友田義行

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/20 15:28
 
アバター
研究者氏名
友田義行
URL
http://soar-rd.shinshu-u.ac.jp/profile/ja.OCLCOpkh.html
所属
信州大学
部署
学術研究院教育学系言語教育グループ
職名
准教授
学位
博士(文学)(立命館大学)
その他の所属
立命館大学
科研費研究者番号
40516803

プロフィール

日本近現代文学と映像表現の相関について研究しています。
特に安部公房と勅使河原宏監督によるコラボレーションに照準し、
原作小説・台本・映画の往還的読解を行ってきました。
文学者の映画発言に注目することで日本の文学史を読み替え、
同時に日本の映画理論史を再検討する研究を展開中です。
その他、目取真俊をはじめ沖縄を舞台とした小説の研究や、
国語科教材の研究、映画フィルムの復元にも携わっています。

1979年、奈良県生まれ。
2008年、立命館大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了、博士(文学)。
日本近現代文学・映画研究。
主著 『戦後前衛映画と文学―安部公房×勅使河原宏』(2012) *「日本比較文学会賞」受賞

研究分野

 
 

書籍等出版物

 
酒井英樹/ 滝沢雄一/ 亘理陽一編/ 田中真由美/ 鈴木渉/ 物井尚子/ 守屋哲治/ 大名力/ 小林比出代/ 亘理陽一/ 山本玲子/ 髙橋渉/ 田中江扶/ 水島梨紗/ 寺沢拓敬/ 小林雄一郎/ 田縁眞弓/ 友田義行 (担当:共著, 範囲:【論文】単著「英語教育と国語教育で扱われる児童文学」)
三省堂   2017年6月   ISBN:438536138X
松本和也編/ 八木君人/ 友田義行/ 水川敬章/ 乾英治郎/ 小谷瑛輔/ 平浩一/ 小林洋介/ 井原あや/ 斎藤理生 (担当:共著, 範囲:【論文】単著「知足と安楽死を超えて◎森鷗外「高瀬舟」Ⅰ」)
ひつじ書房   2016年10月   ISBN:4894768364
中村三春編/ 佐藤泉/ 中川成美/ 萩原由加里/ 川崎公平/ 友田義行/ 横濱雄二/ 高橋由貴/ 宮本明子/ 志村三代子/ 米村みゆき/ 坂井セシル/ 雨宮幸明/ 井川重乃/ 本田みなみ/ 平野葵 (担当:共著, 範囲:【論文】単著「安部公房の残響-勅使河原宏『サマー・ソルジャー』試論」)
森話社   2016年3月   ISBN:4864050929
安部公房を語る 郷土誌「あさひかわ」の誌面から
渡辺三子・田中スエコ編、友田義行・大西勤編集協力
あさひかわ社   2013年12月   
鳥羽耕史編 (担当:共著, 範囲:【論文】単著 「安部公房と日本万国博覧会 勅使河原宏との協働最終章」 【年表】 「安部公房年表」)
森話社   2013年12月   ISBN:4864050554

論文

 
友田義行
『信州大学教育学部論集』   第11巻 pp.55-68   2017年9月   [査読有り]
友田義行
『文学』   第15巻(第6号) pp.49-66   2014年11月   [招待有り]
友田義行
『信大国語教育』   (第23号) pp.1-10   2014年3月   [招待有り]
友田義行
『安部公房 メディアの越境者』 森話社   pp.357-392   2013年12月   [招待有り]
友田義行
『フェンスレス』 占領開拓期文化研究会   (第1号) pp.75-95   2013年3月

講演・口頭発表等

 
映画の誕生 [招待有り]
友田義行
長野市立中部公民館もみじ大学(信州大学出前講座)   2017年5月31日   長野市立中部公民館
安部公房と勅使河原宏の協働について [招待有り]
友田義行
言語・メディア・コミュニケーションコース講演会   2017年3月8日   九州大学比較社会文化学府
魯迅「故郷」の教材研究史とテクスト分析 [招待有り]
友田義行
長野上水内中学校教育課程研究協議会国語部会   2016年10月19日   長野上水内中学校教育課程研究協議会国語部会
友田義行
富士見町図書館秋の図書館まつり(信州大学出前講座)   2016年9月25日   富士見町図書館
友田義行
中野市立図書館文学講座(信州大学出前講座)   2016年2月6日   中野市立図書館文学講座

Works

 
【上映運動】 『1日240時間』(勅使河原宏監督・安部公房脚本)
友田義行   芸術活動   2014年3月
友田義行   その他   2006年11月
毎日映画コンクール学生映画見聞録2006年度年間大賞「学生・映画見聞録大賞」(毎日新聞社主催、2006年度)受賞。中村高寛監督『ヨコハマメリー』の映画評。

Misc

 
友田義行訳
『立命館文学』/立命館大学人文学会   (第652号) pp.203-216   2017年8月
【翻訳】 舞台裏の終末──安部公房『方舟さくら丸』論
クリストファー・ボルトン著/内藤由直・友田義行共訳
『立命館文学』/立命館大学人文学会   (第652号) pp.184-195   2017年8月
友田義行・尾崎名津子
昭和文学会春季大会      2017年6月
司会・企画を担当 日本大学文理学部にて6月10日に開催
友田義行
『昭和文学研究』   (第73集) pp.203-205   2016年9月   [依頼有り]
山岸郁子・大石紗都子・友田義行
昭和文学会秋季大会      2015年11月
司会・企画を担当 奈良大学にて11月14日に開催

委員歴

 
2016年7月
 - 
2017年6月
占領開拓期文化研究会  編集委員
 
2014年6月
 - 
2017年6月
昭和文学会  会務委員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
毎日映画コンクール(毎日新聞社)  学生選考委員
 
2002年4月
 - 
現在
立命館大学日本文学会  評議員
 

受賞

 
2013年6月
日本比較文学会 「第18回 日本比較文学会賞」
 
2007年3月
毎日新聞社 「2006年度年間大賞「学生・映画見聞録大賞」」 (毎日映画コンクール)
 
2000年3月
立命館大学父母教育後援会 「文学部長教育賞」
 

競争的資金等の研究課題

 
戦後アヴァンギャルド芸術における協働と影響の研究―草月を軸に
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 友田義行
信州の知的文化資産を活用した「信州学」学修プログラムの構築 ―高大接続を意識した初年次教育―
信州大学: 学内版GP
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 西一夫・小林比出代・友田義行
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 友田義行
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B) (研究分担者)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 中村三春
立命館大学: 2012年度国際言語文化研究所萌芽的プロジェクト(研究副代表者)
研究期間: 2012年6月 - 2013年3月    代表者: 村田裕和

担当経験のある科目

 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
長野県カルチャーセンター 講師
 
2016年2月
 - 
現在
信州大学学術研究院 教育学系 言語教育グループ 准教授
 
2014年4月
 - 
2016年1月
信州大学学術研究院 教育学系 言語教育グループ 助教
 
2012年10月
 - 
2014年3月
信州大学教育学部 言語教育講座 助教
 
2012年4月
 - 
2012年9月
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員PD (立教大学)
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
立命館大学大学院 文学研究科 日本文学専攻 博士課程後期課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
立命館大学大学院 文学研究科 日本文学専攻 博士課程前期課程
 
1998年4月
 - 
2002年3月
立命館大学 文学部 文学科 日本文学専攻
 
1995年4月
 - 
1998年3月
奈良県立平城高等学校  普通科
 
2013年10月
 - 
現在
放送大学 教養学部 (研修) 
 
2013年4月
 - 
2013年9月
放送大学大学院 文化科学研究科 文化科学専攻 修士課程 (研修)
 

その他の社会的活動

 
2017年3月   解説・映画上映会『1日240時間』『おとし穴』、ワークショップ「文学/映画の想像力」
九州大学比較社会文化学府 言語・メディア・コミュニケーションコース上映会&ワークショップ
2016年8月   「「言語活動」を通して考える国語科教材の可能性―「読む」「書く」ことと「伝統的な言語文化」」
学校教員免許状更新講習(選択講習)講師
2015年7月   「『おおきなかぶ』を料理する」
信州大学教育学部オープンキャンパス模擬授業
2015年3月   「児童文学とアニメの動物たち―その魅力と怖さ」
長野県木曽青峰高等学校模擬授業(進路ガイダンス)
2014年8月   「日本のアヴァンギャルド文学を読む」
学校教員免許状更新講習(選択講習)講師