田村一軌

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/10 11:40
 
アバター
研究者氏名
田村一軌
 
タムラ カズキ
URL
http://www.agi.or.jp/staff/kazuki-tamura/
所属
公益財団法人アジア成長研究所
職名
上級研究員
学位
都市・地域計画(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
アジア成長研究所 上級研究員
 
2011年4月
 - 
2014年9月
国際東アジア研究センター 上級研究員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
福岡アジア都市研究所 研究主査
 
2007年3月
 - 
2009年3月
鉄道総合技術研究所 交通計画研究室 副主任研究員
 
2005年4月
 - 
2007年2月
鉄道総合技術研究所 交通計画研究室 研究員
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2003年3月
筑波大学 社会工学研究科 
 
1992年4月
 - 
1996年3月
筑波大学 第三学群 社会工学類
 

論文

 
田村 一軌
AGI Working Paper Series   2017 1-17   2017年2月
人口減少社会に突入した日本において,特に地方では,いかにして人口流出を抑え,人口流入を増やすかが課題となっているようだ。これは人口という総量の決まった資源の奪い合いであり,ゼロサムゲームではあるものの,人口の減少と高齢化という現実に直面した自治体の危機感の表れとして,この課題への政策的対応が課題となってきている。日本の人口移動は,大学進学時および就職時に,地方圏から都市圏への移動が顕著に見られ,その後大学卒業時に都市圏から地方圏への還流が,少ないながらも見られるという特徴がある。したがって...
田村 一軌
AGI Working Paper Series   2017 1-23   2017年2月
人口減少社会に突入した日本において,特に地方では,いかにして人口流出を抑え,人口流入を増やすかが課題となっているようだ。これは人口という総量の決まった資源の奪い合いであり,ゼロサムゲームではあるものの,人口の減少と高齢化という現実に直面した自治体の危機感の表れとして,この課題への政策的対応が課題となってきている。日本の人口移動は,大学進学時および就職時に,地方圏から都市圏への移動が顕著に見られ,その後大学卒業時に都市圏から地方圏への還流が,少ないながらも見られるという特徴がある。したがって...
海峡圏研究   (16) 169-181   2016年9月
田村 一軌, 坂本 博
AGI Working Paper Series   2016 1-11   2016年8月
本研究は,高齢化社会における高齢者の行動を把握するため,日本の国勢調査データを用いて,人口の都道府県間移動を年齢別に分析したものである。分析の結果,人口移動数のピークは若年層にあるが,都道府県別の人口移動数の変動係数では,若年層だけでなく65 歳以上の高齢層でも大きいこと,さらに65 歳以上の高齢層の人口移動の傾向は若年層とは全く異なっていることが分かった。すなわち,若年層が都会に移動する傾向があるのに対して,高齢層は都会から離れていく傾向があるといえる。しかし,移動する高齢者も,高齢層が...
戴 二彪, 田村 一軌
海峡圏研究   (15) 175-191   2015年9月
田村一軌
東アジアへの視点   26(2)    2015年6月
藤原 利久, 田村 一軌
東アジアへの視点 : 北九州発アジア情報   26(1) 25-36   2015年3月
田村 一軌, 韓 成一, 戴 二彪
東アジアへの視点 : 北九州発アジア情報   26(1) 37-46   2015年3月
田村 一軌
東アジアへの視点 : 北九州発アジア情報   25(3) 61-68   2014年9月
田村一軌
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2014 180-181   2014年8月
田村 一軌
東アジアへの視点 : 北九州発アジア情報   25(2) 66-73   2014年6月
田村一軌
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2014 246-247   2014年3月
田村 一軌
東アジアへの視点 : 北九州発アジア情報   25(1) 53-62   2014年3月
今井 健一, 岸本 千佳司, 田村 一軌
東アジアへの視点 : 北九州発アジア情報   25(1) 9-16   2014年3月
Comparative analysis on short sea shipping in Eastern Asian business area
LI Guoquan, TAMURA Kazuki
Proceedings of the 8th International Congress on Logistics and SCM Systems      2013年8月   [査読有り]
日本の交通事故死者数の推移に関する数理的研究−Smeed's Law を用いたマクロ傾向の分析−
田村一軌
ICSEAD Working Paper Series   2013(11)    2013年3月
藤原 利久, 田村 一軌, 谷村 秀彦
東アジアへの視点 : 北九州発アジア情報   23(4) 1-14   2012年12月
小出 秀雄, 勢一 智子, 田村 一軌, 鄭 雨宗, 中山 裕文, 松田 晋太郎, 諸賀 加奈
Journal of novel carbon resource sciences   2 21-35   2010年9月   [査読有り]
This paper presents a review and compares current situations and policy issues related to reduction of greenhouse gases (GHGs) by several means and creation of a "low carbon society" in Fukuoka and Busan Metropolitan Cities. Analyses include viewp...
兼子 慎一郎, 田村 一軌
都市政策研究   (9) 131-141   2010年3月
梶返 恭彦, 田村 一軌
都市政策研究   (9) 87-98   2010年3月   [査読有り]
杉山陽一, 松原広, 田村一軌, 明星秀一, 尾崎尚也
鉄道技術連合シンポジウム講演論文集   16 437-440   2009年12月
田村一軌, 大澤義明, 上原健一, 山倉克俊
応用地域学研究   (14) 25-36   2009年11月   [査読有り]
杉山陽一, 尾崎尚也, 松原広, 田村一軌, 明星秀一
鉄道サイバネ・シンポジウム論文集(CD-ROM)   46    2009年11月
樗木 武, 兼子 慎一郎, 田村 一軌
都市政策研究   (8) 47-63   2009年9月   [査読有り]
杉山陽一, 松原広, 明星秀一, 田村一軌, 尾崎尚也
鉄道総研報告   23(8) 11-16   2009年8月
田村 一軌, 大澤 義明, 古藤 浩, 青木 充広
GIS : 理論と応用   17(1) 101-110   2009年6月   [査読有り]
奥田大樹, 柴田宗典, 田村一軌, 武藤雅威
土木計画学研究・講演集(CD-ROM)   39    2009年6月   [査読有り]
大澤 義明, 尾崎 尚也, プラストリア フランク, 田村 一軌
数理解析研究所講究録   1629 27-36   2009年2月
Guoquan Li, Kazuki Tamura, Kiyoshi Kawaguchi, Masai Muto
Proceedings of the Sixth International Conference on Traffic And Transportation Studies   260-267   2008年8月   [査読有り]
大澤 義明, 尾崎 尚也, Plastria Frank, 田村 一軌
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2008 78-79   2008年3月
Ohsawa Yoshiaki, Ozaki Naoya, Plastria Frank, Tamura Kazuki
Journal of the Operations Research Society of Japan   50(4) 540-562   2007年12月   [査読有り]
The criteria used in location analysis have to be chosen according to the character of the facility. The single facility location models addressed in this paper accommodate simultaneous multiple criteria in a continuous space in the framework of o...
田村一軌, 武藤雅威, 柴田宗典, 厲 国権
鉄道総研報告   21(4) 43-48   2007年4月
厲 国権, 武藤雅威, 田村一軌, 相原直樹, 辻村太郎
鉄道総研報告   21(4) 53-56   2007年4月
旧鉄道施設の改良整備によるインターモーダル貨物輸送の環境効果に関する一考察
厲国権,武藤雅威,田村一軌,柴田宗典
鉄道力学論文集   10    2006年7月   [査読有り]
Improvement of the conventional rail freight station for intermodal transport
Guoquan Li, Masai Muto, TAMURA Kazuki, Munenori Shibata
In Proceedings of the 7th World Conference on Railway Research      2006年6月   [査読有り]
柴田宗典, 武藤雅威, 田村一軌, 厲 国権
土木計画学研究・講演集(CD-ROM)   33    2006年6月
宮地由芽子, 田村一軌, 鈴木浩明, 鈴木和幸
鉄道総研報告   20(3) 35-40   2006年3月
Yoshiaki Ohsawa,Frank Plastria,Kazuki Tamura
Computers & OR   33(12) 3566-3582   2006年   [査読有り]
OHSAWA Yoshiaki, PLASTRIA Frank, TAMURA Kazuki
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2005 22-23   2005年3月
宮地 由芽子, 田村 一軌, 鈴木 浩明, 柴田 徹, 赤塚 肇
信頼性シンポジウム発表報文集   2005(17) 95-98   2004年11月
本研究では、サービスを広くとらえ、旅客に間接的に提供される活動をも含め、サービス機能の品質を評価する手法を検討した。近年実施した調査データを用いて、鉄道における提供機能のサービス品質の評価を試行した。また、サービス品質の結果評価だけでなく、プロセスについても評価する手法についても検討した。
田村 一軌, 腰塚 武志, 大澤 義明
都市計画論文集   38(3) 145-150   2003年10月   [査読有り]
大澤義明, 尾崎尚也, 田村一軌
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2003 52-53   2003年3月
Yoshiaki Ohsawa,Kazuki Tamura
Annals OR   123(1-4) 173-188   2003年   [査読有り]
田村 一軌, 腰塚 武志, 大澤 義明
都市計画論文集   36(3) 877-882   2001年10月   [査読有り]
田村一軌, 腰塚武志
都市計画論文集   35(3) 1021-1026   2000年10月   [査読有り]

Misc

 
データで見る福岡市Vol.10 福岡市の小売業の地理的分布
田村一軌
エフ・ユープラス   (10) 26-27   2010年12月
データで見る福岡市Vol.9国勢調査から見る福岡市の人口・住宅
田村一軌
エフ・ユープラス   (9) 24-25   2010年6月

書籍等出版物

 
新修・北九州市史(経済編)
戴二彪,田村一軌 (担当:分担執筆, 範囲:第5章第4節)
2017年3月   

講演・口頭発表等

 
東アジアビジネス圏における近海物流と北部九州の役割
田村一軌, 厲国権
KAMI-ICSEAD日韓物流ジョイントワークショップ   2013年6月27日   
福岡を基点とした韓国人旅行客の九州における観光周遊行動の分析
田村一軌
南山大学数理情報研究科・数理情報研究センター オープン・リサーチ・センター「都市の持続可能な繁栄のためのインフラストラクチャーの最適運用計画の策定と普及」2011年度第5回公開研究会   2012年1月21日   
福岡市における低炭素型都市づくりの課題
田村一軌
コンソーシアム・福岡研究助成事業「資源循環・低炭素型都市づくりの学際研究: 福岡市と釜山広域市を中心に」第3回共同研究会   2009年11月7日   
合意形成と効率性との間のトレードオフ立地問題
田村一軌, 大澤義明,上原健一,山倉克俊
応用地域学会第22回研究発表大会   2008年11月15日   
自動改札機の片道データから往復トリップを抽出する試み
田村一軌
計算と最適化−未来を担う研究者の集い   2008年5月31日