白尾智明

J-GLOBALへ         更新日: 10/06/10 16:28
 
アバター
研究者氏名
白尾智明
URL
http://neuro.dept.med.gunma-u.ac.jp
部署
医学系研究科 (研究院)
職名
教授
学位
医学博士

プロフィール

私は1954年、東京の動坂で生まれました。その後埼玉県の川口に移り住み、大学進学とともに群馬県の前橋にやってきました。群馬大学医学部を卒業後、薬理学の大学院に進みました。当時、群大薬理の教授は小幡邦彦先生(前日本神経科学学会 会長)でした。その時に、脳の発達過程を二次元電気泳動で解析する事により、神経発生関連蛋白として同定した蛋白がドレブリンです。ドレブリン(drebrin)は DEVELOPMENTALLY REGURATED BRAIN PROTEIN の略語として命名しました。神経発生に関連する蛋白としてその当時から現在まで生き残っている蛋白は、ドレブリンとGAP-43だけです。それ以降、途中2年間ニューヨークのコーネル大学医学部神経生物学教室留学中をのぞいて、ズーッとドレブリンに関係した仕事をしてきました。

その割には研究場所は次々と移り、群馬大学医学部薬理学教室2年、岡崎の生理研2年半、慶應義塾大学医学部生理学教室2年と渡り歩いた後、1993年から現職に着任しています。

その間、ドレブリン蛋白の精製、遺伝子のクローニング、抗体の作成を行い、ドレブリンのアクチンフィラメント制御活性を見いだしました。

神経細胞の特色は軸索や樹状突起と呼ばれる長い突起を持っていることです。この複雑な形態は、発生過程に形成されるのですが、形態変化の起こった部分の膜直下には必ずドレブリンが濃縮されていることがわかりました。この研究を通じて驚いたことは、成熟した神経細胞においても樹状突起スパインにはドレブリンが濃縮していると言うことです。このことは樹状突起スパインは絶えず形態変化をしているであろうことを示唆していました。

今でこそ、樹状突起スパインは神経活動依存性にその形態を大きく変えることが知られていますが、当時はシナプス前部の形態変化(スプラウティング)はよく知られていましたが、シナプス後部はむしろ安定な構造であると考えられていました。そのころ、スパインは発生途上のダイナミックな形態変化を行っているアクチンを持っているから、柔らかいはずだと言っても誰も相手にしてくれませんでした。

その後、樹状突起スパインのアクチン細胞骨格制御全般に興味を持ち、樹状特記スパインにおいては、骨格筋に似たアクチン制御機構が重要な役割を果たしているということを提唱するに至っています。また、シナプスは機能的には神経細胞とは切り離して考えることのできる構造体であるため、シナプスを脳機能の最小単位として脳機能を語ることを目指した研究も開始しています。

主な学会活動
国際神経化学会(International Society for Neurochemistry) 理事(2011年ISNアテネ大会国際プログラム委員会委員長)
日本生理学会 学術研究委員会委員
日本神経化学会 理事(国際対応委員)
日本神経科学会 神経科学ニュース編集小委員会 委員長
包括脳 対外広報委員会委員長

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
現在
群馬大学 大学院医学系研究科 教授
 
1993年4月
 - 
2004年3月
群馬大学 医学部・附属行動医学研究施設 教授
 
1991年4月
 - 
1993年3月
慶應義塾大学 医学部 助教授
 
1988年10月
 - 
1993年3月
岡崎国立共同研究機構 生理学研究所 助手
 
1984年4月
 - 
1988年9月
群馬大学 医学部 助手
 

論文

 
Pérez-Martínez M, Gordón-Alonso M, Cabrero JR, Barrero-Villar M, Rey M, Mittelbrunn M, Lamana A, Morlino G, Calabia C, Yamazaki H, Shirao T, Vázquez J, González-Amaro R, Veiga E, Sánchez-Madrid F
Journal of cell science   123(7) 1160-1170   2010年4月   [査読有り]
Mercer JC, Qi Q, Mottram LF, Law M, Bruce D, Iyer A, Morales JL, Yamazaki H, Shirao T, Peterson BR, August A
The international journal of biochemistry & cell biology   42(2) 337-345   2010年2月   [査読有り]
Okamoto M, Suzuki Y, Shirai K, Mizui T, Yoshida Y, Noda SE, Al-Jahdari WS, Shirao T, Nakano T
Radiation research   172(6) 718-724   2009年12月   [査読有り]
Aoki C, Kojima N, Sabaliauskas N, Shah L, Ahmed TH, Oakford J, Ahmed T, Yamazaki H, Hanamura K, Shirao T
The Journal of comparative neurology   517 105-121   2009年11月   [査読有り]
Ito M, Shirao T, Doya K, Sekino Y
Neuroscience research   64(4) 397-402   2009年8月   [査読有り]
Mizui T, Kojima N, Yamazaki H, Katayama M, Hanamura K, Shirao T
Journal of neurochemistry   109(2) 611-622   2009年4月   [査読有り]
Takahashi H, Yamazaki H, Hanamura K, Sekino Y, Shirao T
Journal of cell science   122(8) 1211-1219   2009年4月   [査読有り]
Ivanov A, Esclapez M, Pellegrino C, Shirao T, Ferhat L
Journal of cell science   122(4) 524-534   2009年2月   [査読有り]
Aoki C, Mahadomrongkul V, Fujisawa S, Habersat R, Shirao T
The Journal of comparative neurology   505 352-362   2007年12月   [査読有り]
Hanamura K, Shirao T
Nippon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   130(5) 352-357   2007年11月   [査読有り]
Kobayashi C, Aoki C, Kojima N, Yamazaki H, Shirao T
The Journal of comparative neurology   503 618-626   2007年8月   [査読有り]
Sekino Y, Kojima N, Shirao T
Neurochemistry international   51 92-104   2007年7月   [査読有り]
Kato K, Sekino Y, Takahashi H, Yasuda H, Shirao T
Neuroscience letters   418 4-8   2007年5月   [査読有り]
Majoul I, Shirao T, Sekino Y, Duden R
Histochemistry and cell biology   127 355-361   2007年4月   [査読有り]
Shirai K, Mizui T, Suzuki Y, Kobayashi Y, Nakano T, Shirao T
Neuroscience letters   399 57-60   2006年5月   [査読有り]
[Dynamics and function of actin-binding proteins in excitatory synapses]
Sekino Y, Shirao T
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   51 350-356   2006年4月   [査読有り]
Takahashi H, Mizui T, Shirao T
Journal of neurochemistry   97 Suppl 1 110-115   2006年4月   [査読有り]
Sekino Y, Tanaka S, Hanamura K, Yamazaki H, Sasagawa Y, Xue Y, Hayashi K, Shirao T
Molecular and cellular neurosciences   31(3) 493-504   2006年3月   [査読有り]
Chang EH, Savage MJ, Flood DG, Thomas JM, Levy RB, Mahadomrongkul V, Shirao T, Aoki C, Huerta PT
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103(9) 3410-3415   2006年2月   [査読有り]
Overexpression of drebrin A in immature neurons induces the accumulation of F-actin and PSD-95 into dendritic filopodia, and the formation of large abnormal protrusions.
Mizui T, Takahashi H, Sekino Y, Shirao T
Molecular and cellular neurosciences   30 630-638   2005年12月   [査読有り]
Mahadomrongkul V, Huerta PT, Shirao T, Aoki C
Brain research   1064 66-74   2005年12月   [査読有り]
Aoki C, Sekino Y, Hanamura K, Fujisawa S, Mahadomrongkul V, Ren Y, Shirao T
The Journal of comparative neurology   483 383-402   2005年3月   [査読有り]
Hanaoka R, Ohmori Y, Uyemura K, Hosoya T, Hotta Y, Shirao T, Okamoto H
Mechanisms of development   121 1235-1247   2004年10月   [査読有り]
[Synaptic development and abnormality at protein level]
Shirao T, Sekino Y, Takahashi H
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   24 247-256   2004年8月   [査読有り]
Kobayashi R, Sekino Y, Shirao T, Tanaka S, Ogura T, Inada K, Saji M
Neuroscience research   49(2) 205-217   2004年6月   [査読有り]
Butkevich E, Hülsmann S, Wenzel D, Shirao T, Duden R, Majoul I
Current biology : CB   14 650-658   2004年4月   [査読有り]
[Actin cytoskeleton of the dendritic spine governs maturation of excitatory synapses]
Sekino Y, Takahashi H, Shirao T
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   49 270-275   2004年2月   [査読有り]
Drebrin-dependent actin clustering in dendritic filopodia governs synaptic targeting of postsynaptic density-95 and dendritic spine morphogenesis.
Takahashi H, Sekino Y, Tanaka S, Mizui T, Kishi S, Shirao T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23 6586-6595   2003年7月   [査読有り]
Ferhat L, Esclapez M, Represa A, Fattoum A, Shirao T, Ben-Ari Y
Hippocampus   13 845-858   2003年   [査読有り]
Jin M, Tanaka S, Sekino Y, Ren Y, Yamazaki H, Kawai-Hirai R, Kojima N, Shirao T
Genomics   79 686-692   2002年5月   [査読有り]

Misc

 
水上喜久, 花村健次, 勝又信哉, 星野弘毅, 児島伸彦, 白尾智明, 吉田由香里, 鈴木義行, 中野隆史
The KITAKANTO medical journal   58(3)    2008年8月
竹田麗子, 長田千愛, 児島伸彦, 白尾智明
The KITAKANTO medical journal   57(3)    2007年8月
花村健次, 白尾智明
日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA   130(5) 352-357   2007年10月
樹状突起スパインは脳内の主要な興奮性シナプス後部であり,その形態および構成タンパク質の可塑的変化は学習記憶などの高次機能に重要である.スパイン内の構造体としては,シナプス後部肥厚(PSD)とアクチン細胞骨格があり,スパインの形態変化は主にアクチン細胞骨格により制御されている.スパイン内ではその頭部と頸部でアクチン線維の構造が異なることに加えて,頭部の中でもシナプス直下のPSD近傍と細胞質の中心領域でアクチン結合タンパク質の分布が異なる.したがって,スパインは3種類の性質の異なるアクチン細胞...

担当経験のある科目