福永拓郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/05 09:42
 
アバター
研究者氏名
福永拓郎
 
フクナガ タクロウ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60452314.ja.html
所属
国立情報学研究所
部署
ビックデータ数理国際研究センター
職名
特任准教授
学位
博士(情報学)(京都大学)
その他の所属
JST, ERATO, 河原林巨大グラフプロジェクト
科研費研究者番号
60452314

研究分野

 
 

経歴

 
2013年2月
 - 
現在
国立情報学研究所 特任准教授
 
2013年2月
 - 
現在
JST, ERATO, 河原林巨大グラフプロジェクト
 
2007年4月
 - 
2013年1月
京都大学 大学院 情報学研究科 助教
 
2011年9月
 - 
2012年8月
Carnegie Mellon University 客員研究員
 
2007年2月
 - 
2007年3月
京都大学 大学院 情報学研究科 助手
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年1月
京都大学 大学院情報学研究科 数理工学専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
京都大学 工学部 情報学科
 

受賞

 
2014年8月
日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究賞奨励賞
 

論文

 
Daisuke Hatano,Takuro Fukunaga,Takanori Maehara,Ken-ichi Kawarabayashi
Proceedings of the Thirty-First AAAI Conference on Artificial Intelligence, February 4-9, 2017, San Francisco, California, USA.   1992-1999   2017年   [査読有り]
Daisuke Hatano,Takuro Fukunaga,Ken-ichi Kawarabayashi
Proceedings of the Twenty-Fifth International Joint Conference on Artificial Intelligence, IJCAI 2016, New York, NY, USA, 9-15 July 2016   3600-3608   2016年   [査読有り]
Takuro Fukunaga,Takanori Maehara
Combinatorial Optimization and Applications - 10th International Conference, COCOA 2016, Hong Kong, China, December 16-18, 2016, Proceedings   77-91   2016年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
SIAM J. Discrete Math.   30(2) 777-800   2016年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
Discrete Optimization   20 40-61   2016年   [査読有り]
Virtual machine placement for minimizing connection cost in data center networks
Takuro Fukunaga, Shuichi Hirahara, Hiyori Yoshikawa
International Workshop of Software-Defined Data Communications and Storage      2015年4月   [査読有り]
Approximating the generalized terminal backup problem via half-integral multiflow relaxation
福永拓郎
STACS   316-328   2015年3月   [査読有り]
Lagrangian decomposition algorithm for allocating marketing channels
Daisuke Hatano, Takuro Fukunaga, Takanori Maehara, Ken-ichi Kawarabayashi
Twenty-Ninth AAAI Conference on Artificial Intelligence   1144-1150   2015年1月   [査読有り]
Atsushi Miyauchi, Yuni Iwamasa, Takuro Fukunaga, Naonori Kakimura
ICML   1395-1404   2015年   [査読有り]
Spider covers for prize-collecting network activation problem
福永拓郎
Twenty-Sixth Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA)   9-24   2015年1月   [査読有り]
Takuro Fukunaga,Zeev Nutov,R. Ravi 0001
SIAM J. Comput.   44(5) 1202-1229   2015年   [査読有り]
Deliver or hold: Approximation algorithms for the periodic inventory routing problem
Takuro Fukunaga
Approximation, Randomization, and Combinatorial Optimization. Algorithms and Techniques (APPROX/RANDOM 2014)   209-225   2014年9月   [査読有り]
Unranking of small combinations from large sets
oshihiro Shimizu, Takuro Fukunaga, Hiroshi Nagamochi
Journal of Discrete Algorithms   29 8-20   2014年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
Algorithm Theory - SWAT 2014 - 14th Scandinavian Symposium and Workshops, Copenhagen, Denmark, July 2-4, 2014. Proceedings   217-228   2014年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
J. Discrete Algorithms   19 30-38   2013年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
Discrete Optimization   10(4) 371-382   2013年   [査読有り]
Iterative rounding approximation algorithms for degree-bounded node-connectivity network design
Takuro Fukunaga, R. Ravi
53rd Annual IEEE Symposium on Foundations of Computer Science   263-272   2012年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
8th Annual Conference on Theory and Applications of Models of Computation   428-439   2011年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
14th Conference on Integer Programming and Combinatorial Optimization   15-28   2010年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
4th International Frontiers of Algorithmics Workshop   210-221   2010年   [査読有り]

Misc

 
清水 俊宏, 福永 拓郎, 永持 仁
数理解析研究所講究録   1744(0) 99-106   2011年6月
福永 拓郎
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   111(20) 33-39   2011年4月
供給点配置問題とは,無向グラフにおいて供給点集合と各節点の間の連結度が節点の要求以上になるような最小コスト供給点集合を求める問題である.ただし本報告では,供給点集合Sと節点v間の連結度はv以外に節点を共有しないパスの最大本数と定義される.我々は供給点配置問題について,最大要求量がd^*の場合に対するO(d^* log d^*)近似アルゴリズムを提案する.また,供給点配置問題に関係する新たな問題を定義し,その問題に対する近似アルゴリズムを提案する.
瀬島 賢治, 福永 拓郎, 永持 仁
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   110(464) 45-51   2011年3月
長さに上限をもつパスによる被覆問題とは,有向グラフD=(V,A),ソースs∈V,シンクt∈V,非負辺長l,非負整数Tが与えられたとき,Vの全ての点を被覆する長さT以下のst-パス集合の中で最小サイズのものを求める問題である.本論文では,非循環有向グラフにおいてこの問題に対する近似アルゴリズムを提案する.またNP-困難性や,特殊ケースに対する多項式時間で動く厳密解法についても考察する.
福永 拓郎
オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学   56(1) 5-9   2011年1月
各点間に十分な連結度をもつネットワークを低コストで構築することを要求する最適化問題を,ネットワーク設計問題という.ネットワーク設計問題に関する理論研究の最近の進展の中心にあるのが,反復丸め法と呼ばれる手法である.本稿では,この反復丸め法について解説する.
福永 拓郎
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   110(12) 55-62   2010年4月
いくつかの辺を取り除くことによってハイパーグラフがk個の連結成分に分割されるとき,その辺の集合はハイパーグラフのk分割カットと呼ばれる.グラフの最小容量k分割カットはkが定数であるとき多項式時間で計算できるのに対し,ハイパーグラフの最小容量k分割カットはkが定数であっても多項式時間で計算できるかどうかは分かっていない.本報告では,kとハイパーグラフのランクの両方が定数であるときにハイパーグラフの最小容量k分割カットを強多項式時間で求めるアルゴリズムを与える.我々のアルゴリズムは,貪欲法で構...