只木進一

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/23 15:35
 
アバター
研究者氏名
只木進一
 
タダキ シンイチ
eメール
tadakicc.saga-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00202169.ja.html
所属
佐賀大学
部署
工学系研究科
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)
科研費研究者番号
00202169
ORCID ID
0000-0002-9375-1713

プロフィール

北海道出身。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。
大学院在籍時は、ブラックホールなどの強い重力場中の量子論、熱力学などの研究を行った。佐賀大学への着任後は、知的教育システム、学術情報システムの運用技術の研究をおこなうとともに、交通流の物理モデルについて研究を行ってきた。交通流については、モデル、シミュレーション、実測データ解析、実験と様々な側面から研究を行っている。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年10月
 - 
現在
佐賀大学 工学系研究科 教授
 
2006年4月
 - 
2014年3月
佐賀大学 総合情報基盤センター センター長
 
2000年10月
 - 
2013年9月
佐賀大学 学術情報処理センター 教授
 
2000年4月
 - 
2000年9月
佐賀大学 理工学部 教授
 
1990年4月
 - 
2000年3月
佐賀大学 理工学部 助教授
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1987年4月
東北大学大学院 理学研究科 物理学第二専攻
 
1978年4月
 - 
1982年3月
東北大学 理学部 物理学科
 

論文

 
Nakayama A, Kikuchi M, Shibata A, Sugiyama Y, Tadaki S.-I, Yukawa S.
New Journal of Physics   18(4)    2016年   [査読有り]
Yoshiaki Watanabe, Makoto Otani, Hirofumi Eto, Kenzi Watanabe, Shin Ichi Tadaki
15th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium: "Integrated Management of Network Virtualization", APNOMS 2013      2013年12月
The authors have been developing a Web based network user authentication system 'Opengate'. In the system, a user is required to type his/her password through the Web page before connecting to the Internet. Recently, types of terminal devices have...
S. Tadaki, M. Kikuchi, M. Fukui, A. Nakayama, K. Nishinari, A. Shibata, Y. SUgiyama, T. Yosida and S. Yukawa
New Journal of Physics   15(10) 103034   2013年10月   [査読有り]
MATSUBARA Yoshitsugu, HIEIDA Yasuhiro, TADAKI Shin-Ichi
Eur Phys J B Condens Matter Complex Syst   86(9) 1-5   2013年9月

Misc

 
大谷 誠, 江藤 博文, 渡辺 健次, 只木 進一, 渡辺 義明
情報処理学会研究報告. IOT, [インターネットと運用技術]   2012(12) 1-6   2012年9月
タブレットやスマートフォンなどキャンパスネットワークへの接続端末が急速に多様化している.我々はこれらに対応できキャンパス規模で運用可能な認証システム OpengateM を提案した.このシステムはゲートウェイを通過するパケットの送信元 MAC アドレスを検査してパケットの通過を制御し,利用者のログを取る.多数端末に対して MAC アドレスと所有者の情報を円滑に登録管理するために,今回,管理者が介在する登録システムに加えて, Captive Portal 型の登録システムを提案する.また負荷...
大谷 誠, 江藤 博文, 渡辺 健次, 只木 進一, 渡辺 義明
情報処理学会研究報告. EVA, [システム評価]   2012(12) 1-6   2012年9月
タブレットやスマートフォンなどキャンパスネットワークへの接続端末が急速に多様化している.我々はこれらに対応できキャンパス規模で運用可能な認証システム OpengateM を提案した.このシステムはゲートウェイを通過するパケットの送信元 MAC アドレスを検査してパケットの通過を制御し,利用者のログを取る.多数端末に対して MAC アドレスと所有者の情報を円滑に登録管理するために,今回,管理者が介在する登録システムに加えて, Captive Portal 型の登録システムを提案する.また負荷...
只木 進一, 江藤 博文, 大谷 誠
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(22) 45-50   2012年5月
只木 進一, 江藤 博文, 大谷 誠, 渡辺 健次
電子情報通信学会技術研究報告. ICM, 情報通信マネジメント   112(22) 45-50   2012年5月
大学の業務の情報化に伴って、認証基盤整備の重要性が増している。佐賀大学では、2010年3月の更新時に、基本的情報の経路の合理化・自動化と「学認」に対応した属性整理・拡張を行った。また、評価用情報システムとの連携により、教員の所属情報の整備を行った。整備のポイントと今後の展望について議論する。
渡辺 義明, 大谷 誠, 江藤 博文, 渡辺 健次, 只木 進一
電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理   111(484) 143-148   2012年3月
タブレット型を始めとする多様な携帯端末の普及により,Web認証型の利用者用ネットワーク管理は改善を求められている.一方,組織内ネットワークとして適切に利用者認証が必要であることには変わりがない.そのため,従来のWeb型利用者認証を補完するMACアドレス認証システムを提案する.提案システムは,利用者認証情報と連携した端末情報を管理,更新および記録し,利便性とセキュリティを保持することが可能である.