岡本健

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/27 07:25
 
アバター
研究者氏名
岡本健
 
オカモト タケシ
eメール
okamotonarapu.ac.jp
URL
http://mediacontentstourism.blog.fc2.com/
所属
奈良県立大学
部署
地域創造学部
職名
准教授
学位
修士(観光学)(北海道大学), 博士(観光学)(北海道大学)
その他の所属
国際日本文化研究センター和歌山大学愛媛大学立命館大学帝塚山大学大阪観光大学北海道大学
Twitter ID
animemitarou

プロフィール

1983年奈良県奈良市生まれ
2007年 北海道大学 文学部卒業(専攻:認知心理学)
2009年 北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 観光創造専攻 修士課程修了
2012年 北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 観光創造専攻 博士後期課程修了
2012年 京都文教大学 総合社会学部 文化人類学科 特任(任期付)講師(2012年4月~2013年3月)
2013年 奈良県立大学 地域創造学部 専任講師(2013年4月~2015年3月)
2015年 奈良県立大学 地域創造学部 准教授(2015年4月~)

・北海道大学 観光学高等研究センター リサーチアシスタント(2010年4月〜2011年3月)
・東京成徳大学 人文学部 観光文化学科 非常勤講師(2011年10月~2012年3月)
・和歌山大学 観光学部 非常勤講師(2012年4月~)
・京都文教大学 総合社会学部 総合社会学科 非常勤講師(2013年4月~2016年3月)
・大阪観光大学 観光学研究所 客員研究員(2010年9月~)
・北海道マンガ研究会 理事(2011年6月~)
・国際日本文化研究センター 共同研究員(2013年4月~)
・北海道大学観光学高等研究センター 共同研究員(2014年3月~)
・立命館大学文学部 非常勤講師(2014年4月~)
・帝塚山大学文学部 非常勤講師(2014年10月~)
・愛媛大学社会共創学部 非常勤講師(2016年4月~)
・奈良県立大学 地域交流センター COC/COC+推進室長(兼任)(2016年4月~)

専門は観光社会学、コンテンツツーリズム学、ゾンビ学です。

コンテンツツーリズムを題材に、
情報社会における旅行行動の特徴を研究しています。
主に、アニメの聖地巡礼を調査対象とし、
アニメ『らき☆すた』の舞台となった埼玉県北葛飾郡鷲宮町(現久喜市)
アニメ『けいおん!』の舞台となった滋賀県犬上郡豊郷町
アニメ『あの夏で待ってる』の舞台となった長野県小諸市
アニメ『氷菓』の舞台となった岐阜県高山市
をはじめとした、様々なアニメ聖地において、
旅行者がどのように活動し、何を楽しんでいるのか、
誰とどのように相互作用しているのか、
そして、
それが地域振興の取り組みの中でどのように機能しているのか、
について調査、研究を進めています。

これらを通して、
観光という行動が社会において、
人と人との相互作用において、
どのような役割を果たすのか、
ということを考えています。

【著作】

単著:
『n次創作観光
―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』
(北海道冒険芸術出版)を2013年2月11日に出版しました。

単編著:
『コンテンツツーリズム研究
―情報社会の観光行動と地域振興』
(福村出版)を2015年8月20日に出版しました。

共編著:
岡本健・遠藤英樹(編)
『メディア・コンテンツ論』
(ナカニシヤ出版)を出版しました。

監修:
『神社巡礼
―マンガ・アニメで人気の「聖地」をめぐる』
(エクスナレッジ)を2014年5月2日に出版しました。

分担執筆:
F. D. Pineda・C. A. Brebbia『Sustainable Tourism Ⅲ』(WIT Press, 2008)
敷田麻実・内田純一・森重昌之『観光の地域ブランディング』(学芸出版社, 2009)
神田孝治『観光の空間』(ナカニシヤ出版, 2009)
安村克己・遠藤英樹・寺岡伸悟・堀野正人『よくわかる観光社会学』(ミネルヴァ書房, 2011)
青木義英・神田孝治・吉田道代『ホスピタリティ入門』(新曜社, 2013)
大橋昭一・橋本和也・遠藤英樹・神田孝治『観光学ガイドブック』(ナカニシヤ出版, 2014)
遠藤英樹・寺岡伸悟・堀野正人『観光メディア論』(ナカニシヤ出版, 2014)

研究分野

 
 
  • 観光学 / 観光学 / 観光社会学, コンテンツツーリズム学, ゾンビ学

受賞

 
2015年7月
観光学術学会 企画賞 『神社巡礼 -アニメ・マンガで人気の「聖地」をめぐる』
 
2015年7月
観光学術学会 著作奨励賞 『n次創作観光』
 
2013年2月
日本ホスピタリティ・マネジメント学会 奨励賞 コンテンツツーリズムにおけるホスピタリティマネジメント ―土師祭「らき☆すた神輿」を事例として
 

論文

 
岡本健
地域創造学研究XXⅣ(奈良県立大学研究季報第25巻第2号)   25(2) 193-212   2015年3月
奈良にある大学と地域 ―若手教員に学ぶ―
岡本健・河口充勇・西村雄一郎
奈良女子大学文学部 研究教育年報   (11) 35-54   2014年12月
岡本健
JAPAN FORUM   27(1) 12-36   2014年12月   [査読有り]
堀野 正人, 戸田 清子, 岡本 健
地域創造学研究XXⅢ(奈良県立大学研究季報第25巻第1号)   25(1) 73-83   2014年11月
岡本健
コンテンツツーリズム論叢   (5) 28-35   2014年8月
コンテンツツーリズムにおける観光文化のあり方に関する研究 ―アニメ聖地で見られる地域文化とコンテンツ文化の関係性に注目して
岡本健
旅の文化研究所研究報告   (23) 71-88   2013年12月   [査読有り]
コンテンツツーリズムの景観論 ―アニメ聖地巡礼/拡張現実景観/オタクスケープ
岡本健
ランドスケープ研究   77(3) 222-225   2013年11月   [招待有り]
釜石直裕・岡本健
観光・余暇関係諸学会共同大会学術論文集   (4) 17-24   2013年3月   [査読有り]
本稿の目的は、コンテンツツーリズムにおいて、観光目的地に関する情報に対して発信される評価のあり方を明らかにし、それによって発信者の立場を推測することである。そこで、アニメ『けいおん!』の聖地である滋賀県豊郷町で起こった、楽器盗難事件に関して、SNS上に発信されたコメントを収集し分析を行った。その結果、コンテンツツーリズムに参画するアクターに関して、アクター内における立場とその立場に応じた意見の関係性が明らかになった。
岡本健
コンテンツツーリズム論叢   1 14-65   2012年8月
岡本健
CATS叢書   (7) 11-40   2012年3月
岡本健
博士論文(2012年3月:北海道大学)      2012年3月   [査読有り]
岡本 健
コンテンツツーリズム研究:Journal of Contents Tourism Studies   0(0) 10-36   2011年12月
岡本 健
観光・余暇関係諸学会共同大会学術論文集   3(0) 37-44   2011年9月   [査読有り]
This paper analyzes the mechanism of informatiom distribution and provides new framework about Contents Tourism. This research adopt analysis website traffic linked real situation. It has two conclusion. One is Consumer Generated Media (GCM) leadi...
岡本 健
HOSPITALITY   0(18) 165-174   2011年3月   [査読有り]
There are two objectives in this thesis: one is to clarify features of communication in the process of digital contents tourism creation and development. Another is to indicate how manage interaction among various actor containing tourists in info...

Misc

 
現代の「歌枕」 ―アニメ聖地巡礼
岡本健
まほら   (87) 20-21   2016年4月   [依頼有り]
岡本健
日本政策金融公庫 調査月報   (658) 38-43   2016年2月   [依頼有り]
アニメ聖地巡礼とコンテンツツーリズム ―観光政策、メディア・コンテンツ、旅行者のコミュニケーション
岡本健
『戦争と宗教/聖地とツーリズム』(山本敏夫記念文学部基金講座「現代社会と宗教」2014年度-2015年度)慶應義塾大学文学部   59-61   2016年1月   [依頼有り]
「コンテンツ化」こそ観光振興のキモ
岡本健
金融ジャーナル   57(1) 86-87   2016年1月   [依頼有り]
金沢市における学生のまちづくりに関する調査報告
堀野正人・戸田清子・野高宏之・岡井崇之・岡本健
地域創造学研究XXⅧ(奈良県立大学研究季報26巻2号)   (28) 23-34   2015年11月
地域におけるサブカルチャーイベントのあり方 ―「奈良公園サマーコスプレフェスタ」および「燈花会の彼方」の調査結果から
岡本健
地域創造学研究XXⅧ(奈良県立大学研究季報26巻2号)   (28) 1-21   2015年11月
岡本健
日経グローカル   (263) 54-55   2015年3月   [依頼有り]
岡本健
日経グローカル   (262) 56-57   2015年2月   [依頼有り]
職員提案事業としてアニメ活用 観光の広域連携で新たな可能性
岡本健
日経グローカル   (260) 46-47   2015年1月   [依頼有り]
アニメの観光活用の可能性
岡本健
旬刊 旅行新聞   (1569) 1-1   2014年12月   [依頼有り]
岡本健
日経グローカル   (258) 58-59   2014年12月   [依頼有り]
岡本健
日経グローカル   (256) 46-47   2014年11月   [依頼有り]
岡本健
日経グローカル   (254) 60-61   2014年10月   [依頼有り]
岡本健
日経グローカル   (252) 56-57   2014年9月   [依頼有り]
コンテンツを列車にラッピング 交通メディアが「観光資源」に
岡本健
日経グローカル   (250) 72-73   2014年8月   [依頼有り]
奈良の固定イメージ覆す RPGゲーム風「ナラクエ」
岡本健
日経グローカル   (248) 48-49   2014年7月   [依頼有り]
住民・旅行者参加の文化祭 アニメ起点に取り組み進化
岡本健
日経グローカル   (246) 82-83   2014年6月   [依頼有り]
祭神モチーフのアニメ活用 新たな「地域巡り」を開拓
岡本健
日経グローカル   (244) 120-121   2014年5月   [依頼有り]
景観をカードゲーム化・総選挙! 市民から個人的「好き」引き出す
岡本健
日経グローカル   (242) 54-55   2014年4月   [依頼有り]
観光客の特定時期への一極集中を脱却 アニメを活用して季節ごとの楽しみを創出
岡本健
日経グローカル   (240) 50-51   2014年3月   [依頼有り]
地域を「壊す」キャラクター 創造的破壊思考のすすめ
岡本健
日経グローカル   (238) 50-51   2014年2月   [依頼有り]
ゲームの世界からの旅行行動 歴史・文化への新たなアクセス
岡本健
日経グローカル   (236) 58-59   2014年1月   [依頼有り]
盛んになる大学の観光教育 産学連携の最適な形とは?
岡本健
日経グローカル   (234) 70-71   2013年12月   [依頼有り]
アニメファンのイメージ創出 違和感チャンスに魅力発見
岡本健
日経グローカル   (232) 50-51   2013年11月   [依頼有り]
旅行者がネットで情報発信 地元商店街ファン作りにも
岡本健
日経グローカル   (230) 56-57   2013年10月   [依頼有り]
コンテンツツーリズムの可能性と課題
岡本健
地域開発   589(2013年10月号) 2-6   2013年10月   [依頼有り]
地場産品・情報を総合的に広報 アイドルとゆるキャラがコラボ
岡本健
日経グローカル   (228) 50-51   2013年9月   [依頼有り]
AR技術を観光に活用 実世界とマンガを融合
岡本健
日経グローカル   (226) 68-69   2013年8月   [依頼有り]
ツチノコで人を呼び交流 拡張現実をコンテンツ化
岡本健
日経グローカル   (224) 48-49   2013年7月   [依頼有り]
岡本健
日経グローカル   (222) 48-49   2013年6月   [依頼有り]
岡本健
日経グローカル   (220) 50-51   2013年5月   [依頼有り]
岡本健
日経グローカル   (218) 54-55   2013年4月   [依頼有り]
宇治市の観光を考える
岡本健
宇治市の観光を考える ―観光人材育成に向けて   19-21   2013年3月
アニメ『らき☆すた』聖地鷲宮から学ぶコンテンツツーリズム ―アニメ声優・商工会職員・研究者と考える地域振興
加藤英美里, 福原香織, 坂田圧巳, 松本真治, 山村高淑, 岡本健
京都文教大学総合社会学部研究報告   15 39-62   2013年3月
様々な「点」をつなぐこと[神田 孝治 著『観光空間の生産と地理的創造力』]
岡本健
観光学評論   1(1) 107-109   2013年3月
コンテンツツーリズムにおける観光地評価の構築プロセスに見る異なる立場のせめぎあい ―アニメ『けいおん!』聖地「豊郷」で起きた「楽器盗難事件」に対するSNSのコメント分析から
釜石直裕・岡本健
観光・余暇関係諸学会共同大会予稿集   4 5-5   2012年6月
AR(拡張現実)技術を活用したツアーにおいて旅行者が感じる楽しさに関する研究 ―「マンタビ モニターツアー」事例の分析から
岡本健
観光・余暇関係諸学会共同大会予稿集   4 3-3   2012年6月
岡本 健
まほら   70(0) 46-47   2012年1月
岡本 健
センターニュース : 北海道大学高等教育機能開発総合センター Newsletter   82(0) 4-5   2010年3月
岡本健
CATS 叢書 = CATS Library   4 128-131   2010年3月
第二部: 研究会発表論考集次世代まちおこしとツーリズム : 鷲宮町・幸手市に見る商店街振興の未来 = Community Development and Tourism for the Next Generation
坂田圧巳, 松本真治, 山内正明, 岡本健
CATS 叢書 = CATS Library   4 30-55   2010年3月
第一部: 第6回観光創造フォーラムの記録. 講演録. 基調報告3モデレーター: 岡本健次世代まちおこしとツーリズム : 鷲宮町・幸手市に見る商店街振興の未来 = Community Development and Tourism for the Next Generation
岡本 健
学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題   2009(0) 219-220   2009年7月
2009年度日本建築学会大会(東北). 平成21年8月26日~平成21年8月29日. 仙台市.
岡本 健
学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築社会システム   2009 219-220   2009年7月
2009年度日本建築学会大会(東北). 平成21年8月26日~平成21年8月29日. 仙台市.
山村高淑, 岡本健, 松本真治, 坂田圧巳, 山内正明
CATS 叢書 = CATS Library   4 77-80   2010年3月
第一部: 第6回観光創造フォーラムの記録. 添付資料4次世代まちおこしとツーリズム : 鷲宮町・幸手市に見る商店街振興の未来 = Community Development and Tourism for the Next Generation
岡本健
北海道大学文化資源マネジメント論集 = Web-Journal of Tourism and Cultural Studies   6 1-16   2009年1月
岡本健
北海道大学文化資源マネジメント論集 = Web-Journal of Tourism and Cultural Studies   2 1-6   2008年12月
岡本健
観光創造研究 = Advanced Tourism Studies   2 1-13   2008年7月
本報告の目的は、アニメ聖地巡礼者の行動や態度を把握する方法として、アニメ聖地巡礼ノート分析を提案し、その有効性と課題を抽出し、報告することである。具体的には、埼玉県鷲宮町にある大酉茶屋に設置されたアニメ聖地巡礼ノートを分析の対象とし、その有効性と課題を抽出した。埼玉県鷲宮町は、アニメーション作品「らき☆すた」によってアニメ聖地として価値付けをされ、鷲宮神社を中心にアニメ聖地巡礼が活発におこなわれるようになった地域である。大酉茶屋は、鷲宮神社に隣接する飲食店兼休憩所であり、アニメ聖地巡礼者が...
岡本健
まほら   56 60-60   2008年7月

書籍等出版物

 
岡本 健、遠藤 英樹 (担当:共編者, 範囲:編者、まえがき、第1章、第6章、第8章翻訳)
ナカニシヤ出版   2016年6月   ISBN:4779509726
岡本 健 (担当:編者)
福村出版   2015年8月   ISBN:4571410557
アニメや映画の舞台を訪ねる「聖地巡礼」に象徴される新しい観光学、コンテンツツーリズムの本格的研究入門書。学術・経済・行政など、複合的な視点から分析・考察を行う。
紀田 順一郎, 井上 如, 勝又 浩, 末吉 哲郎 (担当:分担執筆, 範囲:岡本健)
日外アソシエーツ, 紀伊國屋書店 (発売)   2015年7月   ISBN:4816925341
遠藤 英樹, 堀野 正人, 寺岡 伸悟 (担当:分担執筆, 範囲:メディア・コンテンツ・観光 ―アニメ聖地巡礼とコンテンツツーリズム)
ナカニシヤ出版   2014年5月   ISBN:477950855X
岡本健 (担当:監修)
エクスナレッジ   2014年5月   ISBN:4767817137
大橋昭一・橋本和也・遠藤英樹・神田孝治 (担当:分担執筆, 範囲:アニメツーリズム、インターネット)
ナカニシヤ出版   2014年4月   ISBN:4779508266
青木義英, 神田孝治, 吉田道代 (担当:分担執筆, 範囲:オタクツーリズムにおけるホスピタリティ)
新曜社   2013年4月   ISBN:4788513366
岡本 健
NPO法人北海道冒険芸術出版   2013年2月   ISBN:4905385040
安村 克己, 遠藤 英樹, 寺岡 伸悟, 堀野 正人 (担当:分担執筆, 範囲:アニメと観光)
ミネルヴァ書房   2011年4月   ISBN:4623060373
神田 孝治 (担当:分担執筆, 範囲:らき☆すた聖地「鷲宮」巡礼と情報社会)
ナカニシヤ出版   2009年9月   ISBN:4779503647
敷田麻実, 内田純一, 森重昌之 (担当:分担執筆, 範囲:「らき☆すた」に見るアニメ聖地巡礼による交流型まちづくり ―埼玉県鷲宮町)
学芸出版社   2009年8月   ISBN:4761524677
F. D. Pineda, C. A. Brebbia (担当:分担執筆)
WIT Press   2008年8月   ISBN:1845641248

講演・口頭発表等

 
地域と連携した創造的メディア・リテラシー教育の有り方
岡本健
奈良県立大学<地(知)の拠点整備事業>シンポジウム 地域創造とコモンズ教育システムを考える ―地域社会と学生・教員による「学びの共同体」の連携とは― 第2部:本学教員による地域志向教育研究発表 第1セッション   2016年3月12日   奈良県立大学
コンテンツツーリズムの理論と方法 ―「映画・アニメで町おこし」から「つながり創出」へ [招待有り]
岡本健
ロケスポット京都・コンテンツツーリズム情報交換会   2016年2月23日   NPO法人 映像産業振興機構 京都事務所
『刀剣乱舞』と時空間を越えた旅 ―審神者(見習い)男士として『とうらぶ』聖地巡礼してみた [招待有り]
岡本健
第15回文化資源学フォーラム「キャラクター考 ―『刀剣男士』の魅せるもの」   2016年2月13日   「文化資源学フォーラムの企画と実践」ゼミ履修生
コンテンツを活用した地域活性化と情報発信 ―多様化した旅行者は「面白い地域」に集まる [招待有り]
岡本健
まほろば地域づくり塾   2016年1月9日   奈良県
メディアコンテンツと観光 ―ゾンビ映画の社会学 [招待有り]
岡本健
情報美学研究会   2015年12月26日   武庫川女子大学 生活美学研究所
コンテンツツーリズムと写真 ―素材/地図/コミュニケーション [招待有り]
岡本健
写真の使用法 Vol.2 一般化したサブカル的文化という場における写真   2015年12月19日   東京工芸大学と武蔵野美術大学による共同研究「Ultra Picnic Project」
コンテンツツーリズムの最前線 ―2020年東京オリンピックを通じたインバウンド観光推進に必要かもしれないこと [招待有り]
岡本健
北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 東京同窓会   2015年11月15日   北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 東京同窓会
地域コミュニティとリポジトリ ―大学の研究、教育、社会貢献の成果を どのように蓄積、発信していくか
岡本健
機関リポジトリ中堅担当者研修   2015年10月13日   機関リポジトリ推進委員会
コンテンツツーリズム ―新たな観光の様態と、そのビジネス展開の可能性 [招待有り]
岡本健
岡三ビジネスセミナー   2015年10月7日   岡三証券株式会社
メディア・コンテンツ・ツーリズムの関係を研究することの重要性と論点 ―教育、研究、地域・社会貢献の観点から
岡本健
メディア・コンテンツ・ツーリズム研究会   2015年9月15日   メディア・コンテンツ・ツーリズム研究会
佐井村発コンテンツツーリズムの可能性 ―地域文化とコンテンツ文化の融合が新たな観光資源を生み出す [招待有り]
岡本健
サイカル Vol.1 コンテンツツーリズム講演会   2015年7月4日   
アニメによる観光町おこし ―コンテンツツーリズムの現状と今後の可能性 [招待有り]
岡本健
日経グローカルセミナー   2015年6月19日   日本経済新聞社
コンテンツツーリズムの素材としての工場景観 ―テクノスケープとオタクスケープ [招待有り]
岡本健
経済地理学会総会および第62回大会   2015年5月24日   経済地理学会
平成26年度の都市文化コモンズの取り組み
岡本健
地域づくり連絡協議会   2015年3月23日   奈良県立大学
地域創造データベースの構築及び運用に向けての教育方法を開発
岡本健
奈良県立大学<地(知)の拠点整備事業>シンポジウム 地域における多様な教育研究と実践活動の展開 ―地(知)の拠点の確立に向けて― 奈良県立大学教員による教育研究の発表 第1セッション   2015年3月22日   奈良県立大学
コンテンツツーリズムにおけるおもてなしの方法 ―「アニメ聖地巡礼」から「コンテンツツーリズム」へのプロセス [招待有り]
岡本健
『コンテンツツーリズムの可能性』   2015年3月16日   奈良健康ランド
“アニメ聖地巡礼”から考える観光と地域の可能性 ―つながりを創りだすコンテンツ・ツーリズム [招待有り]
岡本健
第2回たびとしょcafe   2015年3月6日   公益財団法人 日本交通公社
メディア・コンテンツ・ツーリズム最新事例の分析 ―奈良におけるコンテンツツーリズムの可能性を探る
岡本健
第2回 奈良メディア・コンテンツ・ツーリズム研究会   2015年3月3日   奈良メディア・コンテンツ・ツーリズム研究会
人文・社会科学系研究者と社会をつなぐ機関リポジトリ ―研究・教育・社会貢献とキャリア [招待有り]
岡本健
機関リポジトリ新任担当者研修   2015年2月27日   機関リポジトリ推進委員会
岡本健
平成26年度 公立大学協会図書館協議会近畿地区協議会講演会   2015年2月17日   公立大学協会図書館協議会
キャンベルロバート・西山厚・伊藤忠通・岡本健
第7回奈良観光シンポジウム   2015年1月23日   奈良県立大学、奈良信用金庫
コンテンツツーリズムの政策的動向と旅行者・地域の実相 ―アニメ・マンガの観光利用を超えて [招待有り]
岡本健
経済地理学会 関西支部例会   2014年12月20日   経済地理学会
岡本健
国際ミーティングエキスポ2014(IME2014)   2014年12月9日   観光庁/一般社団法人日本コングレス・コンベンション・ビューロー(JCCB)/日本政府観光局(JNTO)
現在、多くの地域でアニメやマンガを活用した観光振興、すなわちコンテンツツーリズムが実施され、注目を集めている。ただ、こうした観光を成功させるためにはコンテンツ製作者、ファン、地域など、関わるアクターの協働が欠かせない。コンテンツツーリズムの現場で多くの事例を見て、自ら実践も行っている立場から、協働の秘訣を述べる。
コンテンツツーリズムにおけるおもてなしの方法 ―「アニメ聖地巡礼」から「コンテンツツーリズム」へのプロセス [招待有り]
岡本健
アニメ聖地巡礼(コンテンツ・ツーリズム)と おもてなし講演会   2014年11月16日   
岡本健
コンテンツ・ツーリズム研究学会設立記念大会   2014年9月7日   コンテンツ・ツーリズム研究学会
アニメ・マンガによる観光振興の可能性と課題
岡本健
メディア・コンテンツ・ツーリズム・セミナー   2014年7月13日   長野県茅野市(8名)
アニメカルチャーを用いた街づくり支援 ―地域×コンテンツの研究・教育・社会貢献 [招待有り]
岡本健
平成26年度 第1回なら学談話会奈良にある大学と地域 ―若手教員に学ぶ―   2014年6月25日   なら学談話会
コンテンツツーリズムの現状と課題
岡本健
奈良メディア・コンテンツツーリズム研究会   2014年1月22日   奈良メディア・コンテンツツーリズム研究会
アニメ聖地巡礼の特徴とその展開 ―聖地巡礼者はコンテンツツーリズムの夢を見るか? [招待有り]
岡本健
宗教とツーリズム研究会 第14回研究会   2013年11月16日   宗教とツーリズム研究会
『らき☆すた』と『けいおん!』 ―そのアニメ史的位置づけや社会的な波及について
岡本健
マンガ・アニメで日本研究   2013年9月21日   国際日本文化研究センター
関西とサブカルチャー [招待有り]
岡本健
関西新文化振興会関西新文化シンポジウム   2013年8月24日   関西新文化振興会
関西におけるアニメ聖地巡礼とコンテンツツーリズムの可能性 ――メディア/コンテンツ/観光の関係性から 考える新たなコンテンツツーリズム研究の展開 [招待有り]
岡本健
関西新文化振興会関西新文化シンポジウム   2013年8月24日   関西新文化振興会
「コンテンツツーリズム」から見えるもの
岡本健
d-labo イベント   2013年7月4日   スルガ銀行
「コンテンツツーリズム」の可能性 [招待有り]
岡本健
第3回 観光ブランド「ビワイチ連携ワーキンググループ」会合   2013年6月24日   滋賀県
コンテンツツーリズムと地域創造学 ―アニメと観光と、ときどきゾンビや都市伝説
岡本健
奈良県立大学 第1回研究会   2013年5月31日   
コンテンツが地域に「つながり」を創りだす ―『n次創作観光』におけるコンテンツと地域 [招待有り]
岡本健
地域コンテンツ研究会 第2回研究会   2013年3月16日   
オタクツーリズムの逆襲 ―アニメ聖地巡礼現象の分析から
岡本健
英国日本研究協会日本支部シンポジウム   2012年5月   英国日本研究協会日本支部
The Rise of Otaku Tourism ―Contemporary Myths and Pilgrimage in JAPAN
OKAMOTO Takeshi
13th International Conference of European Association for Japanese Studies   2011年8月   

担当経験のある科目

 

Works

 
岡本健   データベース   2014年11月 - 現在

委員歴

 
2013年5月
 - 
現在
公益社団法人奈良市観光協会  奈良おもてなし委員会委員
 

社会貢献活動

 
大学生と学ぶ!夏休みの自由研究
【企画, 運営参加・支援】  近畿日本鉄道・奈良県立大学  旅行商品企画  (奈良県立大学・船橋商店街)  2014年8月22日 - 2014年8月22日
近畿日本鉄道と奈良県立大学の連携事業として、ツアー企画を行った。大学生がチューターとなり、小学生とともに夏休みの自由研究を行った。具体的には、油阪船橋商店街の個人商店主へのインタビューを実施し、その結果を冊子にまとめた。奈良県立大学の学生と近畿日本鉄道の社員がツアーの企画から実施まで協働した。
コンテンツツーリズムの現場で起こっていること ―アニメ聖地巡礼とその後の地域振興
【講師】  同志社大学大学院  同志社大学大学院ビジネス研究科「観光マーケティング」外部講師  (同志社大学今出川キャンパス)  2014年7月28日 - 2014年7月28日
コンテンツと観光 ―アニメやマンガ、ゲームを観光・地域創造に活かす
【講師】  高田市立高田商業高等学校  出前講義  2014年6月4日 - 2014年6月4日
コンテンツツーリズムの政策と現場 ―国の政策の変遷と各地の事例紹介
【講師】  同志社大学大学院ビジネス研究科  同志社大学大学院ビジネス研究科「観光マーケティング」外部講師  (同志社大学今出川キャンパス)  2014年6月2日 - 2014年6月2日