田村陽次郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/10 15:08
 
アバター
研究者氏名
田村陽次郎
 
タムラ ヨウジロウ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20163701.ja.html

プロフィール

2000-2007: 共同研究員 (Spring-8, Harima)
2003: Visiting researcher (University of Groningen, The Netherlands)
2008: Visiting researcher (University of Queendsland, Australia)
2012-2016: Marquis Who's Who in the world

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校 教養教育科 物理 教授
 

論文

 
Youjiro Tamura, Akira Ito, Masami Saito
Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering   1-11   2016年   [査読有り]
Tamura Y, Ito A, Cresswell AG
Computer methods in biomechanics and biomedical engineering   18(1) 97-106   2015年   [査読有り]
Tamura Y, Saito M, Ito A
Journal of biomechanics   42(3) 400-403   2009年2月   [査読有り]
Tamura Y, Saito M, Nagato R
Journal of biomechanics   38(4) 877-884   2005年4月   [査読有り]
Partial specific volume and adiabatic compressibility of G-actin depend on the bound nucleotide.
Kikumoto M, Tamura Y, Ooi A, Mihashi K
Journal of biochemistry   133(5) 687-691   2003年5月   [査読有り]
Effect of gluconate salt on mechanical and structural properties of heat-induced myosin gel
A. OOI, Y. SAKURAI, Y. TAMURA, F.YANO, T. OKAGAKI & J. SHIRAI
Fisheries SCience   68(Suppl. 2) 1665-1666   2002年12月   [査読有り]
A rheological motor model for vertebrate skeletal muscle in due consideration of non-linearity
Y. Tamura, & M. Saito
Journal of Biomechanics   35 1273-1277   2002年9月   [査読有り]
Adiabatic Compressibility of Flagellin and Flagellar Filament of Salmonella typhimurium
Y. Tamura, K. Gekko, K. Yoshioka, F. Vonderviszt, & K. Namba
Biochimica et Biophysica Acta   (1335) 120-126   1997年4月   [査読有り]
A Large Compressibility Change of Protein Induced by a Single Amino Acid Substitution
K. Gekko, Y. Tamura, E. Ohmae, H. Hayashi, H. Kagamiyama, & H. Ueno
Protein Science   5 542-545   1996年2月   [査読有り]
Compressibility and Specific Volume of Actin Decrease upon G to F Transformation
N. Suzuki, Y. Tamura, & K. Mihashi
Biochimica et Biophysica Acta   (1292) 265-272   1996年2月   [査読有り]

Misc

 
表面筋電位を用いたヒト骨格筋モデルに基づくリアルタイム制御
伊藤明、森河俊成、田村陽次郎
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集   2p2--11b3   2016年
4チャンネル表面筋電位測定による運動単位の活動推定
伊藤明、平山敦基、田村陽次郎
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集   1P2-102   2015年
Force enhancement of the frog skeletal muscle caused by hydrostatic pressure
Y.Tamura, A.Ito & M. Saito
6th International Conference on Mechanics of Biomaterials and Tissues (Waikoloa, Hawaii, USA)   P1. 31   2015年
A systematic muscle model simulating the fast ramp stretches in the muscle fibres
Y. Tamura, A. Ito, A. G. Cresswell, & M. Saito
2014 International biophysics congress (Brisbane, Australia)   P.71   2014年
ヒト上腕二頭筋の低周波粘弾性測定
伊藤明, 堀内亮, 平山敦基, 田村陽次郎
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集      2013年
伊藤明, 田村陽次郎
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.2A2-E01   2012年5月
大井淳史, 田村陽次郎, 岡垣壮
日本水産学会誌   76(6) 1066-1072 (J-STAGE)-1072   2010年12月
The aim of this study was to clarify the effect of gluconate on heat-induced gelation of myosin. Myosin purified from ordinary muscle of red sea bream Pagrus major was incubated at 80°C and then cooled to make heat-induced gel. The breaking streng...
大井 淳史, 田村 陽次郎, 岡垣 壮
日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries   76(6) 1066-1072   2010年11月
マダイミオシンの加熱ゲル形成に及ぼすグルコン酸塩の影響について検討した。グルコン酸塩存在下でミオシンを加熱すると,ゲルの網目構造の分散は緻密で均一となり,その破断強度は増加した。ミオシンの部分比容と断熱圧縮率は,グルコン酸塩存在下でミオシンの水和量が著しく増加することを示していた。また,グルコン酸塩の添加によってゲルの融解温度が特異的に高められることも明らかになった。以上のことから,グルコン酸塩はミオシン分子周辺の水和構造を変えることによってゲルの疎水結合を強めると示唆された。
Akira Ito, Masami Saito, Youjiro Tamura
Journal of Biomechanical Science and Engineering   5 18-23   2010年8月
The purpose of this study was to reproduce the force in a voluntary contraction via surface electromyography (SEMG) using a systematic muscle model. We measured the isometric voluntary contractile force and SEMG of the human biceps. We examined th...
田村陽次郎, 大井淳史
日本物理学会講演概要集   62(2) 376   2007年8月

書籍等出版物

 
新編 熱物性ハンドブック
田村陽次郎 他 (担当:分担執筆, 範囲:15.2.1章 (b)タンパク質の部分比容と断熱圧縮率)
養賢堂   2008年   
Protein Profile Actin
P. Sheterline, J. Clayton, & J.C. Sparrow
Oxford press   1999年