高野裕治

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/25 11:01
 
アバター
研究者氏名
高野裕治
ハンドル
ytakano
eメール
ytakanomail.doshisha.ac.jp
URL
http://community.frontiersin.org/people/YujiTakano/45280
所属
同志社大学
部署
赤ちゃん学研究センター
職名
特定准教授
学位
博士(心理学)(専修大学)

プロフィール

心理学と神経科学の手法を組み合わせ、
ラットまたは、蚕または,人を対象として、
赤ちゃんから高齢者まで、あらゆる世代で「こころ」の仕組みについて研究しています。
Why don't you join us ?

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
同志社大学 赤ちゃん学研究センター
 
2010年4月
 - 
2015年3月
NTTコミュニケーション科学基礎研究所
 
2005年4月
 - 
2010年3月
科学技術振興機構ERATO下條潜在脳機能プロジェクト
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2009年3月
専修大学文学研究科博士後期課程  
 
2002年4月
 - 
2004年3月
明治学院大学文学研究科修士課程  
 
1998年4月
 - 
2002年3月
明治学院大学文学部心理学科  
 

受賞

 
2011年
日本依存神経精神科学会 第1回柳田知司賞
 

論文

 
Learning of efficient behaviour in spatial exploration through observation of behaviour of conspecific in laboratory rats
Takano Y., Ukezono M., Nakashima SF., Takahashi N., Hironaka N.
Royal Society open science   170121   2017年9月   [査読有り]
Nakashima SF, Ukezono M, Nishida H, Sudo R, Takano Y
Royal Society open science   2(4) 140381   2015年4月   [査読有り]
Ukezono M, Nakashima SF, Sudo R, Yamazaki A, Takano Y
Frontiers in psychology   6 601   2015年   [査読有り]
Takano Y, Ukezono M
Scientific Reports   4 6652   2014年10月   [査読有り]
Nakashima SF, Morimoto Y, Takano Y, Yoshikawa S, Hugenberg K
Frontiers in Psychology   5 1091   2014年10月   [査読有り]
Tanaka T, Takano Y, Tanaka S, Hironaka N, Kobayashi K, Hanakawa T, Watanabe K, Honda M
Frontiers in systems neuroscience   7 6   2013年   [査読有り]
Tanaka T, Kai N, Kobayashi K, Takano Y, Hironaka N
Neuropharmacology   61(4) 842-848   2011年9月   [査読有り]
Takano Y, Yokawa T, Masuda A, Niimi J, Tanaka S, Hironaka N
Neuroscience letters   491(1) 40-43   2011年3月   [査読有り]
Takano Y, Tanaka T, Takano H, Hironaka N
Brain research   1342 94-103   2010年6月   [査読有り]
Takano Y, Takahashi N, Tanaka D, Hironaka N
PloS one   5 e9368   2010年2月   [査読有り]
Takano Y, Hanada Y
Neuroscience letters   455 65-69   2009年5月   [査読有り]

Misc

 
動くことで発達していく空間認知
高野裕治
発達   (148) 65-70   2016年10月
海馬シータ波の機能的意義と出現機構のクロストーク
高野裕治
行動科学   55(1) 73-80   2016年
高橋 多喜子, 高野 裕治
国際経営・文化研究 = Cross-cultural business and cultural studies   20(1) 179-184   2015年11月
自己効力感を指標にした体験学習成果のアセスメント
髙橋多喜子・高野裕治・齊藤鉄也・髙橋敏
淑徳大学教育学部研究年報   (創刊号) 13-20   2015年10月
佐藤大輔, 高野裕治, 須藤竜之介, 持田岳美
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.AS-2-13   2015年8月

書籍等出版物

 
ナカニシヤ出版   2015年10月   ISBN:4779509866
兵藤 宗吉, 野内 類
ナカニシヤ出版   2013年5月   ISBN:4779507685
廣中 直行
誠信書房   2011年11月   ISBN:4414301831
井上 孝代, 藤崎 眞知代, 山崎 晃
風間書房   2011年1月   ISBN:4759918337

担当経験のある科目

 
 

その他

 
2016年6月
第79回に本心理学会
特別優秀発表賞
演題 災害時電話安否確認における発信者のストレスと対策法の検討
発表者 須藤 竜之介・佐藤 大輔・高野 裕治・持田 岳美
2016年6月
第79回に本心理学会
優秀発表賞
演題 カイコの社会的促進の検討
発表者 綱島 茉有子・須藤 竜之介・粟津 俊二・高野 裕治
2016年6月
第79回に本心理学会
優秀発表賞
演題 実験室ラットの痛み表情認知における痛み経験の影響 —痛い経験をすると他者の痛みに敏感になる?—
発表者 中嶋 智史・請園 正敏・高野 裕治
2015年3月
インタラクション2015
インタラクティブ発表賞
演題 アニマルクラウド:動物の認知機能を活かしたクラウドソーシングシステム
発表者 横山正典・高野裕治・巻口誉宗・中嶋智史・吉田大我・並河大地
2014年12月
第78回日本心理学会
特別優秀発表賞
演題「家畜化された昆虫,カイコは学習するのか?空間学習課題における検討」
発表者 綱島茉 有子・高野 裕治・粟津 俊二
2014年12月
第78回日本心理学会
特別優秀発表賞
演題「ラットのミラーシステム検討に向けて」
発表者 西田 洋司・請園 正敏・Johan Lauwereyns・高野 裕治
2013年12月
第77回日本心理学会
優秀発表賞
演題「ラットの社会的再認における前頭前野損傷の影響」
発表者 中嶋智史・間山広江・請園正敏・髙橋伸彰・高野裕治
2013年12月
第77回日本心理学会
優秀発表賞
演題「人の振り見て我が振り直すラット」
発表者 高野裕治・請園正敏・間山広江・中嶋智史・廣中直行
2013年12月
日本人間行動進化学会第6回大会
若手発表賞
演題 「ラットも他者の痛みが分かります:実験室ラットにおける痛み表情の認知能力の検証」
発表者 中嶋智史・請園正敏・高野裕治
2013年11月
生理研研究会第3回社会神経科学研究会
ポスター賞(トラベルアワード)
演題「知り合いたいけど,誰だか分からない:社会的動機および社会的認知の神経基盤の解明に向けて」
発表者 中嶋智史・請園正敏・高野裕治
2013年11月
H25年度生理研研究会第3回社会神経科学研究会
ポスター賞(トラベルアワード)
演題「知り合いたいけど, 動けない:経頭蓋直流電気刺激(tDCS)による抑うつ様行動の改善」
発表者 高野裕治・中嶋智史・請園正敏