中野高志

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/22 09:20
 
アバター
研究者氏名
中野高志
 
ナカノタカシ
URL
http://sites.google.com/site/nakanotakashi/
所属
奈良先端科学技術大学院大学
部署
情報科学研究科
職名
特任准教授
学位
博士(理学)(NAIST)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年5月
 - 
現在
奈良先端科学技術大学院大学 特任准教授
 
2016年3月
 - 
2017年4月
広島大学 医歯薬保健学研究院(医) 助教
 
2014年10月
 - 
2016年2月
沖縄科学技術大学院大学 神経生物学研究ユニット スタッフサイエンティスト
 
2010年4月
 - 
2014年9月
沖縄科学技術大学院大学 神経生物学研究ユニット 研究員
 
2006年3月
 - 
2010年3月
沖縄科学技術大学院大学 神経計算ユニット
 

学歴

 
 
 - 
2010年
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 
 
 
 - 
2005年
大阪大学 基礎工学部 
 

受賞

 
2009年
SIGBIO バイオ情報学研究会 学生奨励賞
 

論文

 
Takashi Nakano, Sean M. Mackay, Eng Wui Tan, Keshav M. Dani, Jeff Wickens
eNeuro   3(6)    2016年   [査読有り]
Taku Nagai, Shinichi Nakamuta, Keisuke Kuroda, Sakura Nakauchi, Tomoki Nishioka, Tetsuya Takano, Xinjian Zhang, Daisuke Tsuboi, Yasuhiro Funahashi, Takashi Nakano, Junichiro Yoshimoto, Kenta Kobayashi, Motokazu Uchigashima, Masahiko Watanabe, Masami Miura, Akinori Nishi, Kazuto Kobayashi, Kiyofumi Yamada, Mutsuki Amano, Kozo Kaibuchi
Neuron      2016年   [査読有り]
Takashi Nakano, Makoto Otsuka, Junichiro Yoshimoto, Kenji Doya
PloS one   10 e0115620   2015年   [査読有り]
Takashi Nakano, Catherine Chin, David Mo Aung Myint, Eng Wui Tan, Peter John Hale, Bala Murali Krishna M., John N. J. Reynolds, Jeff Wickens, Keshav M. Dani
Scientific reports   4 5398   2014年6月   [査読有り]
Takashi Nakano, Catherine Chin, Jeff Wickens, Keshav M Dani
Neurotransmitter   1(1)    2014年   [査読有り][招待有り]
Takashi Nakano, Junichiro Yoshimoto, Kenji Doya
Frontiers in computational neuroscience   7 119   2013年   [査読有り]
Takashi Nakano, Tomokazu Doi, Junichiro Yoshimoto, Kenji Doya
PLoS Computational Biology      2010年   [査読有り]
Takashi Nakano, Junichiro Yoshimoto, Jeff Wickens, Kenji Doya
Artificial Neural Networks - ICANN 2009, 19th International Conference, Limassol, Cyprus, September 14-17, 2009, Proceedings, Part I   249-258   2009年   [査読有り]

Misc

 
中野 高志, 吉本 潤一郎, Wickens Jeff
電子情報通信学会技術研究報告   109(53) 103-110   2009年5月
中野高志, 吉本潤一郎, WICKENS Jeff, 銅谷賢治
電子情報通信学会技術研究報告   109(53(NC2009 1-6)) 103-109   2009年5月
中野 高志, 吉本 潤一郎, Jeff Wickens, 銅谷 賢治
情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2009(16) 1-8   2009年5月
線条体は大脳基底核の入力部であり,皮質からグルタミン酸,黒質からドーパミンの投射を受けている.それらの入力から引き起こされるカルシウム変化およびドーパミン強度自身によって皮質線条体間のシナプス強度が変化することが報告されているが,その入力タイミングの依存性についてはまだほとんど分かっていない.線条体シナプスのタイミング依存可塑性の背後にあるカルシウム変化のメカニズムを明確にするために,現実的な形態を備えた線条体ニューロンモデルを構築し,スパイクタイミングに依存する細胞内カルシウム濃度変化を...
中野高志, 土居智和, 吉本潤一郎, 銅谷賢治
情報処理学会研究報告   2007(60(BIO-9)) 55-62   2007年6月
中野 高志, 土居 智和, 吉本 潤一郎, 銅谷 賢治
情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2007(60) 55-62   2007年6月
大脳基底核線条体はドーパミンの投射を受けており,その強度によって大脳皮質と線条体間のシナプス伝達効率が調節される.本研究では,このシナプス可塑性を実現している細胞内シグナル伝達機構を解明するために,その動力学モデルを構築し,様々な条件下における細胞の応答をシミュレーションによって予測した.また,そのモデルが持つ力学的特性の解析を行ったその結果,PKAおよびDARPP-32がドーパミンおよびカルシウム依存性シナプス可塑性において必須の分子であり,特に,CK1-Cdk5-D75経路はカルシウム...