相原 威

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/26 11:05
 
アバター
研究者氏名
相原 威
 
アイハラ タケシ
eメール
aiharaeng.tamagawa.ac.jp
所属
玉川大学
部署
工学部
職名
教授
その他の所属
玉川大学

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
2013年
玉川大学 工学部 教授
 
2005年
 - 
2009年
玉川大学 工学部 教授
 
2004年
   
 
玉川大学 教授
 
2003年
   
 
玉川大学 工学部・脳科学研究施設 教授
 
1990年
 - 
1992年
玉川大学 工学部 講師
 

論文

 
The effect of coactivation of muscarinic and nicotinic acetylcholine receptors on LTD in the hippocampal CA1 network
Eriko Sugisaki, Yasuhiro Fukushima, Satoshi Fujii, Yoshihiko Yamazaki, Takeshi Aihara
Brain Research   1649 44-52   2016年10月   [査読有り]
Roles of Gap Junctions in Organizing Traveling Waves in a Hippocampal CA3 Network Model
Toshikazu Samura, Yutaka Sakai, Hatsuo Hayashi, Takeshi Aihara
Neural Information Processing   9947 384-392   2016年9月   [査読有り]
Linear Integration Properties of the Perception of Motion Aftereffect Caused by Wide-field Transparent Visual Flow
Eiki HIda, Kyousuke Yokobori, Takeshi Aihara
Memories of the Faculty of Engineering   51 89-86   2016年4月   [査読有り]
Role of postsynaptic inositol 1, 4, 5-trisphosphate receptors in depotentiation in guinea pig hippocampal CA1 neurons
Makoto Sugita, Yoshihoko Yamazaki, Jun-Ichi Goto, Hiroki Fujiwara, Takeshi Aihara, Katsuhiko Mikoshiba
Brain Research   1642 154-162   2016年3月   [査読有り]
Mathematical modeling of subthreshold resonant properties in pyloric dilator neurons
Babak V.Ghaffari, Mojgan Kouhnavard, Takeshi Aihara, and Tatsuo Kitajima
BioMed Res. International   2015 1-21   2015年4月   [査読有り]
Mathematical approach for neural information processing using differential equation
Hiroto Funasaki, Hiroshi Sasaki, Takeshi Aihara
Memories of the Faculty of Engineering   50 25-31   2015年4月   [査読有り]
Yamaguchi Y, Aihara T, Sakai Y
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   62 83-90   2015年2月   [査読有り]
Sakaguchi Y, Aihara T, Dominey PF, Tsuda I
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   62 1-2   2015年2月   [査読有り]
Spatial information enhanced by non-spatial information in hippocampal granule cells
Hirofumi Hayakawa, Toshikazu Samura, Tadanobu C. Kamijo, Yutaka Sakai, and Takeshi Aihara.
Cognitive Neurodynamics   9(1) 12   2015年1月   [査読有り]
Frequency-dependent signal processing in apical dendrites of hippocampal CA1 pyramidal cells
Hidenori Watanabe, Hiroshi Tsubokawa, Minoru Tsukada, Takeshi Aihara
Neuroscience   278 194-210   2014年7月   [査読有り]
静的・動的抑制構造によって制御されるリカレントネットワークの神経活動伝播
佐村俊和、林初男、酒井裕、相原威
日本神経回路学会誌   11(1) 1-7   2014年4月   [査読有り][招待有り]
Tadanobu Chuyo Kamijo, Hirofumi Hayakawa, Yasuhiro Fukushima, Yoshiyuki Kubota, Yoshikazu Isomura, Minoru Tsukada, Takeshi Aihara
Cognitive Neurodynamics   267-726   2014年4月   [査読有り]
Recent studies have shown that the dendrites of several neurons are not simple translators but are crucial facilitators of excitatory postsynaptic potential (EPSP) propagation and summation of synaptic inputs to compensate for inherent voltage att...
Kondo M, Kitajima T, Fujii S, Tsukada M, Aihara T
Brain research   1526 1-14   2013年8月   [査読有り]
Integration of Hetero Inputs to Guinea Pig Auditory Cortex Established by Fear Conditioning
Yoshinori Ide, Muneyoshi Takahashi, Johan Lauwereyns, Minoru Tsukada, Takeshi Aihara
Advances in Cognitive Neurodynamics   765-771   2013年   [査読有り]
Fear conditioning induces guinea pig auditory cortex activation by foot shock alone
Yoshinori Ide, Muneyoshi Takahashi, Johan Lauwereyns, Guy Sandner, Minoru Tsukada, Takeshi Aihara
Cognitive Neurodynamics   7 67-77   2013年   [査読有り]
Toshikazu Samura,Yutaka Sakai,Hatsuo Hayashi,Takeshi Aihara
Neural Information Processing - 20th International Conference, ICONIP 2013, Daegu, Korea, November 3-7, 2013. Proceedings, Part III   1-8   2013年   [査読有り]
Fujiwara H, Sawa K, Takahashi M, Lauwereyns J, Tsukada M, Aihara T
Cognitive neurodynamics   6 399-407   2012年10月   [査読有り]
Ide Y, Miyazaki T, Lauwereyns J, Sandner G, Tsukada M, Aihara T
Cognitive neurodynamics   6 1-10   2012年2月   [査読有り]
Power-Law Scaling of Synchronization Robustly Reproduced in the Hippocampal CA3 Slice Culture Model with Small-World Topology
The 19th International Conference on Neural Information Processing      2012年
Nonlinear information processing of the hippocampal dentate gyrus
T. Kamijo, H Hayakawa, Y Fukushima, Y Kubota, N Isomura, T. Aihara
The 21st Annual Conference of the Japanese Neural Network Society      2012年
Integration of Hetero Inputs to Guinea Pig Auditory Cortex Established by Fear Conditioning
Advances in Cognitive Neurodynamics III      2012年
Influence of the Endogenous Acetylcholine on STDP Induction
Takeshi Aihara, Eriko Sugisaki, Yasuhiro Fukushima and Minoru Tsukada
Advances in Cognitive Neurodynamics III      2012年
Toshikazu Samura,Yasuomi D. Sato,Yuji Ikegaya,Hatsuo Hayashi,Takeshi Aihara
Neural Information Processing - 19th International Conference, ICONIP 2012, Doha, Qatar, November 12-15, 2012, Proceedings, Part II   152-159   2012年   [査読有り]
Yoneyama M, Fukushima Y, Tsukada M, Aihara T
Cognitive neurodynamics   5 333-342   2011年11月   [査読有り]
Spatiotemporal characteristics of synaptic EPSP summation on the dendritic trees of hippocampal CA1 pyramidal neurons as revealed by laser uncaging stimulation
Yoneyama M, Fukushima Y. Tsukada M. Aihara T.
Cognitive Neurodynamics   5(4) 333-342   2011年
Cholinergic modulation on spike timing-dependent plasticity in hippocampal CA1 network
Sugisaki E, Fukushima Y, Tsukada M, Aihara T.
Neuroscience   192 91-101   2011年
Nishiyama M, Togashi K, Aihara T, Hong K
Frontiers in synaptic neuroscience   2 22   2010年   [査読有り]
The relation between spike-timing dependent plasticity and Ca(2+) dynamics in the hippocampal CA1 network.
Aihara T, Abiru Y, Yamazaki Y, Watanabe H, Fukushima Y, Tsukada M.
Neuroscience   145 80-87   2007年
Optical Imaging of Plastic Changes Induced by Fear Conditioning in The Auditory Cortex of Guinea Pig
Yoshinori Ide, Guy Sandner, Takeshi Aihara and Minoru Tsukada
日本神経回路学会   P2-07   2006年
スパイクタイミング依存シナプス可塑性の計算論的解析
浦久保秀俊, 黒田真也、相原威
シミュレーション学会誌   25(1) 4-12   2006年
Phase shift of subthreshold theta oscillation in hippocampalCA1 pyramidal cell membrane by excitatory synaptic inputs.
H. Watamabe, T. Aihara, M. Tsukada
Neuroscience   140(4) 1189-1199   2006年
A spatio-temporal learning rule based on the physiological data of LTP induction in the hippocampal CA1 network.
Tsukada M, Aihara T, Saito H, Kato H
Lecture Notes in Computer Science Springer   1112 709-714   2006年
Spike-timing dependent LTP and LTD in area CA1 of hippocampal slices: An optical imaging study
M. Tsukada, T. Aihara, Y. Kobayashi, H. Shimazaki
Hippocampus   15 104-109   2005年
Spatio-temporal Visualization of Long-Term Potentiation and Depression in the Hippocampal CA1 Area.
T. Aihara, Y. Kobayashi, and M. Tsukada,
Hippocampus   15 68-78   2005年
スパイクタイミング依存性可塑性に関するNEUROシミュレータの応用
相原威、西山誠、浦久保秀俊
日本神経回路学会誌   12(2) 94-99   2005年
The requirment of backpropagating action potential to the induction of association LTP in hippocampal CA1 pyramidal neurons
Fukushima Y, Yamazaki Y, Aihara T, kojima H, Tsukada M
Neuroscience 2005   108   2005年
The Processing of inputs at distal dendrite effected by gating of the back-propagating spike.
Neuroscience 2005   P1-48 108   2005年
The requirement of back-propagating action potentials to the induction of associative LTP in hippocampal CA1 pyramidal neurons.
Fukushima, Y., Yamazaki. Y., Aihara, T., Kojima, H. and Tsukada, M.
Neuroscience Research Suppl.      2005年
Aihara T, Kobayashi Y, Tsukada M
Hippocampus   15 68-78   2005年   [査読有り]
Tsukada M, Aihara T, Kobayashi Y, Shimazaki H
Hippocampus   15 104-109   2005年   [査読有り]
Spatial localization of synapses required for supralinear summation of action potentials and EPSPs
H. Urakubo, T. Aihara, S.Kuroda, M.Watanabe, S.Kondo
Jounal of Computational Neuroscience   16(3) 251-265   2004年
Hidetoshi Urakubo,Takeshi Aihara,Shinya Kuroda,Masataka Watanabe,Shunsuke Kondo
Journal of Computational Neuroscience   16(3) 251-256   2004年   [査読有り]
Ca2+ influx during the induction of the spike-timing dependent plasticity in the Hippocampal CA1 net work.
T. Aihara, Y. Abiru, Y. Kashiwagi,Y. Yamazaki and M.Tsukada
ELSEVIER, Neuroscience Research   46(1) 175   2003年
Context dependent of rat hippocampal CA1 neurons during simple alternation and simple repeating tasks.
M.Takahashi, T.Kodama, T.Aihara, M.Tsukada, Y. Anzai
ELSEVIER,Neuroscience Research   46(1) 166   2003年
Gating of activity-dependent long-term depression by GABAergic activity in the hippocampus.
K.Togashi, T. Kitajima, T. Aihara, K. Hong, M. Poo, M. Nishiyama
Proc. of 33nd Annual Meeting, Society for Neuroscience   123.4   2003年
脳科学の新展開 −シナプスの可塑性とHebbルール−
相原威
電気学会産業応用部門大会論文集   3(s14-1) 33-34   2003年

書籍等出版物

 
シカゴ大学教授法ハンドブック
玉川大学出版部   2005年   
Long-term potentiation to temporal pattern stimuli in hippocampal slices.
"Vision, Memory, and the Temporal Lobe"   1990年   

講演・口頭発表等

 
ムスカリン受容体とニコチン受容体活性によるLTDへの効果
杉崎えり子、福島康弘、藤井聡、相原威
電子情報通信学会MBE研究会   2016年3月23日   
事象関連電位による大脳優位半球の推定
宮田真宏、相原威、佐々木寛
電子情報通信学会MBE研究会   2016年3月23日   
海馬歯状回の周波数応答特性
中島直樹、山森萌樹、早川博章、上條中庸、相原威
電子情報通信学会   2016年3月5日   
海馬入力時におけるセロトニンのゲーティング作用海馬入力時におけるセロトニンのゲーティング作用
細谷由華、杉崎えり子、相原威
電子情報通信学会   2016年3月5日   
アセチルコリンのSTDP誘起への影響
藤原 駿也、渡邉 一馬、大矢 祐輔、杉崎 えり子、相原 威
電子情報通信学会   2016年3月5日   
図地分離モデルにおける複雑ネットワーク効果の解析
花房美香子、横堀喬祐、樋田栄輝、相原威
電子情報通信学会   2016年3月5日   
Interaction of inputs in hippocampal granule cells with inhibitory connection.
N. Nakajima, H. Hayaklawa, T. Kitajima, T. Aihara,
Society for Neuroscience 45h annual meeting   2015年10月17日   
ギャップ結合を通じた抑制性介在細胞の活動によるシータ進行波生成への影響
佐村俊和、酒井裕、林初男、相原威
第25回日本神経回路学会全国大会   2015年9月4日   
The influence of Ach on LTD induced by STDP protocol in the rat hippocampal CA1 network
E. Sugisaki, Y. Fukushima, S Fujii, T Aihara
Life Engineering Sympojium 2015   2015年9月3日   
Influence of Ach on information processing in hippocampal CA1area
S. Fujiwara, G. Kaieda, N. Nakajima, H. Sasaki, T. Aihara
Life Engineering Sympojium 2015   2015年9月3日   
Localized Anisotropic Inhibition for Self-organized Directional Traveling Waves in the hippocampal CA3
Toshikazu Samura, Yutaka Sakai, Hatsuo Hayashi, Takeshi Aihara
24th Annual Conference of Japanese Neural Network Society   2015年9月   
海馬歯状回における顆粒細胞への入力相互作用
舟崎 寛人、早川 博章、上條 忠庸、相原 威
電子情報通信学会NC研究会   2015年3月17日   
条件付け学習による感覚連合野の光計測による解析 [招待有り]
川井悠聖、井出吉紀、相原威
電子情報通信学会 学生研究発表会   2015年2月28日   
視線のコミュニケーションによる脳波計測と解析
花房美香子、里見啓太、山口友輝、佐々木寛、樋田栄喜、相原威
電子情報通信学会 学生研究発表会   2015年2月28日   
Locality and Connectivity of Anisotropic Inhibition for Directional Traveling Waves in the Hippocampal CA3
Toshikazu Samura, Yutaka Sakai, Hatsuo Hayashi, Takeshi Aihara
The 3rd RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer   2015年2月18日   
海馬顆粒細胞へのγリズム入力の効果
中島直樹、早川博章、上條中庸、相原威
電子情報通信学会 学生研究発表会   2015年1月28日   
行動中ラットにおける2種類の海馬鋭波リップルは報酬期待と報酬獲得を反映する
Toshikazu Samura, Akiko Saiki, Hidenori Aizawa, Takeshi Aihara, Yoshikazu Isomura, Yutaka Sakai
Winter Workshop on Mechanism of Brain and Mind   2015年1月   
Distinct types of hippocampal sharp-wave ripples during reward-expecting behavior
Toshikazu Samura, Akiko Saiki, Hidenori Aizawa, Takeshi Aihara, Yoshikazu Isomura, Yutaka Sakai,
014 International Symposium, Vision, Memory, Thought: How Cognition Emerges from Neural Network   2014年12月6日   
Integration of non-spatial information and spatial information in hippocampal granule cells
H. Hayakawa, T. C. Kamijo, T. Samura, and T. Aihara
Neuroscience 2014 Society for Neuroscience 43rd annual meeting   2014年11月   
Interneuron effects on cholinergically-induced STDP in hippocampal CA1 network
Eriko Sugisaki, Yasuhiro Fukushima, Takeshi Aihara
Neuroscience 2014 Society for Neuroscience 43rd annual meeting   2014年11月   
リカレントネットワークにおける単一指向性興奮伝播の生成
佐村俊和、酒井裕、林初男、相原威
電子情報通信学会総合大会   2014年3月   
Spread of back-propagating action potential regulates the layer-specific location arising neural plasticity along dendrites: An optical imaging study with voltage-sensitive dye
M. Kondo, T. Aihara
Neuroscience 2013   2013年11月14日   
The analysis of input integration around the dendritic branches in dentate granule cells.
T. Kamijo, H. Hayakawa Y. Fukushima, Y. Kubota, E. Hida, T. Aihara,.
Neuroscioence 2013 Society for Neuroscience 42th annual meeting   2013年11月13日   
Spatio-temporal interaction of inputs in hippocampal granule cells
H. Hayakawa, T. Kamijo, Y. Yamazaki, S.Fujii, T. Aihara
Neuroscioence 2013 Society for Neuroscience 42th annual meeting   2013年11月13日   
Distance- and direction-dependent synaptic weight distributions for directional spike propagation in a recurrent network: self-actuated shutdown of synaptic plasticity.
T. Samura, Y. Sakai, H. Hayashi, T. Aihara.
The 20th International conference on neural information Processing   2013年11月6日   
Input-dependent transition of traveling waves self-organized in the paradoxical direction of the hippocampal CA3 network with anisotropic inhibition.
T. Samura, Y. Sakai, H. Hayashi, T. Aihara
The Society for Neuroscience, Neuroscience 2013   2013年10月12日   
Regulation of spike backpropagation by synaptic inputs and the plasticity in hippocampal CA1 neurons
Masashi Kondo, Takeshi Aihara
2013年 包括脳夏のワークショップ   2013年8月31日   
海馬歯状回顆粒細胞における非空間情報が空間情報に与える影響の解析
1. 早川博章、上條中庸、佐村俊和、相原威
ライフエンジニアリング部門シンポジウム2013   2013年7月13日   
Optical imaging of plastic changes induced by fear conditioning in auditory, visual, and somatosensory cortices.
Y. Ide, M. Takahashi, J. Lauwereyns, M. Tsukada, and T. Aihara.
ICCN2013   2013年6月24日   
Endogenous acetylcholine contributes to STDP. The 4th International Conference on Cognitive Neurodynamics
E. Sugisaki, Y. Fukushima, M. Tsukada, T. Aihara
ICCN2013   2013年6月24日   
Spatio-temporal visualization of the theta-burst induced long-term potentiation at hippocampal CA1 area: analysis using an optical imaging method with voltage-sensitive dye
Masashi Kondo, Takeshi Aihara
Neuro2013   2013年6月22日   
海馬歯状回における空間情報処理メカニズム
早川博章、上條中庸、佐村俊和、相原威
Neuro 2013   2013年6月21日   
海馬歯状回における空間情報処理の解析
2. 早川博章、上條中庸、佐村俊和、相原威
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 夏のワークショップ   2013年6月21日   
異方的抑制を持つCA3リカレントネットワークに生成される指向性シータ進行波
佐村俊和、酒井裕、林初男、相原威
第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会合同大会   2013年6月21日   
海馬CA3ネットワークにおけるシータ進行波の自己組織的生成と指向性の制御
佐村俊和、酒井裕、林初男、相原威
平成25年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ   2013年6月21日   
アセチルコリン作用によるSTDPに対する抑制性細胞の効果
杉崎 えり子、 福島 康弘、 塚田 稔、 相原 威
Neuro2013   2013年6月20日   
光計測法を用いた海馬CA1野のLTP多点同時計測
海江田 岳,近藤 将史,相原 威
電子情報通信学会総合大会 2013   2013年3月20日   
光計測法による海馬CA1野の抑制による非線形性の解析
武石 歴名,近藤 将史,相原 威
電子情報通信学会総合大会 2013   2013年3月20日   
海馬CA3ネットワークに生成される指向性を持つシータ進行波
佐村俊和、酒井裕、林初男、相原威
「知的ナノ集積システムの課題と展望」平成24年度研究会   2013年3月11日   
海馬歯状回顆粒細胞の樹状突起上における空間情報・非空間情報の相互作用
早川博章、上條中庸、佐村俊和、相原威
ニューロコンピューティング研究会   2013年1月25日   
海馬CA1野における興奮性/抑制性シナプス入力による樹状突起膜電位ダイナミクスの調節 ~ 膜電位感受性色素を用いた光学的測定 ~
近藤 将史,相原 威
電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会   2013年1月25日   
海馬顆粒細胞樹状突起分岐周辺の入力統合の解析
上條中庸、早川博章、福島康弘、窪田芳之、磯村宜和、相原威
日本神経回路学会 第13回 冬のワークショップ『脳と心のメカニズム』   2013年1月9日   
海馬歯状回顆粒細胞における入力情報の相互作用
早川博章、上條中庸、佐村俊和、相原威
日本神経回路学会 第13回 冬のワークショップ 脳と心のメカニズム   2013年1月9日   
Cantor coding for a spatio-temporal input sequence in the CA1
The Society for Neuroscience, Neuroscience2012   2012年   
Location-dependent influence of feed-forward and feed-back inhibitions in hippocampal CA1 neurons: Analysis using optical imaging method with voltage-sensitive dyes
Neuroscioence 2012 Society for Neuroscience 42th annual meeting   2012年   
Spatio-temporal interaction between lateral and medial dendritic inputs in hippocampal granule cell
The Society for Neuroscience, Neuroscience2012   2012年   
Supralinearity of input integration at dendritic branches in dentate granule cells
The 22nd Annual Conference of the Japanese Neural Network Society   2012年   
海馬歯状回における非線形情報処理の解析
上條中庸、早川博章、福島康弘、相原威
ニューロコンピューティング研究会   2012年   
興奮伝播を生ずるリカレントネットワークに生じる距離依存結合強度分布
佐村俊和、酒井裕、林初男、相原威
日本神経回路学会 第22回全国大会   2012年   
海馬歯状回顆粒細胞における非線形性
上條中庸、海江田岳、早川博章、福島康弘、相原威
第89回日本生理学会大会   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型), 新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 相原 威
近年、ボトムアップ情報のみに依存した外界モデルの形成メカニズムは実験的にも理論的にもかなり明らかになってきているが、情報創成の視点から見たトップダウン機能を実現するメカニズムに関する研究はほとんどない。本研究ではトップダウンの作用として、報酬・罰や注意などに応じた感覚情報(ボトムアップ情報)統合への修飾に注目し、個体の目的に合わせた脳内モデルの自己組織化を可能にするメカニズムを探る。ボトムアップとトップダウンというヘテロな系の相互作用ダイナミクスを実験と理論の両側面から明らかにすることで、...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
ニューロンのデンドライトにおけるSTDPにおいてPD(Proximal Dendrite;樹状突起細胞体近位部)とDD (Distal Dendrite;樹状突起細胞体遠位部)で顕著な違いが見られることを報告してきた.しかし,それぞれの部位の入力の時間的相互作用はまだ明らかになってなかった.そこで本実験ではPDとDDの相互作用に着目し, PDへの入力がBPAPを1つのキャリアとしてDDの情報処理に影響を与えるだろうことを仮定し, BPAPとPD入力のタイミングの違いがDDにおける可塑的変化...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年
ニューロの情報処理において、デンドライトでのシナプス入力の時間と場所に依存した可塑性誘起が報告されている。これは、単一ニューロンにおいて新しい情報統合の可能性を示唆するものである。本研究は、海馬ニューロンの情報処理における抑制性細胞によるシャンティング効果と、ProximalデンドライトでのEPSPによる逆伝播活動電位のエンハンスにもとづくDistal部位へのゲーティング作用の可能性に着目し、ニューロンにおける時空間情報の処理とそのダイナミクスの計測を行った。そして、新たな統合的な記憶情報...