宇賀 貴紀

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/11 12:00
 
アバター
研究者氏名
宇賀 貴紀
 
ウカ タカノリ
URL
http://www.med.yamanashi.ac.jp/basic/integphys/
所属
山梨大学
部署
大学院総合研究部医学域
職名
教授
学位
博士(医学)(大阪大学大学院)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年7月
 - 
現在
山梨大学大学院 総合研究部医学域 教授
 
2009年11月
 - 
2016年6月
順天堂大学医学部 先任准教授
 
2007年4月
 - 
2009年10月
順天堂大学 医学部 准教授
 
2003年10月
 - 
2007年3月
順天堂大学 医学部 講師
 
2001年4月
 - 
2003年9月
Washington University School of Medicine Human Frontier Science Program Long-Term Fellow
 
2000年4月
 - 
2001年3月
Washington University School of Medicine 日本学術振興会海外特別研究員
 
1999年4月
 - 
2000年3月
大阪大学大学院 基礎工学研究科 科学技術振興事業団研究員
 
1997年4月
 - 
1999年3月
大阪大学大学院 医学系研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 

受賞

 
2007年4月
科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2006年7月
日本神経科学学会 奨励賞
 

論文

 
Context-dependent accumulation of sensory evidence in the parietal cortex underlies flexible task switching
Kumano H, Suda Y, Uka T
Journal of Neuroscience   36 12192-12202   2016年11月   [査読有り]
Visual impairment by surrounding noise is due to interactions among stimuli in the higher-order visual cortex.
Kumano H, Uka T
J Neurophysiol   112 620-630   2014年   [査読有り]
Diffusional kurtosis imaging analysis in patients with hypertension.
Shimoji K, Uka T, Tamura Y, Yoshida M, Kamagata K, Hori M, Motoi Y, Watada H, Kawamori R, Aoki S
Jpn J Radiol   32 98-104   2014年   [査読有り]
Neuronal mechanisms of visual perceptual learning.
Kumano H, Uka T
Behavioral Brain Research   249 75-80   2013年   [査読有り]
Responses to random dot motion reveal prevalence of pattern-motion selectivity in area MT.
Kumano H, Uka T
J Neurosci   33 15161-15170   2013年   [査読有り]
A leaky-integrator model as a control mechanism underlying flexible decision making during task switching.
Mitani A, Sasaki R, Oizumi M, Uka T
PLOS ONE   8 e59670   2013年   [査読有り]
White Matter Alteration in Metabolic Syndrome: A Diffusion Tensor Analysis.
Shimoji K, Abe O, Uka T, Yasmin H, Kamagata K, Asahi K, Hori M, Nakanishi A, Tamura Y, Watada H, Kawamori R, Aoki S
Diabetes Care   36 696-700   2013年   [査読有り]
Japanese Medical Students' Interest in Basic Sciences: A Questionnaire Survey of a Medical School in Japan.
Yamazaki Y, Uka T, Shimizu H, Miyahira A, Sakai T, Marui J
Tohoku J Exp Med   229 129-136   2013年   [査読有り]
Uka T, Sasaki R, Kumano H
J Neurosci   32(40) 13689-13700   2012年   [査読有り]
Kumano H, Uka T
J Neurophysiol   108(1) 215-226   2012年   [査読有り]
Characteristics of physicians engaged in basic science: a questionnaire survey of physicians in basic science departments of a medical school in Japan.
Yamazaki Y, Uka T, Shimizu H, Miyahira A, Sakai T, Marui J
Tohoku J Exp Med   228 75-82   2012年   [査読有り]
The spatial profile of macaque MT neurons is consistent with Gaussian sampling of logarithmically coordinated visual representation.
Kumano H, Uka T
J Neurophysiol   104 61-75   2010年   [査読有り]
Sasaki R, Uka T
Neuron   62(1) 147-157   2009年4月   [査読有り]
Uka T, DeAngelis GC
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   26 6791-6802   2006年6月   [査読有り]
Uka T, Tanabe S, Watanabe M, Fujita I
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   25 10796-10802   2005年11月   [査読有り]
Uka T, DeAngelis GC
Neuron   42(2) 297-310   2004年4月   [査読有り]
Yoshiyama K, Uka T, Tanaka H, Fujita I
Neuroscience research   48(2) 155-167   2004年2月   [査読有り]
Contribution of middle temporal area to coarse depth discrimination: comparison of neuronal and psychophysical sensitivity.
Uka T, DeAngelis GC
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23 3515-3530   2003年4月   [査読有り]
DeAngelis GC, Uka T
Journal of neurophysiology   89 1094-1111   2003年2月   [査読有り]

Misc

 
奥行き知覚
宇賀貴紀,熊野弘紀
Clinical Neuroscience   8 894-896   2012年
大脳皮質MT野の先端研究
熊野弘紀,宇賀貴紀
日本神経回路学会誌   17 101-111   2010年
宇賀貴紀, 藤田一郎
臨床科学   33(3) 348-356   1997年3月

競争的資金等の研究課題

 
柔軟な判断を可能にする神経回路シフトメカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 宇賀 貴紀
判断の柔軟性の分子メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 宇賀 貴紀
柔軟な判断を可能にする神経回路の動作原理の解明と制御
科学技術振興機構: さきがけ
研究期間: 2011年10月 - 2015年3月    代表者: 宇賀 貴紀
自然画像中の動きの解析の神経基盤
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域)
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 宇賀 貴紀
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2007年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2004年

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年3月
大阪大学大学院 医学研究科 生理系専攻博士後期課程
 
1991年4月
 - 
1995年3月
東京大学 医学部 医学科
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学 教養学部 理科Ⅲ類