鄭 顕志

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/02 17:40
 
アバター
研究者氏名
鄭 顕志
所属
国立情報学研究所
部署
アーキテクチャ科学研究系
職名
准教授
学位
博士(工学)(早稲田大学)

プロフィール

早稲田大学大学院理工学研究科情報・ネットワーク専攻にて修士・博士課程修了.
現在,国立情報学研究所アーキテクチャ科学研究系准教授.
ソフトウェア工学の研究に従事.
特に,ソフトウェアアーキテクチャ,要求分析に興味を持つ.
近年は自己適応ソフトウェアのソフトウェアアーキテクチャ,ソフトウェア仕様・設計の自動生成技術,実行時ソフトウェア検証に関する研究を行っている.

情報処理学会,IEEE Computer Society各会員.

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 准教授
 
2010年4月
 - 
2015年3月
国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 助教
 
2008年4月
 - 
2010年3月
早稲田大学 メディアネットワークセンター 助教
 
2008年4月
 - 
2010年3月
国立情報学研究所アーキテクチャ科学研究系 特任助教(非常勤)
 
2007年4月
 - 
2008年3月
早稲田大学基幹理工学部 助手
 

受賞

 
2016年9月
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016 (JAWS2016) 優秀論文賞 自己適応システムのための実行時環境モデル学習手法
受賞者: 田邉萌香,鄭顕志,深澤良彰,本位田真一
 
2016年5月
11th International Symposium on Software Engineering for Adaptive and Self-Managing Systems (SEAMS 2016) Best Paper Award Assured and Correct Dynamic Update of Controllers
受賞者: Leandro Nahabedian, Victor Braberman, Nicolas D’Ippolito, Shinichi Honiden, Jeff Kramer, Kenji Tei and Sebastian Uchitel
 
2012年8月
International Academy, Research, and Industry Association SENSORCOMM 2012 Best paper award Classification of Faults in Sensor Readings withStatistical Pattern Recognition
受賞者: Valentina Baljak, Kenji Tei, Shinichi Honiden
 
2007年7月
DICOMO2007優秀プレゼンテーション賞
 
2006年10月
JAWS2006学生奨励賞
 

論文

 
Learning Environment Model at Runtime for Self-Adaptive Systems
Moeka Tanabe, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa, and Shinichi Honiden
the 32nd ACM SIGAPP Symposium On Applied Computing (SAC2017)      2017年4月   [査読有り]
to appear
Assured and Correct Dynamic Update of Controllers
Leandro Nahabedian, Victor Braberman, Nicolas D’Ippolito, Shinichi Honiden, Jeff Kramer, Kenji Tei and Sebastian Uchitel
11th International Symposium on Software Engineering for Adaptive and Self-Managing Systems (SEAMS2016)   96-107   2016年5月   [査読有り]
Best Paper Award
Masayuki Nii, Kenji Tei, and Fuyuki Ishikawa
Transactions on Engineering Technologies   79-93   2016年   [査読有り]
A Comparative Analysis of Machine Learning Algorithms for Faults Detection
Ehsan Ullah Warriach, and Kenji Tei
International Journal of Sensor Networks (IJSNet)      2016年   [査読有り]
accepted
Bas de Bruijn, Tuan Anh Nguyen, Doina Bucur, and Kenji Tei
5th International Conference on Sensor Networks (SENSORNETS 2016)   185-195   2016年2月   [査読有り]
A Self-healing Framework for Online Sensor Data
Tuan Anh Nguyen, Marco Aiello, Takuro Yonezawa and Kenji Tei
3rd International Workshop on Self-Aware Internet of Things (Self-IoT 2015)   295-300   2015年7月   [査読有り]
時空間データのためのメッシュベース結合・拡張型キャッシュ管理方式
平山秀昭, 鄭顕志, 清雄一, 大須賀昭彦
マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2015)   1276-1283   2015年7月   [査読有り]
EVMを利用したDBCアプリケーションのための適応フレームワーク
末永俊一郎, 鄭顕志
情報処理学会論文誌   56(5) 1363-1376   2015年5月   [査読有り]
Framework Enabling End-Users to Maintain Web Applications
Masayuki Nii, Kenji Tei, and Fuyuki Ishikawa
IAENG International Conference on Internet Computing and Web Services (ICICWS'15)   387-394   2015年3月   [査読有り]
Kenji Tei, Ryo Shimizu, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden
IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics: Systems   45(4) 675-687   2015年4月   [査読有り]

Misc

 
Kenji Tei, Levent Gürgen, and Takuro Yonezawa
Enablers for Smart Cities   107-126   2016年7月   [査読有り]
Kenji Tei
Enablers for Smart Cities   1-21   2016年7月   [査読有り]
Qualitative Analysis for Multiple Adaptation Loops
Kenji Tei, Ryuichi Takahashi, Nicolas D’Ippolito Hiroyuki Nakagawa,Shinichi Honiden,
GRACE Technical Report   1-29   2015年6月
EASSy2013参加報告
石川 冬樹,日高 宗一郎,鄭 顕志
日本ソフトウェア科学会論文誌コンピュータソフトウェア      2014年5月   [査読有り][依頼有り]
to appear
ソフトウェアを見える化するモデルベース開発って?
鄭 顕志
システム制御情報学会誌   56(7) 389-390   2012年7月   [査読有り][依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Kenji Tei with Leandro Nahabedian, Victor Braberman, Nicolas D’Ippolito, Shinichi Honiden, Jeff Kramer, and Sebastian Uchitel
Workshop on Formal and Model-Driven Techniques for Developing Trustworthy Systems (FM&MDD)   2016年11月14日   
ClouT/BigClouT Project [招待有り]
Kenji Tei, ClouT/BigClouT Consortium
10th International Symposium on Intelligent Distributed Computing (IDC2016)   2016年10月11日   
Qualitative Analysis for Adaptation Strategies
Kenji Tei
Controlled Adaptation of Self-adaptive Systems (CASaS)   2016年4月27日   NII Shonan Meeting
TopSE : Intellectual Manufacturing Education Program based on Science
Kenji Tei
World Engineering Conference and Convention 2015 (WECC2015)   2015年12月1日   
ClouT project, Cloud of Things for empowering the citizen clout in smart cities
Kenji Tei
3rd International Workshop on Self-Aware Internet of Things (Self-IoT 2015)   2015年7月7日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
鄭顕志   コンピュータソフト   2009年12月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 鄭 顕志
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 深澤 良彰
ClouT: Cloud of Things for empowering the citizen clout in smart cities
FP7/NICT: 新世代ネットワークの実現に向けた欧州との連携による共同研究開発
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 本位田 真一
対象追跡システムのための無線センサーネットワーク感度調整に関する研究
科学研究費補助金: 若手研究(B)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 鄭 顕志
 本研究では,無線センサネットワークを用いた対象追跡システムのためのセンサモデルを提案する.無線センサネットワークには厳しい資源制約があるため,ネットワークを長期に維持するには,対象追跡システムは期待される感度を満たしつつ,通信量を低減することが求められる.しかし,感度と通信量は一般にトレードオフであり,期待されるより高い感度で観測を行うと不必要に通信量が増大してしまう.
 そこで,本研究では,システム全体に期待される感度を最小限度で満たすことを目的とし,ネットワークを構成する各ノードの観...

委員歴

 
2016年5月
 - 
現在
International Symposium on Software Engineering for Adaptive and Self-Managing Systems (SEAMS)  Program Committee
 

その他

 
ETロボコン本部審査委員(2009~現在)
合同エージェントワークショップ&シンポジウム プログラム委員(2007〜現在)
ACM International Collegiate Programming Contest Asia Regional Contest 2010 in Tokyo, Vice director (2010)
International Workshop on Software Patterns and Quality(SPAQu) Program Committee (2007~2008)
第69回情報処理学会全国大会 現地実行委員 (2007)