大学社会学部社会調査室.
Session chair: Eating habits in Asia, 2014 ANPOR Annual Conference, 2014. 11.
Session chair: Social media and dividable persons (1), 2014 ANPOR Annual Conference, 2014.11.
Session 5: Interaction with users chair, JADH2014, 2014.9.
Session 4 Panel: Rethinking text reuse as digital classicists chair, DH2014, 2014.7.
研究発表会3座長,第57回計量国語学会
Session1 chair, JADH2013: 3rd Symposium of Japanese Association for Digital Humanities
Session A4 Database construction chair, JADH2012: 2nd Symposium of Japanese Association for Digital Humanities
Session5 座長, 大規模データ・リンケージ,データマイニングと統計手法,2009.10.8-9