柳澤 琢史

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/07 23:04
 
アバター
研究者氏名
柳澤 琢史
 
ヤナギサワ タクフミ
所属
大阪大学国際医工情報センター
職名
寄附研究部門講師
学位
医学博士(大阪大学), 理学修士(早稲田大学), 医師(大阪大学)
その他の所属
株式会社国際電気通信基礎技術研究所JST さきがけ

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
大阪大学 国際医工情報センター 臨床神経医工学寄附研究部門 講師
 
2012年4月
 - 
2016年3月
大阪大学大学院 脳神経外科・神経機能診断学 助教
 
2007年4月
 - 
現在
ATR脳情報研究所 非常勤研究員
 

受賞

 
2017年2月
中谷医工計測技術振興財団 中谷賞奨励賞 ECoG/MEG-BMI 義手による重度麻痺患者の運動機能再建と幻肢痛治療への応用
 
2013年4月
文部科学省 平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞 麻痺患者の皮質脳波による神経義手の開発
 
2013年1月
大阪大学 飛翔研究フェロー 多チャンネル脳磁計による神経義手の開発と神経難病への応用
 
2012年11月
日本医師会 日本医師会医学研究奨励賞 脳磁計による神経義手制御とALS患者への適応
 
2010年11月
国際臨床神経生理学会 若手科学者賞 Real-time and training-free control of a prosthetic arm using human electrocorticograms
 
2008年8月
BIOMAG 若手科学者賞 Functional mapping by transcranial magnetic stimulation (TMS) on motor cortex of the patients with deafferentation pain
 

論文

 
柳澤 琢史
Journal of neuroscience   32(44) 15467-15475   2012年10月   [査読有り]
Khoo HM, Kishima H, Tani N, Oshino S, Maruo T, Hosomi K, Yanagisawa T, Kazui H, Watanabe Y, Shimokawa T, Aso T, Kawaguchi A, Yamashita F, Saitoh Y, Yoshimine T
Journal of neurosurgery   124(2) 1-9   2015年8月   [査読有り]
Kishima H, Kato A, Oshino S, Tani N, Maruo T, Khoo HM, Yanagisawa T, Edakawa K, Kobayashi M, Tanaka M, Hosomi K, Hirata M, Yoshimine T
Neurological research   39(3) 223-230   2017年3月   [査読有り]
Morris S, Hirata M, Sugata H, Goto T, Matsushita K, Yanagisawa T, Saitoh Y, Kishima H, Yoshimine T
IEEE transactions on bio-medical engineering   62(4) 1034-1041   2015年4月   [査読有り]
Araki T, Hirata M, Yanagisawa T, Sugata H, Onishi M, Watanabe Y, Ogata S, Honda C, Hayakawa K, Yorifuji S, Osaka Twin Research Group.
NeuroImage   142 241-247   2016年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
細胞工学
柳澤 琢史 (担当:分担執筆, 範囲:1. 脳信号で機械を操作するためのブレインマシンインターフェイス, 柳澤琢史)
2015年7月   
ブレインサイエンス・レビュー 2014
柳澤 琢史 (担当:分担執筆, 範囲:脳磁計による神経義手のALS患者への適応)
クバプロ   2014年2月   
Brain-Computer Interface Research: A State-of-the-Art Summary -2
柳澤 琢史 (担当:分担執筆, 範囲:Electrocorticographic control of a prosthetic hand in paralyzed patients: ECoG Control of a Prosthetic Hand)
SpringerBriefs in Electrical and Computer Engineering   2013年   
先端医療シリーズ40‘リハ医とコメディカルのための最新リハビリテーション医学’
柳澤 琢史 (担当:分担執筆, 範囲:皮質脳波を用いたBMIによる運動機能再建)
2010年4月   

講演・口頭発表等

 
MEG Neurofeedbackによる幻肢痛治療 [招待有り]
柳澤 琢史
第19回日本ヒューマンブレインマッピング学会   2017年3月10日   
BMIによる幻肢痛の病態解明と新たな治療法開発
柳澤 琢史
第56回日本定位・機能神経外科学会   2017年1月27日   
MEG-DecNef for phantom limb pain [招待有り]
柳澤 琢史
ATR DecNef workshop   2016年12月6日   
MEGを用いたネットワーク診断とDecodingによる治療 [招待有り]
柳澤 琢史
日本臨床神経生理学会   2016年10月29日   
痛みに対するデコーデッドニューロフィードバック [招待有り]
柳澤 琢史
臨床神経生理学会   2016年10月27日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
思考・行動を予想する脳ビックデータ(データさきがけ)
日本科学技術振興機構: さきがけ ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化
研究期間: 2015年10月 - 2019年3月    代表者: 柳澤 琢史
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 柳澤 琢史
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 柳澤 琢史
本研究では臨床用脳磁計からオンラインで脳磁場信号を取得し、リアルタイムで脳情報抽出処理を行い、その結果に基づいて、患者が思った通りに動作する神経義手を開発した。また、これを腕神経叢引き抜き損傷や脳卒中、筋萎縮性側索硬化症、脳性麻痺等により重度の運動麻痺がある患者に適用した。麻痺で動かない上肢を動かす想起時の脳信号から運動情報を抽出し、麻痺患者でも脳信号で義手操作が出来る事を示した。また、この操作に習熟することで、脳活動自体も変化する事が示され、リハビリテーションなどへの応用が示唆された。本...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 柳澤 琢史
本研究では、感覚運動野に留置した硬膜下電極から計測した皮質脳波を用いて、患者の思った通りに動き、かつ感覚フィードバックを持つ電動義手を開発した。また、脳卒中や外傷による重度運動機能障害患者の皮質脳波でも、患者が想起した運動内容を推定し義手を制御できる事を示した。更に、麻痺患者が皮質脳波だけで義手を制御し物の把握など操作を行える事を実証した。また、脳磁計でも制御可能な義手を開発した。

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年9月
大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科
 
2000年4月
 - 
2004年3月
大阪大学 医学部 医学科
 

特許

 
平田 雅之, 吉峰 俊樹, 松下 光次郎, 後藤 哲, 柳澤 琢史, 鈴木 隆文, 吉村 眞一
平田 雅之, 柳澤 琢史, 神谷 之康, 横井 浩史, 吉峰 俊樹, 後藤 哲, 福間 良平, 加藤 龍
平田 雅之, 柳澤 琢史, 神谷 之康, 横井 浩史, 吉峰 俊樹, 後藤 哲, 福間 良平, 加藤 龍
平田 雅之, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一, 柳澤 琢史, 後藤 哲

その他

 
包括脳ネットワーク