学会発表(2016年度)

■日本農芸化学2017年度大会 (ウェスティン都ホテル京都・京都女子大学, 17-20th March 2017)
19) 3'-シアリルラクトースを用いた糖鎖高分子の合成と機能評価
○田中知成, 周毅婷, 田本千尋, 紅林佑希, 高橋忠伸, 鈴木隆

■11th SPSJ International Polymer Conference (Fukuoka, Japan, 13-16th December 2016)

18) Protecting-group-free Synthesis and Assay of Glycopolymer Ligands for Human and Avian Influenza Viruses
○Tomonari Tanaka, Yiting Zhou, Chihiro Tamoto, Yuuki Kurebayashi, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Yoshiko Miura
■平成28年度高分子学会北陸支部富山地区講演会 (富山大学, 2016年12月5日)
17) オリゴ糖を用いる高分子マテリアルの創製 -保護基フリー合成の戦略と実践-
○田中知成 [招待講演]
■International Dental Materials Congress 2016 (IDMC2016) (Bali, Indonesia, 4-6th November 2016)
16) Evaluation of degradability of EGCG-conjugated gelatin sponge
○Yoshitomo Honda, Tomonari Tanaka, Yoshiya Hashimoto, Koichi Imai, Keiji Arita

■第23回日本歯科医学総会 (福岡国際会議場・福岡サンパレス, 2016年10月21-23日)
15) マウス頭蓋冠骨欠損モデルを用いた緑茶カテキン局所徐放性骨補填剤の骨形成能評価
○本田義知, 田中知成, 海田浩治, Li Peiqi, 武田吉裕, 橋本典也, 今井弘一, 清水谷公成, 馬場俊輔, 有田憲司

■第65回高分子討論会 (神奈川大学横浜キャンパス, 2016年9月14-16日)
14) Facile Synthesis of Glycopolymers from Free Sialyloligosaccharides and Their Binding Assay with Influenza Viruses
○Tomonari Tanaka [日韓ジョイントセッション(招待)]
13) シアル酸含有オリゴ糖を用いたヒトおよびトリインフルエンザウイルスに結合する糖鎖高分子の合成と機能評価
○周毅婷, 田本千尋, 紅林佑希, 高橋忠伸, 鈴木隆, 三浦佳子, 田中知成
12) QCMによるオリゴ糖を側鎖に有する糖鎖高分子と糖タンパク質の相互作用検出
○岡本優, 田中知成
11) RAFT重合を利用した周期性グライコポリマーの精密合成
○山本洋平, 田中知成, 本柳仁, 箕田雅彦
10) 機能担持ビニルエーテルと電子欠乏性モノマーとのRAFT共重合による周期性コポリマーの合成
○熊谷仁志, 宮地聡代, 田中知成, 本柳仁, 箕田雅彦
■3rd International Symposium on Advances in Sustainable Polymers (ASP-16) (Kyoto, Japan, 4-6th August 2016) 
9) Use of Oligosaccharides as Multivalent Glycoligands Based on Protecting-group-free Synthesis from Free Saccharides
○Tomonari Tanaka, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Yoshiko Miura
8) Synthesis and Assay of Avian Influenza Virus-Recognizing Glycopolymers Using Sialyloligosaccharides
○Yiting Zhou, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Yoshiko Miura, Tomonari Tanaka
7) Detection of Glycoreceptors on the QCM Substrate Using Glycopolymers
○Masaru Okamoto, Tomonari Tanaka
6) Controlled synthesis of end- and/or pendant functionalized polymers from an ethynyl group-substituted vinyl ether and their application to the fabrication of carbohydrate-containing functional materials via click reaction
○Minh Tan Nguyen, Ryota Mori, Tomonari Tanaka, Jin Motoyanagi, Masahiko Minoda
5) Controlled synthesis of periodic copolymers by RAFT polymerization of protecting group-free vinyl ethers and electron-deficient vinyl monomers - Toward the first synthesis of periodic glycopolymers -
○Yohei Yamamoto, Tomonari Tanaka, Jin Motoyanagi, Masahiko Minoda

■XXVIII International Carbohydrate Symposium (ICS2016) (New Orleans, USA, 17-21st July 2016) 
4) Protecting-group-free Synthesis of Glycopolymers Bearing Sialyloligosaccharides via Direct Anomeric Activation of Free Saccharides
○Tomonari Tanaka, Yiting Zhou, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Yoshiko Miura
■第62回高分子研究発表会(神戸) (兵庫県民会館, 2016年7月15日) 

3) 保護基を使わない糖鎖高分子の精密合成とレセプター検出への応用
○岡本優, 田中知成
■第65回高分子学会年次大会 (神戸国際会議場・展示場, 2016年5月25‐27日) 
2) シアル酸含有オリゴ糖を用いたトリインフルエンザウイルスと強く結合する糖鎖高分子の合成と機能評価
○周毅婷, 高橋忠伸, 鈴木隆, 三浦佳子, 田中知成
1) 糖鎖高分子の精密重合によるリガンド設計
○三浦佳子, 長尾匡憲, 田中知成, 高橋忠伸, 鈴木隆, 星野友, 瀬戸 弘一
 

学会発表(2015年度)

■International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) (Honolulu, USA, 15-20 December 2015)
16) Synthesis of influenza virus-recognizing glycopolymer via RAFT polymerization and copper-catalyzed azide-alkyne cycloaddition
○Masanori Nagao, Hirokazu Seto, Tomonari Tanaka, Yu Hoshino, Yoshiko Miura
15) Controlled synthesis of periodic copolymers by RAFT polymerization of protecting group-free vinyl ethers and electron-deficient vinyl monomers
○Yohei Yamamoto, Jin Motoyanagi, Tomonari Tanaka, Masahiko Minoda
■第12回日本カテキン学会年次学術大会 (九州大学箱崎キャンパス国際ホール, 2015年12月4-5日)
14) EGCG局所徐放型ゼラチン担体の開発とその骨形成能評価
○本田義知, 田中知成, 徳田知子, 海田浩治, 稗田彩人, 上村直也, 橋本典也, 松本尚之, 今井弘一, 馬場俊輔, 清水谷公成
■平成27年度九州地区高分子若手研究会・冬の講演会 (休暇村「志賀島」, 2015年12月3日)
13) 強いインフルエンザウイルス阻害に向けた糖鎖高分子の合理的設計
○長尾匡憲, 紅林祐希, 瀬戸弘一, 田中知成, 高橋忠伸, 鈴木隆, 星野友, 三浦佳子

■7th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conference (Miyagi, Japan, 12-15 November 2015)
12) Synthesis of well-defined glycopolymers bearing oligosaccharide using post-click chemistry
○Masanori Nagao, Takahiro Oh, Hirokazu Seto, Tomonari Tanaka, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Yu Hoshino, Yoshiko Miura

■平成27年度繊維学会秋季研究発表会 (京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス, 2015年10月22-23日)
11) トリインフルエンザウイルスを標的としたシアル酸含有糖鎖高分子の保護基フリー合成
○周毅婷, 田中知成
10) RAFT重合法を用いた周期性グライコポリマーの精密合成
○山本洋平, 田中知成, 本柳仁, 箕田雅彦

■日本応用糖質科学会平成27年度大会 (奈良春日野国際フォーラム, 2015年9月16-18日)
9) マルトオリゴ糖修飾ポリマーを用いたつるまき重合によるアミロース包接超分子ポリマーの合成とマテリアル化
○筒井淳司, 笹山祥太, 山元和哉, 田中知成, 木村良晴, 門川淳一

■第34回日本糖質学会 (東京大学安田講堂, 2015年7月31日-8月2日)
8) 種々の糖鎖を含有する糖鎖高分子の合成およびその分子認識
○長尾匡憲, 瀬戸弘一, 田中知成, 星野友, 三浦佳子
■第61回高分子研究発表会(神戸) (兵庫県民会館, 2015年7月17日)
7) 保護基フリーな機能基担持ビニルエーテルと電子欠乏性ビニルモノマーとのRAFT共重合を利用した周期性コポリマーの精密合成
○山本洋平, 小栗彩葉, 田中知成, 本柳仁, 箕田雅彦
6) 側鎖にエチニル基を有するポリビニルエーテルのリビングカチオン重合による精密合成
○森亮太, 田中知成, 本柳仁, 箕田雅彦
■第64回高分子学会年次大会 (札幌コンベンションセンター, 2015年5月27-29日)
5) 保護基フリー合成法によるグライコマテリアルの創製
田中知成 [若手招待講演]
4) RAFT living radical polymerization of glycopolymers having various polymer backbones, and molecular recognition
○Masanori Nagao, Hirokazu Seto, Tomonari Tanaka, Yu Hoshino, Yoshiko Miura
3) 分岐状プライマー‐ポリ乳酸コンジュゲートを用いたつる巻き重合による超分子ネットワーク材料の創製
○門川淳一, 山元和哉, 田中知成, 木村良晴
2) 保護基フリーな機能基担持ビニルエーテルと電子欠乏性ビニルモノマーとのRAFT共重合を利用した周期性コポリマーの精密合成
○山本洋平, 小栗彩葉, 田中知成, 本柳仁, 箕田雅彦
1) 側鎖にエチニル基を有するポリビニルエーテルのリビングカチオン重合による精密合成
○森亮太, 田中知成, 本柳仁, 箕田雅彦
 

学会発表(2014年度)

■日本化学会第95回春季年会 (日本大学船橋キャンパス, 2015年3月26-29日)
27) シアロ複合型糖鎖を有する糖鎖高分子の保護基フリー合成とインフルエンザウイルスに対する結合評価
○田中知成, 石溪秀樹, 三浦佳子, 大石健太, 高橋忠伸, 鈴木隆

■The Second Symposium on Advaces in Sustainable Polymers (ASP-15) (Guwahati, India, 21-22 January 2015)
26) Synthesis of Novel Inclusion Supramolecular Polymers Composed of Amylose and Poly(L-lactide) by Vine-Twining Polymerization Using Primer-Guest Conjugates
○Tomonari Tanaka, Shota Sasayama, Kazuya Yamamoto, Yoshiharu Kimura, Jun-ichi Kadokawa [Invited Lecture]

■10th SPSJ International Polymer Conference (Tsukuba, Japan, 2-5 December 2014)
25) Preparation of Supramolecular Polymeric Materials by Vine-Twining Polymerization Using Primer-PolyTHF Conjugate
○Shota Sasayama, Kazuya Yamamoto, Tomonari Tanaka, Jun-ichi Kadokawa

■Society for Glycobiology & Japanese Society of Carbohydrate Research 2014 Joint Annual Meeting (Honolulu, USA, 16-19 November 2014)
24) Protecting-group-free Synthesis and Binding with Influenza Virus of Glycopolymers Bearing Sialyloligosaccharides
○Tomonari Tanaka, Hideki Ishitani, Yoshiko Miura, Kenta Oishi, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki

■第23回ポリマー材料フォーラム (奈良県新公会堂, 2014年11月6-7日)

23) 骨再生を促進する茶カテキン結合ゼラチン架橋体の開発
○田中知成, 本田義知, 徳田知子, 海田浩治, 稗田彩人, 上村直也, 橋本典也, 松本尚之, 今井弘一, 馬場俊輔, 清水谷公成 [広報記者発表]
[新聞掲載] 「京都工芸繊維大・大阪歯科大 新規骨再生材料を開発 茶カテキンとゼラチンで」 (化学工業日報 2014年11月6日)
22) アミロース-ポリ乳酸超分子ポリマーのアセチル化によるフィルム作製
○筒井淳司, 笹山祥太, 山元和哉, 田中知成, 木村良晴, 門川淳一
■Kyoto International Symposium on Neo Fiber Technology (Kyoto, Japan, 2-3 October 2014)
21) Synthesis of Glycopolymers Bearing N-Glycan and Their Binding with Influenza Virus
○Hideki Ishitani, Tomonari Tanaka, Yoshiko Miura, Kenta Oishi, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki
20) Stereoselective Glycosylation Using Dimethoxy Triazine Glycosides as Glycosyl Donors
○Naoya Kikuta, Tomonari Tanaka
19) Preparation of Acetylated Inclusion Supramolecular Polymer Composed of Amylose and Polylactide
○Atsushi Tsutsui, Shota Sasayama, Kazuya Yamamoto, Tomonari Tanaka, Yoshiharu Kimura, Jun-ichi Kadokawa

■第63回高分子討論会 (長崎大学文教キャンパス, 2014年9月24-26日)
18) マルトオリゴ糖-ポリ乳酸コンジュゲートを用いたつる巻き重合によるアミロース包接超分子ポリマー材料の創製
○田中知成, 笹山祥太, 山元和哉, 筒井淳司, 木村良晴, 門川淳一
17) マルトオリゴ糖修飾ポリ乳酸からのつる巻き重合を利用したアミロースのポリ乳酸に対する包接挙動
○田中知成, 笹山祥太, 山元和哉, 木村良晴, 門川淳一
16) シアル酸含有オリゴ糖を用いる糖鎖高分子合成とインフルエンザウイルスとの結合評価
○石溪秀樹, 田中知成, 三浦佳子, 大石健太, 高橋忠伸, 鈴木隆
15) 糖鎖高分子を用いたセンサーによる標的検出
○長尾匡憲, 呉振宇, 瀬戸弘一, 田中知成, 星野友, 三浦佳子
14) マルトオリゴ糖‐ポリTHFコンジュゲートを用いたつる巻き重合による超分子ポリマー材料の創製
○笹山祥太, 山元和哉, 田中知成, 門川淳一
13) 分岐状マルトオリゴ糖-ポリ乳酸コンジュゲートを用いたつる巻き重合によるハイパーブランチ超分子ポリマーの創製
○笹山祥太, 山元和哉, 田中知成, 木村良晴, 門川淳一

■第33回日本糖質学会 (名古屋大学豊田講堂, 2014年8月10-12日)
12) インフルエンザウイルスと結合するシアリルオリゴ糖含有糖鎖高分子の合成と機能評価
○田中知成, 石溪秀樹, 三浦佳子, 大石健太, 高橋忠伸, 鈴木隆
■日本バイオマテリアル学会第9回関西若手研究発表会 (京都大学船井哲良記念講堂, 2014年8月5日)
11) 水中での有機合成法により低反応性小分子化合物(EGCG)を効果的に化学結合させた新規骨再生担体の開発
○本田義知, 田中知成, 徳田知子, 海田浩治, 稗田彩人, 上村直也, 橋本典也, 松本尚之, 今井弘一, 馬場俊輔, 清水谷公成

■第60回高分子研究発表会(神戸)・60周年記念講演会 (兵庫県民会館, 2014年7月24-25日)
10) 脱水縮合剤による無保護糖の直接活性化を基盤とするグライコマテリアルの創製
田中知成 [ヤングサイエンティスト講演賞]
9) シアリルラクトースを側鎖に有する糖鎖高分子の保護基フリー合成とバイオセンシングへの応用
○石溪秀樹, 三浦佳子, 田中知成
■MACRO 2014 (Chiang Mai, Thailand, 6-11 July 2014)
8) Preparation of Inclusion Supramolecular Polymers by Vine-twining Polymerization Approach
○Shota Sasayama, Kazuya Yamamoto, Tomonari Tanaka, Yoshiharu Kimura, Jun-ichi Kadokawa
■第51回化学関連支部合同九州大会 (北九州国際会議場, 2014年6月28日)
7) プライマー-ポリTHFコンジュゲートを用いたつる巻き重合による超分子ポリマーの創製
○笹山祥太, 山元和哉, 田中知成, 門川淳一
6) 糖鎖高分子を用いたセンサーによる標的検出
○長尾匡憲, Zhenyu Wu, 瀬戸弘一, 田中知成, 星野友, 三浦佳子
■第63回高分子学会年次大会 (名古屋国際会議場, 2014年5月28-30日)
5) グリコシルアジドの一段階合成とクリックケミストリーを利用するオリゴ糖鎖グラフト化高分子の合成と金微粒子修飾
○田中知成, 福本浩之, 石溪秀樹, 三浦佳子
4) マルトオリゴ糖修飾ポリTHFを用いたつる巻き重合による超分子ポリマーの合成
○笹山祥太, 田中知成, 山元和哉, 門川淳一
3) つる巻き重合によるアミロース‐ポリ乳酸包接型超分子ポリマーの創製とフィルム形成
○笹山祥太, 山元和哉, 田中知成, 木村良晴, 門川淳一
2) マルトオリゴ糖修飾ポリ乳酸を用いたつる巻き重合による分岐状超分子ポリマーの合成
○笹山祥太, 山元和哉, 田中知成, 木村良晴, 門川淳一
■BIO tech 2014 (第13回国際バイオテクノロジー展/技術会議) アカデミックフォーラム (東京ビッグサイト, 2014年5月14-16日)
1) 糖鎖認識分子検出のためのプローブ開発
田中知成
 

学会発表(2013年度)

■日本化学会第94春季年会 (名古屋大学東山キャンパス, 2014年3月27-30日)
19) チオグリコシドを側鎖に有する糖鎖高分子の保護基フリー精密合成と機能評価
○田中知成, 井上玄理
18) 分岐状マルトオリゴ糖修飾ポリ乳酸を用いるつる巻き重合
○笹山祥太, 山元和哉, 田中知成, 木村良晴, 門川淳一

■産業技術総合研究所第4回触媒化学融合研究センター講演会 (産業技術総合研究所つくばセンター, 2013年11月29日)
17) 保護基を使わない有用糖質化合物の合成とグライコマテリアルへの展開
田中知成 [招待講演]

■京都工芸繊維大学繊維科学センター第4回大阪地区講演会 (綿業会館, 2013年11月20日) [研究紹介]
16) 酵素触媒による新奇な多糖超分子ポリマーの創製
田中知成

■3rd EPNOE International Polysaccharide Conference (Nice, France, 21-24 October 2013)
15) Chemo-enzymatic Synthesis of a Novel Inclusion Supramolecular Polymer Composed of Amylose and Poly(lactic acid)
○Tomonari Tanaka, Shota Sasayama, Kazuya Yamamoto, Yoshiharu Kimura, Jun-ichi Kadokawa

■第3回CSJ化学フェスタ2013 (タワーホール船堀, 2013年10月21-23日)
14) マルトオリゴ糖修飾ポリ乳酸からのつる巻き重合による包接型超分子ポリマーの合成
○笹山祥太, 野村晋太郎, 山元和哉, 田中知成, 木村良晴, 門川淳一

■Japan-Taiwan Bilateral Workshop 2013 (Kagoshima, Japan, 2-4 Octorber 2013)
13) Synthesis of Inclusion Supramolecular Polymer by Vine-twining Polymerization
○Shota Sasayama, Kazuya Yamamoto, Tomonari Tanaka, Yoshiharu Kimura, Jun-ichi Kadokawa

■日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回) (鹿児島大学群元キャンパス・城山観光ホテル, 2013年9月25-27日)
12) ホスホリラーゼを用いる新奇なアミロース包接超分子ポリマーの合成
○田中知成, 笹山祥太, 山元和哉, 木村良晴, 門川淳一

■第62回高分子討論会 (金沢大学角間キャンパス, 2013年9月11-13日)
11) アミロース生成重合場におけるポリ乳酸包接能を利用する超分子ポリマーの合成
○田中知成, 笹山祥太, 山元和哉, 木村良晴, 門川淳一
10) 保護基を使わないチオグリコシド型糖鎖高分子の精密合成
○井上玄理, 田中知成
■第64回FCCAセミナー・FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2013・糖鎖インフォマティクス若手の会 (大阪大学豊中キャンパス, 2013年8月8日)
9) 一段階合成可能となったグリコシルアジドを鍵物質とする糖鎖高分子および多糖超分子の合成
○田中知成, 福本浩之, 石溪秀樹, 笹山祥太, 山元和哉, 門川淳一, 木村良晴
8) シアル酸含有オリゴ糖モノマーおよび糖鎖高分子の保護基フリー合成
○石溪秀樹, 福本浩之, 三浦佳子, 田中知成

■第32回日本糖質学会 (大阪国際交流センター, 2013年8月5-7日)
7) 保護基フリー合成法による遊離オリゴ糖のモノマー化および糖鎖高分子化
○田中知成, 井上玄理, 福本浩之, 石溪秀樹, 三浦佳子

■第59回高分子研究発表会(神戸) (神戸県民会館, 2013年7月12日)
6) 無保護糖の直接チオグリコシド化に立脚した糖質モノマーの保護基フリー合成
○井上玄理, 田中知成
5) グリコシルアジドの一段階合成を基盤とするオリゴ糖のモノマー化と重合
○福本浩之, 田中知成

■第50回化学関連支部合同九州大会 (北九州国際会議場, AIMビル3階展示場, 2013年7月6日)
4) マルトオリゴ糖を修飾したポリ乳酸を用いたつる巻き重合による超分子ポリマーの合成
○笹山祥太, 野村晋太郎, 山元和哉, 田中知成, 木村良晴, 門川淳一

■第62回高分子学会年次大会 (京都国際会館, 2013年5月29-31日)

3) 化学-酵素法による新奇アミロース包接ポリ乳酸超分子ポリマーの合成
○田中知成, 笹山祥太, 野村晋太郎, 山元和哉, 木村良晴, 門川淳一
2) 糖鎖高分子合成のためのチオグリコシドモノマーの保護基フリー合成
○井上玄理, 田中知成
1) クリック反応を用いた簡便な糖質モノマーおよび糖鎖高分子の合成
○福本浩之, 田中知成
 

学会発表(2012年度)

■日本化学会第93春季年会 (立命館大学びわこ・くさつキャンパス, 2013年3月22-25日)
15) オリゴ糖グラフト化ポリマーの合成を指向した糖質モノマーの保護基フリー合成
○田中知成, 井上玄理, 福本浩之
14) マルトオリゴ糖修飾ポリ乳酸を用いたつる巻き重合による超分子ポリマーの合成
○笹山祥太, 野村晋太郎, 山元和哉, 田中知成, 木村良晴, 門川淳一
■Asia-Africa Science Platform Program Establishment of Collaboration Research for 'Neo-Fiber Technology' in Asia and Africa Seminar Series 8 and Annual Report Meeting for 'Neo Fiber Technology' Project 2012-2013 (Kyoto, Japan, 17-19 March 2013)
13) Facile synthesis of oligosaccharide-polylactide conjugates and their unique aggregation behavior
Tomonari Tanaka

■第37回日本応用糖質科学会近畿支部会 (京都市産業技術研究所, 2013年2月7日)
12) 脱水縮合剤を利用する糖質化合物の効率的な化学-酵素合成法の開発
田中知成 [招待講演]

■Kyoto International Symposium on Biodegradable and Biobased Polymers (Kyoto Institute of Technology, Japan, 9-10 December 2012)
11) Facile Protecting-group-free Synthesis and Unique Aggregation Behavior of Oligosaccharide-Poly(lactic acid) Conjugates
○Tomonari Tanaka, Hiroyuki Fukuhara, Yoshiharu Kimura
10) Facile Protecting-group-free Synthesis of Thioglycoside Monomers for Glycopolymers
○Genri Inoue, Tomonari Tanaka
9) Facile Protecting-group-free Synthesis of Triazole-linked Glycomonomers for Glycopolymers
○Hiroyuki Fukumoto, Tomonari Tanaka
■日本化学繊維研究所講演会 (京都大学桂キャンパス, 2012年11月13日)
8) 構造制御されたポリ乳酸コアを有する機能性ポリマーミセルの開発とそのゾル-ゲル転移挙動
○木村良晴, 徐于懿, 中嶋(有元)真帆, 田中知成
■第61回高分子討論会 (名古屋工業大学, 2012年9月19-21日)
7) クリックケミストリーによる簡便なポリ乳酸末端のオリゴ糖修飾
○田中知成, 福原浩之, 木村良晴
6) クリックケミストリーによるオリゴ糖モノマーの保護基フリー合成と重合
○田中知成
5) マルトオリゴ糖修飾ポリ乳酸を用いるホスホリラーゼ酵素触媒重合による超分子ポリマーの合成
○野村晋太郎, 田中知成, 木村良晴, 山元和哉, 門川淳一
■26th International Carbohydrate Symposium (Madrid, Spain, 22-26 July 2012)
4) Protecting-group-free Synthesis of Saccharide-terminated Polylactides by Direct Azidation of Unprotected Sugar and Click Chemistry
○Tomonari Tanaka, Hiroyuki Fukuhara, Yoshiharu Kimura
■第58回高分子研究発表会(神戸) (兵庫県民会館, 2012年7月13日)
3) 脱水縮合剤を用いる重合性糖モノマーの保護基フリー合成
○井上玄理, 田中知成
■第22回バイオ・高分子シンポジウム (東京大学先端科学技術センター, 2012年6月25-26日)
2) 糖修飾ポリ乳酸の保護基フリー合成と会合挙動解析
○田中知成, 福原浩之, 中嶋元, 木村良晴
第61回高分子学会年次大会
(パシフィコ横浜, 2012年5月29-31日)
1) 無保護糖直接活性化法とクリックケミストリーによるオリゴ糖修飾ポリ乳酸の保護基フリー合成
○田中知成, 福原浩之, 中嶋元, 木村良晴
 

学会発表(2011年度)

■日本農芸化学会2012年度大会 (京都女子大学, 2012年3月22-25日)
7) 一段階合成可能なDMT糖を利用するアミノオリゴ糖の化学-酵素合成
○田中知成, 和田有功, 野口真人, 小林厚志, 大沼貴之, 深溝慶, 正田晋一郎

■KRICT-KIT Joint Workshop on Biobased Materials (Daejeon, Korea, 27 February 2012)
6) Protecting-group-free Synthesis of Useful Carbohydrate Derivatives by Using Dehydrative Condensing Agent
Tomonari Tanaka  [Invited]

■第1回4大学連携研究フォーラム (京都工芸繊維大学, 2011年12月9日)
5) オリゴ糖鎖に適用可能な糖鎖高分子の保護基フリー合成
○福原浩之, 田中知成, 木村良晴
■日本応用糖質科学会平成23年度大会 (北海道大学, 2011年9月28-30日)
4) Thermotoga maritima由来 GH51 α-L-アラビノフラノシダーゼのX 線結晶構造解析
○IM Do-Hyun, 早坂文孝, 田中知成, 野口真人, 小林厚志, 正田 晋一郎, 宮崎健太郎, 伏信進矢, 若木高義

■第60回高分子討論会 (岡山大学, 2011年9月28-30日)
3) オリゴ糖による末端修飾ポリ乳酸の保護基フリー合成
○福原浩之, 田中知成, 木村良晴

■第30回日本糖質学会年会 (長岡リリックホール・ハイブ長岡, 2011年7月11-13日)
2) 水溶液中における無保護糖の一段階チオピリジル化
○石原正規, 吉田尚生, 野口真人, 田中知成, 小林厚志, 正田晋一郎

■9th Carbohydrate Bioengineering Meeting (Lisbon, Portugal, 15-18 May 2011)
1) X-ray crystallography of GH51 alpha-L-arabinofuranosidase from Thermotoga maritima
○Do-Hyun Im, Shinya Fushinobu, Fumitaka Hayasaka, Tomonari Tanaka, Masato Noguchi, Atsushi Kobayashi, Shin-ichiro Shoda, Kentaro Miyazaki, Takayoshi Wakagi