笈田武範

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/08 03:01
 
アバター
研究者氏名
笈田武範
eメール
oidakuee.kyoto-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/70447910
所属
京都大学
部署
大学院工学研究科 電気工学専攻
職名
助教
学位
博士(情報学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年10月
 - 
現在
京都大学大学院工学研究科電気工学専攻 助教
 
2003年4月
 - 
2006年9月
京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻 博士後期課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻 修士課程
 
1997年4月
 - 
2001年3月
京都大学工学部電気電子工学科
 

論文

 
笈田 武範, 加賀 裕樹, 山本 哲也, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(513)    2016年1月
Takenori Oida, Masahiro Tsuchida, Hiroto Takata, Tetsuo Kobayashi
IEEE SENSORS JOURNAL   15(3)    2015年3月   [査読有り]
山本 哲也, 笈田 武範, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(147)    2015年1月
笈田 武範, 村瀬 智一, 梅田 雅宏
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   114(514)    2015年1月
笈田 武範, 村瀬 智一, 梅田 雅宏
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(147)    2015年1月
笈田 武範, 村瀬 智一, 梅田 雅宏
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(514)    2015年1月
加賀 裕樹, 笈田 武範, 山本 哲也
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(383)    2015年1月
民輪 一博, 笈田 武範, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(383)    2015年1月
笈田 武範, 村瀬 智一, 梅田 雅宏
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(515)    2015年1月
加賀 裕樹, 笈田 武範, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(116)    2015年1月
笈田 武範, 民輪 一博, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(383)    2015年1月
高田 裕人, 笈田 武範, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(361)    2014年1月
高田 裕人, 笈田 武範, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   114(361)    2014年1月
Free Induction Decay MR Signal Measurements toward Ultra-low Field MRI with an Optically Pumped Atomic Magnetometer
Takenori Oida, Tetsuo Kobayashi
2013 35TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY (EMBC)      2013年   [査読有り]
Masahiro Tsuchida, Takenori Oida, Tetsuo Kobayashi
ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN   96(6)    2013年6月
Shizue Nagahara, Takenori Oida, Tetsuo Kobayashi
IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E96D(6)    2013年6月   [査読有り]
高田 裕人, 笈田 武範, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(373)    2013年1月
武藤 正人, 笈田 武範, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   113(373)    2013年1月
高田 裕人, 笈田 武範, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   113(373)    2013年1月
武藤 正人, 笈田 武範, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(373)    2013年1月
Takenori Oida, Masahiro Tsuchida, Tetsuo Kobayashi
IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS   48(11)    2012年11月   [査読有り]
Takenori Oida, Yosuke Ito, Keigo Kamada, Tetsuo Kobayashi
JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE   217    2012年4月   [査読有り]
Tatsuya Yamashita, Takenori Oida, Shoji Hamada, Tetsuo Kobayashi
JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE   215    2012年2月   [査読有り]
土田 昌宏, 笈田 武範, 小林 哲生
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2012(160)    2012年1月
笈田 武範, 小林 哲生
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2012(160)    2012年1月
土田 昌宏, 笈田 武範, 小林 哲生
電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A, A publication of Fundamentals and Materials Society   132(3)    2012年1月   [査読有り]
武藤 正人, 笈田 武範, 小林 哲生
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2012(160)    2012年1月
Acquisition Parameters for Diffusion Tensor Imaging to Emphasize Fractional Anisotropy: Phantom Study
Takenori Oida, Shizue Nagahara, Tetsuo Kobayashi
MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   10(2)    2011年   [査読有り]
山下 達也, 笈田 武範, 濱田 昌司, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   111(367)    2011年1月
山本 詩子, 阪上 由英, 笈田 武範
生体医工学   49(1)    2011年1月   [査読有り]
河村 雄太, 笈田 武範, 小林 哲生
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2010(156)    2010年11月
山下 達也, 笈田 武範, 濱田 昌司, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   110(120)    2010年7月
永原 静恵, 笈田 武範, 小林 哲生
生体医工学   48(3)    2010年6月   [査読有り]
笹山 瑛由, 飯田 智陽, 笈田 武範, 濱田 昌司, 小林 哲生
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   109(461)    2010年3月

Misc

 
夏川浩明, 笈田武範, 岡野一久, 水谷夏彦, 小林哲生
応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   74th ROMBUNNO.19P-C14-2   2013年8月
”超低磁揚マルチモダリティMRI を目指した原子磁気センサによりMR 信号の遠隔計測法”
笈田武範, 河村雄太, 鎌田啓吾, 伊藤陽介,小林哲生
第39回日本磁気共鳴医学会大会,2011.10.1      2011年   [査読有り]
新しいbed 型加振法によるMR-Elastgraphy の試み
姜有峯,東高志,堤定美,笈田武範,松田哲也
第10 回日本コンピュータ歯科医学会・第31 回歯科人工知能研究会(2004.2.21-21. 京都)      2004年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 笈田武範
近年,拡散テンソル画像法(DTI)や神経造影法(Neurography)による神経線維束の描出が盛んに行われている.DTIは主に脳神経の描出に用いられ,脳機能の解明や脳梗塞・脳腫瘍の描出に有効な手法である.また,線維追跡(tractography)によりDTIからの神経線維描出も盛んに研究されている.Neurographyは主に末梢神経系の描出に用いられており,神経系に生じた異常を画像として表示することができ,悪性腫瘍を描出しうる.上記手法の精度向上は,神経系疾患の診断支援になるばかりでな...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 松田哲也
本研究の目的は、バーチャルリアリティ(VR)医療の実現に必要となる人体の触感表現を課題とし、計測対象を伝播する波の状態を画像化する磁気共鳴エラストグラフィ法(Magnetic Resonance Elastography: MRE)により計測された実組織の物理特性を用いて、仮想空間中に配置された人体組織の触感を触覚デバイスによって表現することである。研究期間における成果の概要は以下の通りである。1. MRE画像から対象組織の粘弾性特性を求める手続きについて、(1)画像中から特性パラメタを精...