浅川泰宏

J-GLOBALへ         更新日: 15/03/30 12:34
 
アバター
研究者氏名
浅川泰宏
 
アサカワ ヤスヒロ
eメール
taihan73ybb.ne.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/90513200
所属
埼玉県立大学
部署
保健医療福祉学部
職名
准教授
学位
博士(社会学)(慶應義塾大学大学院社会学研究科), 修士(政策・メディア)(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科)
その他の所属
埼玉県立大学大学院明治大学情報コミュニケーション学部

プロフィール

1997年,慶應義塾大学総合政策学部卒業.2000年,慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了.2003年,慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学.博士(社会学,2006年,慶應義塾大学大学院社会学研究科).専攻:文化人類学・民俗学,宗教学.

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
埼玉県立大学 保健医療福祉学部 准教授
 
2013年4月
 - 
現在
埼玉県立大学大学院 保健医療福祉学研究科 准教授(兼担)
 
2008年4月
 - 
2013年3月
埼玉県立大学 保健医療福祉学部 講師
 

書籍等出版物

 
森羅万象のささやき―民俗宗教研究の諸相―
浅川泰宏 (担当:共著, 範囲:歩き遍路と海の風景―現代四国遍路のコスモロジー―(pp.615-631))
2015年3月   
宗教と現代がわかる本2015
浅川泰宏 (担当:共著, 範囲:四国霊場の開創1200年(pp.200-203))
2015年3月   
丸善出版   2014年12月   ISBN:4621087738
曹洞宗檀信徒意識調査報告書 2012年(平成24)
曹洞宗宗勢総合調査委員会編 (担当:共著, 範囲:第2章第2節「住職や住職の家族との関わり」(pp.43-46))
曹洞宗宗務庁   2014年3月   
愛媛大学「四国遍路と世界の巡礼」研究会編 (担当:共著, 範囲:聖なるものを見る、聴く、撫でる―四国遍路と坂東巡礼―(pp.127-144))
岩田書院   2013年11月   ISBN:4872948289
青木隆浩編 (担当:共著, 範囲:四国遍路の文化的価値―その歴史と現在―(pp.91-116))
岩田書院   2013年3月   ISBN:4872947894
山中弘編 (担当:共著, 範囲:第6章 道をブリコラージュする―四国遍路の巡礼路再生運動)
世界思想社   2012年6月   ISBN:4790715655
星野 英紀, 浅川 泰宏 (担当:共著, 範囲:pp. 94-194)
吉川弘文館   2011年3月   ISBN:4642057188
丸善   2010年10月   ISBN:4621082558
織田 竜也, 深田 淳太郎
春風社   2009年11月   ISBN:4861102006

論文

 
虚空の道の宗教的景観―四国遍路23番薬王寺から室戸岬に至る道を歩く
浅川泰宏
道の宗教性と文化的景観(H20-22年度科研費研究成果報告書)      2011年3月
最近の遍路・巡礼研究の動向と特徴
浅川泰宏
第1回四国地域史研究大会公開シンポジウム・研究集会プロシーディングズ   8-19   2009年3月
浅川 泰宏
哲學   119 35-64   2008年3月   [査読有り]
特集文化人類学の現代的課題II第1部 空間の表象投稿論文1. 聖なる空間の現代的変容をめぐって (1) 聖なる空間をめぐる諸研究 : 宗教地理学と「空間論的転回」 (2) 巡礼の空間論的再考 : 地理学,社会学,宗教学の視点から (3) 巡礼とツーリズム : 宗教とツーリズムの観点からの聖なる空間2. 遍路道再生運動とその社会的背景 : 平成遍路ブームと架橋時代3. 徳島県「四国いやしのみちづくり事業」 : 歩く道から表象の道へ (1) 理念と概要 (2) 事業の構造と登録地域 (3) 鴨...
日常的実践から見た巡礼に関する文化人類学的研究―四国遍路における接待を事例として―
浅川泰宏
2005年度慶應義塾大学大学院社会学研究科博士学位論文      2006年1月   [査読有り]
浅川 泰宏
徳島地域文化研究   (3) 16-27   2005年3月   [査読有り]
浅川 泰宏
徳島地域文化研究   (1) 3-16   2003年3月   [査読有り]
浅川 泰宏
哲學   107 131-167   2002年1月   [査読有り]
特集文化人類学の現代的課題論文1. 序論 : 「巡礼功徳譚」巡礼研究と口頭伝承研究との結節点 1. 口頭伝承と巡礼功徳譚 2. 巡礼功徳譚のダイナミズムとその可能性2. 民衆型四国遍路の確立 : 特にメディア空間の成立に関して 1. 「四国八十八個所」の成立と「功徳記」 2. 近世マスメディアにみる遍路情報の社会化 : 言説空間の成立 「道指南」の流通 甲把瑞繹「仁井田之杜鎮座伝記」 『四国徧礼絵図』 3. 文芸作品にみる四国遍路の表象3. 尻なし貝物語 1. 「阿州小野の尻なし貝」...
浅川 泰宏
日本民俗学   226 35-69,176-175   2001年   [査読有り]

Misc

 
書評:岡本亮輔著『聖地と祈りの宗教社会学』
浅川泰宏
宗教研究   87(2) 189-193   2013年9月   [依頼有り]
四国遍路の歴史
浅川泰宏
あぷろく   (19) 4-5   2013年9月   [依頼有り]
曹洞宗檀信徒意識調査結果速報
曹洞宗宗勢総合調査委員会編
曹洞宗報(2013年4月号)   (931) 1-36   2013年3月
ヤマとヒャクショウと、そしてアンキの話―小鹿野町「限界集落」の調査から
浅川泰宏
埼玉県小鹿野町の限界集落の生活 報告書   86-99   2012年2月
浅川 泰宏, 小林 憲生
埼玉県立大学紀要   14 35-41   2012年
四国遍路のグローバル化の一端
浅川泰宏
国際宗教研究所ニュースレター   (69) 2-7   2011年1月   [依頼有り]
書評へのリプライ(『巡礼の文化人類学的研究-四国遍路の接待文化-』)
浅川泰宏
三田社会学   14 127-128   2009年7月

講演・口頭発表等

 
巡礼が刻む道と時:1980年代以降の研究史と展望
浅川泰宏
第57回歴史地理学会   2014年5月18日   
地域表象としての「遍路文化」:巡礼の観光資源化をめぐって
浅川泰宏
日本文化人類学会第47回学術大会   2013年6月9日   
四国遍路の文化的価値ーその歴史と現在
浅川泰宏
第80回歴博フォーラム「地域開発と文化資源」   2011年12月   
歩き遍路と海の景観
浅川泰宏
日本民俗学会 第63回年会   2011年10月   
四国遍路のグローバル化に関する一考察
浅川泰宏
日本宗教学会 第70回学術大会   2011年9月   
巡礼路再生運動における宗教民俗の組み替えー牟岐町お接待の会の事例から
浅川泰宏
日本文化人類学会 第45回研究大会   2011年6月   
巡礼空間の多層性―四国遍路・室戸岬への道を事例として
浅川泰宏
日本民俗学会第62回例会   2010年10月   
巡礼研究の4つの論点―巡礼現象の現代性と古典的巡礼理解の断層から
浅川泰宏
2009年「四国遍路と世界の巡礼」国際シンポジウム   2009年11月   
反聖地のトポロジー:「岬めぐりの遍路道」を事例として
浅川泰宏
第64回現代人類学研究会   2009年11月   
<つながる>ことの快楽と呪縛―出会いの回路としての接待を通して
浅川泰宏
京都人類学研究会7月季節例会   2009年7月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 浅川 泰宏
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 鈴木 正崇
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 松井 圭介
本研究は,ヨーロッパの文化的核心をなすカトリック地域,なかでも宗教の世俗化が進み,脱カトリック化が顕著とされる現代スペインにおいて,カトリック聖地への巡礼が興隆している現象に焦点をあて,現代の巡礼を支えている宗教的ツーリストの行動とスペインの観光空間の構造について明らかにするものである。具体的にはサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の参与観察調査を行い,宗教資源・観光資源としてのサンティアゴ巡礼路と巡礼宿,そしてその全体から構成される巡礼システムを現地調査により実証的に解明することを通して...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 山中 弘
世界遺産指定に関わる地域において、宗教を観光資源として活用する動きは非常に強い。これは行政や観光産業の側からの要求であることはもちろんであるが、宗教の側からも、観光を積極的に利用しようという動きも大きい。ただ、当該地域の宗教の位置によって相違が見られる。熊野の事例では神道は積極的であるが、長崎のキリスト教の事例では観光に対して強い懐疑をもっている。また、世界遺産指定を目指す地域では、住民たちが自らの地域の歴史や伝統を改めて自覚し、彼らのアイデンティティを強化している事例が認められる。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 浅川泰宏

社会貢献活動

 
遍路ミステリー1200年の謎
【出演, 取材協力】  NHK松山放送局  2014年12月12日
四国遍路の歴史
【講師】  彩の国いきがい大学 春日部学園  2014年12月2日
美の壺 File:316 お遍路さん
【出演, 取材協力】  NHKエデュケーショナル  2014年8月22日
巡礼者は聖なるものをどのように体験するのか?
【講師】  埼玉県立大学 教養セミナー  2013年11月30日
四国遍路の歴史
【寄稿】  公益財団法人いきいき埼玉  あぷろく 2013年9月号  2013年9月20日
聖なるものを見る、聴く、撫でる-四国遍路と坂東巡礼-
【講師】  彩の国いきがい大学 春日部学園  2013年9月19日
四国遍路の歴史
【講師】  彩の国いきがい大学 春日部学園  2012年10月4日
四国遍路の接待文化
【講師】  財団法人徳島県文化振興財団  第27回郷土文化講座  2009年11月14日
死と他界観
【講師】  財団法人いきいき埼玉  大学連携講座「けんかつオープンカレッジ」  2009年10月18日
人生と巡礼
【講師】  財団法人いきいき埼玉  大学連携講座「けんかつオープンカレッジ」  2009年10月18日