田村貴紀

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/29 23:40
 
アバター
研究者氏名
田村貴紀
所属
法政大学
職名
非常勤講師
学位
▼博士(文学)(20070323 筑波大学大学院博士課程人文社会科学研究科 現代文化・公共政策専攻), ▼修士(文学)(20030331 筑波大学大学院博士課程人文社会科学研究科 現代文化・公共政策専攻), ▼修士(地域研究)(19960325 筑波大学 修士課程 地域研究研究科)

プロフィール

1955年生。電子ネットワーク上での交流や、自己表現などについて、質的・量的な研究をしています。しばしばコンピュータ・コーディングを行います。掲示板や、ウェブログの内容分析など。
写真は、京都旅行の時のもの。
学部を出た後、長く働いてから大学に戻ったので、以下のような経歴です。

経歴

 
 
 - 
2007年3月
筑波大学大学院博士課程人文社会科学研究科 現代文化・公共政策専攻修了 修士(文学)・博士(文学)
 
 
 - 
1996年3月
筑波大学大学院 修士課程 地域研究研究研究科 修了 修士(地域研究)
 
 
 - 
1980年3月
国際基督教大学教養学部人文科学科卒業
 

受賞

 
2014年9月
社会情報学会 国際貢献賞
受賞者: JCEA Guest Editors Tearm Tamura Takanori
 

書籍等出版物

 
Gerard Goggin (ed), Mark McLelland(ed) (担当:共著, 範囲:TALKING ABOUT OURSELVES ON THE JAPANESE DIGITAL NETWORK)
Routledge   2017年2月   ISBN:1138812161
田村貴紀・田村大有 (担当:共著)
青灯社   2016年6月   ISBN:4862280897
情報倫理学へのアプローチ
河島茂生 (担当:分担執筆, 範囲:苦難を語る場としてのインターネット)
学文社   2015年3月   
Erica Baffeli (ed) (担当:共著, 範囲:Reflexive Self-Identification of Internet Users and the Authority of Soka Gakkai: Analysis of Discourse in Japanese BBS,173-195)
Routledge,2010   2010年   
川那部保明編 (担当:共著, 範囲:電子ネットワーク上で自己を物語る――ウェブ日記を題材に――」)
筑波大学出版会   2008年4月   ISBN:490407405X
井上順孝(編) (担当:共著, 範囲:「個人から個人へのメッセージ」「誰が宗教情報HPを見ているか」)
中外日報社   2003年9月   ISBN:4831881600
池上 良正・中牧 弘允(編) (担当:共著, 範囲:パソコン通信に見る「共感」と「支え」)
弘文堂   1996年2月   ISBN:4335160291

論文

 
田村貴紀
The Asia-Pacific Journal   13-6(4) online-online   2015年2月   [査読有り][招待有り]
In this essay I explore the way the internet has facilitated people’s participation in anti-nuclear activism in Japan. After contextualising the use of the internet in the anti-nuclear movement which developed after the compound disaster of “3/11”...
Tamura Takanori, Tamura Daiyu
International Review of Information Ethics   9 5-13   2008年   [査読有り]
Abstract: This paper analyzes the structure of unsuccessful chats over the internet about Japanese religions. On the internet, people of different religions and beliefs can easily meet. However, in Japan, chats about religion rarely succeed. This ...
Nakada Makoto, Tamura Takanori
Ethics and Information Technology   Special Issue 27-36   2005年   [査読有り]
Abstract. This paper deals with intercultural aspects of privacy, particularly with regard to important differences
between Japanese and the Western views. This paper is based on our discussions with Rafael Capurro – a
dialogue now represented by ...
田村貴紀
社会情報学研究   9(2) 45-58   2005年   [査読有り]
Abstract 200 words
We need to analyze interaction between mass media and the Internet to think
about social influence of opinions in the Internet to the physical society because
impact of the Internet about social issues does not appear obviously ...
日本のインターネットにおける自己物語的コミュニケーションと意味空間
田村貴紀
博士論文(筑波大学)      2006年   [査読有り]
Kawabata Akira, Tamura Takanori
Journal of Computer-Mediated Communication   12 999-1019   2007年   [査読有り]
インターネット上のコミュニケーションにおける体験談表出の特徴――オンライン調査の結果からの探索的研究
田村貴紀
『比較市民社会・国家・文化特別プロジェクト平成16年度研究成果報告書』(筑波大学比較市民社会・国家・文化特別プロジェクト研究組織)   17-30   2005年
Tamura Takanori
MANUSYA: Journal of Humanities,   8 121-139   2004年   [査読有り]
Does old Japan Determine New Japan? : The Relationship between Seken, the Internet, and Political Consciousness in Japan
Nakada Makoto, Tamura Takanori, Leslie Tkach Kawaski and Iitaka Toshikazu
The Conference Proceedings for CATaC'04, (Murdoch University )   143-156   2004年   [査読有り]
インターネット・ユーザーの宗教関心について――オンラインアンケートの結果から
田村貴紀
『比較市民社会・国家・文化特別プロジェクト平成15年度研究成果報告書』(筑波大学比較市民社会・国家・文化特別プロジェクト研究組織)   17-30   2004年
天理教のインターネット利用に関する試論
田村貴紀
報告書『電子ネットワーキングの普及と宗教の変容』黒崎浩行編(國學院大學日本文化研究所)   139-179   2000年   [査読有り]
電子ネットワーク上での自己観察の試み
田村貴紀
報告書『電子ネットワーキングの普及と宗教の変容』黒崎浩行編(國學院大學日本文化研究所)   69-81   2000年
「CMCと宗教研究の視角」
田村貴紀
年報筑波社会学   11 119-136   1999年9月   [査読有り]
TamuraTakanori
宗教と社会   87-97   1999年   [査読有り]
How Does the Internet Work for Religions Based in Japan?
Tamura Takanori
年報筑波社会学   10 21-38   1998年   [査読有り]
田村貴紀
宗教と社会   119-136   1997年6月   [査読有り]
ネットワーク コーナー ソサエティ―― 電子縁的人間関係のフィールドワーク
田村貴紀
テレコム社会科学学生賞論文集   6 213-259   1996年   [査読有り]

その他

 
2013年9月
Guest Editor, JCEA Special Guest Edited Issue
Vol. 12 (2) September/October 2013. http://eastasia.yu.ac.kr/documents/call_for_papers.html

講演・口頭発表等

 
田村貴紀 富永京子
2015年 社会情報学会(SSI)学会大会   2015年9月13日   
This presentation explores the use of the Internet by a youth protest group, SEALDs (Students Emergency Action for Liberal Democracy), who is against policies of the Abe government. They are post 311 generation who have commonly experienced 3.11 d...
田村貴紀
Internet Research 15: Boundaries and Intersections   2014年10月22日   
田村貴紀 共同
The 14th Annual Conference of the Association of Internet Researchers   2013年10月26日   
田村貴紀
The 14th Annual Conference of the Association of Internet Researchers   2013年10月25日   
「当事者性」という日本で独自に発展した概念と反原発運動についての発表論文。
Who has the right to speak? The role of social media in spreading dissent among anti-nuclear groups in post 3-11Japan
田村貴紀
The 14th Annual Conference of the Association of Internet Researchers   2013年10月24日   

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
社会情報学会  国際委員会