照井 健志

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/23 12:47
 
アバター
研究者氏名
照井 健志
 
テルイ タケシ
所属
国立極地研究所
部署
国際北極環境研究センター
職名
特任研究員
学位
博士(環境科学)(北海道大学環境科学院)
科研費研究者番号
70640762
ORCID ID
0000-0002-0231-2193

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
国立極地研究所 北極観測センター 特任研究員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
海洋研究開発機構 物質循環プログラム 客員研究員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
日本科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 リサーチアシスタント
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバルファイナンシング事業部 営業
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
北海道大学 環境科学院 生物圏科学専攻博士課程
 
2005年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 環境科学院 生物圏科学専攻修士課程
 
2001年4月
 - 
2005年3月
北海道大学 水産学部 
 

論文

 
Abe Yoshiyuki, Natsuike Masafumi, Matsuno Kohei, Terui Takeshi, Yamaguchi Atsushi, Imai Ichiro
Journal of experimental marine biology and ecology   449 321-329   2013年11月   [査読有り]
The assimilation efficiency of zooplankton is an essential parameter required to estimate energy transfer to higher trophic levels in marine ecosystems. However, little information is available for large oceanic copepods, especially the Neocalanus...
TERUI Takeshi, KISHI Michio J., UENO Hiromichi
J Oceanogr   68(5) 727-741   2012年10月   [査読有り]
A Lagrangian ensemble model describing the population dynamics of Neocalanus cristatus was developed. To describe the ecology of N. cristatus, life stage must be included in the model. For this purpose, a new zooplankton compartment, divided into ...
TERUI Takeshi, KISHI J Michio
Ecological Modelling   215(1-3) 77-88   2008年7月   [査読有り]
A population dynamics model (PDM) was developed for Neocalanus cristatus, which is the dominant large copepod in the northwestern subarctic Pacific, to simulate the increase of production with developmental stage and the transfer of production by ...

講演・口頭発表等

 
TERUI Takeshi, WATANABE Eiji, KISHI Michio J.
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2013年11月   
照井健志, 渡邉英嗣, 岸道郎
日本海洋学会大会講演要旨集   2013年8月30日   
渡邉英嗣, 岸道郎, 原田尚美, 小野寺丈尚太郎, 照井健志
日本海洋学会大会講演要旨集   2013年8月   
Watanabe E., Kishi M. J., Harada N., Onodera J. Terui T.
Arctic Science Summit Week   2013年4月   
渡邉英嗣, 岸道郎, 原田尚美, 小野寺丈尚太郎, 照井健志
日本海洋学会大会講演要旨集   2013年3月11日   
TERUI Takeshi, WATANABE Eiji, KISHI Michio J.
Abstr Int Symp Arct Res   2013年1月14日   
Watanabe E., Kishi M. J., Harada N., Onodera J., Terui T.
ESSAS Annual Science Meeting   2013年1月7日   
Terui Takeshi, Watanabe Eiji, Kishi Michio J.
ESSAS Annual Science Meeting   2013年1月7日   
Watanabe Eiji, Kishi Michio J., Aita Maki N., Terui Takeshi
PICES-2012 Annual Meeting   2012年10月   PICES
Yoon S., Terui T., Kishi M. J., Ito S
PICES-2012 Annual Meeting   2012年10月   
照井健志, 三輪剛士, 岸道郎
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2010年11月   
照井健志, 岸道郎
日本海洋学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
岸道郎, 安房健太, 三輪剛士, MAGDAONG Evangeline, 照井健志
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2010年11月   
TERUI Takeshi, KISHI Michio J.
PICES-2009 Annual Meeting   2009年10月   PICES
照井健志, 岸道郎
日本海洋学会大会講演要旨集   2009年9月11日   
照井健志, 山口篤, 小針統, 池田勉, 岸道郎
日本海洋学会大会講演要旨集   2007年3月13日   
TERUI Takeshi, KISHI Michio J.
International Conference on Ecological Modelling   2006年8月   
照井 健志, 岸 道郎
Advances in Marine Ecosystem Research   2005年6月   Plymouth Marine Laboratory
照井健志, 岸道郎
日本海洋学会大会講演要旨集   2005年3月