田中 理恵子

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/16 01:32
 
アバター
研究者氏名
田中 理恵子
 
タナカ リエコ
URL
http://tanaka-music.jimdo.com/
所属
早稲田大学
部署
教育・総合科学学術院
職名
助手
学位
修士(学術), 修士(教育学), 学士(音楽)
その他の所属
東京造形大学

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
早稲田大学 教育・総合科学学術院 助手
 
2014年4月
 - 
現在
東京造形大学 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2017年3月
埼玉工業大学 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2015年3月
東京大学 総合文化研究科 リサーチアシスタント
 
2012年10月
 - 
2014年3月
キューバ国立芸術大学 客員研究員
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2016年3月
東京大学大学院 総合文化研究科(文化人類学)博士課程  
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院 総合文化研究科(文化人類学)修士課程  
 

受賞

 
2014年
一般社団法人大学女性協会 Fellowship Award (受賞タイトル:生と芸術の民族誌-キューバ・クラシック音楽の実践を例として)
 

論文

 
An Introduction for a Theory of Internal Experience of Music: Through Cross-Genre Performances of Cuban Musicians
TANAKA Rieko
Journal of Saitama Institute of Technology   15 55-66   2017年3月
音楽における「出来事」――ハバナのLa Fiestaにみる「愉しみ」の研究
田中理恵子
嗜好品文化研究会 平成27-28年度 嗜好品文化研究会論集   1-18   2017年3月
Las experiencias del sonido: la visión de los músicos experimentales sobre la música folclórica en la sociedad moderna
TANAKA Rieko
methaodos.revista de ciencias sociales   4(2) 291-302   2016年11月   [査読有り]
Between Music and Anthropology: The Experience of “Field”
TANAKA Rieko
Journal of Tokyo ZOKEI University   17 1-17   2016年3月   [査読有り]
A Brief Note toward a New Anthropological Practice about “Network”: Fragments of Music and Photo
TANAKA Rieko
Journal of Saitama Institute of Technology   14 55-66   2016年3月

Misc

 
「生きること」の実践――キューバ音楽教育の現場から (音楽教育ワールドマップ21)
田中理恵子
教育音楽 (音楽之友社)   12    2016年11月   [依頼有り]
生と芸術の民族誌――現代キューバにおけるクラシック音楽の生成と社会変容 
田中理恵子
JUAM会報   254号 5-6   2015年3月   [依頼有り]
(評論)夜の世界に住む男、あるいは睡眠と覚醒の狭間で――キューバ人版画家ガルシア・アリオスキーの世界(スペイン語)
田中理恵子
ハバナ・ビエンナーレ2015 ガルシア・アリオスキー   5   2015年   [依頼有り]
(翻訳)丁秀珍「民俗の文化財化とグローバル化」発表要旨
田中理恵子
第847回日本民俗学会談話会記録   web掲載    2010年   [依頼有り]
(翻訳)南根祐「民俗の競演と『芸術』化」発表要旨
田中理恵子
第847回日本民俗学会談話会記録   web掲載    2010年   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
"Continuity of Experience" in musical performance in Cuba
TANAKA Rieko
International Union of Anthropological and Ethnological Sciences Inter-Congress, Ottawa University   2017年5月3日   
「愉しみ」の表象――ハバナの大衆音楽の場にみる嗜好品文化
田中 理恵子
第14回 嗜好品文化フォーラム、キャンパスプラザ京都   2016年5月21日   
Between Music and Anthropology: for Ontological Theory as “Hybridity” from Western “Classical Music” in Cuba”
TANAKA Rieko
International Union of Anthropological and Ethnological Sciences Inter-Congress: Re-imagining Anthropological and Sociological Boundaries, Thammasat University   2015年7月16日   
Cultura como "Devenir" - Reflexiones sobre la Practica de la Orquesta Sinfonica Cubana
TANAKA Rieko
Anthropólogos Iberoamericanos en Red 1th Interantional Congress, Universidad de Madrid   2015年7月8日   
現代キューバにおけるクラシック音楽の社会的布置をめぐって
田中 理恵子
日本ラテンアメリカ学会第36回研究大会、専修大学   2015年5月31日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
キューバ都市部の音楽実践に関する調査(ハバナ・国立芸術大学)
田中理恵子   2012年10月 - 現在
キューバの芸術音楽実践に関する調査(ハバナ)
田中理恵子   2012年5月 - 2012年6月
東京近郊の移民コミュニティを中心とした音楽活動の断続的調査と実践
田中理恵子   芸術活動    - 現在
東京を中心とした路上アーティストに関する断続的調査
田中理恵子   2001年4月 - 2012年3月

競争的資金等の研究課題

 
現代キューバにおける民族誌的音楽研究の構築:生の政治としての芸術音楽
文部科学省科研費: 研究活動スタート支援
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 田中 理恵子
現代キューバにおける音楽実践と社会変容の動態に関する人類学的研究
早稲田大学: 特定課題研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 田中 理恵子
「愉しみ」の表象 ――ハバナの大衆音楽の場にみる嗜好品文化
嗜好品文化研究会: 第9回研究奨励事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年10月    代表者: 田中 理恵子
芸術的経験の変容に関する研究――現代キューバ社会における初等音楽教育と身体
澁澤民族学振基金: 大学院生等に対する研究活動助成
研究期間: 2013年3月 - 2014年3月    代表者: 田中理恵子
「芸術なるもの」の伝統と現代:キューバ社会における西欧伝来音楽の歴史・教育・実践の分析
独立行政法人日本学術振興会: 組織的な若手研究者等海外派遣プログラム (東京大学)
研究期間: 2012年10月 - 2013年1月    代表者: 田中理恵子

社会貢献活動

 
社会福祉法人青丘社 文化サークル 「パランセク」 (民族音楽)
【講師】  2007年9月 - 現在

その他

 
キューバ国立芸術大学ELEコース スペイン語アヴァンサード(上級)ディプロマ取得
国立音楽大学国外研修奨学金(成績優秀者、派遣先:アメリカ・ケンブリッジ、ロンジー音楽院)