吉良 貴之

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/16 18:26
 
アバター
研究者氏名
吉良 貴之
 
キラ タカユキ
eメール
jj57010gmail.com
URL
http://jj57010.web.fc2.com/
所属
宇都宮共和大学
職名
専任講師
その他の所属
東京大学 大学院総合文化研究科国際基督教大学 教養学部創価大学 法学部・法科大学院明治大学 法科大学院ジェンダー法センター弁護士法人リブラ法律事務所
科研費研究者番号
50710919
Twitter ID
tkira26

プロフィール

法哲学専攻。主なテーマとして、法の時間論、世代間正義論、〈法と科学技術〉、およびそれらの憲法学上の位置付けなど。英語圏の現代の議論が中心です。

研究分野

 
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
東京大学 大学院法学政治学研究科博士課程 
 
2003年4月
 - 
2005年3月
東京大学 大学院法学政治学研究科修士課程 
 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京大学 法学部 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
宇都宮共和大学 専任講師
 
2011年4月
 - 
2013年3月
JST-RISTEX プロジェクト嘱託研究員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会 特別研究員PD
 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会 特別研究員DC2
 

担当経験のある科目

 
 

受賞

 
2012年11月
科学技術社会論学会・柿内賢信記念賞
 

書籍等出版物

 
陶久利彦編『性風俗と法秩序』
吉良 貴之 (担当:分担執筆, 範囲:「モダンガールの百貨店的主体性」)
尚学社   2017年3月   
瀧川裕英編『問いかける法哲学』
吉良 貴之 (担当:分担執筆, 範囲:「年金は世代間の助け合いであるべきか?」)
法律文化社   2016年8月   
神野潔編『教養としての憲法入門』
吉良貴之 (担当:分担執筆, 範囲:第8章「思想・良心の自由、信教の自由、学問の自由とは? ――精神的自由権2」、第14章「司法権、違憲審査、裁判員制度とは? ――裁判所」)
弘文堂   2016年3月   
瀧川裕英ほか編『逞しきリベラリストとその批判者たち』
吉良 貴之 (担当:分担執筆, 範囲:「時間――入れ違いの交換可能性のもとに」)
ナカニシヤ出版   2015年8月   
シーラ・ジャサノフ著(渡辺千原・吉良貴之監訳)『法廷に立つ科学』
吉良 貴之 (担当:分担執筆, 範囲:監訳、解説論文「「法と科学」の相互構築性」執筆等。)
勁草書房   2015年7月   
ドゥルシラ・コーネル著(吉良貴之・仲正昌樹監訳)『自由の道徳的イメージ』
吉良 貴之 (担当:分担執筆, 範囲:監訳、解説論文「世界認識の偶然と限界」執筆)
御茶の水書房   2015年5月   
憲法理論研究会編『憲法と時代』
吉良 貴之 (担当:分担執筆, 範囲:「憲法の正統性の時間論的分節化」、183-196頁)
敬文堂   2014年10月   
仲正昌樹編『「法」における「主体」の問題』
吉良 貴之 (担当:分担執筆, 範囲:「死者と将来世代の存在論――剥奪説をめぐって」、295-317頁)
御茶の水書房   2013年8月   
陳起行ほか編『後繼受時代的東亞法文化――第八屆東亞法哲學研討會論文集』
KIRA Takayuki (担当:分担執筆, 範囲:"On Reasoning in Law and Science," pp. 735-742)
元照出版公司:台北   2012年12月   
法と科学のハンドブック
吉良 貴之 (担当:共著, 範囲:全体の加筆、内容調整と文体統一)
JST-RISTEX研究プロジェクト「不確実な科学的状況での法的意思決定」   2012年8月   

論文

 
〈法と科学〉の日米比較行政法政策論
吉良 貴之, 定松淳, 寺田麻佑, 佐野亘, 酒井泰斗
科学・技術・社会   26    2017年6月   [査読有り]
リバタリアニズムにおける時間と人格
吉良 貴之
法哲学年報2013      2014年10月   [査読有り]
キャンパス・ハラスメントの捉え方――リストからプロセスへ
吉良 貴之
都市経済研究年報   (13) 179-197   2013年10月
法的思考と科学的思考――「科学裁判」の諸問題
吉良 貴之
第8回東アジア法哲学シンポジウム      2012年3月   [査読有り]
法的思考と社会構成主義――法哲学と科学技術社会論の協働に向けて
吉良 貴之, 小林 史明, 川瀬 貴之, ほか
常磐国際紀要   (16) 63-89   2012年3月   [査読有り]
法時間論――法による時間的秩序、法に内在する時間構造
吉良 貴之
法哲学年報2008   132-139   2009年10月   [査読有り]
刑事裁判における「過去」と現在主義――映画「それでもボクはやってない」を素材に
吉良 貴之
創文   23-26   2008年9月
世代間正義論――将来世代配慮責務の根拠と範囲
吉良 貴之
国家学会雑誌   229(5-6) 23-87   2006年5月

競争的資金等の研究課題

 
世代間不均衡下の都市倫理
第一生命財団: 研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 吉良 貴之
立法理学と世界正義論の統合によるグローバル立法理学の基盤構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 井上 達夫
高齢化社会における世代間正義の法的基盤構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 吉良 貴之
不確実な科学的状況での法的意思決定
科学技術振興機構・社会技術開発センター: 科学技術と人間
研究期間: 2010年9月 - 2013年3月    代表者: 中村 多美子
法時間論――法による時間的秩序、および法内在的時間構造に関して
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 吉良 貴之
世代間正義論、法時間論
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 吉良 貴之

講演・口頭発表等

 
Population Ethics in Urban Aging Society
KIRA Takayuki
10th International Conference on Applied Ethics   2016年10月28日   
尾高朝雄の法哲学――現象学的アプローチから自由論・民主主義論へ
吉良 貴之
日本近代法史研究会   2016年7月30日   
全体コメント [招待有り]
吉良 貴之
IGSセミナー「訳者と語る『京城のモダンガール』」   2016年7月29日   
吉良 貴之
「尾高朝雄の現象学的法哲学」研究会   2016年6月24日   
技術者のための法的思考 [招待有り]
吉良 貴之
関西工学倫理研究会   2015年12月5日   
世代を超える研究倫理――互恵性と互敬性
吉良 貴之
日本生命倫理学会   2015年11月28日   
大規模災害における研究倫理――世代間倫理から
吉良 貴之
東京生命倫理研究会   2015年11月15日   
法と科学、不確実性下の立憲主義 [招待有り]
吉良 貴之
日本法社会学会関西支部研究会   2015年10月26日   
不確実性下の法解釈理論――A. ヴァーミュールの議論を素材に
吉良 貴之
東京法哲学研究会   2015年5月23日   
小宮友根氏の報告へのコメント [招待有り]
吉良 貴之
科研「性風俗と法秩序」研究会   2015年3月11日   
世代間民主主義の可能性 [招待有り]
吉良 貴之
東北メディカルメガバンク「倫理・法令・社会 連続セミナー」   2015年1月26日   
二つの世代間正義をめぐって [招待有り]
吉良 貴之
国立環境研究所 FutureEarth/TransDiscipnary研究会   2014年10月9日   
家族法をめぐる最近の動き [招待有り]
吉良 貴之
栃木県連合戸籍住民基本台帳事務協議会総会   2014年9月30日   
憲法に「最初の一撃」は必要か?――シモン・サルブラン氏報告へのコメント
吉良 貴之
東京法哲学研究会・法理学研究会合同合宿   2014年9月5日   
On Intergenerational Constitutional Legitimacy
KIRA, Takayuki
the 2014 9th East Asian Conference on Philosophy of Law   2014年8月22日   
科学技術倫理と将来世代 [招待有り]
吉良 貴之
現代規範理論研究会   2014年1月11日   
私は森村リバタリアンだが、こうは考えない――森村進『リバタリアンはこう考える』(信山社、2013年)へのコメント
吉良 貴之
東京法哲学研究会   2013年12月21日   
法の言葉、科学の言葉
吉良 貴之, 工藤 郁子
科学技術社会論学会WS   2013年11月17日   
「法と科学」の社会構成主義的把握の現代的含意
小林 史明, 吉良 貴之
科学技術社会論学会WS「シーラ・ジャサノフ『法廷に立つ科学』とその後の「法と科学」」   2013年11月17日   
憲法と時間の秩序
吉良 貴之
憲法理論研究会   2013年11月16日   

Misc

 
報告・ワークショップ「法と科学の不確実性」
吉良貴之, 川瀬貴之
法哲学年報2012      2013年11月
科学と”法”の交差点――無関心に潜むリスク
吉良貴之, 香川璃奈
実験医学   31(12)    2013年8月
科学の不定性と社会
本堂毅, 尾内隆之, 吉良貴之, 吉澤剛
法律時報   (1055)    2013年1月
学界展望 Janna Thompson, Intergenerational Justice, Routledge, 2009
吉良 貴之
国家学会雑誌   125(9-10)    2012年9月
紹介 ドゥルシラ・コーネル『イーストウッドの男たち――マスキュリニティの表象分析』
吉良 貴之
Women's Action Network ウェブサイト      2011年5月

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
那須塩原市  行政不服審査委員