田中 悟志

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/20 17:13
 
アバター
研究者氏名
田中 悟志
URL
https://scholar.google.co.jp/citations?user=8qpaeBcAAAAJ&hl=ja
所属
浜松医科大学
部署
医学部 総合人間科学講座(心理学)
職名
准教授
学位
博士(理学)
科研費研究者番号
10545867

プロフィール

神奈川県出身。2014年より浜松医科大学・心理学教室主任。ヒトの学習や記憶、脳の可塑性の仕組みについて心理学、脳科学、情報工学などの手法を統合的に用いて研究している。また、神経疾患、脳血管障害に伴う認知・運動障害に対する効果的なリハビリテーションの研究開発も行っている。

ResearchGate
https://www.researchgate.net/profile/Satoshi_Tanaka20

Google Scholar
https://scholar.google.co.jp/citations?user=8qpaeBcAAAAJ&hl=ja

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
国立大学法人 浜松医科大学 医学部 医学科 准教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
国立大学法人 名古屋工業大学 テニュア・トラック准教授
 
2010年4月
 - 
2012年3月
自然科学研究機構 生理学研究所 特任助教
 
2008年3月
 - 
2010年3月
科学技術振興機構 研究員 (東京大学)
 
2006年3月
 - 
2008年3月
日本学術振興会 海外特別研究員(米国立衛生研究所)
 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会 特別研究員(生理学研究所)
 

論文

 
Fujimoto S, Tanaka S, Laakso I, Yamaguchi T, Kon N, Nakayama T, Kondo K, Kitada R
Frontiers in Behavioral Neuroscience   11 173   2017年9月   [査読有り]
Nakagawa K, Koyama S, Inui K, Tanaka S, Kakigi R, Sadato N
Neuroreport   28(13) 838-844   2017年9月   [査読有り]
Maeda K, Yamaguchi T, Tatemoto T, Kondo K, Otaka Y and Tanaka S
Frontiers in Neuroscience   11 179   2017年4月   [査読有り]
Kazuta T, Takeda K, Osu R, Tanaka S, Oishi A, Kondo K, Liu M
American journal of physical medicine & rehabilitation   96(8) 565-571   2017年1月   [査読有り]
Gomez-Tames T, Sugiyama Y, Laakso I, Tanaka S, Koyama S, Sadato N, Hirata A.
Physics in Medicine and Biology   61(24) 8825-8838   2016年12月   [査読有り]
Laakso I, Tanaka S, Mikkonen M, Koyama S, Sadato N, Hirata A
NeuroImage   137 140-151   2016年8月   [査読有り]
Fujimoto S, Kon N, Otaka Y, Yamaguchi T, Nakayama T, Kondo K, Ragert P, Tanaka S
Frontiers in Neuroscience   10 128   2016年3月   [査読有り]
Tanaka SC, Yamada K, Kitada R, Tanaka S, Sugawara SK, Ohtake F, Sadato N
Scientific reports   6 21321   2016年2月   [査読有り]
Laakso I,Tanaka S, Koyama S, De Santis V, Hirata A
Brain Stimulation   8(5) 906-913   2015年9月   [査読有り]

Misc

 
立本将士, 山口智史, 山口智史, 田辺茂雄, 大高洋平, 大高洋平, 近藤国嗣, 田中悟志
理学療法学   43(6) 469-476   2016年12月   [査読有り]
田中 悟志
脳科学とリハビリテーション   16 35-41   2016年   [査読有り][依頼有り]
田中 悟志
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53(6) 446-451   2016年6月   [依頼有り]
田中 悟志
バイオメカニズム学会誌   39(2) 87-92   2015年   [依頼有り]
田中 悟志
総合リハビリテーション   41(1) 43-48   2015年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
新曜社   2015年9月   ISBN:4788514443
東京大学出版会   2008年11月   ISBN:4130643037
苧阪 直行
京都大学学術出版会   2008年2月   ISBN:487698736X

講演・口頭発表等

 
ニューロリハビリテーション研究の現状と今後の展開 [招待有り]
田中 悟志
浜松市リハビリテーション病院   2017年6月13日   
精神疾患・脳卒中に対する経頭蓋直流電気刺激(tDCS) [招待有り]
田中 悟志
名古屋工業大学シンポジウム「医用画像と物理シミュレーションの融合による電磁界の医療応用と安全性評価技術の最新動向」   2016年12月15日   
モチベーションの心理学と脳科学 [招待有り]
田中 悟志
第4回日本シミュレーション医療教育学会学術大会   2016年9月24日   
経頭蓋直流電気刺激法(tDCS)の基礎と実践 [招待有り]
田中 悟志
第23回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会   2016年4月24日   
経頭蓋直流電気刺激法(tDCS):実施の方法とポイント [招待有り]
田中 悟志
第23回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会   2016年4月24日   

競争的資金等の研究課題

 
中間周波における神経作用(痛覚閾値)の調査
総務省: 生体電磁環境研究及び電波の安全性に関する評価技術研究
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 田中 悟志
多元計算論に基づく最適脳刺激:オーダーメイドリハビリテーションへの展開
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(A)
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 平田 晃正
直流刺激と行動分析の統合リハビリによる日常生活動作の再獲得:その基礎と臨床応用
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 田中 悟志
社会報酬操作による運動リハビリテーション効果の促進
文部科学省: 科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 田中 悟志
新しい歩行リハビリテーションを可能にするウェアラブル脳刺激法の先駆的開発研究
文部科学省: 科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 田中 悟志

担当経験のある科目