杉本耕一

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/01 22:07
 
アバター
研究者氏名
杉本耕一
 
スギモト コウイチ
URL
http://www21.h.ehime-u.ac.jp/teacher/341/
所属
愛媛大学
部署
法文学部
職名
准教授
学位
博士(文学)(京都大学)

プロフィール

昭和52(1977)年愛知県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員等を経て、平成25(2013)年より愛媛大学法文学部准教授(倫理思想史)。専門は日本の哲学・思想、日本倫理思想史、宗教哲学。著書『西田哲学と歴史的世界―宗教の問いへ』(京都大学学術出版会)。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
   
 
愛媛大学 法文学部 准教授
 

書籍等出版物

 
杉本 耕一
京都大学学術出版会   2013年12月   ISBN:4876983755

論文

 
杉本耕一
黒木幹夫・鎌田東二・鮎澤聡編『身体の知―湯浅哲学の継承と展開』ビイング・ネット・プレス   96-113   2015年12月
杉本 耕一
人体科学   24(1) 2-10   2015年5月
杉本 耕一
日本哲学史研究 : 京都大学大学院文学研究科日本哲学史研究室紀要   (11) 81-102   2014年12月
『善の研究』はどうすれば読めるか
杉本耕一
『点から線へ』(石川県西田幾多郎記念哲学館)   (61) 91-105   2013年2月
杉本耕一
Japanese and Continental Philosophy: Conversations with the Kyoto School. (ed. Bret W. Davis, Brian Schroeder,and Jason M. Wirth), Indiana University Press   52-67   2011年
杉本 耕一
倫理学年報   60 201-215   2011年

講演・口頭発表等

 
今村仁司の清沢満之論と「宗教哲学」の課題 [招待有り]
 杉本耕一
第2回清沢満之研究交流会(親鸞仏教センター)   2016年3月17日   
清沢満之と宗教哲学――京都学派の宗教哲学に触れつつ [招待有り]
 杉本耕一
真宗総合研究所・清沢満之研究   2016年2月3日   
「宗教」と「哲学」との間で――西田幾多郎および鈴木大拙の思想形成
 杉本耕一
日本倫理学会第66回大会(於 熊本大学)ワークショップ「日本近代における宗教哲学の源流と形成」   2015年10月2日   
「歴史」という視点から西田哲学を読み直す
杉本耕一
石川県西田幾多郎記念哲学館 第35回夏期哲学講座   2015年8月24日   
西田における歴史的身体と身体を越えたもの――盤山宝積の剣をめぐって [招待有り]
 杉本耕一
宗教哲学会第七回学術大会(於京都大学文学部)シンポジウム「身体と宗教」   2015年3月28日   

競争的資金等の研究課題

 
近代日本の仏教思想と「哲学」―京都学派・親鸞教学・禅思想の立場と方法とをめぐって
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 杉本耕一
翻訳の視点から探る日本哲学―日本と東アジア・日本と西洋における言語と思想の相関性
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 上原麻有子
京都学派周辺の禅哲学とその中での西田哲学の思想的独自性――道元解釈を手引きとして
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 杉本耕一

受賞

 
2014年11月
人体科学会 湯浅泰雄賞