千野 貴裕

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/28 14:40
 
アバター
研究者氏名
千野 貴裕
 
チノ タカヒロ
eメール
t.chinowaseda.jp
URL
http://www.mwpweb.eu/takahirochino/
所属
早稲田大学
部署
教育・総合科学学術院
職名
専任講師
学位
PhD in Political Science(University College London)
その他の所属
早稲田大学イタリア研究所
科研費研究者番号
00732637

プロフィール

1982年生まれ。政治思想史・政治理論専攻。主たる研究対象は、クローチェとグラムシを中心とする19-20世紀のイタリア政治思想史。

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
早稲田大学 教育・総合科学学術院 専任講師
 
2014年4月
 - 
現在
早稲田大学 イタリア研究所 研究員(2016年4月-2017年3月は招聘研究員)
 
2016年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 特別研究員PD
 
2015年3月
 - 
2015年8月
欧州大学院 政治・社会学部 マックス・ウェーバー・フェロー
 
2014年4月
 - 
2016年3月
早稲田大学 政治経済学術院 助教
 
2013年11月
 - 
2017年3月
国際基督教大学 社会科学研究所 研究員
 
2013年8月
 - 
2014年1月
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン 政治学部 訪問研究員
 

学歴

 
2009年9月
 - 
2013年7月
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン 政治学部 博士課程
 
2008年4月
 - 
2009年7月
早稲田大学 大学院政治学研究科 博士後期課程
 
2005年4月
 - 
2007年3月
早稲田大学 大学院政治学研究科 修士課程
 
2001年4月
 - 
2005年3月
国際基督教大学 教養学部 社会科学科
 

受賞

 
2015年5月
政治思想学会 研究奨励賞
 

論文

 
Is Western Marxism Western? The Cases of Gramsci and Tosaka
千野 貴裕
Journal of World Philosophies   (2) 28-41   2017年   [査読有り]
哲学教育と大衆教育のあいだ:グラムシにおける教育改革案の再検討
千野 貴裕
社会科学ジャーナル   (83) 5-23   2017年
グラムシにおける二つの倫理国家概念——現代国家の分析と未来社会の予測
千野 貴裕
社会思想史研究   (40) 119-137   2016年   [査読有り]
アントニオ・グラムシのカトリック教会論 ――クローチェの教会批判の検討を中心に
千野 貴裕
政治思想研究   (15) 252-281   2015年5月   [査読有り]
Western Marxism or Marxism in the "Periphery"?: The Cases of Gramsci and Tosaka
千野 貴裕
Cadmus: EUI working papers   2015 1-29   2015年
Antonio Gramsci as an Italian Revolutionary: Gramsci's Marxism and the Crisis of Italian Democracy
千野 貴裕
PhD thesis submitted to University College London      2013年   [査読有り]
クローチェの『戦争論』における「政治的仕事」について:実践的歴史叙述の観点から
千野 貴裕
早稲田政治公法研究   (90) 17-30   2009年   [査読有り]

書籍等出版物

 
社会思想史事典
千野 貴裕 (担当:分担執筆, 範囲:ヘゲモニー論, マルクス主義の展開)
丸善出版 (forthcoming)   2017年   
Gramsci on Religion: Text and Context (ed. C. Zene)
千野 貴裕 (担当:共著, 範囲:Gramsci and Religion: An Overview)
Mimesis (forthcoming)   2017年   
Past and Present: New Insights into Gramsci’s Philosophical, Historical, and Political Thought (eds. F. Antonini et al)
千野 貴裕 (担当:共著, 範囲:Religion, Common Sense, and Good Sense)
Brill (forthcoming)   2016年   
教養のイタリア近現代史(土肥秀行・山手昌樹編)
千野 貴裕 (担当:共著, 範囲:グラムシの思想と行動)
pp. 191-204, ミネルヴァ書房   2017年   
逆光の政治哲学(姜尚中・齋藤純一編)
千野 貴裕 (担当:共著, 範囲:「自然」であるという表象 グラムシ:自然的劣等の問題化)
法律文化社   2016年4月   
イタリア版「マルクス主義の危機」論争(上村忠男編訳)
千野 貴裕 (担当:共訳, 範囲:イタリアにおける理論的マルクス主義はどのようにして生まれどのようにして死んだか(B・クローチェ))
未來社   2013年   
イタリア版「マルクス主義の危機」論争
千野 貴裕 (担当:共訳, 範囲:唯物論的歴史観について(B・クローチェ))
未來社   2013年   
公共性をめぐる政治思想(齋藤純一編)
千野 貴裕 (担当:共著, 範囲:同意と公共性:A・グラムシの市民社会論における同意の形成と解体)
おうふう   2010年   

講演・口頭発表等

 
グラムシアン・モーメント:グラムシにおけるヘゲモニーと市民社会を再考する [招待有り]
千野 貴裕
「来るべきグラムシ」シンポジウム(於立命館大学衣笠キャンパス)   2017年9月19日   
How to Begin the Study of Global Intellectual History? [招待有り]
千野 貴裕
Global Asia Workshop   2017年7月24日   
何のための平等か? 複合的平等論の擁護とその方法をめぐって [招待有り]
千野 貴裕
第7回ICU政治思想研究会   2016年7月8日   
Religion and Common Sense: Gramsci's Critique of the Catholic Church
千野 貴裕
Past & Present: Philosophy, Politics and History in the Thought of Gramsci Conference   2015年6月18日   
Marxism in the "Periphery": the Cases of Gramsci and Tosaka
千野 貴裕
9th Social Issues for Social Sciences Conference   2015年6月11日   
Grmasci and Tosaka: Marxism in the Periphery?
千野 貴裕
MWP Legal, Social and Political Theory and the History of Thought Thematic Group Workshop   2015年5月9日   
Gramsci and Tosaka: Common Sense, Religion and Politics [招待有り]
千野 貴裕
Religion, Nationalism, and Secularism in Political Modernities   2014年12月22日   
グラムシにおける二つの「倫理国家」概念:「完全な国家」と「規制された社会」
千野 貴裕
第39回社会思想史学会   2014年10月25日   
近代国家と未来社会:グラムシにおける「倫理国家」概念を再考する
千野 貴裕
第134回イタリア言語・文化研究会   2014年7月19日   
グラムシの宗教論:クローチェの宗教批判への応答とカトリック教会の分析を中心に
千野 貴裕
第21回政治思想学会研究大会   2014年5月25日   
Gramsci’s Critique of the Catholic Church
千野 貴裕
25th Conference on Political Philosophy   2014年3月30日   
How Ought We to Read Gramsci? A Defense of the Skinnerian Approach
千野 貴裕
SPP Political Theory Workshop   2013年5月29日   
Gramsci and the Southern Question
千野 貴裕
SPP Political Theory Workshop   2011年11月23日   
Gramsci as an Italian Revolutionary
千野 貴裕
SPP Political Theory Workshop   2011年3月2日   
グラムシにおける政治と情念:クローチェ「政治=情念」論に対するグラムシの批判を通じて
千野 貴裕
早稲田大学現代政治研究所   2009年5月29日   
Rethinking Gramsci’s Idea of Civil Society
千野 貴裕
The Waseda Society of Political Science   2009年3月6日   
ベネデット・クローチェの政治思想:実践的歴史叙述の観点から
千野 貴裕
政治学先端研究セミナー(早稲田大学)   2008年12月9日   
クローチェの『戦争論』における歴史叙述の政治思想:『歴史叙述の理論と歴史』を手がかりに
千野 貴裕
イタリア近現代史研究会   2008年5月31日   
Marxism in the Periphery: the Italian and Japanse cases
千野 貴裕
MWP Legal, Social and Political Theory and the History of Thought Thematic Group Workshop   2015年5月9日   

Misc

 
インタビュー 安保法その後 若手政治研究者の視点
千野 貴裕
信濃毎日新聞(2016年1月14日朝刊)   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
自由なき状況下の自由主義:非英米圏における自由主義の展開
文部科学省: 科学研究費(若手B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 千野 貴裕
グローバル政治思想史の構築に向けて: 20 世紀前半のイタリアと日本の比較から
文部科学省: 科学研究費(特別研究員奨励費)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 千野 貴裕
多様な近代観による新たな社会構想の基礎付け:20世紀前半のイタリア思想の事例から
文部科学省: 科学研究費(研究活動スタート支援)
研究期間: 2014年8月 - 2016年3月    代表者: 千野 貴裕

その他

 
2017年4月   Coordinator and Chair
Waseda Political Thought Seminar
15/04/2017 (Sat.)
Speakers: Dr Shin'ichi Tabata, Dr Masato Tanaka, Dr Kenji Uehara
Commentators: Mr Takuto Kobayashi, Mr Dai Oba, Mr Taichi Kishimi
Chair: Dr Takahiro Chino
2017年2月   研究会コメンテーター
政治思想研究会(於:早稲田大学)
日時:2017年2月3日(金)
報告者:宇野重規(東京大学)
討論者:千野貴裕(日本学術振興会)
司会:齋藤純一(早稲田大学)
2014年11月   国際ワークショップコメンテーター
国際ワークショップ(於:早稲田大学)
日時:2014年11月10日(月)
Marx, History, and Time: Some Reflections
報告者:Harry D HAROOTUNIAN(コロンビア大学)
討論者:千野貴裕(早稲田大学/欧州大学院)
司会:梅森直之(早稲田大学)