大久保直

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/09 20:06
 
アバター
研究者氏名
大久保直
 
オオクボ タダシ
eメール
okubomed.kitasato-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10450719
所属
北里大学
部署
医学部
職名
准教授
学位
博士(医学)(東北大学)

プロフィール

発生生物学的なアプローチによりマウスの形態形成、器官形成、細胞分化の分子機構の解明に取り組んでいます。特に、咽頭弓の分節化、および咽頭弓に由来する器官として舌、味蕾、胸腺、副甲状腺の形成、そして鰓弓動脈や心臓流出路、脳神経系の形成過程に注目しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
北里大学 医学部 実験動物学 准教授
 
2011年
   
 
北里大学 医学部 実験動物学 講師
 
2007年
   
 
自然科学研究機構 基礎生物学研究所 岡崎統合バイオサイエンスセンター 助教
 
2003年
   
 
Duke University Medical Center 研究員
 
2002年
   
 
Vanderbilt University Medical Center 研究員
 
2001年
   
 
東北大学加齢医学研究所 日本学術振興会特別研究員PD
 

委員歴

 
2012年
 - 
現在
公私立実験動物施設協議会  代議員
 

受賞

 
2011年12月
日本味と匂学会 学会誌 Article of the Year 2011
 

論文

 
Pharyngeal arch deficiencies affect taste bud development in the circumvallate papilla with aberrant glossopharyngeal nerve formation
Okubo T, Takada S
Developmental Dynamics   244 874-887   2015年   [査読有り]
Insm1 promotes endocrine cell differentiation by modulating expression of a network of genes that includes Neurog3 and Ripply3
Osipovish AO, Log Q, Manduchi E, Gangula R, Hipkens SB, Schneider J. Okubo T, Stoeckert CJ, Takada S, Magnuson MA
Development   141 2939-2949   2014年   [査読有り]
Okubo T, Kawamura A, Takahashi J, Yagi H, Morishima M, Matsuoka R, Takada S
Development   138 339-348   2011年1月   [査読有り]
Rawlins EL, Okubo T, Xue Y, Brass DM, Auten RL, Hasegawa H, Wang F, Hogan BL
Cell Stem Cell   4 525-534   2009年6月   [査読有り]
Okubo T, Clark C, Hogan BL
Stem cells   27 442-450   2009年2月   [査読有り]
Luo X, Okubo T, Randell S, Hogan BL
In vitro Cellular & Developmental Biology. Animal   45 44-54   2009年1月   [査読有り]
Alvarez-Medina R, Cayuso J, Okubo T, Takada S, Martí E
Development   135(2) 237-247   2008年1月   [査読有り]
Que J*, Okubo T*, Goldenring JR, Nam KT, Kurotani R, Morrisey EE, Taranova O, Pevny LH, Hogan BL
Development   134(13) 2521-2531   2007年7月   [査読有り]
Cox B, Kislinger T, Wigle DA, Kannan A, Brown K, Okubo T, Hogan B, Jurisica I, Frey B, Rossant J, Emili A
Molecular Systems Biology   3 109   2007年   [査読有り]
Okubo T, Pevny LH, Hogan BL
Genes & Development   20(19) 2654-2659   2006年10月   [査読有り]

Misc

 
Tbx1/Ripply3/Retinoic acid signal network that regulates pharyngeal arch development
大久保直
New Principles in Developmental Processes (Springer)      2014年   [査読有り]
咽頭弓からの胸腺形成と先天性異常の発症機構
大久保直、高田慎治
生化学   84 168-176   2012年
気管・肺上皮細胞の発生分化制御機構
大久保直
Annual Review 呼吸器(中外医学社)   1-6   2011年
細胞系譜解析からみた舌・軟口蓋上皮の幹細胞システム
大久保直
日本味と匂学会誌(総説)   18(1) 29-35   2011年4月
肺は再生するか -マウス遺伝学を用いた最新の研究を中心に-
大久保直
The Lung Perspective (メディカルレビュー社)   17 31-35   2009年10月
味蕾形成における転写因子Sox2の役割
大久保直
日本味と匂学会誌(総説)   15 11-18   2008年4月
造血幹細胞と間質細胞の細胞間相互作用
大久保直、矢内信昭、帯刀益夫
実験医学(羊土社)増刊号   191-197   2002年1月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 大久保 直
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 大久保直
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 大久保直
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 大久保直
脊椎動物の発生過程で一過的に現れる咽頭弓は、ダイナミックな分節構造を持つ組織で、そこから様々な器官や組織が派生する。私は、近年見つかった新規遺伝子ファミリーRipply(Ripply1,2,3)のうち、Ripply3が、マウス胎生期の咽頭弓(咽頭嚢とそれに隣接する外胚葉)に強く発現することを見いだした。Riiply3の機能を知るため、Ripply3ノックアウト(KO)マウスを作製し、その表現型を解析した。その結果、Ripply3 KOマウス胚では、特に第3、4咽頭弓の形成が異常となり、さら...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 高田慎治
本研究では、体節の分節化過程において「時間経過に沿った漸進的な領域の区画化」を生み出す分子メカニズムの解明を目指し、(1)体節形成に必須な役割をはたす未知の遺伝子の同定と、これら遺伝子を含めた体節形成に関わるさまざまな遺伝子間の相互作用の解明を行う。それと同時に、(2)体節の分節化に関わる遺伝子間作用が体節形成以外の発生過程において担う役割を明らかにし、体節の分節化メカニズムを多角的に理解する。