立花 幸司

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/14 19:47
 
アバター
研究者氏名
立花 幸司
 
タチバナ コウジ
eメール
koji-tkumamoto-u.ac.jp
URL
https://kumamoto-u.academia.edu/KojiTachibana
所属
熊本大学
部署
文学部
職名
准教授
学位
博士(学術)(東京大学)
その他の所属
ジョージタウン大学メディカルセンターオックスフォード大学哲学部
科研費研究者番号
30707336
Twitter ID
tachibanakoji
ORCID ID
0000-0001-5203-7081

プロフィール

1979年度 東京生まれ、千葉育ち。
「〈よくなる〉とはどういうことか」という切り口から、倫理学上の諸問題に取り組んでいます。

卒論 「第二次性質と倫理学の哲学――マクダウェルのマッキー批判」(2003年3月,早稲田,学士(文学))
修論 「アリストテレスにおける行為の概念について」(2006年3月,東大,修士(学術))
博論 「Philosophical Basis of Aristotle's Theory of Moral Education in the Nicomachean Ethics」(2012年2月, 東大,博士(学術))

研究分野

 
 

経歴

 
2017年2月
 - 
現在
オックスフォード大学 哲学部 客員研究員
 
2015年1月
 - 
現在
ジョージタウン大学メディカルセンター ペレグリノ臨床生命倫理センター脳神経倫理学研究プログラム 国際連携研究員
 
2013年4月
 - 
現在
東京大学 大学院医学系研究科(医療倫理学) 業務協力者
 
2013年4月
 - 
現在
熊本大学 文学部 准教授
 
2012年12月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院医学系研究科(医療倫理学) 特任研究員
 
2010年3月
 - 
2011年3月
オックスフォード大学 オリエル・カレッジ 客員研究員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
日本学術振興会 特別研究員PD(千葉大学 大学院人文社会科学研究科)
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会 特別研究員DC2(東京大学 大学院総合文化研究科)
 

学歴

 
 
 - 
2012年2月
東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系 博士課程 修了 博士(学術)
 
2006年4月
 - 
2009年3月
東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系 博士課程 単位取得退学
 
2003年4月
 - 
2006年3月
東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系 修士課程 修士(学術)
 
1999年4月
 - 
2003年3月
早稲田大学 第一文学部 総合人文学科哲学専修 学士(文学)
 

書籍等出版物

 
信原幸弘(編) (担当:分担執筆, 範囲:「社会性と社会脳」)
新曜社   2017年7月   ISBN:4788515253
今野晴貴, 奥田愛基, ドミニク・チェン, 飯田泰之, 立花幸司 (担当:共著, 範囲:「アリストテレス:幸福・労働・エンハンスメント」)
堀之内出版   2016年12月   ISBN:4906708323
太田 紘史, 小田 亮, 田中 泉吏, 飯島 和樹, 永守 伸年, 信原 幸弘, 片岡 雅知, 立花 幸司, 吉田 敬 (担当:共著, 範囲:第8章「徳と状況:徳倫理学と状況主義の論争」)
春秋社   2016年5月   ISBN:4393323653
【書評】近藤智彦(2016)「科学との協働に取り組む新たな哲学研究の全容を伝える――日本語による初めての論考集」『図書新聞』第3278号
http://www.toshoshimbun.com/books_newspaper/week_description.php?shinbunno=3278&syosekino=9846
荻野 弘之, 河谷 淳, 篠澤 和久, 金子 善彦, 松浦 和也, 神崎 繁, 山内 志朗, 坂下 浩司, 立花 幸司, 森 一郎 (担当:共著, 範囲:「哲学業界における二つの不在:アリストテレスと現代の教育哲学」)
理想社   2016年3月   ISBN:4650006961
アリストテレス (担当:共訳)
光文社(光文社古典新訳文庫)   2016年1月   ISBN:4334753248
渡辺邦夫氏との共訳。
アリストテレス (担当:共訳)
光文社(光文社古典新訳文庫)   2015年12月   ISBN:4334753221
渡辺邦夫氏との共訳。
ダニエル・C・ラッセル(編)
春秋社   2015年9月   ISBN:439332353X
立花幸司(監訳)、相澤康隆+稲村一隆+佐良土茂樹(翻訳)
山口大学時間学研究所(監修) (担当:共著, 範囲:第八章「見えないものをみる:徳倫理学の立場から考える防災の倫理学」)
恒星社厚生閣   2015年3月   ISBN:4769915624
執筆者は、執筆順に、曽根好徳、寒川旭、金折裕司、鈴木素之、山本晴彦、今林隆史、今井信雄、立花幸司。
勢力尚雅(編著) (担当:共著, 範囲:第五章「弱さを認めて強くなる:個人の有徳な倫理性に頼らない科学技術倫理学の構築へ向けて」)
梓出版社   2015年3月   ISBN:4872620364
執筆者は、執筆順に、勢力尚雅、田中基寛、古田徹也、佐々木慎吾、立花幸司、矢島壮平、西塚俊太、高橋幸平、横田理博。
フィリッパ・フット (担当:共訳, 範囲:第四章および第五章)
筑摩書房   2014年4月   ISBN:4480843027
高橋久一郎(監訳)、河田健太郎、立花幸司、壁谷彰慶(翻訳)

【書評】林誓雄(2015)「フィリッパ・フット『人間にとって善とは何かー徳倫理学入門』高橋久一郎監訳、河田・立花・壁谷訳」『イギリス哲学研究』(38): 75-76, 2015年3月 http://www.jsbph.org/journal.html
科学・技術・倫理百科事典翻訳編集委員会 監訳 (担当:共訳, 範囲:事項翻訳「生態学的健全性(ecological integrity)」「ジョン・ロールズ(John Rawls)」)
丸善出版   2012年1月   ISBN:4621083872
勢力尚雅(編) (担当:共著, 範囲:第5章「科学技術の倫理の学び方:学習方法の視点から」,コラム5「科学技術の倫理と市民参加」)
梓出版社   2011年3月   ISBN:4872620240
【書評】横田理博(2013)「 勢力尚雅(編)『科学技術の倫理学』について」『電気通信大学紀要』25(1): 9-22.  http://ir.lib.uec.ac.jp/infolib/user_contents/9000000660/9000000660.pdf
ドナルド・デイヴィドソン(著) (担当:共訳, 範囲:第15論文「プラトンの哲学者」,第16論文「ソクラテスの真理概念」,第17論文「弁証と対話」,第18論文「ガダマーとプラトンの『ピレボス』」,第19論文「アリストテレスの行為」)
春秋社   2010年12月   ISBN:4393323254
柏端達也+立花幸司+荒磯敏文+尾形まり花+成瀬尚志(翻訳)

書評;『科学哲学』2011, 44(2): 135-138(http://ci.nii.ac.jp/naid/40019182177)
信原 幸弘, 原 塑, 山本 愛実 (編著) (担当:共著, 範囲:第6章「道徳:理性主義と感情主義」)
勁草書房   2010年10月   ISBN:4326102012
中村 靖子(編), 大平 英樹, 畝部 俊也, 佐藤 德, 吉武 純夫, 兼本 浩祐, 柴田 正良, 余語 真夫, H・M・シュラルプ, 飯高 哲也, 葉柳 和則, 今福 龍太(著) (担当:共著, 範囲:コラム「哲学書を読む脳科学者たち」)
松籟社   2010年3月   ISBN:4879842834
Applied Ethics: Perspectives from Asia and Beyond
Kohji ISHIHARA and Shunzo MAJIMA (eds.) (担当:共著, 範囲:Chapter 4, "An Inquiry into the Relationship between Public Participation and Moral Education in Contemporary Japan: Who decides your way of life?")
Center for Applied Ethics and Philosophy, Hokkaido University   2008年5月   ISBN:978-4-9904046-0-4

論文

 
Koji Tachibana
American Journal of Bioethics: Neuroscience   8(1) W6-W7   2017年3月   [査読有り]
As a part of "Selected Abstracts From the 2016 International Neuroethics Society Annual Meeting" (pp. W1-W17) (Received 09 Dec 2016, Accepted 09 Dec 2016, Published online: 22 Mar 2017)
Koji Tachibana
先端倫理研究   (11) 17-32   2017年3月
「科学研究費助成事業データベースを手がかりにみる我が国の教育哲学研究の在処」(『Humanitas: 玉川大学人文科学研究センター年報』,2016年,第7号,pp. 107–118.)に、アップデート、加筆、修正等をくわえて英語にしたもの。
Eisuke Nakazawa*, Keiichiro Yamamoto*, Koji Tachibana*, Soichiro Toda, Yoshiyuki Takimoto, Akira Akabayashi (*equal contribution)
American Journal of Bioethics: Neuroscience   7(2) 110-117   2016年7月   [査読有り]
立花 幸司, 立花 正一, 井上 夏彦
宇宙航空研究開発機構編『人文・社会科学研究活動報告集—2015年 までの歩みとこれから』(JAXA-SP-15-017)   101-123   2016年3月
立花幸司:熊本大学文学部准教授
立花正一:防衛医科大学校防衛医学研究センター異常環境衛生研究部門教授
井上夏彦:宇宙航空開発研究機構有人宇宙技術部門宇宙飛行士運用技術ユニット宇宙医学生物学研究グループ主任開発員
科学研究費助成事業データベースを手がかりにみる我が国の教育哲学研究の在処
立花 幸司
Humanitas: 玉川大学人文科学研究センター年報   (7) 107-118   2016年3月   [招待有り]
訂正一覧:
p. 114:図6の「哲学・倫理」は削除
p. 114:図6の「基礎看護学→基礎看護学」は「基礎看護学→基礎看護学→基礎看護学」に修正
p. 116:図9の二つの「心理学」を一つにし、2件とする。
p. 116:図10の二つの「心理学」を一つにし、「1%」とする。
(※改訂版の英語版では修正済み。)
立花 幸司
『理想:特集 アリストテレス—その伝統と刷新』   (696) 100-113   2016年3月
ISBN: 978-4-650-00696-4
立花 幸司
成城大学共通教育論集   (5) 75-91   2013年3月   [査読有り]
Koji Tachibana
Studia Classica   3 21-67   2012年12月   [査読有り]
微修正の上、『九州地区国立大学教育系・文系研究論文集』第一巻第一号(2013年10月)に再録(http://id.nii.ac.jp/1066/00000178/)。
立花幸司
成城文藝   (220) 36-54   2012年9月   [査読有り]
Koji Tachibana
東京大学      2012年2月   [査読有り]
学位論文、博士(学術)、pp. vi+227
Koji Tachibana
科学哲学   42(2) 41-58   2009年12月   [査読有り][招待有り]
Neuroscientific claims have a significant impact on traditional philosophy. This essay, focusing on the field of moral neuroscience, discusses how and why philosophy can contribute to neuroscientific progress. First, viewing the interactions betwe...
Koji Tachibana
Applied Ethics: Perspectives from Asia and Beyond   26-39   2008年7月   [査読有り]
邦訳→ https://sites.google.com/site/tachibanakojiphilosophy/Home/ronbun/tachibana2008_j
立花 幸司
哲学・科学史論叢   10 13-36   2008年1月   [査読有り]
立花 幸司
哲学・科学史論叢   9 91-122   2007年1月   [査読有り]

Misc

 
書評:Carlo Natali, ed., Aristotle: Nicomachean Ethics, Book VII. Pp. viii;296, Oxford UP 2009. £63.00.
立花 幸司
西洋古典学研究   61 165-167   2013年3月   [依頼有り]
立花幸司
社会技術研究開発事業研究開発領域「科学技術と人間」研究開発プログラム「21世紀の科学技術リテラシー」研究開発プロジェクト「文理横断的教科書を活用した神経科学リテラシーの向上」研究開発実施終了報告書(研究代表者;信原幸弘)   58-62   2009年11月
執筆担当部分は,「4.4.2. 神経科学リテラシーとは何か」(pp. 30-62)の一部であり,節番号は「4.4.2.4.」.
JST/RSTEX内で該当するURLは以下の二つ.
「http://www.ristex.jp/examin/science/literacy/index.html」
「http://www.ristex.jp/examin/science/literacy/textbook.html」
立花幸司
エンハンスメント・社会・人間性(UTCP Booklet, vol. 8)   83-102   2009年3月
Toward a Good Relationship between Brain Science and Society: STS, Philosophy of Science, and Neuroethics
立花幸司
The Proceedings of 2nd East Asian STS Student Workshop,   121-133   2008年1月
The Possibility of Civic Virtue in present-day Japan: Consensus Conference, Jury System and Moral Education
立花幸司
The Proceedings of Applied Ethics: The Second International Conference in Sapporo   216-228   2007年11月   [査読有り]
科学技術者を対象とした予防倫理の効果的な運用と哲学者の参与について─事例研究と市民の徳の観点から─
立花幸司
科学史・科学哲学   20 27-39   2007年3月
アリストテレスにおける行為の概念について
立花幸司
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻相関基礎科学系 (修士論文)   I-III + 1-111   2006年1月

講演・口頭発表等

 
デイヴィッド・ロスについての一考察:道徳規則と道徳知覚
立花 幸司
西日本哲学会第67回大会   2016年12月3日   
立花 幸司
10th Kumamoto University Bioethics Roundtable   2016年11月20日   Kumamoto University
立花 幸司
International Neuroethics Society--10th Annual Meeting   2016年11月11日   International Neuroethics Society
立花 幸司
2016年11月10日   Swartz Center for Computational Neuroscience (SCCN), the University of California San Diego (UCSD)
立花 幸司
SoCIA2016: Social and Conceptual Issues in Astrobiology   2016年9月25日   the International Society for the History, Philosophy and Social Studies of Biology
立花 幸司
日本倫理学会第66回大会   2015年10月3日   日本倫理学会
主題別討議「最近の徳倫理学の展開」
実施責任者:荻原理(東北大学)
提題者:渡辺邦夫(茨城大学)、神崎繁(専修大学)、立花幸司
立花 幸司
玉川大学学術研究所人文科学研究センター平成27年度第2回公開講演会   2015年9月19日   玉川大学学術研究所人文科学研究センター
【モラル・エンハンスメントと教育に関する講演】
立花 幸司
Gerogetown University Medical Center   2014年12月8日   
立花 幸司
The 13th International Society of Utilitarian Studies   2014年8月21日   国際功利主義学会
公募セッション「Brain-Machine Interface and Human Well-Being Reconsidered」

企画者:立花幸司(熊本大学)
司会:Robert Sparrow (Monash Univ.)
提題者(提題順):中澤栄輔(東京大学)、山本圭一郎(東京大学)、立花幸司(熊本大学)
徳と状況
立花 幸司
日本哲学会第73回大会   2014年6月29日   
公募ワークショップ「道徳心理学の最前線」

オーガナイザー:太田紘史(京都大学/東京大学)
提題者(提題順):田中泉吏(慶応義塾大学)、立花幸司、太田紘史(京都大学/東京大学)
Moral Neuroscience and Aristotelian Practical Wisdom
立花 幸司
44th Annual Conference of the International Society for the Comparative Study of Civilizations   2014年6月12日   
June 11-14, 2014, Monmouth University, New Jersey, USA
(The theme of this year's conference is "Can Collective Wisdom Save Civilization"?)
徳と視力
立花 幸司
日本倫理学会第64回大会   2013年10月4日   
ワークショップ「アリストテレスと徳倫理学の可能性」

実施責任者(企画、オーガナイザー):立花幸司
提題者(提題順):相澤康隆(三重大学)、稲村一隆(学振PD、慶應義塾大学)、立花幸司
立花 幸司
23rd World Congress of Philosophy   2013年8月7日   
University of Athens, Greece
立花幸司
First Conference on Contemporary Philosophy in East Asia   2012年9月   Institute of European and American Studies, Academia Sinica; National Tsing-Hua University; National Yang-Ming University, Taiwan
立花幸司
哲学会 カントアーベント   2012年4月   哲学会
科学技術の倫理と教育
立花幸司
2011年度STS学会年次研究大会・総会(第10回・ワークショップ)   2011年12月   
兼オーガナイザー(司会)
ワークショップ名「科学技術のエートス――そのあり方と倫理を再考する」
提題者(提題順):勢力尚雅(日本大学),田坂さつき(立正大学),水谷光(湘南工科大学),生田目昭彦(社会福祉法人訪問の家「朋」),立花幸司
アリストテレス倫理学における「教育」の問題と意義
立花幸司
日本倫理学会(第62回大会・一般発表)   2011年10月   
運と教育―アリストテレス倫理学の一側面―
立花幸司
日本哲学会(第68回大会・一般発表)   2009年5月   
実験系のための道徳哲学(史)入門 [招待有り]
立花幸司
心理学セミナー「道徳と規範の哲学・心理学・神経科学」   2008年12月   大平英樹
立花幸司
日本科学哲学会(第41回大会・シンポジウム)   2008年10月   [司会]横山輝雄 [提題者]坂上雅道・鈴木貴之・立花幸司
シンポジウム名「脳科学と社会」
立花幸司
日本心理学会(第72回大会・ワークショップ)   2008年9月   [提題者]大平秀樹(兼司会)・中村靖子・立花幸司
ワークショップ名「Affective Neuroscience for Psychologists 8 -感情の神経科学と人文学‐」
Toward a Good Relationship between Brain Science and Society: STS, Philosophy of Science, and Neuroethics
立花幸司
2nd East Asian STS Student Workshop(一般発表)   2008年1月   
The Possibility of Civic Virtue in present-day Japan: Consensus Conference, Jury System and Moral Education
立花幸司
Applied Ethics: The Second International Conference in Sapporo(一般発表)   2007年11月   
道徳性の脳神経科学とその哲学的検討
立花幸司
日本科学哲学会(第40回大会・一般発表)   2007年11月   
アリストテレスの実践的推論とその生理的側面について
立花幸司
科学基礎論学会(秋の研究例会・一般発表)   2005年10月   

学会WS等企画・実施

 
2016年9月   ワークショップ「徳倫理学ワークショップ4 非アリストテレス的な徳倫理(1)」
名称:日本倫理学会第67回大会
企画&司会:立花幸司
提題者(提題順):早川正祐(三重県立看護大学)、相澤康隆(三重大学)
会場:早稲田大学戸山キャンパス
日付:2016年9月30日
使用言語:日本語
2015年10月   ワークショップ「徳倫理学ワークショップ3 生命・医療倫理学と徳倫理学」
名称:日本倫理学会第66回大会
企画&司会:立花幸司
提題者(提題順):伊吹友秀(東京理科大学)、門岡康弘(熊本大学)、中澤栄輔(東京大学)
会場:熊本大学黒髪北キャンパス
日付:2015年10月2日
使用言語:日本語
http://jse.trustyweb.jp/2015/09/64_3.html
2014年10月   ワークショップ「徳倫理学ワークショップ2 翻訳と展望」
名称:日本倫理学会第65回大会
企画&司会:立花幸司
提題者(提題順):土橋茂樹(中央大学)、古牧徳生(名寄市立大学)、児玉聡(京都大学)
会場:一橋大学国立キャンパス
日付:2014年10月3日
使用言語:日本語
2014年8月   Session: Brain-Machine Interface and Human Well-Being Reconsidered
名称:The 13th International Society of Utilitarian Studies
企画:立花幸司
司会:Robert Sparrow (Monash Univ. Australia)
提題者(提題順):中澤栄輔(東京大学)、山本圭一郎(東京大学)、立花幸司(熊本大学)
会場:横浜国立大学
日付:2014年8月21日
使用言語:英語
2013年11月   ワークショップ「徳倫理学の自然化」
名称:日本科学哲学会第46回大会
企画&司会:立花幸司
提題者(提題順):高橋久一郎(千葉大学)、河田健太郎(武蔵野大学)、壁谷彰慶(千葉大学)
会場:法政大学市ヶ谷キャンパス
日付:2013年11月24日
使用言語:日本語
2013年10月   ワークショップ「アリストテレスと徳倫理学の可能性」
名称:日本倫理学会第64回大会
企画&司会:立花幸司
提題者(提題順):相澤康隆(三重大学)、稲村一隆(学振PD・慶應義塾大学)、立花幸司
会場:愛媛大学城北キャンパス
日付:2013年10月4日
使用言語:日本語
2011年12月   ワークショップ「科学技術のエートス――そのあり方と倫理を再考する」
名称:科学技術社会論学会第10回大会
企画&司会:立花幸司
提題者(提題順):勢力尚雅(日本大学理工学部)、田坂さつき(立正大学文学部)・水谷光(湘南工科大学工学部)・生田目昭彦(社会福祉法人訪問の家「朋」施設長)、立花幸司
会場:京都大学吉田キャンパス
日付:2011年12月3日
使用言語:日本語

委員歴

 
2015年4月
 - 
2017年3月
西日本哲学会  幹事
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 立花 幸司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 信原 幸弘
立花は五名いる研究分担者のうちの一人。
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 立花 幸司
サントリー文化財団: 人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成
研究期間: 2013年8月 - 2014年7月    代表者: 太田 紘史
立花は五名いる研究分担者のうちの一人。
日本学術振興会: 優秀若手研究者海外派遣事業
研究期間: 2010年3月 - 2011年3月    代表者: 立花幸司
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(PD)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 立花幸司
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(DC2)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 立花幸司

社会貢献活動

 
世界の拡げ方入門:〈教養〉の向こう側を覗いてみよう
【講師】  宮崎県立宮崎北高等学校  平成28年度教養講座  2017年1月21日 - 2017年1月21日
知的興奮ノススメ:「勉強」の先にあるもの
【講師】  熊本県立宇土高等学校  ロジックプログラムⅡ  2016年10月14日 - 2016年10月14日
人文学のチカラ:文理を超えた文系への道
【講師】  熊本県立熊本西高等学校  平成27年度系統別模擬授業  2015年11月13日 - 2015年11月13日
【講師】  大分県立竹田高等学校  大学等模擬授業  2013年11月12日 - 2013年11月12日
なぜ哲学は面白いのか~言葉だけで勝負する学問~
【講師】  熊本大学教育学部附属中学校  第六回 学びの交流会  2013年9月26日 - 2013年9月26日