伊藤 智広

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/14 15:11
 
アバター
研究者氏名
伊藤 智広
 
イトウ トモヒロ
eメール
titohnara.kindai.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30435854.ja.html
所属
三重大学大学院
部署
生物資源学研究科
職名
准教授
その他の所属
水圏材料分子化学研究分野

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
三重大学大学院 生物資源学研究科 准教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
近畿大学 農学部 准教授
 
2011年
 - 
2015年3月
近畿大学 農学部 講師
 

論文

 
Ando M, Fukai T, Kawasaki KI, Itoh T, Tsukamasa Y
Journal of food science      2014年1月   [査読有り]
Itoh T, Tsuzuki R, Tanaka T, Ninomiya M, Yamaguchi Y, Takenaka H, Ando M, Tsukamasa Y, Koketsu M
Food and chemical toxicology : an international journal published for the British Industrial Biological Research Association   60 76-82   2013年10月   [査読有り]
Terazawa R, Akimoto N, Kato T, Itoh T, Fujita Y, Hamada N, Deguchi T, Iinuma M, Noda M, Nozawa Y, Ito M
Pharmacological research : the official journal of the Italian Pharmacological Society   71 34-43   2013年5月   [査読有り]
Iio A, Ito M, Itoh T, Terazawa R, Fujita Y, Nozawa Y, Ohsawa I, Ohno K, Ito M
Medical gas research   3 6   2013年3月   [査読有り]
Itoh T, Ando M, Tsukamasa Y, Wakimoto T, Nukaya H
Journal of agricultural and food chemistry   60 12491-12500   2012年12月   [査読有り]
Itoh T, Miyake Y, Onda A, Kubo J, Ando M, Tsukamasa Y, Takahata M
MicrobiologyOpen   1 373-380   2012年12月   [査読有り]
Itoh T, Ito Y, Ohtsuki Y, Ando M, Tsukamasa Y, Yamada N, Naoe T, Akao Y
Journal of molecular histology   43 509-515   2012年10月   [査読有り]
Itoh T, Hori Y, Atsumi T, Toriizuka K, Nakamura M, Maeyama T, Ando M, Tsukamasa Y, Ida Y, Furuichi Y
Phytotherapy research : PTR   26 1003-1011   2012年7月   [査読有り]
Roy BC, Ando M, Itoh T, Tsukamasa Y
Journal of the science of food and agriculture   92 1755-1764   2012年6月   [査読有り]
Itoh T, Ando M, Tsukamasa Y, Akao Y
FEBS letters   586 1693-1701   2012年6月   [査読有り]

Misc

 
伊藤 智広, 阪田 雄大, 吉田 ゆに華, 岩山 昌弘, 村瀬 博宣, 安藤 正史, 塚正 泰之
日本水産学会誌   79(4) 683-693   2013年
35% エタノールを用いて抽出したオオミウマエキス(SHEtEx.35)は,抗原刺激によるラット好塩基球 RBL-2H3 細胞の脱顆粒反応を 25 μg/mL 処理まで濃度依存的に抑制した。次に,SHEtEx.35 処理による抗原刺激後の脱顆粒シグナルを確認したところ,Lyn/Syk/PLCγ 経路における PLCγ1 の活性化を有意に抑制した。SHEtEx.35 は,脱顆粒反応に必要な細胞内 Ca2+ 濃度の上昇を抑制したが,細胞内への Ca2+ 流入を調節する活性酸素種の産生を抑制しな...