武田英明

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/06 22:30
 
アバター
研究者氏名
武田英明
eメール
takedanii.ac.jp
URL
http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda/
所属
国立情報学研究所
職名
教授
学位
工学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授
 
2004年4月
 - 
現在
総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻 教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学 人工物工学研究センター 特任教授
 
2006年4月
 - 
2010年3月
国立情報学研究所 学術コンテンツサービス研究開発センター センター長
 
2005年12月
 - 
2008年3月
東京大学 人工物工学研究センター 客員教授
 

受賞

 
2017年3月
Linked Open Data チャレンジ Japan 2016 オントロジー賞 農作業基本オントロジーに基づく農作業名称のデータ
受賞者: 朱成敏, 武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね
 
2017年3月
Linked Open Data チャレンジ Japan 2016 データセット部門優秀賞 農作業基本オントロジーに基づく農作業名称のデータ
受賞者: 朱成敏, 武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね
 
2016年6月
人工知能学会 研究会優秀賞 記述論理に基づく農作業オントロジーの設計と応用
受賞者: 朱 成敏、小出 誠二、武田 英明、法隆 大輔、竹崎 あかね、吉田 智一
 
2015年3月
第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第13回日本データベース学会年次大会)(DEIM2015) 優秀インタラクティブ賞 大規模学術論文データベースにおける研究者のトピック推定と著者同定への応用
受賞者: 桂井 麻里衣, 大向 一輝, 武田 英明
 
2013年12月
PNC/ECIA & Jinmoncom (IPSJ SIG-SH) Joint Meeting 2013 Best Poster Award Silver Prize Integrate Japanese Red List into LOD of Species
受賞者: Akihiro Kameda, Fumihiro Kato, Utsugi Jinbo, Ikki Ohmukai, Hideaki Takeda
 
2013年2月
International Academy, Research, and Industry Association Best Paper Award, eKNOW 2013, The Fifth International Conference on Information, Process, and Knowledge Management, held in Nice, France - February 24 - March 1, 2013 Extraction of Semantic Relationships from Academic Papers using Syntactic Patterns
受賞者: Akihiro Kameda, Kiyoko Uchiyama, Hideaki Takeda, Akiko Aizawa
 
2012年6月
人工知能学会 全国大会優秀賞 生物情報基盤構築のための生物種データのLinked Open Data化の試み
 
2011年11月
情報処理学会 グループウェアとネットワークサービス研究会 GNWS2011 ベストペーパー賞 Social Infobox: 属性タギングを用いたデータ構造化支援システム
受賞者: 濱崎雅弘, 武田英明, 後藤真孝
 
2009年9月
財団法人船井情報科学振興財団 FIT2009船井ベストペーパー賞
受賞者: 小柴 等、相原 健郎、森 純一郎、武田 英明、小田朋宏、星 孝哲、松原 伸人
 
2007年10月
IADIS Best Paper Award, IADIS International Conference WWW/Internet 2007, Vila Real, Portugal
受賞者: Aman Shakya, Hideaki Takeda, and Vilas Wuwongee
 
2007年6月
人工知能学会 人工知能学会 功労賞
 

論文

 
Johannes Putzke,Hideaki Takeda
Towards Thought Leadership in Digital Transformation: 13. Internationale Tagung Wirtschaftsinformatik, WI 2017, St.Gallen, Switzerland, February 12-15, 2017.   -takeda   2017年2月   [査読有り]
浅野優, 小出誠二, 岩山真, 加藤文彦, 小林厳生, 美馬正司, 大向一輝, 武田英明
人工知能学会論文誌   31(1)    2017年1月   [査読有り]
S. Koide and H. Takeda
Semantic Technology: 6th Joint International Conference, JIST 2016, Singapore, Singapore, November 2-4, 2016, Revised Selected Papers   15-31   2016年11月   [査読有り]
S. Joo, S. Koide, H. Takeda, D. Horyu, A. Takezaki and T. Yoshida
Semantic Technology: 6th Joint International Conference, JIST 2016, Singapore, Singapore, November 2-4, 2016, Revised Selected Papers   32-46   2016年11月   [査読有り]
Type Prediction for Entities in DBpedia by Aggregating Multilingual Resources
T.-N. Nguyen, H. Takeda, K. Nguyen, R. Ichise and T.-D. Cao
Proceedings of the ISWC 2016 Posters & Demonstrations Track co-located with 15th International Semantic Web Conference (ISWC 2016)   1690    2016年10月   [査読有り]
Agriculture Activity Ontology : An Ontology for Core Vocabulary of Agriculture Activity
S. Joo, S. Koide, H. Takeda, D. Horyu, A. Takezaki and T. Yoshida
Proceedings of the ISWC 2016 Posters & Demonstrations Track co-located with 15th International Semantic Web Conference (ISWC 2016)   1690    2016年10月   [査読有り]
R. Chawuthai, H. Takeda, V. Wuwongse and U. Jinbo
Semantic Web   7(6) 589-616   2016年10月   [査読有り]
Y. Asano, S. Koide, M. Iwayama, F. Kato, I. Kobayashi, T. Mima, I. Ohmukai and H. Takeda
New Generation Computing   34(4) 341-366   2016年10月   [査読有り]
Joint Learning of the Embedding of Words and Entities for Named Entity Disambiguation
I. Yamada, H. Shindo, H. Takeda and Y. Takefuji
Proceedings of The 20th SIGNLL Conference on Computational Natural Language Learning   250-259   2016年8月   [査読有り]
Three-Step Seeding of Viral Marketing Campaigns
J. Putzke, L. Dopstadt, D. Schoder and H. Takeda
International Confeence on Internet Studies (NETs2016)      2016年7月   [査読有り]
Proposal of Standard Vocabulary based on Agriculture Activity Ontology to facilitate compatibility among Agriculture IT Systems
A. Takezaki, D. Horyu, H. Takeda and S. Joo
PhenoHarmonIS workshop: Semantics for Harmonization and Integration of Phenotypic and Agronomic Data, Montpellier      2016年6月   [招待有り]
Agriculture activity ontology as a basis of core vocabulary for farm management systems
H. Takeda, S. Joo, D. Horyu and A. Takezaki
PhenoHarmonIS workshop: Semantics for Harmonization and Integration of Phenotypic and Agronomic Data, Montpellier      2016年6月   [招待有り]
Phuc Tri Nguyen,Hideaki Takeda
CoRR   abs/1605.04374 -takeda   2016年5月
Topic Representation of Researchers' Interests in a Large-Scale Academic Database and Its Application to Author Disambiguation
M. Katsurai, I. Ohmukai and H. Takeda
IEICE Transactions on Information and Systems   E99-D(4) 1010-1018   2016年4月   [査読有り]
R. Cazabet and H. Takeda
Social Network Analysis and Mining   6(1) 1-12   2016年3月   [査読有り]
Identifying Key Opinion Leaders in Evolving Co-authorship Networks?A Descriptive Study of a Proxy Variable for Betweenness Centrality
J. Putzke and H. Takeda
Proceedings of the 7th Workshop on Complex Networks CompleNet 2016   311-323   2016年3月   [査読有り]
ArtViz: A Web Platform for Artist Data Visualization and Exploration
H. T. Oana Balaceanu
Technical Report NII-2016-002E      2016年2月
Joint Learning of the Embedding of Words and Entities for Named Entity Disambiguation
I. Yamada, H. Shindo, H. Takeda and Y. Takefuji
Computing Research Repository (CoRR)      2016年1月
rSim: Simplifying an RDF Graph at the Visualization Tier for Non-Expert Users
R. Chawuthai and H. Takeda
Proceedings of the ISWC 2015 Posters & Demonstrations Track      2015年12月   [査読有り]
Naohiro Matsumura,Hideaki Takeda
IEEE International Conference on Data Mining Workshop, ICDMW 2015, Atlantic City, NJ, USA, November 14-17, 2015   722-727   2015年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
人工知能とは
武田英明 (担当:分担執筆, 範囲:第8章 社会的知能としての人工知能)
近代科学社   2016年5月   
ユーザがつくる知のかたち 集合知の深化
武田英明 (担当:分担執筆, 範囲:第1章 集合知とは何か)
角川学芸出版   2015年3月   
Semantic Technology - Second Joint International Conference, JIST 2012,
H. Takeda, Y. Qu, R. Mizoguchi and Y. Kitamura (担当:共編者)
2013年4月   
Linked Data: Webをグローバルなデータ空間にする仕組み
トム ヒース , クリスチャン バイツァー (著), 武田 英明(監訳), 大向 一輝, 加藤 文彦, 嘉村 哲郎(訳), 亀田 尭宙, 小出 誠二, 深見 嘉明, 松村 冬子, 南 佳孝(訳) (担当:共訳)
近代科学社   2013年2月   
Semantic Services, Interoperability and Web Applications: Emerging Concepts
A. Shakya, H. Takeda and V. Wuwongse (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 9 (pages 228-258))
IGI Global   2011年6月   ISBN:1609605934

講演・口頭発表等

 
データ連携のためのオントロジーを用いた農業分野の用語標準化
朱成敏, 武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一
2016年度人工知能学会全国大会(第30回)   2016年6月6日   人工知能学会
DBpedia Japaneseにおける利活用状況の把握と分析
加藤文彦, 大向一輝, 武田英明
2016年度人工知能学会全国大会(第30回)   2016年6月6日   人工知能学会
IMI語彙基盤の基本的考え方
武田英明
活用が広がる「共通語彙基盤(IMI)」   2016年6月3日   情報処理推進機構
農作業基本オントロジーAAOにおける概念階層構成上の諸問題
法隆大輔, 竹崎あかね, 武田英明, 朱成敏, 吉田智一
農業情報学会2016年度年次大会   2016年5月18日   農業情報学会
研究成果データベースを用いた異分野の共同研究者の推薦
荒木将貴, 桂井麻里衣, 大向一輝, 武田英明
第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第14回日本データベース学会年次大会)(DEIM2016)   2016年2月29日   日本データベース学会
A vocabulary based on agriculture activity ontology to facilitate incompatibility among agriculture IT system
H. Takeda, S. Joo, D. Horyu and A. Takezaki
Interest Group on Agricultural Data (IGAD) Pre‐Meeting of the Research Data Alliance (RDA)   2016年2月28日   RDA
記述論理に基づく農作業オントロジーの設計と応用
朱成敏, 小出誠二, 武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一
セマンティックウェブとオントロジー研究会   2016年2月19日   人工知能学会
アクセスログに基づくDOIリンクの参照状況の分析: JaLC DOIを対象に
吉川次郎, 高久雅生, 武田英明, 逸村裕
三田図書館・情報学会 2015年度研究大会   2015年11月14日   三田図書館・情報学会
Some thoughts about the gaps across languages and domains through the experience on building the core common vocabularies
H. Takeda
Glocal KO workshop   2015年8月13日   
コミュニティQAにおける文章の表層的特徴に基く質問文と回答文の分析
朱成敏, 武田英明
2015年度人工知能学会全国大会(第29回)   2015年5月30日   人工知能学会

Misc

 
松尾 豊, 西田 豊明, 堀 浩一, 武田 英明, 長谷 敏司, 塩野 誠, 服部 宏充, 栗原 聡, 山川 宏
人工知能   30(6) 754-755   2015年11月
石井 正道, 上田 完次, 武田 英明, 竹中 毅, 西野 成昭, 歌原 昭彦
NUCB journal of economics and information science   59(2) 1-19   2015年3月
中島律子, 武田英明
情報管理   57(9) 686-689   2014年12月
武田 英明
人工知能:人工知能学会誌   29(3) 286-291   2014年5月
後藤 孝行, 濱崎 雅弘, 武田 英明
人工知能学会全国大会論文集   28 1-4   2014年

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
インターネットを通じた創発的な創造活動のモデル化と支援に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 武田英明

委員歴

 
2014年10月
 - 
現在
一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構  技術委員会 副主査
 
2014年4月
 - 
現在
経済産業省  情報共有基盤推進委員会 構成員
 
2014年4月
 - 
現在
経済産業省  情報共有基盤推進委員会 共通語彙基盤ワーキンググループ 主査
 
2012年4月
 - 
現在
ジャパンリンクセンター (JaLC)  共同運営委員会委員長
 
2012年4月
 - 
現在
内閣官房  電子行政オープンデータ実務者会議 構成員