稲垣 忠

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/18 11:32
 
アバター
研究者氏名
稲垣 忠
 
イナガキ タダシ
eメール
tinagakimail.tohoku-gakuin.ac.jp
URL
http://www.ina-lab.net/
所属
東北学院大学
部署
教養学部 人間科学科
職名
教授
学位
修士(教育学)(金沢大学大学院), 博士(情報学)(関西大学大学院)
その他の所属
東北学院大学大学院
科研費研究者番号
70364396
Twitter ID
slty022

プロフィール

 ネットワーク社会と言われる現代では、コミュニケーションの在り様が大きく変容しています。

 教育の分野でも先生が教え、生徒が受け取る一方向の「コミュニケーション」のイメージでは捉えきれない、さまざまな学習形態があります。 ネットワーク技術や、社会そのものがネットワーク構造を取り込んだものへと変容していく中で、教育の方法、学びの場、学校という制度、さらには知識そのものはどう変わりつつあるのかを見ていきたい、というのが研究関心です。

 具体的には小~高のさまざまな学校現場にかかわりながら、情報教育、教育の情報化、インストラクショナル・デザインなどを切り口に研究を展開しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東北学院大学 教養学部 教授
 
2007年4月
 - 
2017年3月
東北学院大学 教養学部 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
東北学院大学 教養学部 助教授
 
2003年4月
 - 
2006年3月
東北学院大学 教養学部 専任講師
 

学歴

 
 
 - 
2003年
関西大学 情報学研究科 総合情報学専攻
 
 
 - 
2000年
金沢大学 教育学研究科 学校教育
 
 
 - 
1998年
金沢大学 教育学部 総合科学課程
 

委員歴

 
2016年5月
 - 
現在
仙台市情報モラル教育推進会議  アドバイザ
 
2016年4月
 - 
現在
日本教育工学協会  副会長
 
2016年2月
 - 
2016年8月
文科省2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会  座長代理
 
2015年10月
 - 
現在
日本教育メディア学会  研究会委員会委員長
 
2015年9月
 - 
現在
日本教育情報化振興会  ICT活用教育アドバイザー派遣事業 企画評価委員
 
2015年8月
 - 
現在
日本教育情報化振興会  ICT を活用した教育の推進計画作成促進のための調査研究 学習支援系ネットワーク構築に関する調査研究WG委員
 
2015年8月
 - 
現在
中央教育研究所  学習者用デジタル教科書委員会
 
2015年6月
 - 
現在
日本教育工学会  研究会委員会委員長
 
2014年12月
 - 
現在
文部科学省  先導的な教育体制構築事業 新たな学び推進ワーキンググループ委員
 
2014年4月
 - 
現在
郡山市  情報教育検討委員会委員
 
2013年6月
 - 
現在
日本教育工学会  理事
 
2013年4月
 - 
現在
新地町  ICT活用協議会委員
 
2012年8月
 - 
現在
日本教育メディア学会  理事
 
2012年6月
 - 
現在
文科省  情報活用能力調査に関する協力者会議委員
 
2012年4月
 - 
現在
仙台市教育委員会「教育の情報化研究委員会」  有識者委員
 
2012年4月
 - 
現在
NHK  学校放送番組「歴史にドキリ」番組委員
 
2010年7月
 - 
現在
仙台市教育委員会 仙台版『たくましく生きる力』育成プログラム開発検討会議委員
 
2006年10月
 - 
現在
日本教育工学研究協議会理事
 
2006年10月
 - 
現在
教育メディア学会  研究会委員
 
2003年
 - 
現在
放送教育研究会全国大会  指導講師
 
2012年8月
 - 
2015年10月
日本教育メディア学会  研究会委員会副委員長
 
2013年6月
 - 
2015年5月
日本教育工学会研究会委員会  副委員長
 
2014年7月
 - 
2015年3月
鳥取県  鳥取県ICT活用教育推進協議会委員
 
2014年5月
 - 
2015年3月
日本教育情報化振興会  ICTを活用した授業普及のための教育コンテンツ研究会 座長
 
2011年7月
 - 
2014年12月
日本教育工学会大会企画委員会  委員
 
2012年7月
 - 
2014年3月
文科省  学びのイノベーション推進協議会小中学校ワーキンググループ委員
 
2011年9月
 - 
2014年3月
CEC「ICT支援員養成に関する調査研究事業」  委員
 
2007年6月
 - 
2013年6月
日本教育工学会理事会評議委員
 
2012年5月
 - 
2013年3月
宮城県教育委員会検証改善委員会  委員
 
2012年5月
 - 
2013年3月
みやぎICT教育推進会議  有識者
 
2011年7月
 - 
2012年3月
文部科学省委託事業「国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究」  企画委員
 
2010年8月
 - 
2012年3月
総務省「東日本地域におけるICTを利活用した協働教育の実証に関する全体委員会」委員
 
2008年6月
 - 
2011年6月
日本教育工学会企画委員会委員
 
2010年6月
 - 
2011年3月
教育ICT活用普及促進協議会企画委員会委員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
宮城県教育委員会 みやぎICT教育推進会議委員
 
2004年4月
 - 
2011年3月
仙台市教育委委員会 情報教育研究推進委員会委員
 
2009年12月
 - 
2010年3月
仙台市教育委員会 仙台版『応用力』育成プログラム開発検討会議委員
 
2009年11月
 - 
2010年3月
仙台市電子黒板等活用調査研究委員会 委員長
 
2009年4月
 - 
2010年3月
宮城県教育委員会検証改善委員会委員  委員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
文科省委託事業 「デジタル指導案を用いたICT機器の活用に資する調査研究」委員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
文科省委託事業 「デジタルテレビの効果的な活用に関する実践研究」企画委員
 
2008年4月
 - 
2009年3月
仙台市教育委員会生徒指導問題等懇談会 委員
 
2007年12月
 - 
2008年3月
宮城県教育委員会 みやぎICT教育推進プロジェクト委員会委員
 
2007年12月
 - 
2008年3月
文科省「学習情報提供体制の充実に関する検討会」委員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
文科省委託事業 先導的教育情報化推進プログラム「電子黒板普及推進に資する調査研究」副委員長
 
2005年4月
 - 
2007年6月
日本教育工学会研究会幹事
 
2004年4月
 - 
2007年6月
日本教育工学会研究会委員
 
2006年11月
 - 
2007年3月
文科省委託事業 新教育システム開発プログラム 「電子黒板普及推進に資する調査研究」副委員長
 
2004年4月
 - 
2007年3月
文科省委託「ネットワーク配信コンテンツ活用推進事業」評価推進委員
 
2004年4月
 - 
2007年3月
NHK学校放送番組「たったひとつの地球」番組委員
 
2005年
 - 
2007年
. 放送教育研究会東北ブロック大会 指導講師
 
2005年4月
 - 
2006年3月
みやぎIT教育推進協議会 プロジェクト委員
 
2002年5月
 - 
2003年3月
2002.5.-2003.3 文部科学省メディア教育開発センター・デジタル情報テクノロジーの教育応用研究開発・共同研究員
 
2000年10月
 - 
2001年3月
文科省平成12年度教育用コンテンツ開発事業・共同授業活動支援ソフト開発委員会・検討委員会委員
 

受賞

 
2002年
日本教育メディア学会坂元賞
 
2005年
日本教育工学会奨励賞
 
2007年
日本教育工学会論文賞
 
2010年
日本視聴覚教育協会井内賞
 

論文

 
稲垣 忠
教育メディア研究   23(2) 69-81   2017年3月   [査読有り]
学習活動に明確なゴールを設定し,児童が探究的な学習に従事するプロジェクト学習は,アクティブ・ラーニングを促す指導法の1つであり,その学習過程にはタブレット端末の活用場面が含まれると考えられる。本研究では,端末を活用したプロジェクト学習の実践可能性と留意点を明らかにするため,教師が単元設計に用いたデザインシートの分析,教師対象の質問紙調査,11名の教師を対象にしたインタビュー調査を実施した。その結果,ペアやグループによる端末の活用場面が明らかになり,児童が端末を授業で活用する機会が増加した。...
東北学院大学ラーニング・コモンズにおける開設初年度の利用傾向
嶋田みのり、遠海友紀、帖佐和加子、村上正行、稲垣忠
日本教育工学会研究報告集   JSET17(1) 97-102   2017年3月
日本のラーニング・コモンズにおける学習支援の動向
遠海友紀、嶋田みのり、村上正行、稲垣忠
日本教育工学会研究報告集   JSET17(1) 91-96   2017年3月
学生のラーニング・コモンズに対する利用意欲とチームワーク能力との関係
帖佐和加子、遠海友紀、嶋田みのり、萩原俊彦、稲垣忠
日本教育工学会研究報告集   JSET17(1) 715-718   2017年3月
情報活用能力メタルーブリックのプロトタイプの評価
後藤康志,稲垣忠,豊田充崇,松本章代
日本教育メディア学会研究会論集   (42) 21-24   2017年3月
情報活用の実践力に関する評価問題の実施と評価
稲垣 忠
日本教育メディア学会研究会論集   (42) 17-20   2017年3月
生活科におけるタブレットを持ち帰る活動を取り入れた学習活動の検討
齋藤裕直,佐藤靖泰, 稲垣忠,阿部智
日本教育メディア学会研究会論集   (42) 13-16   2017年3月
算数科「量と測定」領域における反転授業導入による児童の変容
阿部太輔,佐藤靖泰,稲垣忠
日本教育メディア学会研究会論集   (42) 9-12   2017年3月
ICT研修ファシリテーター養成講座の開発と評価
脇本 健弘,稲垣 忠,寺嶋 浩介,中橋 雄,島田 希,堀田 龍也,坂口 真
日本教育工学会論文誌   40(Suppl.) 145-148   2017年1月   [査読有り]
稲垣 忠,土屋 利恵子,住谷 徹,中垣 眞紀
日本教育工学会論文誌   40(Suppl.) 141-144   2017年1月   [査読有り]
家庭での自主学習の成果物をクラウド上に保存し,学習履歴を確認したり,他の児童の記録を参照したりできる学習環境を構築した.小学校6年児童を対象に教室で自主学習の成果を記録・参照した場合と,端末を家庭に持ち帰り,自宅で記録・参照した場合とを比較した.その結果,自主学習の学習動機や実施教科,学習方略に明確な変容はみられなかったが,カメラの特性をいかした多様な成果物が記録された.また,端末を持ち帰ることで他の児童の学びを家庭でじっくり閲覧できることは肯定的に評価され,児童が主体的に取り組む意欲や,...
小学校教員を対象としたタブレット活用に関する調査
稲垣 忠
日本教育メディア学会研究会論集   41 67-72   2016年7月
タブレット端末を用いた算数科ドリル教材の学習履歴の分析
菊地尚樹,大森裕二,甲州美加,志野奈美子,村上壮,稲垣忠
日本教育工学会研究報告集   JSET16(3) 39-42   2016年7月
アクティブ・ラーニングを支える学習空間とテクノロジー
稲垣忠,板垣翔大,小島亜華里,服部里衣子,安藤明伸,佐々木弘記,泰山裕,森下孟,林向達
日本教育工学会研究報告集   JSET16(3) 69-76   2016年7月
ICT研修ファシリテーター養成講座の改善-2016年度の取り組み-
脇本健弘,稲垣忠,寺嶋浩介,中橋雄,島田希,堀田龍也,坂口真
日本教育工学会研究報告集   JSET16(3) 21-26   2016年7月
タブレットを活用したプロジェクト学習の設計に関する調査
稲垣 忠
日本教育メディア学会研究会論集   40 33-40   2016年3月
算数科における普通授業と反転授業の比較検討
佐藤靖泰, 稲垣 忠
日本教育メディア学会研究会論集   40 19-22   2016年3月
ICT研修ファシリテーター養成講座の評価
脇本健弘, 稲垣 忠, 寺嶋浩介, 中橋雄, 島田希, 堀田龍也, 坂口真
日本教育工学会研究報告集   JSET16(1) 511-517   2016年3月
タブレット端末の持ち帰りによる自主学習の変容
稲垣 忠, 土屋利恵子, 住谷徹, 中垣眞紀, 大関健道
日本教育工学会研究報告集   JSET16(1) 453-456   2016年3月
情報教育がめざす力と授業デザイン
稲垣 忠
教育時報   796 6-9   2016年1月   [招待有り]
ICT研修ファシリテーター養成講座の開発
脇本健弘・稲垣忠・寺嶋浩介・中橋雄・島田希・堀田龍也・坂口真
日本教育工学会研究会報告集   15(5) 95-102   2015年12月
稲垣忠・佐藤靖泰
日本教育工学会論文誌   39(2) 97-105   2015年11月   [査読有り]
家庭で事前に学習内容に関するビデオを視聴し,授業では学習事項の確認の後,発展的な問題に取り組む「反転授業」の試みが広まりつつある.本研究では,小学校6年算数科「比例と反比例」の単元において反転授業を実施した.家庭における児童の視聴ログ,作成されたノート,事前・事後テストの結果をもとに家庭学習の影響を分析した.その結果,以下の4点が明らかになった.1)反転授業を実施した結果,下位群の児童にも一定の知識の定着が確認された.2)家庭におけるビデオ視聴の際,上位群は視聴時間で下位群を上回り,小刻み...
クラウドサービスを活用した『教育の情報化整備ガイドライン』の開発
林向達・稲垣忠・豊田充崇
日本教育工学会研究会報告集   15(3) 79-84   2015年7月
学びの自律を支援する自主学習共有システムの評価
住谷徹・稲垣忠・菊池秀文・中垣眞紀・土屋理恵子・久野雅樹
日本教育メディア学会研究会論集   39 37-42   2015年6月
稲垣 忠
日本教育メディア学会研究会論集   39 25-30   2015年6月
児童・生徒の情報活用に着目した授業の開発
高橋清・稲垣忠
日本教育メディア学会研究会論集   39 9-14   2015年6月
クラウドベースの学び合いを通じた自主学習に関する調査
稲垣忠, 菊地秀文, 住谷徹, 中垣眞紀, 土屋利恵子, 久野雅樹
日本教育工学会研究報告集   15(2) 45-50   2015年5月
小学校算数科における反転授業導入の効果の検討
佐藤靖泰, 稲垣 忠, 横田俊行, 浅川智己
日本教育工学会研究報告集   JSET15(1) 231-236   2015年3月
反転授業における児童の学習活動に関する調査
稲垣 忠, 佐藤靖泰, 横田俊行, 浅川智己
日本教育工学会研究報告集   JSET15(1) 225-230   2015年3月
千代西尾 祐司, 今井 正和, 大島 律子, 稲垣 忠
鳥取大学教育研究論集   5 119-124   2015年2月
稲垣 忠
放送メディア研究   12 101-124   2015年2月   [招待有り]
教員および児童生徒のコンテンツ検索・活用行動に関する調査
稲垣 忠, 今野貴之, 大西智彦, 山本朋弘, 境美樹, 川本保
日本教育メディア学会研究会論集   (38) 65-72   2015年2月
小学校におけるタブレット端末の日常利用に関する調査
稲垣 忠
日本教育工学会研究報告集   JSET14(5) 235-238   2014年12月
読解過程におけるシンキングツールの活用に関する評価
稲垣 忠, 菅原 崇志
日本教育メディア学会研究会論集   (37) 23-28   2014年7月
小学校算数科における反転授業の導入による授業展開の変容
佐藤靖泰・高松歩未・稲垣忠
日本教育メディア学会研究会論集   (36) 27-32   2014年3月
反転授業における映像視聴ログの分析
稲垣 忠, 高松歩未, 佐藤靖泰
日本教育工学会研究報告集   14(1) 251-256   2014年3月
趙 秀敏,冨田 昇,今野文子,朱 嘉琪, 稲垣 忠, 大河雄一,三石 大
教育システム情報学会誌   31(1) 132-146   2014年   [査読有り]
稲垣 忠, 亀井 美穂子, 寺嶋 浩介, 中橋雄, 遠藤麻由美
日本教育工学会論文誌   37(Suppl.) 77-80   2013年12月   [査読有り]
情報活用の実践力を育成するWeb教材を活用する際の指導方略の分析
稲垣 忠
日本教育工学会研究報告集   13(5) 143-148   2013年12月
思考力の育成を意図した番組視聴シートにおける児童の記入行動・教師の指導方略の分析
稲垣 忠, 菅原弘一, 高橋 清, 坂口 真
教育メディア研究   20(1) 17-27   2013年9月   [査読有り]
1人1台環境における家庭と学校の学びの連携に関する事例研究
稲垣 忠, 中橋雄, 中川一史
日本教育メディア学会研究会論集   (35) 21-26   2013年7月
第二外国語としての中国語ブレンディッドラーニングのためのeラーニング教材設計指針の提案
趙 秀敏,冨田 昇,今野 文子,朱嘉 琪,稲垣 忠,大河 雄一,三石 大
教育システム情報学会 研究報告   27(7) 205-212   2013年
大学初級中国語を対象とした3段階ブレンディッドラーニングのための教科書の開発
趙 秀敏, 冨田 昇, 今野 文子, 朱 嘉琪, 稲垣 忠, 大河 雄一, 三石 大
教育システム情報学会 研究報告   28(3) 75-80   2013年
趙秀敏,冨田昇,今野文子,朱嘉琪,稲垣忠,大河雄一,三石大
教育システム情報学会誌   30(4) 237-242   2013年   [査読有り]
中橋 雄, 稲垣 忠, 岡本 恭介
日本教育工学会論文誌   36(Suppl.) 17-20   2012年12月   [査読有り]
高等学校教科「情報」の学習指導要領では,「情報とメディアの特徴」を学ぶことが明記された.そうした教育が実践されるにあたり,学習リソース不足や教育方法の未開発などが問題となる.本研究の目的は,メディアの意味と特徴を学ぶメディア教育用のデジタル教材を開発し,実証授業を通じて,学習者が(1)メディアの特徴をどの程度理解できるか,(2)教材と授業にどのような印象をもつのかを明らかにすることである.その結果,(1)インタラクティブ性をもつデジタル教材において,メディアの特徴を理解することに一定の効果...
寺嶋 浩介, 市川 尚, 稲垣 忠, 鈴木 克明
日本教育工学会研究報告集   2012(2) 25-28   2012年5月
稲垣 忠, 佐藤 靖泰
日本教育工学会研究報告集   2012(2) 29-36   2012年5月
中橋 雄, 山中 昭岳, 稲垣 忠
日本教育工学会研究報告集   2012(2) 45-50   2012年5月
堀田 龍也, 黒上 晴夫, 野中 陽一, 小柳 和喜雄, 高橋 純, 豊田 充崇, 稲垣 忠
日本教育工学会研究報告集   2012(1) 81-88   2012年3月
葛西耕市・稲垣忠
東北学院大学教育研究所報告集   12 5-29   2012年3月
ZHAO Xiumin, 今野文子, ZHU Jiaqi, 稲垣忠, 大河雄一, 三石大
教育システム情報学会誌   29(1) 49-62   2012年1月   [査読有り]
Webサービスを用いた国際交流学習支援の動向
稲垣忠
日本教育メディア学会研究会論集   (28) 15-20   2010年
ICT活用の日常化を促進するデジタルテレビ活用研修の開発と評価
高橋俊隆・大泉佐保里・稲垣忠
日本教育メディア学会研究会論集   (29) 9-14   2010年
学校間交流学習を取り入れた言語活動における相互評価の分析
稲垣忠・結城彩佳・遠藤麻由美・祝原佳苗
日本教育メディア学会研究会論集   (29) 19-24   2010年
写真と言葉の組み合わせから情報の読み取り方に気づく授業の取組
菅原弘一・大沼敏幸・稲垣忠・斉藤未希
日本教育メディア学会研究会論集   (29) 47-52   2010年
稲垣 忠, 清水 和久, 塩飽 隆子
教育メディア研究   16(1) 7-18   2009年9月   [査読有り]
電子黒板の普及促進を目的とした活用モデルの開発
稲垣忠・永田智子・豊田充崇・梅香家絢子・佐藤喜信・赤堀侃司
教育メディア研究   16(1) 53-64   2009年   [査読有り]
小中学校の普通教室における複数のICT機器の組み合わせによる大型提示装置の活用実践とその効果に関する分析
佐藤弘毅,堀田博史,藤谷哲,成瀬啓,稲垣忠,井口磯夫,佐藤喜信,山田智之
日本教育工学会研究報告集   09(4) 1-4   2009年
思考力の育成を意図した番組視聴シートの開発
稲垣 忠,千葉 翔大,菅原弘一,柳沼伸明,亀井美穂子,坂口真
日本教育メディア学会研究会論集   9-16   2009年
稲垣 忠, 嶺岸 正勝, 佐藤 靖泰
日本教育工学会論文誌   32(0) 109-112   2008年12月   [査読有り]
児童が自分の考えを説明する場面において,電子黒板はどのような影響を与えるのだろうか.本研究では,小学校高学年算数科「分数の掛け算と割り算」単元の授業実践において,電子黒板を利用した説明場面を対象に,質問紙調査,ビデオ記録,児童・教師へのインタビュー調査を実施した.その結果,電子黒板を用いることで書きながら説明する行動が観察され,聞き手は口頭での説明と比べ,より話者の考えを理解し,自分の考えと比較しやすいこと,また,手立てとして,画面上に配布資料と同じものを提示することが,書きこみや説明のし...
藤谷 哲, 堀田 博史, 稲垣 忠, 佐藤 弘毅, 井口 磯夫, 佐藤 喜信, 山田 智之
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   108(354) 77-80   2008年12月
筆者らは,平成19〜20年度文部科学省委託事業「先導的教育情報化推進プログラム」(受託者:財団法人日本視聴覚教育協会)の一環として,大型提示装置・映像コンテンツ等を用いたICT機器活用実践事例の収集・利活用を目的とした調査研究を進めている.本稿では,本調査研究に参画している小中学校(小学校8校・中学校2校)教員のICT機器活用実践・ICT活用指導力に関する意識調査を行った結果等について報告する.
協同制作による国際交流プロジェクトの実践支援ワークシートの開発
稲垣忠・清水和久・塩飽隆子
日本教育工学会研究報告集   JSET 08-5(141) 146   2008年
稲垣 忠, 佐藤 麻衣子, 田村 直也
日本教育工学会研究報告集   2007(5) 49-54   2007年12月
亀井 美穂子, 稲垣 忠
日本教育工学会研究報告集   2007(5) 85-88   2007年12月
嶺岸 正勝, 佐藤 靖泰, 稲垣 忠
日本教育工学会研究報告集   2007(5) 247-252   2007年12月
稲垣 忠, 林 向達, 中川 一史
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   107(205) 29-32   2007年8月
小学生高学年を対象にした携帯電話に関するWeb上の情報モラル教材を開発した。開発にあたってはGBS:ゴール・ベースド・シナリオ理論に基づき、学習者が自学自習できるものを意図した。本報告では、教材の基本構成及び開発プロセスと、小学校における形成的評価の結果を示す。
笹尾 真剛, 稲垣 忠
日本教育工学会研究報告集   2007(2) 85-90   2007年5月
教師のデジタル教材評価の重要性に対する意識調査
亀井美穂子・稲垣忠
日本教育工学会研究報告集   JSET07-5 85-88   2007年
学校間交流学習におけるコミュニケーション力の評価モデルの検討
稲垣忠・佐藤麻衣子・田村直也
日本教育工学会研究報告集   JSET07-5 49-54   2007年
国際交流学習支援プログラムにおける交流支援Webサイトの内容分析
笹尾真剛・稲垣忠
日本教育工学会研究報告集   JSET07-2 85-90   2007年
笹尾 真剛, 内垣戸 貴之, 稲垣 忠
日本教育工学会研究報告集   2006(6) 51-58   2006年12月
学校間交流学習のための授業設計モデルの開発
稲垣忠・内垣戸貴之・黒上晴夫
日本教育工学会論文誌   30(2) 103-112   2006年   [査読有り]
村松 浩幸, 土田 恭博, 稲垣 忠
日本産業技術教育学会誌   47(4) 281-287   2005年12月   [査読有り]
市川 尚, 森山 了一, 宇治橋 祐之, 稲垣 忠, 鈴木 克明
日本教育工学会論文誌   28(0) 89-92   2005年3月   [査読有り]
本研究では, KHKが提供するデジタル教材を協力校の授業で利用した際のアクセスログの分析, 及びポートフオリオの収集を行うシステムを開発した.アクセスログ分析においては, アクセスログの集計を行うだけでなく, アクセスされたコンテンツを端末ごとに時系列で参照できるようにし, デジタル教材の利用ポートフォリオと併用することで, 教材の利用場面を把握できるようにした.
デジタル教材活用支援サイトにおける教材評価基準の分析
亀井美穂子・稲垣忠
日本教育工学会研究報告集   JSET05-6 17-20   2005年
学校間交流学習の授業設計モデルに対する評価手法の検討
稲垣忠
日本教育工学会研究報告集   JSET05-6 11-16   2005年
携帯電話の教育利用と児童の受容態度についての調査
稲垣忠・小林祐紀・中川一史
教育システム情報学会誌   22(3) 188-196   2005年   [査読有り]
長尾 尚, 小林 直行, 市川 隆司, 黒上 晴夫, 稲垣 忠
日本教育工学雑誌   27(0) 125-128   2004年3月   [査読有り]
本論文の目的は,「匿名性」と「即時一覧性」機能のある電子掲示板システムを活かした授業方法を開発し評価することにある.高校の学級という比較的規模の小さな日常空間においても「授業中」には,自由闊達に発言できない状況が生じる.その克服には,複数の相手に対面した状態で自分の意見を表現しやすい環境の支援が必要となる.そこで上述した2つの機能を備えた電子掲示板を開発しそれを組み込んで授業設計をすることで議論を活発にし新たな意見を導けないかと考えた.2回の授業実践の結果,匿名の電子掲示板上では,匿名性に...
デジタル学習環境における教材評価
稲垣忠・岡本恭介・市川尚・鈴木克明・宇治橋祐之・小平さち子・黒上晴夫
教育メディア研究   10(2) 15-22   2004年   [査読有り]
映像クリップを用いた歴史学習における概念図による評価
菅原弘一・稲垣忠
日本教育工学会研究報告集   JSET04-5 1-6   2004年
学校間交流学習における協同性の研究
稲垣忠
関西大学大学院総合情報学研究科博士学位論文      2003年
学校間交流学習におけるメディア・ミックスに関する事例研究
稲垣忠・三宅喜久子・伊藤秀一・石井芳生
教育メディア学会研究会報告集   27-34   2003年
学校間交流学習における教師間の役割関係の変容の分析
松本有・稲垣忠・土井大輔・黒上晴夫
教育メディア学会研究会報告集   39-42   2003年
稲垣 忠, 黒上 晴夫, 堀田 龍也, 山内祐平
教育メディア研究   8(2) 1-15   2002年3月   [査読有り]
NHKフルデジタル教材「おこめ」を用いた総合的学習評価の試み
鈴木克明・宇治橋祐之・小平さち子・庄司圭一・稲垣忠・黒上晴夫
日本教育工学会研究報告集   JSET02-4 33-36   2002年
稲垣 忠, 堀田 龍也, 高橋 純, 黒上 晴夫
教育システム情報学会誌 = Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education   18(3) 297-307   2001年11月   [査読有り]
水越 敏行, 寺嶋 浩介, 稲垣 忠 他
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要   14(0) 65-108   2000年12月
学校の情報環境を再構築するためのモデル・デザイン
稲垣忠
金沢大学大学院教育学研究科修士学位論文      2000年
校内サーバのディレクトリ構成について
稲垣忠・黒上晴夫
日本教育工学研究会研究報告集   JSET98-3 63-68   1998年
ネットワーク構築に関する実証的研究
稲垣忠
金沢大学教育学部総合科学課程卒業論文      1998年

Misc

 
稲垣 忠, 遠藤 麻由美, 近藤 浩之
視聴覚教育   64(10) 46-52   2010年10月
教養学部「学生による授業評価」実施概要
教養学部授業評価委員会
東北学院大学教育研究所報告集   71-97   2005年

書籍等出版物

 
便利かつ冷静に情報を読み解く
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学校図書館, 第797号, 教育時評221, p.62-63)
全国学校図書館協議会   2017年3月   
学びの質を見極める
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学校図書館, 第796号, 教育時評220, p.48-49)
全国学校図書館協議会   2017年2月   
"本気"を引き出すプロジェクト
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学校図書館,第795号, 教育時評219, p.36-37)
全国学校図書館協議会   2017年1月   
探究の質を支える力
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学校図書館,第794号, 教育時評218, p.36-37)
全国学校図書館協議会   2016年12月   
学習環境をデザインする主体
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学校図書館,第793号, 教育時評217, p.74-75)
全国学校図書館協議会   2016年11月   
情報活用能力の育成と学びのデザイン
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:教育展望2016年10月号,p.17-22)
教育調査研究所   2016年10月   
クラウドは教育をどう支えるか
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学習情報研究2016年9月号,p.42-45)
学習ソフトウェア情報研究センター   2016年8月   
One to Oneへの道
清水康敬編・公益財団法人パナソニック教育財団監修 (担当:分担執筆, 範囲:出川小学校の実践をふりかえって, pp.120-125)
教育同人社   2016年7月   ISBN:4873841631
三宅貴久子という教師
三宅貴久子を語る会 (担当:分担執筆, 範囲:学校間交流学習の可能性, 69-75)
さくら社   2016年7月   
授業の進行と学習活動を設計する
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:中島英博編著「シリーズ 大学の教授法 授業設計」)
玉川大学出版部   2016年6月   
2030年の情報社会を生きぬく子どもたちを育てるには
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:NETT No.93, p.23-27)
ほくとう総研   2016年6月   
ICT活用の幅の広がりと教師・学校の役割
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:日本教育平成28年3月号, p.10-13)
日本教育会   2016年3月   
インストラクショナルデザインの理論とモデル
鈴木克明・林雄介 (担当:共訳, 範囲:インストラクションにおける状況依存原理(p,64-76), 問題解決型学習を用いたアプローチ(p.155-180))
北大路書房   2016年2月   
ICTは「主体的な学び」を可能にするか
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:教職研修2015年12月号, 96-97)
教育開発研究所   2015年12月   
情報の活用に着目した授業づくり
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:教育展望2015年10月号, p. 28-33)
教育調査研究所   2015年10月   
デジタル教科書・教材を活用した授業への期待
益子典文・稲垣忠・川瀬徹 (担当:共著, 範囲:教室の窓 46号, p.4-9,)
東京書籍   2015年9月   
http://ten.tokyo-shoseki.co.jp/downloadfr1/pdf/cxxe8363.pdf
情報活用能力を育む授業デザイン
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:キューブランド56号, p.1-6)
スズキ教育ソフト   2015年6月   
http://www.cubeland.net/jirei_htm/500097/
反転授業における授業設計と事前課題
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:看護教育, 2015年5月号 Vol.56(5) ,p.438-443)
医学書院   2015年5月   
先導的な取り組みから何を学ぶか
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学習情報研究, 2015年5月号, p.34-35)
2015年4月   
小学生の情報活用能力の課題と対応
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学習情報研究, 2015年3月号,p.18-21)
2015年2月   
授業設計マニュアル Ver.2
稲垣 忠, 鈴木克明 (担当:共著)
北大路書房   2015年2月   ISBN:4762828831
学校と家庭の学びをつなぐ−持ち寄る・持ち帰る学びを助けるICT
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:日本教育, 平成26年12月号, p.6-7)
日本教育会   2014年12月   
ICT活用の背景
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:Guideline 2014年7・8月号, p.25-27)
河合塾・全国進学情報センター   2014年7月   
ICTが拓く協働学習の可能性
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学習情報研究, 2014年3月号,p.8-11)
2014年3月   
情報活用能力育成のための授業設計
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学習情報研究, 2014年1月号,p.22-25)
2014年1月   
ICT・情報活用と思考力・判断力・表現力等の育成
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:中等教育資料 62(9), 16-21)
学事出版   2013年9月   
インストラクショナル・デザイン講座
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:Education in the School Library 2013. Summer. No.6. pp.10-19)
学校図書館教育研究会   2013年7月   
高等教育におけるつながり・協働する学習環境デザイン
久保田賢一編著 (担当:分担執筆, 範囲:期待される学習者像を探る, pp.60-74)
晃洋書房   2013年5月   
思考力・判断力・表現力を育むためのICT活用と情報活用
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:教育展望10月号 pp.21-25)
財団法人 教育調査研究所   2012年10月   
学習者用デジタル端末の可能性
稲垣 忠 (担当:編者, 範囲:学習情報研究9月号, 特集:学習者用デジタル端末, 編者およびpp. 14-15)
公益財団法人 学習ソフトウェア情報研究センター   2012年9月   
教育工学選書3「教育工学研究の方法」
清水康敬・中山実・向後千春 (担当:分担執筆, 範囲:教授法の開発に関する研究方法, pp.135-151)
ミネルヴァ書房   2012年7月   ISBN:4623063631
国内のICT活用事例の収集・普及・促進に関する調査研究事業〜北海道・東北ブロック研究発表会報告
稲垣 忠
日本視聴覚教育協会   2012年4月   
ICT活用講座〜つけたい力から考える放送番組活用法
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:NHKテキスト学校放送(4〜6年)(3p))
NHK出版   2012年4月   
教育の情報化と今後の学習環境
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:学校コンピュータ2012年3月号, pp.3-6)
少年写真新聞社   2012年3月   
Collins Allan, Halverson Richard, 稲垣 忠 (担当:共訳)
北大路書房   2012年   ISBN:4762827908
協働学習と情報端末〜フューチャースクール事業の取り組みから〜
渡邊幸・稲垣忠 (担当:分担執筆, 範囲:学習情報研究, 2011年11月号,p.46-49)
2011年11月   
やってみよう、学校間交流学習!
稲垣 忠 (担当:分担執筆, 範囲:国際文化フォーラム通信2011年4月号(no.90) p.6-8)
国際文化フォーラム   2011年4月   
稲垣 忠, 鈴木 克明 (担当:共著)
北大路書房   2011年3月   ISBN:4762827509
三宅 貴久子, 稲垣 忠, 情報モラル授業研究会 (担当:共著)
ジャストシステム   2010年5月   ISBN:4883093298
授業づくりに役立つWebとは?〜この20年のWebの進化と授業づくりへの活用を考える
(財)学習ソフトウェア情報研究センター   2010年   ISBN:978-4-903197-27-2
電子黒板活用術
少年写真新聞学校コンピュータ 指導用解説, 4月〜9月,少年写真新聞社, 各2p,2010   2010年   
言語活動と情報の科学
ICT・Education2010No.43,1-5,日本文教出版   2010年   
電子黒板導入にかかる調査-導入前・後によるICT活用の変化
視聴覚教育2010年5月号,Vol.751,31-33,日本視聴覚教育協会   2010年   ISBN:ISSN-0037-3664
『デジタル授業プラン』を活用してみよう〜ICT活用の『次の一手』は多様な実践の共有から!(稲垣忠・藤谷哲共著)
視聴覚教育2010年6月号,Vol.752,19-25,日本視聴覚教育協会   2010年   ISBN:ISSN-0037-3664
外国語活動における電子黒板活用の調査
視聴覚教育2010年6月号,Vol.752,32-34,日本視聴覚教育協会   2010年   ISBN:ISSN-0037-3664
管理職のための「教育情報化」対応ガイド
堀田龍也編 (担当:分担執筆, 範囲:学校放送番組活用の考え方,65-68)
教育開発研究所   2010年   ISBN:9784873805498
ICTを活用した授業実践
視聴覚教育2010年10月号,Vol.756, 46-52,日本視聴覚教育協会   2010年   ISBN:ISSN-0037-3664
国際交流プロジェクトにおけるコミュニケーション・ツール利用の分析
視聴覚教育2010年11月号,Vol.757,16-23,日本視聴覚教育協会   2010年   ISBN:ISSN-0037-3664
情報活用の質を高める授業デザイン
日本教育工学協会ニューズレター, No.87, 2-3, 日本教育工学協会   2009年   
人文社会情報科学入門
関本英太郎編 (担当:分担執筆, 範囲:情報社会と変わる学校の学び,167〜185)
東北大学出版会   2009年   ISBN:4861631130
ICT教育のデザイン
水越敏行・久保田賢一編 (担当:分担執筆, 範囲:インターネットを活用した交流学習(稲垣忠・寺嶋浩介共著),217-234・ディジタル・コンテンツの活用を支援するために(亀井美穂子・稲垣忠共著),89-112)
日本文教出版   2008年   ISBN:9784536600057
学校間交流学習の実際
教育と医学2008年11月号,pp.22-32,慶應義塾大学出版会   2008年   ISBN:ISSN 0452-9677
インストラクショナルデザインの原理
R.M.ガニェ・W.W.ウェイジャー・K.C.ゴラス・J.M.ケラー著,鈴木克明・岩崎信監訳 (担当:共訳, 範囲:学習者, pp.120-147,)
北大路書房   2007年   ISBN:47628257
中川 一史, 稲垣 忠 (担当:共著)
明治図書出版   2006年6月   ISBN:418270813X
教養学部授業評価にみる授業改善の取り組み
東北学院⼤学FDニュースvol.3,pp.16-17   2005年   
文科省委託事業ネットワーク配信コンテンツ活用推進事業報告書
日本教育工学振興会   2005年   
2005,2006,2007
授業をちょっとおもしろくする かんたんIT活用法
『授業づくりネットワーク』2005年4月号~2006年3月号連載,学事出版   2005年   ISBN:ASIN: B000EUM9DM
2005-2006
稲垣 忠, 黒上 晴夫, 中川 一史, 堀田龍也 (担当:共著)
三晃書房   2004年12月   ISBN:4783010234
インターネットを活用した交流学習
松⽥實・永野和男・中村⼀夫・前迫孝憲・中川忠之 編著,情報教育実践ガイドpp.1549-1555,第一法規   2004年   ISBN:4474600932
教育に役立つポータルサイト
松⽥實・永野和男・中村⼀夫・前迫孝憲・中川忠之 編著,情報教育実践ガイドpp.1701-1704,第一法規   2004年   ISBN:ISBN-10: 4474600932
ウォーターキッズ 水の大冒険
伊藤秀⼀・三宅貴久⼦・⽯井芳⽣編 (担当:分担執筆, 範囲:メディアが織り成すコラボレーション,pp.48-66,)
高陵社   2004年   ISBN:4771104468
教養学部「学生による授業評価」報告書
東北学院大学教養学部授業評価委員会   2004年   
2004,2005,2006
ICT教育の実践と展望,
⽔越敏⾏・久保⽥賢⼀・⿊上晴夫編 (担当:分担執筆, 範囲:韓国におけるICT教育の現状(李周嬉・⻲井美穂⼦・稲垣忠・⿊上晴夫編著)pp.185-191・黒上晴夫・稲垣忠・亀井美穂子,小学校でのICT教育の実際, pp.60-71)
日本文教出版   2003年   ISBN:ISBN-10: 4536400966
インターネット上の授業⽤コンテンツの活⽤
学習情報研究2003年7⽉号 学習ソフトウェア情報研究セン ター,pp.45-48   2003年   
NHKデジタル教材を活用した実践についての評価報告書
平成14年度・平成15年度NHKデジタル教材評価委員会   2003年   
2003,2004
テレビとインターネットをつないだ共同学習(黒上晴夫,稲垣忠共著)
平成10年度~平成13年度科研費基盤(B)(2)研究成果報告書,マルチメディアリテラシー育成方法の検討,課題番号:10480040,研究代表者:水越敏行   2002年   
デジタル教材「おこめ」実践についての評価報告書
平成13年度『おこめ』評価委員会   2002年   
「おこめ」で広がる総合的学習
水越敏行編著, (担当:分担執筆, 範囲:「おこめクラブ」掲示板を使った交流学習(稲垣忠・土井大輔共著),pp.114-124)
明治図書   2002年   ISBN:418068120X
子ども米レンジャーと旅する米米ワールド時空をこえた小学生による「お米白書」
伊藤秀⼀・三宅貴久⼦編 (担当:分担執筆, 範囲:「こんにちは」から「会えたらいいね」へ -ネットワークは心の架け橋-pp.372-382)
高陵社   2002年   ISBN:4771100330
情報関連授業キャラバンが行く!
大阪私学教育工学研究会編,「情報」関連の授業公開キャラバン,pp.4-5,日本文教出版   2002年   
メディアとコミュニケーションの教育
⽔越敏⾏・ICTE編 (担当:分担執筆, 範囲:テレビとインターネットをつないだ共同学習(黒上晴夫・稲垣忠共著),,pp.131-150)
日本文教出版   2002年   ISBN:453640094X
平成12年度教育用コンテンツ開発事業「学校間共同授業活動支援ソフト」成果報告書
共同授業活動支援ソフト開発委員会,文部科学省,pp.42-52   2001年   

講演・口頭発表等

 
Web上で編集・共有できる環境「ルーブリックバンク」のプロトタイプの開発
佐藤翼,松本章代,豊田充崇,後藤康志,稲垣忠
情報処理学会東北支部研究会   2017年2月10日   
大学図書館内協同学習スペースにおける3,4年生の授業外学習の実態及び学習支援のニーズ
嶋田みのり・遠海友紀・帖佐和加子・稲垣忠
大学教育学会2016年度課題研究集会要旨集,pp.68-69   2016年12月5日   
情報活用の実践力に関する評価問題の作成と実施
稲垣 忠
日本教育メディア学会第 23 回年次大会, pp.120-123   2016年11月27日   
情報活用の観点からみた「学びの質」評価指標の検討
稲垣忠・松本 章代・豊田 充崇・後藤康志
第42回全日本教育工学研究協議会全国大会論文集, p.171-174   2016年10月15日   
SIG04(教育の情報化)の取り組みとSIG セッションの概要
豊田充崇・藤川大祐・ 佐藤 喜信・ 稲垣 忠・後藤 康志・今野 貴之・寺嶋 浩介・森下 耕治
日本教育会第32回全国大会, p.63-64   2016年9月21日   
大学図書館における協同学習スペースの利用実態調査
遠海友紀・嶋田みのり・帖佐和加子・稲垣忠
日本教育会第32回全国大会, p.735-736   2016年9月20日   
ルーブリック作成・共有オンラインデータベースに関する調査
稲垣忠・松本 章代・豊田 充崇・後藤康志
日本教育工学会第32回全国大会, p.301-302   2016年9月19日   
An Examination of the Services Offered at Learning Commons in Japan
International Conference for Media in Education 2016, 6p   2016年8月19日   
先導的学習について [招待有り]
稲垣 忠
公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター, 情報教育コンファレンス   2015年12月16日   
タブレットを活用した自主学習の記録・共有と 児童の内省に関する調査
稲垣 忠・住谷 徹・土屋 利恵子・中垣 眞紀
日本教育メディア学会第22回年次大会研究発表収録, pp.38-41   2015年10月18日   
タブレット端末を用いた家庭での学習履歴の分析
稲垣忠・菊池尚樹
第41回全日本教育工学研究協議会全国大会論文集, pp.84-87   2015年10月10日   
「教育の情報化 SIG」活動報告
豊田 充崇・ 稲垣 忠・後藤 康志・寺嶋 浩介
日本教育工学会第31回全国大会講演論文集, pp.17-20   2015年9月23日   
一人一台環境における自主学習の内省支援システムの検討
稲垣忠・市川尚・住谷徹・大関健道
日本教育工学会第31回全国大会講演論文集,pp.771-772   2015年9月22日   
ICT活用と 授業のデザイン・学びのデザイン [招待有り]
稲垣 忠
IMETSフォーラム2015   2015年7月30日   公益財団法人才能開発教育研究財団
ICTを教育現場に導入する3つの意味 [招待有り]
稲垣 忠
都政新報   2015年5月1日   
2020年の教育ICT研究- 理想の教育用コンテンツ提供のあり方とは [招待有り]
稲垣 忠,大西智彦,今野貴之,  境美樹
教育の情報化推進フォーラム , 2頁   2015年3月7日   
持ち帰り型協働学習による思考の相互比較
畑中 智, 遠藤 麻由美, 橋本 大樹・加藤 淳,菊地 凌也, 稲垣 忠
第40回全日本教育工学研究協議会京都大会, pp.71-72   2014年10月25日   
一人一台環境における学びの自立を支援する 学習モデルの検討
稲垣 忠, 菊地秀文, 遠藤麻由美, 住谷 徹, 中垣眞紀
日本教育工学会第30回全国大会, pp.359-360   2014年9月20日   
ICTを活用してシステム化した国際協働学習〜海外の同世代と協働学習・共同制作
塩飽 隆子, 清水和久, 稲垣忠
第39回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, B2(2p)   2013年10月26日   
社会科の学習における表現する力を育む指導の試み 〜タブレット型端末とWeb教材の活用から
尾張有香, 稲垣 忠
第39回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, B9(2p)   2013年10月26日   
情報活用型授業を実施する指導方略の分析
稲垣 忠
第39回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, D2(2p)   2013年10月26日   
情報活用を支援するデジタル教材の授業モデル開発
遠藤麻由美, 稲垣 忠
第39回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, D6(4p)   2013年10月26日   
情報活用能力という学力 [招待有り]
稲垣 忠
第39回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, p.25   2013年10月25日   
学校図書館における情報活用型授業デザインシートの分析
稲垣 忠, 庭井史絵
第20回日本教育メディア学会・年次大会 K1-3(4p)   2013年10月12日   
学習資源のデジタル化で教育と学習の何が変わるのか? [招待有り]
稲垣 忠
日本教育工学会第29 回全国大会, pp.1-2   2013年9月21日   
We b 検索の方法を学ぶデジタル教材の開発
中橋 雄, 西尾真由子, 尾張有香, 稲垣 忠
日本教育工学会第29 回全国大会, pp.323-324   2013年9月21日   
IWB と連動した学習者用情報端末の可能性
中橋雄, 稲垣忠, 中川一史
第19回日本教育メディア学会・年次大会, pp.111-112   2013年8月31日   
デジタル教材による児童の情報活用支援の検討
稲垣 忠
第38回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, K4(4p)   2012年11月3日   
「考える力」を育むための情報活用型・授業モデルの開発 -6年歴史学習におけるシンキングボード活用の試み-
菅原弘一, 石井里枝 稲垣 忠, 安藤明伸
第38回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, J7(4p)   2012年11月3日   
情報活用型授業をつくる授業デザインシートの開発と教員研修による評価
稲垣 忠
日本教育工学会 第28回全国大会   2012年9月16日   
ルーブリック型教材とタブレット端末を活用したメディア制作支援に関する事例研究
亀井美穂子, 安藤祐里奈, 小野寺善彦, 稲垣忠
第19回日本教育メディア学会・年次大会, pp. 115-116   2012年8月31日   
中川 一史, 稲垣 忠, 清水 雅之, 新田 晴之, 鳥越 和貴, 森下 耕治
第19回日本教育メディア学会・年次大会   2012年8月31日   
教育メディア研究19(1), 59-60
児童の情報活用を支援するデジタル教材の検討
稲垣 忠
第19回日本教育メディア学会年次大会, pp.103-104   2012年8月31日   
IDをベースにした「ICT活用授業デザインパッケージ」の開発
佐藤靖泰, 稲垣 忠
第19回日本教育メディア学会年次大会, pp.69-70   2012年8月31日   
歴史学習における放送番組活用の変遷
菅原弘一, 稲垣忠
第19 回 日本教育メディア学会年次大会, pp. 45-46   2012年8月31日   
Development of an IPad-Based Learning Material about Media Production
ICoME 2012   2012年8月20日   
前田 康裕, 稲垣 忠, 泰山 裕, 中川 一史
第18回日本教育メディア学会・年次大会   2011年11月   
教育メディア研究18(1・2), 71-72
一人1台情報端末を活用した実践にみるデジタル教科書・教材の用件
稲垣忠・中川一史・村井万寿夫・清水雅之・ 中橋雄・内垣戸貴之・山本朊弘・栗原一貴・二木祥一
第18回日本教育メディア学会年次大会, pp.83-86   2011年11月   
高等教育における Web2.0 技術を活用した協同学習の課題
薮内貴聖・稲垣忠・岸磨貴子・久保田 賢一
第18回日本教育メディア学会年次大会, pp.153-154   2011年11月   
社会科番組に関する利用ガイド・視聴シートの活用傾向に関するインタビュー調査の分析
菅原弘一・佐藤裕子・石井里枝・高橋清・稲垣忠・坂口真
第37回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, 9-04,(4p)   2011年10月   
ノート指導に見る社会科番組を活用した思考力育成に関する実践的研究
石井里枝・菅原弘一・稲垣忠
第37回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, 9-05(4p)   2011年10月   
児童のメディア制作を対象としたルーブリック型教材の開発とタブレット端末による学習支援の試み
稲垣忠・遠藤麻由美・亀井美穂子・寺嶋浩介・中橋雄
第37回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, 9-08(4p)   2011年10月   
情報活用型授業をつくる授業設計理論に関する一考察
稲垣 忠
日本教育工学会第27回全国大会講演論文集, pp.337-338   2011年9月   
Consideration of an image of future learners from a review of "Web 2.0" literature in an educational context
ICoME 2011   2011年8月   
What do Interactive Whiteboards and Tablet PCs bring to a classroom?
Tadashi Inagaki, Hitoshi Nakagawa, Masuo Murai, Masayuki Shimizu, Yu Nakahashi, Takayuki Uchigaito, Tomohiro Yamamoto, Kazutaka Kurihara, Shoichi Futaki
World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications (EDMEDIA) 2011:1 , Jun 27, 2011 , pp.406-411   2011年6月   
言語活動に着目した学校間交流学習の単元開発
稲垣忠,第36回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集,L-10   2010年   
番組視聴シートを用いた児童の思考活動の分析
高橋清・菅原弘一・稲垣忠・遠藤浩志・尾張有香・石塚桃子・坂口真, 第36回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, L-04(4p)   2010年   
ICT活用に着目した教科別授業モデルの開発
遠藤麻由美・成瀬啓・稲垣忠, 第36回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, H-04(4p)   2010年   
中国語学習のための ID に基づくブレンディッドラーニングの試行と評価
趙秀敏・今野文子・稲垣忠・大河雄一・三石大,第35回教育システム情報学会全国大会発表論文集, 133-134   2010年   
Development of Lesson Plans for Inter School Collaborative Learning Considering Activation of Communication Activities
ICOME2010, 351-356   2010年   
太田 光一, 稲垣 忠, 中村 勝一
先進的学習科学と工学研究会   2009年3月8日   
思考力の育成を意図した番組視聴シートを用いた実践と評価
菅原弘一・稲垣忠・石井芳生・小野寺善彦・遠藤浩志・坂口真, 第35回全日本教育工学研究協議会全国大会研究論文集, H-01(4p)   2009年   
家庭と学校の連携を促進する情報モラル授業フランの開発
稲垣忠,三宅貴久子,赤堀侃司,山本雅之,中野 誠, 第16回日本教育メディア学会年次大会発表論文集(2p)   2009年   
言語活動の深化を促す学校間交流学習の授業開発と評価方法の検討
日本教育工学会第25回全国大会発表論文集,pp. 221-222   2009年   
An Survey regarding Intention of the Use of Information and Communication Technology on Course Instruction for Online Teaching Plan Database Development
Fujitani, S., Hotta, H., Inagaki, T., Sato, K., Naruse, K., Iguchi, I., Sato, Y. & Yamada, T.,Proceedings of World Conference on E-Learning in Corporate,Government, Healthcare, and Higher Education 2009 (pp. 265-268). Chesapeake, VA: AACE.   2009年   
A Conceptualization of Features Which Guarantee Teacher Autonomy in Autonomy Type International Interchange Learning
K.,Shimizu,N.,Mashiko,T.,Inagaki,A.,Shiwaku, ICoME2009   2009年   
Evaluation of an Interactive Whiteboards Utilization Model
Nagata,T., Inagaki,T.,Toyoda,M.,Umegae,A.,Sato,Y.&Akahori,K, Proceedings of Society for Information Technology and Teacher Education International Conference 2009, 1036-1041   2009年   
International Understanding through Art Mile International Intercultural Mural Exchange Project
Atsuko SHIWAKU, Tadashi INAGAKI, Kazuhisa SHIMIZU 32nd InSEA World Congress 2008, program p.398(10p)   2008年   
学校放送番組「見える歴史」を活用するためのワークシートの設計
菅原弘一・柳沼伸明・稲垣忠・千葉翔大・坂口真 第34回全日本教育工学研究協議会全国大会H-05   2008年   
電子黒板活用モデルと実践事例
永田智子・上太一・豊田充崇・稲垣忠・佐藤喜信・梅香家絢子・赤堀侃司 第34回全日本教育工学研究協議会全国大会,K-02   2008年   
自律型国際交流学習における学習プログラムの特徴とその効果
清水和久・益子典文・稲垣忠・塩飽隆子 日本教育工学会第24回全国大会発表論文集,pp.273-274   2008年   
実践研究におけるモデル開発の役割
日本教育工学会第24回全国大会発表論文集,pp.15-18   2008年   
Development of a curriculum for international collaborative learning at elementary schools -The characteristics and outcomes of cooperation among distant pupils-
Kazuhisa SHIMIZU, Norifumi MASHIKO, Tadashi INAGAKI, Atsuko SHIWAKU ICoME2008,65-75   2008年   
Development of a Utilization Model to Promote the Use of Interactive Whiteboards
Tadashi INAGAKi, Tomoko NAGATA, Michitaka TOYODA, Ayako UMEGAE, Yoshinobu SATO, Kanji AKAHORI ICoME2008,236-243   2008年   
Video Learning Materials for Teacher Training Sessions to Provide Understanding of International Education
Satol FUJITANI, Tadashi INAGAKI EDMEDIA2008 Proceedings CD-ROM, pp.3413-3415   2008年   
Development and evaluation of web-based learning material about appropriate use of mobile phones for elementary school pupils
Tadashi INAGAKI, Kotatsu RIN, Hitoshi NAKAGAWA EDMEDIA2008 Proceedings CD-ROM, pp.5970-5978   2008年   
電子黒板の普及活用モデルの開発と評価
永田 智子・豊田 充崇・稲垣 忠・佐藤喜信・梅香家絢子・赤堀侃司 第33回全日本教育工学研究協議会全国大会I-04   2007年   
電子黒板を活用した授業実践事例の分析とその効果の検証
豊田充崇・上太一・稲垣忠・永田智子・佐藤喜信・梅香家絢子・赤堀侃司 第33回全日本教育工学研究協議会全国大会C-02   2007年   
協同制作による国際交流学習のための単元モデルの開発
稲垣忠 ・清水和久・塩飽隆子 第 14 回日本教育メディア学会年次大会発表論文集 pp.88-91   2007年   
国際交流学習の普及を目的とした教員研修ワークショップのグランドデザイン
藤谷哲・ 稲垣忠 第 14 回日本教育メディア学会年次大会発表論文集、 pp.92-95   2007年   
電子黒板の普及モデルの構築に向けた活用状況の調査
稲垣 忠・豊田充崇・ 永田智子・島田誠・森下誠太・梅香家絢子・赤堀侃司 日本教育工学会第23回全国大会,pp.107-110   2007年   
Development of a Model Plan for Joint Production for International Understanding Education
Tadashi INAGAKI, Kazuhisa SHIMIZU, Atsuko SHIWAKU, Kenichi KUBOTA 5th International Conference for Media in Education, pp.37-43   2007年   
Development of a Community Site for Teachers to Share Digital Learning Materials
Kenji INOUE, Tadashi INAGAKI, Mihoko KAMEI EDMEDIA2007 Proceedings CD-ROM, June 25-29, Vancouver, BC, Canada, pp. 1150-1156   2007年   
3つの柱立てに沿った中学校技術科での「情報」の学習モデルに対する教員からの評価の分析と授業計画例の提案
村松浩幸,松岡守,堀田龍也,竹野英敏,長谷川元洋,中西康雅,丸山剛史,森山潤,稲垣忠,木下龍 第22回日本教育工学会全国大会発表論文集,pp.159-162   2006年   
ワークシートを用いた学校間交流学習の授業設計モデルの評価
稲垣忠 第 22 回日本教育工学会全国大会発表論文集,pp.77-80.   2006年   
ネットワーク配信コンテンツ活用における普及促進モデルの構築と評価
稲垣忠・情野正 第32回全日本教育工学研究協議会全国大会研究発表C-03   2006年   
教員用コミュニティサイトの成果と今後の課題
井ノ上憲司・稲垣忠・鈴木克明 第32回全日本教育工学研究協議会全国大会研究発表C-06   2006年   
海外の学習コンテンツ活用支援が示唆するもの
亀井美穂子・森田裕介・稲垣忠 第32回全日本教育工学研究協議会全国大会研究発表C-08   2006年   
ネットワーク配信コンテンツ事業における評価枠組みの開発
稲垣忠・亀井美穂子・今井亜湖・姫野完治・小柳和喜雄・森田祐介・井ノ上憲司・十河秀敏・南部昌敏・鈴木克明 第32回全日本教育工学研究協議会全国大会研究発表,C-09   2006年   
Evaluation Criteria of Digital Educational Materials in Support sites
KAMEI, Mihoko, INAGAKI Tadashi, INOUE Kenji EDMEDIA2006June 26-30, Orland, Florida,USA ,pp.75-79   2006年   
Applying the Instructional Design Model for Inter-school Collaborative Learning to real practices
Tadashi INAGAKI ICOME2006, July 18-20,2006, Tokyo Japan, pp.280-289   2006年   
Pupils’ Attitudes towards Using Cellular Phones for Learning Activities
Tadashi Inagaki, Yuki Kobayashi and Hitoshi Nakagawa ICCE2005, pp.690-693   2005年   
学校現場における携帯電話の活用方法と児童の態度変容
稲垣忠,小林祐紀,中川一史,竹内勉,山本和人 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集,pp.137-140   2005年   
学校間交流学習のための授業設計モデルの評価
稲垣忠 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集,pp.237-238   2005年   
「ネットワーク配信コンテンツ活用推進事業(neco)」における教師間コミュニティサイトの設計と試用
井ノ上憲司,稲垣忠,市川尚,鈴木克明 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集,pp.287-288   2005年   
自然言語による検索技術を用いた中学生向け学習用特許データベースの開発
村松浩幸,福田久稔,石沢朋,稲垣忠 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集,pp.733-734   2005年   
小学校における携帯電話活用の授業事例の分析
中川一史,小林祐紀,稲垣忠,竹内勉,山本和人 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集,pp.829-830   2005年   
Evaluation of educational digital materials in support sites
Mihoko Kamei, Tadashi Inagaki Learning Media and Technology for Future Education and Training KAEIM2005, September8-11, 2005,Busan, Korea, pp.96-99   2005年   
Analysis of practices using cellular phones in elementary school
Hitoshi Nakagawa, Yuki Kobayashi, Tadashi Inagaki, Tsutomu Takeuchi, Kazuto Yamamoto, Kotatsu RinLearning Media and Technology for Future Education and Training KAEIM2005, September8-11, 2005,Busan, Korea, pp.306-312   2005年   
Evaluation on instructional design model for inter-school collaborative learning
Tadashi Inagaki Learning Media and Technology for Future Education and Training KAEIM2005, September8-11, 2005,Busan, Korea, pp.306-312   2005年   
Theoretical Framework to practice collaborative learning among distant schools
Tadashi Inagaki HCI International2005, July 22-27,2005, Las Vegas, Nevada USA   2005年   
中川 一史, 小林 祐紀, 稲垣 忠, 竹内 勉, 山本 和人
日本教育工学会大会講演論文集   2004年9月23日   
稲垣 忠
日本教育工学会大会講演論文集   2004年9月23日   
村松 浩幸, 安松 大介, 土田 恭博, 稲垣 忠
日本教育工学会大会講演論文集   2004年9月23日   
携帯電話の教育利用と児童の受容態度についての事例研究
稲垣忠,小林祐紀,中川一史,竹内勉,山本和人 第30回全日本教育工学研究協議会全国大会論文集   2004年   
携帯電話を小学校の教育活動に活用した教師の配慮に関する研究
小林祐紀,中川一史,稲垣忠,竹内勉,山本和人 第30回全日本教育工学研究協議会全国大会論文集   2004年   
広がりはじめた学校間交流学習
稲垣忠 教育システム情報学会協調学習と支援技術シンポジウム論文集(2004/10/30 上智大学),pp.17-24   2004年   
デジタル教材に対する製作者と教師の意図をめぐる事例研究
稲垣忠,宇治橋祐之,鈴木克明,小平さち子,黒上晴夫 第11回日本教育メディア学会年次大会発表論文集,pp.117-118   2004年   
校内特許データベースを用いた校内特許制度の運用と評価
村松浩幸,安松大介,土田恭博,稲垣忠 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集,pp.607-60   2004年   
学校間交流学習のための授業設計モデルの開発
稲垣忠 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集,pp.589-560   2004年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
情報活用型アプローチによる「学びの質」ルーブリックバンクの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基板研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 稲垣 忠
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 黒上 晴夫
「集めてまとめる」情報活用を支援するデジタル教材と授業モデルの開発
公益財団法人 パナソニック教育財団: 先導的実践研究助成
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 稲垣 忠
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究((C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 北村 順生
「つくって伝える」学びの質的向上を目指したルーブリック連動型Web教材の開発
公益財団法人 パナソニック教育財団: 先導的実践研究助成
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 稲垣 忠
科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 稲垣忠
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 稲垣忠
情報活用能力の一側面であるコミュニケーション能力を育成するための実践・評価手法の開発を試みた。その結果、1)国語科・社会科を横断したメディア制作と交流学習を取り人れたモデルプランを開発、2)評価手法としてコミュニケーション場而における評価指標(ルーブリック)の開発及びパフォーマンス評価による険証、3)教師の授業設計・交流支援を行うWebサービスの構築を行うことができた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 北村順生
本研究においては、地域間交流授業「ローカルの不思議」プログラムを通して、大学や高校におけるメディア・リテラシーの涵養や異文化の他者理解の促進、さらには既存のメディア環境に対する批判的理解を進めるための、実践的かつ理論的な方法論と課題とを明らかにした。また、地域メディアが異なる地域間で水平的に連携し、情報流通を進めていくことの可能性とそのための課題についても明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 久保田賢一
本研究の目的は、グローバルな視点からコミュニケーションを促進させる学習環境をデザインするための要素を明らかにすることである。そこで協同的な学習に焦点を当て、海外との交流学習、コミュニケーション能力の育成、およびそれを支援するデジタル環境に関して研究を進めた。これまでの実践事例や多様な視点から分析検討を加えた研究成果から、著書『ICT教育のデザイン』および『研究成果報告書』としてまとめてきた。しかし、これらの研究は依然発展途上であり今後さらなる研究が求められている。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 黒上晴夫
高次思考力を育成する授業方法について考えるとき,まず高次思考力について一定の定義を与える必要がある。これについては,ブルームの認知的領域の能力目標群について,マルツァーノの考えを加味しつつ,目標体系の「応用」より上位のものに対応した「思考動詞群」を想定した。それらを教科における学習内容との関連から約10程度にしぼり,それぞれに対して4段階からなるルーブリック(思考ルーブリック)を作成した。実際の授業設計においては,授業内容においてどのような思考が求められるかを,教科ごとに絞り込んだ「思考動...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 稲垣忠
本研究では学校間交流学習における授業設計、カリキュラム開発の問題に焦点をあて、授業設計モデルの開発と、普及を目的とした情報提供の方法を検討した。具体的には平成17年度は以下の5つの取り組みを実施した。1)授業設計モデルの実証研究24名の小学校、中学校教員に協力を依頼し、開発した授業設計モデルを用いた授業開発、実践を行った。教師を対象に授業設計についてのワークシートによるデータ収集と、児童生徒に対する学習目標に関する意識調査を実施した。2)教員研修の実施東北地方の情報教育の研究会等で学校間交...