小林哲生

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/25 10:17
 
アバター
研究者氏名
小林哲生
URL
http://bfe.kuee.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学
部署
大学院工学研究科 電気工学専攻
職名
教授
学位
工学博士
その他の所属
京都大学大学院工学研究科附属光・電子理工学教育研究センター

プロフィール

両眼視野闘争と呼ばれる視知覚現象を手がかりに意識の謎を解き明かすことを目指した脳機能の探求と、医療・健康・福祉に貢献することを目指した新たなニューロエンジニアリング技術の研究・開発を行っています。具体的には,機能的磁気共鳴画像、脳磁図/脳波の計測・解析・動的イメージング手法の開発,視覚的アウェアネス・記憶走査などの認知神経科学研究、拡散MRIを用いた精神・神経疾患に関わる脳機能ネットワークの解明と診断支援、神経磁場をMRIで直接捉える新たな計測原理に基づくfMRI手法の開発などを主要テーマとしています。

また、医用イメージング分野のイノベーションを目指し、超高感度な光ポンピング原子磁気センサと,それを用いた液体Heレスの低磁場MRIや新たな高次生体磁気イメージングシステムの研究・開発に取り組んでいます。2014年からは文部科学省「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト」に参加し精神・神経疾患に関わる脳機能ネットワークの解明と臨床応用を目指した脳研究を進めています。

現在,国際複合医工学会副理事長・Fellow,日本生体磁気学会理事、日本脳電磁図トポグラフィ研究会理事,日本ヒト脳機能マッピング学会運営委員,日本磁気共鳴医学会代議員,電子情報通信学会常任査読委員,国際論文誌Neuroscience and Biomedical EngineeringのAssociate Editor,International Journal of Magnetic Particle ImagingのEditorなどを務めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
現在
京都大学 大学院工学研究科 電気工学専攻 教授
 
1996年
 - 
1997年
Simon Fraser University, Canada, Visiting Associate Professor
 
1993年
 - 
2004年
北海道大学 電子科学研究所 講師・助教授
 
1987年
 - 
1988年
University of Rochester, USA, Visiting Scholar
 
1986年
 - 
1993年
北海道工業大学(現 北海道科学大学) 助教授
 
1984年
 - 
1986年
北海道工業大学(現 北海道科学大学) 講師
 

論文

 
Optimal densities of alkali metal atoms in an optically pumped K-Rb hybrid atomic magnetometer considering the spatial distribution of spin polarization.
Ito Y, Sato D, Kamada K, Kobayashi T
Optics express   24(14) 15391-15402   2016年7月   [査読有り]
Tada M, Nagai T, Kirihara K, Koike S, Suga M, Araki T, Kobayashi T, Kasai K
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)      2014年12月   [査読有り]
Akira Terao, K. Ban, S. Ichihara, N. Mizutani and Tetsuo Kobayashi
Physical Review A   88 063413-1-063413-6   2013年12月   [査読有り]
Noise reduction and signal-to-noise ratio improvement of atomic magnetometers with optical gradiometer configurations
K Kamada, Y Ito, S Ichihra, N Mizutani and T Kobayashi
Optics Express   23(5) 6976-6987   2015年3月   [査読有り]
Differential measurement using equalized response of optically pumped atomic magnetometer
Ichihara S, Mizutani N, Ito Y, Kobayashi T
IEEE Trans. on Magnetics   52(8) 4002709   2016年8月   [査読有り]
T. Yamashita; T. Oida; S. Hamada; T. Kobayashi
Journal of Magnetic Resonance   215 100-108   2012年2月   [査読有り]
T. Oida; Y. Ito; K. Kamada; T. Kobayashi
Journal of Magnetic Resonance   217 6-9   2012年4月   [査読有り]
Takenori Oida, Masahiro Tsuchida, Hiroto Takata, Tetsuo Kobayashi
IEEE Sensors Journal   15 1732-1737   2015年3月   [査読有り]
© 2015 IEEE. In this paper, we describe a method for directly detecting magnetic resonance (MR) signals using optically pumped atomic magnetometers (OPAMs) in ultra-low-field MR imaging (ULF-MRI). For direct detection with OPAMs in ULF-MRI, we pro...
K. Kamada; Y. Ito; T. Kobayashi
Physiological Measurement   33(6) 1063-1071   2012年6月   [査読有り]
Spin-lock imaging for direct detection of oscillating magnetic fields with MRI: Simulations and phantom studies
S Nagahara, M Ueno and T Kobayashi
Advanced Biomedical Engineering   2 63-71   2013年   [査読有り]
Keigo Kamada, Daichi Sato, Yosuke Ito, Hiroaki Natsukawa, Kazuhisa Okano, Natsuhiko Mizutani, Tetsuo Kobayashi
Japanese Journal of Applied Physics   54    2015年1月   [査読有り]
© 2015 The Japan Society of Applied Physics. In the field of biomagnetic measurements, optically pumped atomic magnetometers (OPAMs) are expected to be alternative sensors to magnetometers based on superconducting quantum interference devices (SQU...
小林哲生
Vision   27(2) 73-79   2015年4月   [招待有り]
脳神経磁場イメージングの新たな試み
小林哲生
シミュレーション   33(2) 18-23   2014年6月   [招待有り]
小林 哲生
應用物理   80(3) 211-215   2011年3月   [招待有り]
N Mizutani, K Okano, K Ban, S Ichihara, A Terao, T Kobayashi
AIP Advances   4 057132   2014年1月   [査読有り]
In a compact optically pumped atomic magnetometer (OPAM), there is a plateau in the sensitivity where the dependence of the sensitivity on pumping power is small compared with that predicted by the uniform polarization model. The mechanism that ge...
Improvements of a normalized integrative fMRI-MEG method by iterative model selection
T Yano, H Natsukawa, T Kobayashi
Neuroscience and Biomedical Engineering   4(2) 104-112   2016年6月   [査読有り]
Hyperpolarized xenon imaging with SWIFT approach in ultra-low field MRI: A simulation study”
Kaga Y, Oida T, Kobayashi T
Advanced Biomedical Engineering   4 42-47   2015年5月   [査読有り]
Shizue Nagahara,Takenori Oida,Tetsuo Kobayashi
IEICE Transactions   96-D(6) 1387-1393   2013年   [査読有り]
Yosuke Ito, Daichi Sato, Keigo Kamada, Keigo Kamada, Tetsuo Kobayashi
IEEE Transactions on Magnetics   50    2014年11月   [査読有り]
© 2014 IEEE. We have developed a K-Rb hybrid optically pumped atomic magnetometer (OPAM) for biomagnetic measurements. With this hybrid OPAM, we used a linear photodiode array and a charge-coupled device (CCD) sensor to instantaneously measure 1-D...
S. Nagahara; T. Oida; T. Kobayashi
IEICE Transactions on Information and Systems   E96D(6) 1387-1393   2013年6月   [査読有り]
Dynamic cortical activations associated with saccade execution: A normalized integrative fMRI-MEG study
Hiroaki Natsukawa and Tetsuo Kobayashi
Advanced Biomedical Engineering   1 27-35   2013年2月   [査読有り]
H. Kawaguchi; T. Kume; T. Kobayashi
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   8(SUPL.1) S53-S60   2013年   [査読有り]
T. Oida; M. Tsuchida; T. Kobayashi
IEEE Transactions on Magnetics   48(11) 2877-2880   2012年11月   [査読有り]
Y. Ito; H. Ohnishi; K. Kamada; T. Kobayashi
IEEE Transactions on Magnetics   48(11) 3715-3718   2012年11月   [査読有り]
N. Mizutani; T. Kobayashi
IEEE Transactions on Magnetics   48(11) 4096-4099   2012年11月   [査読有り]
Y. Ito; H. Ohnishi; K. Kamada; T. Kobayashi
AIP Advances   2(3)    2012年9月   [査読有り]
Direct detection of magnetic resonance signals in ultra-low field MRI using a optically pumped atomic magnetometer
Takenori Oida, Masahiro Tshuchida and Tetsuo Kobayashi
IEEE Trans. Magnetics   48(11) 2877-2880   2012年4月   [査読有り]
スタンバーグ記憶課題に基づく文字の図形および音韻的照合時におけるアルファ波の事象関連脱同期
奥畑志帆,久保佑樹,小林哲生
認知神経科学   16(3-4) 215-224   2015年1月   [査読有り]
奥行き注意下の運動透明視タスク遂行時における脳磁図の事象関連同期・脱同期
夏川浩明、小林哲生
生体医工学   50(5) 417-425   2012年12月   [査読有り]
M. Tsuchida; T. Oida; T. Kobayashi
IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials   132(3) 220-226   2012年   [査読有り]
Event-related synchronization and desynchronization during a transparent motion perception task under depth attention
H. Natsukawa; T. Kobayashi
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   50(5) 417-425   2012年   [査読有り]
T. Sasayama; T. Kobayashi
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   49(6) 983-988   2011年12月   [査読有り]
T. Sasayama; T. Kobayashi
IEICE Transactions on Information and Systems   E94D(12) 2479-2486   2011年12月   [査読有り]
S. Taue; Y. Sugihara; T. Kobayashi; K. Ishikawa; K. Kamada
Japanese Journal of Applied Physics   50(11)    2011年11月   [査読有り]
Y. Ito; H. Ohnishi; K. Kamada; T. Kobayashi
IEEE Transactions on Magnetics   47(10) 3550-3553   2011年10月   [査読有り]
T. Oida; Y. Kawamura; T. Kobayashi
IEEE Transactions on Magnetics   47(10) 3074-3077   2011年10月   [査読有り]
川口 浩和, 小林 哲生
生体医工学   49(4) 551-557   2011年8月   [査読有り]
K. Kamada; S. Taue; T. Kobayashi
Japanese Journal of Applied Physics   50(5)    2011年5月   [査読有り]
Pump laser power dependent bandwidth and sensitivity of optically pumped atomic magnetometers
Keigo Kamada, Shuji Taue, Tetsuo Kobayashi
Japanese Journal of Applied Physics   50 055602-1-055602-7   2011年4月   [査読有り]
MR拡散テンソル画像を用いた神経線維追跡における曲率偏差最小化探索法
山本詩子、阪上由英、笈田武範、小林哲生
生体医工学   49(1) 139-147   2011年4月   [査読有り]
夏川 浩明, 鄭 址旭, 小林 哲生
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   94(3) 604-613   2011年3月   [査読有り]
異なる方向にコヒーレントにドリフト運動する二つのランダムドットパターンによって,奥と手前の二つの透明な面が知覚される現象は運動透明視として知られている.本研究は,奥行注意下で運動透明刺激を呈示した際の脳磁界を全頭型MEG装置により計測し,運動透明視の奥行順序が決定される過程に関与する皮質活動を,5名の被験者を対象に検討した.すべての被験者において,ヒトの空間や動きの認知に関わるhMT/V5+の活動が平均238msに見られ,5名中4名の被験者で頭頂連合野若しくは外側後頭皮質LOに至る活動が,...
K. Masutani; S. Hamada; T. Kobayashi
Electronics and Communications in Japan   94(3) 20-32   2011年3月   [査読有り]
K. Kato; O. Miura; A. Shikoda; T. Kuroki; A. Ishikawa; T. Kobayashi
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   8(5) 483-488   2013年   [査読有り]
注視動作を誘起させる画像の構造的な特徴についての検討
加藤 和夫; 志子田 有光; 西田 恵; 黒木 友裕; 石川 敦雄; 小林 哲生
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   131(1) 175-181   2011年1月   [査読有り]
Teruyoshi Sasayama,Tetsuo Kobayashi
IEICE Transactions   94-D(12) 2479-2486   2011年   [査読有り]
T. Oida; S. Nagahara; T. Kobayashi
Magnetic Resonance in Medical Sciences   10(2) 121-128   2011年   [査読有り]

Misc

 
依田学樹, 三木穂高, 奥畑志帆, 岡田直大, 八幡憲明, 笠井清澄, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(513(MBE2015 102-131)) 89-93   2016年3月
笈田武範, 加賀裕樹, 山本哲也, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(513(MBE2015 102-131)) 73-76   2016年3月
西川太智, 奥畑志帆, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(513(MBE2015 102-131)) 95-100   2016年3月
笈田武範, 民輪一博, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(383(MBE2015 63-83)) 89-94   2015年12月
民輪一博, 笈田武範, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(383(MBE2015 63-83)) 95-100   2015年12月
三木穂高, 奥畑志帆, 岡田直大, 八幡憲明, 笠井清登, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(383(MBE2015 63-83)) 107-112   2015年12月
矢野貴文, 夏川浩明, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(383(MBE2015 63-83)) 113-118   2015年12月
加賀裕樹, 笈田武範, 山本哲也, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(383(MBE2015 63-83)) 101-106   2015年12月
田中佑卓, 夏川浩明, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(317(MBE2015 52-62)) 23-28   2015年11月
夏川浩明, 山本哲也, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(317(MBE2015 52-62)) 29-32   2015年11月
小島史嵩, 伊藤陽介, 小林哲生
電気学会マグネティックス研究会資料   MAG-15(93-97) 23-28   2015年9月
馬見新友輝, 伊藤陽介, 小林哲生
電気学会マグネティックス研究会資料   MAG-15(93-97) 17-22   2015年9月
山本哲也, 笈田武範, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(147(MBE2015 20-24)) 7-12   2015年7月
加賀裕樹, 笈田武範, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   115(116(MBE2015 13-19)) 7-12   2015年6月
三木穂高, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   114(514(MBE2014 116-179)) 105-110   2015年3月
田中佑卓, 夏川浩明, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   114(514(MBE2014 116-179)) 1-6   2015年3月
矢野貴文, 夏川浩明, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   114(514(MBE2014 116-179)) 239-244   2015年3月
上野雅仁, 伊藤陽介, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   114(361(MBE2014 74-91)) 27-32   2014年12月
佐藤大地, 鎌田啓吾, 伊藤陽介, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   114(361(MBE2014 74-91)) 33-38   2014年12月
久保佑樹, 奥畑志帆, 小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   114(361(MBE2014 74-91)) 39-44   2014年12月

講演・口頭発表等

 
Developments and perspectives of optical biomagnetic imaging systems [招待有り]
小林哲生
CiNet Seminer   2016年4月15日   
Optically pumped atomic magnetometer: Advancements and perspectives for biomagnetic imaging [招待有り]
Tetsuo Kobayashi
CME2015 satellite symposium   2015年6月18日   
光学的生体磁気イメージングシステムの開発と展望 [招待有り]
小林哲生
第30回日本生体磁気学会大会   2015年6月5日   
光ポンピング原子磁気センサの基礎と脳磁図・MR信号計測 [招待有り]
小林哲生
スピニクス研究会   2015年3月19日   
ブレイン・マシン・インタフェース(BMI) 〜脳と機械をつなぐ先端技術〜 [招待有り]
小林哲生
第19回ポリテックビジョン ものづくり・人づくりイン東海   2015年2月21日   
超高感度な光学的磁気センサを用いた新たなニューロイメーメジングに向けて [招待有り]
小林哲生
日本視覚学会2015年冬季大会   2015年1月22日   
Development of Atomic Magnetometers towards New Biomagnetic Imaging Systems [招待有り]
Tetsuo Kobayashi
Biomag2014 Satellite Workshop   2014年8月24日   
光ポンピング原子磁気センサ:新たなMEGとMRIを目指して [招待有り]
小林哲生
第53回日本生体医工学会学会大会   2014年6月24日   
Atomic magnetometerの開発とそのMEG計測への応用 [招待有り]
小林哲生
第29回日本生体磁気学会大会   2014年5月29日   
光学的磁気計測法:新たなMEGとMRIを目指して [招待有り]
小林哲生
宮古島神経科学カンファレンス   2013年11月22日   
Toward advanced bioimaging technologies with super-sensitive optically pumped atomic magnetometers [招待有り]
Tetsuo Kobayashi
Annual Meeting of Complex Biomedical Engineering   2013年9月13日   
Cortical neural activities associated with intrinsic perceptual alternation in binocular rivalry: A high-density EEG source imaging study [招待有り]
Tetsuo Kobayashi
35th Annual Internationa Conference of the EEE Engineering in Medicine and Biology Society   2013年7月4日   
光ポンピング原子磁気センサ:その基礎と生体磁気・MR信号計測への応用 [招待有り]
小林哲生
第28回日本生体磁気学会大会   2013年6月7日   
光ポンピング原子磁気センサの開発と医用イメージング [招待有り]
小林哲生
日本光学会第39回冬期講習会   2013年1月30日   
Binocular Rivalry: A key phenomenon to explore brain mechanisms of consciousness [招待有り]
Tetsuo Kobayashi
Santa Fe/Kyoto Symposumy on “Integrated Complex System Sciences”   2012年10月19日   
Toward ultra-low-field multimodal MRI with atomic magnetometer [招待有り]
Tetsuo Kobayashi
2012 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering   2012年7月3日   
両眼視野闘争:意識の脳内機構の謎を解く鍵 [招待有り]
小林哲生
慶応大学講演会先端生命科学研究所セミナー   2011年10月   
Binocular Rivalry: A key phenomenon to understand temporal dynamics of conscious perception [招待有り]
Tetsuo Kobayashi
2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications: NOLTA2011   2011年9月   
脳神経医工学:脳機能を探る先端技術 [招待有り]
小林哲生
ひろしま医工連携・先進医療イノベーション拠点第一回セミナー   2011年9月   
Optically pumped atomic magnetometer toward ultra-low field MRI systems [招待有り]
Tetsuo Kobayashi
International Workshop on Magnetic Resonance Microsystems   2011年7月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 小林 哲生
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 小林 哲生
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 小林 哲生
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 小林哲生
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 小林哲生
医用イメージングシステムの中で磁気共鳴画像(MRI)システムは臨床の現場で広く用いられ非常に重要な地位を占めている。現在のMRIシステムにおいては、磁気共鳴信号の検出にRF誘導コイル(ピックアップコイル)を用いているおり信号強度を大きくするため超伝導磁石などによる強磁場の印加が必要であり、大型・高額なシステムとなっている。また,静磁場強度の増大に伴い勾配磁場も大きくなり、その変動に伴い人体に誘導される電流の健康への影響が懸念される。このような背景のもと、超伝導量子干渉素子(SQUID)を用...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 小林哲生
本研究では両眼視野闘争(左右の眼に個別に与えられる異なる刺激が交互に知覚される過程)における知覚図形の内的交替に関連する脳内プロセスを眼球運動、誘発電位並びに自発脳波律動の変動に基づき非侵襲的に調べる事を目的として行われた。本研究では、まず知覚図形の内的交替を被験者のボタン押しにより決定し、これをトリガとして脳波α波分散、および事象関連電位の時空間変化について計測・検討を行った。その結果、脳波α波分散については、後側頭から後頭にかけて約-500msから減衰が始まり、約-250msに減衰ピー...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 小林哲生
近年の脳研究に対する国際的機運の高まりに伴い人間の高次な脳機能も重要な研究対象として扱われ、そのメカニズムの理解は急速に進展している。しかし、それでもなお意識や心というテーマを科学的に理解しようとする際、その抽象さ故に様々な困難がある。本研究はこの意識あるいはアウェアネスの時間的遷移を定量的かつ客観的に捉える手法を開発することを目的として行った。そのため機能局在部位の異なる視覚、聴覚、体性感覚刺激を同時呈示し、その結果に基づき開発する手法の検討を試みた。具体的には視覚、聴覚、体性感覚刺激を...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 小林哲生
本研究では意識やアウェアネス(awareness)を、客観的指標となる物理量の計測という立場から自然科学的研究手法で捉え理解することを目指し、特定の異なる周波数で標識した複数の感覚刺激により誘発される定常誘発脳磁界(steady-state evoked field)を計測し、背景雑音となる自発性の脳磁界から分離・抽出することによって、システムとして捕らえた脳のマクロなダイナミクスを研究する新たな計測手法を確立することを目的として遂行された。本年度は複合定常誘発脳磁界の分離・抽出法の確立と...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 小林哲生
本研究の目的は視覚的認知や意識の問題を客観的指標となる物理量の計測という立場から自然科学的研究手法で捉え理解することである。そこで注目したのが意識の一階層である視覚的アウェアネス(visual awareness)を定量的に研究することのできる稀少な現象であるとの考えが受け入れられつつある両眼視野闘争過程(左右の眼に個別に与えられる異なる刺激が交互に知覚される過程)である。本研究では、この視野闘争中の不随意な眼球運動を両眼独立に高精度で測定し、知覚交替に伴う眼球運動変化時刻と被験者の主観に...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 小林哲生
本研究は両眼視の中でも特に時間特性が顕著に観測される両眼視野闘争過程に注目し、視覚系の競合的情報処理が時間的に如何に行われているかを解明することを目的として行われた。本研究では、脳の自発リズムのうち、α波(8-13Hz)の振幅がタスクを与えられる事により減衰する現象に基づき、視野闘争過程に関わる脳の皮質部位の推定を試みた。視野闘争は様々な刺激図形間で生じるが、視覚系の機能分化との関連を調べるため、それぞれ脳の関与する機能部位が異なると予想される、直交する2本の直線、単純な幾何学図形、異なる...

特許

 
特願2014-175881 : ポンプ光変調による磁場分布計測方法
小林哲生,伊藤陽介,市原 直,水谷夏彦
特願2013-092130 : 光ポンピング磁力計および磁気センシング方法
小林哲生,寺尾 亮
特願2012-075619 : 光ポンピング磁力計及び磁力測定方法
小林哲生,石川 潔,市原直
特願2012-026919 : 光ポンピング磁力計
小林哲生,水谷夏彦
特願2011-6293 : 磁気共鳴イメージング(MRI)計測の方法
小林哲生,石川 潔,水谷夏彦
特願2011-216370 : 磁気共鳴イメージング(MRI)計測の方法
小林哲生,石川 潔,水谷夏彦
特許5539099 : 磁気勾配計,および磁気センシング方法
小林哲生,水谷夏彦
特許5264242 : 原子磁力計及び磁力計測方法
小林哲生,石川潔,市原直,水谷夏彦.杉岡秀行
特許5178187 : 原子磁気センサ,及び磁気センシング方法
小林哲生,杉岡秀行,市原 直